ブルーシャツのおすすめコーデ19選!

今回はブルーのシャツのコーディネートをご紹介します。

その爽やかさと清潔感、知的な印象でオフィスシーンでもデートでも好感度の高いブルーシャツ。どんな色とも合わせやすく、活躍の場も広いので、既にお持ちの方も多いかもしれません。

お手本にしたいコーディネートをたくさん集めましたので、見慣れたブルーシャツの新たな魅力や着こなし方のヒントが見つかれば嬉しいです。

この記事で紹介しているブルーシャツコーデのおすすめコーデ一覧

おすすめコーデ:1 おすすめコーデ:2 おすすめコーデ:3 おすすめコーデ:4 おすすめコーデ:5 おすすめコーデ:6 おすすめコーデ:7 おすすめコーデ:8 おすすめコーデ:9 おすすめコーデ:10 おすすめコーデ:11 おすすめコーデ:12 おすすめコーデ:13 おすすめコーデ:14 おすすめコーデ:15 おすすめコーデ:16 おすすめコーデ:17 おすすめコーデ:18 おすすめコーデ:19

この記事の作成者

R.K.さん【29歳】
元ファッションモデルでアパレル業のおしゃれ大好きR.K.さんがこの記事を作成しています

ブルーシャツ+スカートのおすすめコーデ


引用:CBK(カブキ)

カジュアルなブルーのデニムシャツに、膝丈フレアースカートとパンプス+ソックスを合わせてきれいめコーデに。ネイビーのパンプスがおしゃれ上級者を感じさせます。キャメルのバッグが秋らしい落ち着いた雰囲気を醸し出しています。


引用:CBK(カブキ)

マニッシュになりがちなブルー×ホワイトのストライプも、こんな風にリボンで袖をクシュっとさせるシャツなら柔らかな印象。襟なしのVネックも女性的。ベージュとブラックのアイテムをプラスしてシンプルな大人のカジュアルに。


引用:CBK(カブキ)

ブルーのストライプシャツにマスタードイエローのシャーリングスカートが鮮やか。ゴールドのアンクルストラップのサンダルは肌馴染みが良い上に、華やかな輝きもプラス。抜き襟と手首を見せた着こなしで華奢見せして。


引用:CBK(カブキ)

メンズのYシャツのような大きめトップスのウエストを、リボン付きのタブリエ風のスカートでキュッと締めて。キャップとメタリックなスニーカーがアクセント。メリハリをつけてバランス良くまとまったコーディネートです。


引用:CBK(カブキ)

ブルーのギンガムチェックシャツの襟元をきちんと締めて、膝丈の白スカートとスニーカーを合わせれば、お転婆なグッドガールコーデに。シャツのサイズ感とスカートが好バランス。トリコロールのクラッチバッグで大人可愛く。


引用:CBK(カブキ)

くすんだサックスとカーキ色の組み合わせが大人っぽい。シャツはゆるりと着こなしつつ、フロントをインしてスカートのバックルをアクセントに。ベージュのスニーカーやバイカラーのバッグがワンランク上のおしゃれ感を演出。


引用:CBK(カブキ)

白いパンプス+ブルーのワントーンの上品コーデも、デニムの質感が入ると程よいカジュアル感に。デニムシャツの着こなし方もさりげなくて◎。かご素材のトートバッグも品の良いカジュアルを後押し。デートにおすすめです!


引用:CBK(カブキ)

羽根のようなデザインが印象的なシフォンスカートに、敢えてカジュアルなシャツを合わせたミックスコーデ。バッグやパンプスをベージュでまとめているので、ブルーのグラデーションとスカートの質感が際立っています。


引用:CBK(カブキ)

ブラウンのペンシルスカートに鮮やかな空色のシャツを合わせれば、オフィススタイルもハッとするほど新鮮に。小物も全てブラウンでまとめて一層シックで洗練された装いに。季節の移ろいを感じさせるコーディネートです。


引用:CBK(カブキ)

ブルーとグリーンの組み合わせがきれいなカジュアルコーディネート。ウエストに巻いたカーディガンが鮮やかな色のまとめ役になっています。シャツは抜き襟にして抜け感を演出しつつ、ブラックの小物できちんと感もプラス。

ブルーシャツ+パンツのおすすめコーデ


引用:CBK(カブキ)

ブルーシャツ&デニムにスニーカーは永遠の爽やかコーデ。シャツのフロントをインして、デニムの裾をロールアップすれば今年らしいこなれた着こなしに。胸元とウエスト、足元のホワイトがさらに爽やかさを加算しています。


引用:CBK(カブキ)

ブルーシャツにチノパンの定番コーディネートは、カジュアルな中にもどこかきちんとした印象があって、オフィスコーデにもオススメ。アンクル丈パンツと白いレザーシューズで軽快に。パールのネッックレスでエレガントに。


引用:CBK(カブキ)

淡いブルーのシャツと濃ブルーの柔らかな素材のワイドパンツが涼しげなコーディネート。リラックス感たっぷりのコーディネートですが、袖のまくり方や襟の抜き方など、バランスよく着こなす工夫もしっかりと。


引用:CBK(カブキ)

ブルーのシャツ+ピンストライプアンクルパンツはオフィスシーンでもバッチリなコーディネート。ベージュのポインテッドパンプスで柔らかな雰囲気に。ブラックの巾着バッグは今年っぽく、通勤にも使えるイチオシアイテム。


引用:CBK(カブキ)

ビッグサイズのシャツにスキニーなデニムを合わせて。シャツのフロントをインして着こなせば、シャツのふんわり感をキープしつつ、バランスの良い着こなしになります。カジュアルな装いに透明バッグをアクセサリー感覚で。


引用:CBK(カブキ)

後ろ姿にもポイントのあるシャツワンピースは+レギンスでさらっとシンプルに。デニムと合わせる時には付属のベルトでウエストをマークしてメリハリを。抜き襟とアップヘア、長く下がるピアスで首筋をきれいに見せて。


引用:CBK(カブキ)

ブルーのシャツ+ネイビーのピンストライプアンクルパンツ。パンプスを濃い目のグレージュにして中折れハットをプラスすれば、マニッシュな印象です。ふんわり無造作に下ろした髪と相まって、却って女性らしさを感じるコーデに。


引用:CBK(カブキ)

マニッシュなブルーのシャツはざっくりラフに着こなし、ショートパンツから思いっきりよく素足を出して。細いアンクルストラップのサンダルを合わせれば美脚効果と大人の余裕を感じるきれいめカジュアルに仕上がります。


引用:CBK(カブキ)

コンパクトなサイズ感のギンガムチェックシャツの胸元を開けて大人っぽく。スキニーなデニムにインして颯爽と着こなしています。ブラウンの柔らかなバッグがこなれた印象で、イエローのパンプスとのカラーリングも素敵。