ベージュシャツのおすすめコーデ9選!

ナチュラルで柔らかな雰囲気を持たせてくれるのがベージュシャツです。目を奪われるようなはっきりとした強い色とは異なり、肌にも近い優しげな色合いなので、大人の女性の着こなし方にはもってこいのマストアイテム。

ベージュシャツは知的で上品な大人コーデに仕上げるのはもちろん、合わせるアイテムによってラフにきめたり可愛らしくもなれます!そこで今回は、ベージュシャツを使った様々なオシャレコーデをご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

この記事で紹介しているベージュシャツコーデのおすすめコーデ一覧

おすすめコーデ:1 おすすめコーデ:2 おすすめコーデ:3 おすすめコーデ:4 おすすめコーデ:5 おすすめコーデ:6 おすすめコーデ:7 おすすめコーデ:8 おすすめコーデ:9

この記事の作成者

S.M.さん【26歳】
モデル経験あり!おしゃれ大好きS.M.さんがこの記事を作成しています

ベージュシャツのおすすめコーデ特集


引用:CBK(カブキ)
優しい色合いのベージュシャツに、ワイドパンツで合わせたワントーンコーデです。
上品に見えるこちらの着こなしでは、トップスに黒のベルトを付け加えてコーデにメリハリを効かせています。
シャツは程良く肌見せして、こなれ感のあるシンプルな仕上がりに。


引用:CBK(カブキ)
とろみ感のあるベージュシャツと黒のパンツでシックにまとめたスタイル。
上下ゆとりのあるシルエットですが、首元や足首などを出し抜け感を出すことで、すっきりして見えます!
使い回しやすいボストンバッグを持てば、きれいめオフィスコーデの完成です。


引用:CBK(カブキ)
さっと羽織るだけで着こなしをオシャレにしてくれるロング丈のシャツ。
こちらではベージュのシャツにスキニーデニムを合わせて、ナチュラルにきめています。
シューズやハット、バッグなどを黒で合わせることで、コーデもぐっと引き締まります!


引用:CBK(カブキ)
VネックのTシャツにベージュのロングシャツ、そしてダメージジーンズで爽やかに見せたきれいめコーデ。
夏定番のTシャツにジーンズと言うスタイルに、ベージュのシャツを重ねることで一気に秋らしさが増します!
足元にはシャイニーなサンダルをチョイスすれば、コーデのアクセントにもなります!


引用:CBK(カブキ)
きれい系の着こなしにベージュのブラウスを使うなら、爽やかカラーのパンツと合わせるのがおすすめです。
こちらはロングテールのシャツに、白のスキニーパンツを持ってくることで軽やかな清潔感のあるスタイルに。
靴はシルバーのパンプスを選び、適度にスパイスを効かせています。


引用:CBK(カブキ)
とろみ素材のベージュシャツに、カーキのロングスカートを使ったコーデです。
ビッグシルエットのシャツは、スカートにインするだけでメリハリが生まれ、こなれた印象に。
サボサンダルと丸みのあるかごバッグで軽やかさを加えれば、大人のリラクシースタイルの完成です。


引用:CBK(カブキ)
ベージュのシャツをボーイフレンドデニムで合わせたカジュアルコーデ。
シャツはブラウジングでゆったりとした空気感を演出することで、ナチュラルにオシャレ度をアップ。
バッグはポイントカラーになるスカーフを結わえ、シンプルな仕上がりに華やかさを加えます。


引用:CBK(カブキ)
花柄デザインのベージュシャツに、白のプルオーバーとデニムのバギーパンツで合わせたコーデ。
デニムはカジュアル感の強いアイテムですが、フラワープリントのシャツを取り入れれば、適度に甘さが加わったスタイルに。
白のプルオーバーとスニーカーはクリーンな抜け感をプラスし、センスアップした着こなしに仕上がっています。


引用:CBK(カブキ)
ベージュのシャツをワンピースとして着こなしたきれいめスタイルです。
1枚で着るとぼんやりとした印象になりがちなベージュカラーですが、パンプスやハンドバッグなどをダークトーンのアイテムにしているので、全体がぐっと引き締まって見えます。