グレースカートのおすすめコーデ21選!

グレーの印象といえば、洗練されている、誰からも好印象、きちんとしている、優しそう、などなど。Tシャツからスーツまで、オンでもオフでも欠かせない色です。

今回はそんなグレーのスカートのコーディネートをご紹介します。

どんな色にも合わせやすいグレーは、ともすれば無難で印象の薄いコーデに陥りがち。いろんなタイプのグレーのスカートとコーディネートを集めましたので、毎日のコーデのブラッシュアップにお役立てください。

この記事で紹介しているグレースカートコーデのおすすめコーデ一覧

おすすめコーデ:1 おすすめコーデ:2 おすすめコーデ:3 おすすめコーデ:4 おすすめコーデ:5 おすすめコーデ:6 おすすめコーデ:7 おすすめコーデ:8 おすすめコーデ:9 おすすめコーデ:10 おすすめコーデ:11 おすすめコーデ:12 おすすめコーデ:13 おすすめコーデ:14 おすすめコーデ:15 おすすめコーデ:16 おすすめコーデ:17 おすすめコーデ:18 おすすめコーデ:19 おすすめコーデ:20 おすすめコーデ:21

この記事の作成者

R.K.さん【29歳】
元ファッションモデルでアパレル業のおしゃれ大好きR.K.さんがこの記事を作成しています

グレースカート+タイトのおすすめコーデ


引用:CBK(カブキ)

ゆったりとした首回りのトップスにタイトなグレーのリブニットスカートとハイカットスニーカーを合わせてカジュアルに。ゴールドの金具が付いたボルドーのバッグやチェックの大判ストールで大人っぽい印象に仕上げています。


引用:CBK(カブキ)

カーキのタンクトップとグレーのタイトスカートのミニマムなコーディネートは、スカートの素材とセンターに並んだボタンで存在感を与えて。穏やかなトーンのコーデの締め色にブラックのハンドバッグとシューズをチョイス。


引用:CBK(カブキ)

麻のタイトスカートは裾にフリンジのついた珍しいデザイン。グレーとベージュのナチュラルカラーのコーディネートをブラックのグラディエーターサンダルで引き締め、光沢のあるホワイトのポシェットで明るさをプラス。


引用:CBK(カブキ)

深いグリーンのボートネックニットに、グレンチェックのタイトスカートとブラウンパンプスを合わせた秋らしい装い。ドルマンスリーブとウエストインでスタイルアップ効果も抜群。チェーンのバッグでぐっとレディーに。


引用:CBK(カブキ)

妊婦さんでも楽チンなグレーのスウェットスカートです。淡いグレーを濃デニムのシャツで引き締め、シャツのフロントをイン。腕まくりや胸ボタンの開け方などですっきりと着こなしています。誰にでも似合う休日コーデ。


引用:CBK(カブキ)

ウエストのリボンがポイントのグレーのマキシタイトスカートは、ボーダーがカジュアルな印象。ガーリーなパステルイエローのカーディガンを羽織ったら、足元は敢えてナイキのブラックのスニーカーでアクティブさをプラス。

グレースカート+フレアのおすすめコーデ


引用:CBK(カブキ)

カジュアルな印象のグレーのフレアーマキシスカートに、花柄ボトルネックブラウスをコーディネートしてきれいめカジュアルに。花柄もベースの色がブラックなら大人っぽく。白いスニーカーとバイカラーのバッグがこなれ感を演出。


引用:CBK(カブキ)

グレーのフレアースカートにタンクトップを合わせてフィット&フレアーなシルエットに。フリンジバッグやハイカットスニーカーとのカジュアルなコーディネートにベレー帽をプラスしておしゃれ度をぐんとアップ。


引用:CBK(カブキ)

チェックのフレアーミニスカートにダブルフリル袖のトップスを合わせて可憐に。ウエストに巻いた細い赤いリボンが効いています。足元は黒いソックスとローファーで女学生風に。重めの素材のスカートには厚底靴でバランスよく。


引用:CBK(カブキ)

ニュアンスの違うグレーを組み合わせたコーディネート。柔らかなトーンのコーデにブラウン系の小物やシルバーの輝きでアクセントをつけて。トップスのすそから少しだけホワイトをのぞかせる小技も抜け感効果大です。


引用:CBK(カブキ)

ライトグレーとインディゴブルーの組み合わせが涼しげ。抑えた甘さのあるトップスとフレアースカートに中折れハットとスニーカーでキリッとした印象もプラス。ハットのリボンがブルーなのもおしゃれ度高し、です。


引用:CBK(カブキ)

ハリのある素材でシルエットがきれいなグレーのフレアースカートに、鮮やかなピンクのニットを合わせて。グレーはビビッドな色も柔らかく受け止めてくれます。足元は明るいグレーのパンプスで、一層シックで優しい印象に。


引用:CBK(カブキ)

シンプルなブラックのTシャツにグレーのフレアースカートを合わせて。ミニマムなコーディネートではTシャツのサイズ感にもこだわりたい。こんな風にコンパクトなものだとバランス◎。レースアップパンプスでちょっとレディーに。


引用:CBK(カブキ)

グレーのチュールスカートにブラックのVネックTシャツをコーディネート。肩にかけたボーダーのカーディガンがアクセントに。白のバッグとブラックのローファーできちんと感のある着こなしになっています。

グレースカート+花柄のおすすめコーデ


引用:CBK(カブキ)

花柄のフレアースカートもシックな色使いとイレギュラーヘムでモードなアイテムに。スカートの柄とリンクする色使いで全体をシックにまとめて、ワークキャップとバケツ型のかごバッグで遊び心のある着こなしに。


引用:CBK(カブキ)

ボリュームのあるケーブルニットのタートルネックセーターにひらりとした花柄スカートを合わせて、素材のコントラストを楽しむコーディネートに。ストラップスニーカーと持ち手のデザインが印象的なバッグでエッジを効かせて。


引用:CBK(カブキ)

細かなギンガムチェックに色とりどりの花を散りばめたフレアースカートも、Vネックの白いブラウスできれいにデコルテを見せて大人のガーリーに。スカートのお花の色に合わせたトートバッグとパンプスもキュートです。


引用:CBK(カブキ)

グレーの大きな花柄プリントのスカートはすそがシャギーになってふわっとしたシルエット。トップスは前ボタンを閉めたブラックのカーディガンでスカートを引き立たせて。グレーとブラックだけなのに華やかなコーディネート。


引用:CBK(カブキ)

淡いグレーのニットと小花柄のプリーツスカートのコーディネートに、サッシュベルトをキュッと結ぶと全体が引き締まった印象に。ニットのフレアースリーブも引き立ちます。タイツとサイドゴアブーツで甘さを抑えて。


引用:CBK(カブキ)

花柄のマキシスカートにロゴ入りTシャツやキャップを合わせてスポーティに味付け。大きめなTシャツも袖をロールアップしたり、ウエストをインしたりすればバランスよく着こなせます。リラックスサンダルが外しアイテム。


引用:CBK(カブキ)

シックな色合いのフレアースカートにベージュのニットや薄いグレーのムートンコートを合わせて明るさをプラス。エレガントなスカートをムートンコートやトートバッグで品の良いカジュアルミックスコーデに。