レッドパンツを使ったおすすめコーデ特集12選!

大胆さが強調される印象が強いレッドパンツは、着こなしが難しいような印象があります。しかし、様々なシチュエーションに合わせてコーデできる最強アイテムであるレッドパンツは、1着持っているだけで幅広いおしゃれを楽しめるようになります。

今まで赤い洋服を手にすることがなかった人でも、簡単に真似ができるコーデ術を今回沢山紹介していますので、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

この記事で紹介しているレッド パンツコーデのおすすめコーデ一覧

おすすめコーデ:1 おすすめコーデ:2 おすすめコーデ:3 おすすめコーデ:4 おすすめコーデ:5 おすすめコーデ:6 おすすめコーデ:7 おすすめコーデ:8 おすすめコーデ:9 おすすめコーデ:10 おすすめコーデ:11 おすすめコーデ:12

この記事の作成者

R.K.さん【29歳】
元ファッションモデルでアパレル業のおしゃれ大好きR.K.さんがこの記事を作成しています

レッドパンツを使ったおすすめコーデ特集


引用:CBK(カブキ)

エレガントな装いにも合わせやすいレッドパンツは、コーデ全体を引き締める役割があります。大きめのバッグや黒いサンダルなど野小物遣いとの調和も重要で、落ち着いた色味とのバランスは、初めてでも簡単に取り入れやすい着こなしとなります。

引用:CBK(カブキ)

女性らしい雰囲気が演出できる総柄入りのレッドパンツは、小柄な人でも履きやすいファッションアイテムです。ふんわりとした印象のトップスやベレー帽の存在によって、赤色がそれほど強調されない着こなしが完成するでしょう。

引用:CBK(カブキ)

ブルー系のパンプスとの相性が良いレッドパンツは、アウターやトップスとの組み合わせを楽しめるます。カラーコーディネートを充実させられる白との組み合わせによって、強弱をつけたトータルコーディネートが完成するはずです。

引用:CBK(カブキ)

シンプルなサンダルとの調和が綺麗な丈が短めのレッドパンツは、足長効果が期待できるファッションアイテムです。トップスとバッグを同系色に揃えることによって、統一感がある着こなしが思い通りに実現するでしょう、

引用:CBK(カブキ)

ハードな印象が強いアウターとなるライダーズジャケットは、レッドパンツの大胆な色味との調和が絶妙で、スパイシーなファッションが好きな人に最適な着こなしができます。ショートブーツとのバランスも良く、足元がスッキリ見える働きをするでしょう。

引用:CBK(カブキ)

大胆な花柄が印象的なレッドパンツは、暑い季節でもさらりと着こなせる1枚となります。特にトップスに白いデザインを取り入れることで、涼しげな印象と顔周りがスッキリ見える小顔効果を同時に手に入れられるでしょう。

引用:CBK(カブキ)

ワイン色のようなレッドパンツをコーデに取り入れますと、オンでもオフでも活躍させられるトータルコーディネートが完成します。アウターにカジュアル風なジャンバーを加えることによって、女性らしい雰囲気だけでなくボーイッシュな印象もミックスできるのがおすすめです。

引用:CBK(カブキ)

ロング丈のアウターとのバランスが程良いレッドパンツは、周囲と差をつけた着こなしができるファッションアイテムです。キャップなどの小物遣いでも雰囲気が変えられるボトムスの存在は、特にショートブーツのデザインにこだわるとおしゃれセンスがアップできます。

引用:CBK(カブキ)

レッドパンツの存在感をより強調したい時には、モノトーンをコーデの中に多く取り入れるのがおすすめです。その中でもトップスにシンプルなボーダー柄をチョイスすることによって、落ち着いた色味でもおしゃれな雰囲気を醸し出せます。

引用:CBK(カブキ)

アニマル柄のパンプスに合わせるレッドパンツは、フレアスカートのようなデザインですと、下半身の体形カバーをしながらオシャレができます。ベレー帽やサングラスなどを合わせて、小顔効果が期待できるアイテムを沢山用いるのが周囲との差を広げたセンスアップ術となるでしょう。

引用:CBK(カブキ)

シンプルで履き心地が良いパンプスとの相性が良いレッドパンツは、ベージュとの相性が良いファッションアイテムです。地味でボーイッシュになりやすいベージュにパンチを加える存在となるレッドパンツは、爽やかな着こなしにアクセントを加える存在となるでしょう。

引用:CBK(カブキ)

ロング丈のアウターと合わせたレッドパンツのトータルコーディネートは、個性的で女性らしい印象のファー付きショートブーツの存在が大きく光ります。足元がスッキリ見えるのは、ボトムスとショートブーツの相性が重要で、足長効果が望めるメリットがあるのが特徴です。