ブルーパンツを使ったおすすめコーデ特集18選!

コーデの幅が広げやすいブルーパンツは、様々な着こなしができるファッションアイテムです。オンでもオフでも活用できることから、何着持っているも困らない万能性があります。

今回紹介するコーデ術を参考にしますと、今手元にある洋服と合わせる際のヒントが得られるだけではなく、新しい洋服を買う際にも効果を発揮します。是非今後に役立ててみてはいかがでしょうか。

この記事で紹介しているブルー パンツコーデのおすすめコーデ一覧

おすすめコーデ:1 おすすめコーデ:2 おすすめコーデ:3 おすすめコーデ:4 おすすめコーデ:5 おすすめコーデ:6 おすすめコーデ:7 おすすめコーデ:8 おすすめコーデ:9 おすすめコーデ:10 おすすめコーデ:11 おすすめコーデ:12 おすすめコーデ:13 おすすめコーデ:14 おすすめコーデ:15 おすすめコーデ:16 おすすめコーデ:17 おすすめコーデ:18

この記事の作成者

R.K.さん【29歳】
元ファッションモデルでアパレル業のおしゃれ大好きR.K.さんがこの記事を作成しています

ブルーパンツを使ったおすすめコーデ特集


引用:CBK(カブキ)

白いトップスやサンダルとの相性が良いブルパンツは、華やかな印象を与える効果があります。トップスをインする着こなし術をマスターしますと、下半身をスタイル良く見せる足長効果が期待できるでしょう。

引用:CBK(カブキ)

黒との相性も用ブルーパンツは、トップスやバッグを黒にすることで、全体をまとまった印象に見せるカラーコーディネートが素早く完成します。白いスニーカーは、足元を一層スッキリさせる働きをするでしょう。

引用:CBK(カブキ)

ストライプ柄のシャツとのバランスが良いブルーパンツは、爽やかさが一層増したコーデができます。ボトムスの色味を強調させる白いバッグは、大きめで存在感があっても着こなしの邪魔をすることはありません。

引用:CBK(カブキ)

フレアスカートのようなデザインのブルーパンツは、スカートを履く機会が多い人でも気軽にパンツスタイルが取り入れられるデザインです。同系色のトップスとの相性が抜群で、スタイルを活かしたトータルコーディネートが完成します。

引用:CBK(カブキ)

下半身の引き締め効果が高いブル^パンツは、短い丈のものを選ぶのがおすすめです。トップスに合わせるシャツやバッグのトーンを統一させることで、個性的なパンプスの色味が存在感をアピールできるでしょう。

引用:CBK(カブキ)

キャラクター柄のTシャツとの相性も良いブルーパンツは、スニーカーやカジュアルバッグを組み合わせることで、ボーイッシュになり過ぎないシンプルコーデが素早く完成します。まとめ髪にすることで、顔周りがスッキ見えるでしょう。サングラスも小顔効果抜群のファッションアイテムです。

デニムパンツを使ったおすすめコーデ特集


引用:CBK(カブキ)

ブルーパンツの代表格であるデニムパンツは、アウターにもデニム素材を用いることで、ワンランク上のおしゃれが実現できます。アクセントとなるベルトやサンダルなどの小物類は、個性を発揮しながらセンスが磨けるでしょう。

引用:CBK(カブキ)

ブルーパンツは万能性が高いファッションアイテムですが、その中でも抜群の存在であるジーンズは、何着でも欲しいものです。体にフィットするデザインを選ぶことで、上下のバランスが整った着こなしができます。

引用:CBK(カブキ)

デニムとデニムのコントラストが綺麗なトータルコーディネートは、セットアップ感覚でファッションスタイルを楽しめるのが特徴です。カゴバッグとパンプルそれぞれにある黒を統一させる着こなしは、今すぐ真似したいコーデとなります。

引用:CBK(カブキ)

ブルーパンツの中でも活躍する場面が多いデニムパンツは、少しのカラーの違いを楽しみながらコレクションできるファッションアイテムです。パンプスとの相性も良く、寒い季節に欠かせないフリース素材との組み合わせも絶妙になります。

引用:CBK(カブキ)

スニーカーやファー付きのバッグでファッションにアクセントを加えるブルーパンツの着こなしには、デニムパンツを合わせるのがおすすめです。おだんごヘアによるスタイルアップやサングラスによる小顔効果が期待できることから、洋服以外のチョイスにも気を配るのが良いでしょう。

引用:CBK(カブキ)

ワイドパンツ風のブルーパンツは、デニム素材ならではのカジュアルな印象だけではなく、レアスカートのようなシルエットを活かして、女性らしさも加えられます。ふんわりとしたトップスや個性的なバッグなどを合わせることで、おしゃれ度7をさらにアップできます。

引用:CBK(カブキ)

白いTシャツに合わせることで更に綺麗な色味を際立たせるデニムパンツは、ブルーパンツの中でも活躍の場が多いファッションアイテムです。アクセントとなるカゴバッグの存在は大きく、夏らしい印象を演出できるでしょう。

引用:CBK(カブキ)

ブルーパンツを中心に青を基調にしたトータルコーディネートにポイントを与えるのは、茶色のストールの大きな存在感です。個性を更に主張できるパンプスは、ストールと同系色のアニマル柄がおすすめで、小物遣いでおしゃれを楽しめます。

引用:CBK(カブキ)

個性的なバッグの存在感が大きいブルーパンツのコーデには、スタイルアップが実現できるデニムパンツが良いでしょう。体にフィットしたデザインは、気になる下半身を強調するイメージですが、綺麗には着こなしをすることで体形カバーも実現できます。

引用:CBK(カブキ)

厚底サンダルとの相性が抜群で、足長効果が高いブルーパンツが欲しい場合は、ワイドなシルエットのデニムパンツが良いでしょう。肩見せスタイルのトップスとのバランスも整って、スタイル良く見せる役割が果たさせます。

引用:CBK(カブキ)

黄色いパンプスがインパクトを与えるブルーパンツのコーデには、下半身の引き締め効果が高いデニムパンツがおすすめです。カジュアルな印象が強いデニムですが、トップスのデザインや小物のチョイスで、雰囲気を大きくます。

引用:CBK(カブキ)

アウターの印象で見た目の様子が変わるブルーパンツのコーデは、シンプルな着こなしができるデニムが重宝します。シックな色合いのトップスや落ち着いたデザインのパンプスと組み合わせることで、トータルバランスが重視された着こなしができるでしょう。