優しい女性はやっぱり愛される!本当に優しい女性の行動10個とNG行為

つんけんしている女性よりも優しい女性の方が愛されるということは誰でもわかっていることだと思います。女性に優しく包まれたい、癒されたいと感じている男性はとても多いです。そこで、ここでは本当に優しい女性の行動10個とNG行為について紹介します。あなたは優しい女性になれているでしょうか?

男は優しい女性が好きだ!

たいていの男は優しい女性を好む

男というのは優しい女性が好きです。たいていの男は優しい女性に惹かれるものです。実際に恋愛する人はもちろん、交際する人や結婚する人の理想を聞くと、たいていの男が「優しい人かな」ということを言います。

それは、当然のこととも言えるかもしれません。誰も優しくない女性のことなど好きになりません。相当なひねくれ者ではない限り、優しい人を好きな人の方が圧倒的に多いということです。

優しいだけでは物足りない気持ちもある

優しい人が好きとは言っても、男は優しいだけでは物足りないという気持ちもあります。そうです、男は面倒な生き物なのです。つまり、優しくするだけではなく、時にはまるで母親のように厳しくするということも重要となります。

もちろん、その根本的な部分には優しさがないとダメです。女性が思っている以上に男というのは繊細な生き物で、簡単なことで傷付いたりショックを受けたり落ち込んだりしてしまうのです。ただ優しくするのではなく、相手の気持ちを考えた優しさが必要となります。

頑張ってもモテない女性の優しさ

とにかく行動があざとい

頑張ってもモテない女性の優しさとしては、とにかく行動があざといということがあります。優しくしようとしている気持ちが丸見えとでも言いましょうか。とにかく行動があざとくて、ストレートな言葉を使えばウザいと思ってしまう男もいます。

無理に優しくしようとすればするほど、どんどんウザくなってしまいます。それこそ母親のように口うるさく近付いてくれば、たいていの男は嫌がるのです。

優しさが押しつけがましい

優しくしてあげているという気持ちは危険です。自分が優しくしたいからしているのであって、自分から優しくしてあげていると思っている方は、やはりモテません。優しさが押しつけがましいというのは、男にとってもウザいだけです。

相手のことを想って優しくするのは良いですが、恩着せがましいことなどもあるので、そこは注意するようにしましょう。モテない女性は、どうしても「してあげているのよ」という感じが否めません。

過度の優しさはお節介

過度の優しさはお節介となってしまいます。男は優しい人が好きですが、その優しさが過度になればなるほど「余計なお節介だよ」と思ってしまうのです。女性からすれば「優しくしているのに何なの」と感じるかもしれませんが、男からすると「勘弁してほしい」ということも多いです。

過度に優しくすると男はダメになってしまうし、それを男は自覚しています。だからこそ、優しすぎるのはNGなのです。

媚びているだけに見える


自分にひょこひょこと近寄ってきて優しくし始めると、男は「この女性もしかして媚びているのかな」と見えてしまいます。媚びられて嬉しいという男もいますが、それが単なるウザい人だと思われてしまえば終わりです。

男にとって、適度な距離感を保つということは重要です。よくテレビやラジオなどで、パーソナリティの人をヨイショしまくっている女性もいますが、あれも実は媚びているだけで好かれるということは少ないと言えます。

下に見ている人にしか優しくしない

女性という生き物は、自分が下に見ている人だからこそ優しくできるということも多いです。そういう感情は、意外と男も感じ取ってしまうことが多いです。上から目線で優しくしていては、当然モテるわけもありません。

男というのは、自分と対等になって接してくれる女性を求めています。対等な関係で優しくしてくれるなら、好きになるという気持ちもわかるでしょう。その逆となれば、気持ちは自然と離れていきます。

見返りを求める

女性の優しさの中には、見返りを求めているものもあります。「私も優しくしてあげるんだから、そっちも優しくしてよね」というスタンスでいると、男は疲れてしまうのです。見返りを求めている間は恋、見返りを求めなくなったら愛とはよく言うものです。

男にとって、見返りを求めない優しさほど嬉しいものはないと言えます。見返りを求めるのではなく、自分が無償で優しさを届けるという気持ちが大切です。

他人に迷惑をかけてしまう優しさ

他人に迷惑をかけてしまう優しさは、ただただ痛いだけです。良いと思ってやった優しさが他人を巻き込んでいると思うと、男は素直に喜べません。

他人に迷惑をかけない範囲で優しくする分には良いです。例えば街中で過度に「ここ座りなよ」とか「こっちの道を通ろうよ」と誘導する女性もいます。しかし、それは他人にとっては邪魔でしかないこともあるということです。それは優しさではなく単なるエゴです。

優しい女性がもつ10の特徴とは?

気遣い上手


優しい女性というのは、やはり気遣いが上手です。その気遣いというのは、男本人に対してだけではなく、周囲にも気を使える女性のことを言います。

男というのは自分に優しくしてくれる女性に惹かれることも多いですが、他人に優しくできる女性に一番グッとくる生き物です。通りすがりのお年寄りに優しくできたり、子供が泣いていたら声をかけてあげたりできる女性こそ、理想だと言えますね。

笑顔が素敵

いつもニコニコしていて笑顔が素敵な女性は、総じて優しいです。すべてを受け入れてくれそうな感じがして、男も心を許してしまうことが多いです。事実、男が好きな女性のタイプを聞くと、「笑顔が素敵な人」と答える人が相当数います。

笑顔で優しくされた時には、もう心を奪われてしまうでしょう。男は単純な生き物で、キラキラした笑顔の女性にとっても弱いです。

忙しいときは体調を気にしてくれる

忙しく働いている人は、やはり気遣ってもらいたいと思う気持ちもあります。「最近疲れているんじゃない?」「身体は大丈夫?」「ストレスとか溜まっていない?」という何気ない言葉に救われる人もいるのです。

体調を気にしてくれる女性というのは、男にとってもやはり心強い味方です。自分の味方をしてくれる女性がいるという安心感は、非常に重要だと言えますね。

聞き上手


「男こそ聞き上手とあれ」ということがよく言われますが、男にも愚痴を言いたいことがあるし、話を聞いてもらいたいことがあります。自分の話ばかりをするのではなく、たまには聞き上手になってくれる女性こそ、優しい人だと言えるのです。

もちろん、女性にも話を聞いてもらいたいことがあるので、そこはお互いに時間を作って話す時間を持つというのも重要となります。

同性にも好かれている

同性から嫌われている女性というのは、男から見ても魅力がないことがあります。逆に同性にも好かれている女性は、男も惹かれる要素が多いです。

男でも同じように、同性から好かれる人は性格が良いことも多いです。異性からモテるというよりは、同性からモテる人になることが重要だと言えますね。

頼まれたら嫌と言えない


頼まれたら嫌とは言えない女性は、男からするととても頼りにできます。もちろん、それを良いことに使おうと思っている男はダメです。ただ、お願いすればやってくれる女性というのは、やはり魅力的です。

自分の要望に応えてくれる人がすべて良いとは言いませんが、男もたまには甘えたいこともあります。そんな時、甘やかしてくれる女性がいたらどんなに心強いでしょうか。

優柔不断な一面もある

優柔不断というのは優しいからこそ出てくる問題です。優しいが故に「あの人はどうやったら喜ぶのかな」「こうすれば良いのかな」「ああすれば良いのかな」と考えてくれます。それは、男にとってはとても嬉しいことです。

自分のことで悩んでくれるというのは、本当に嬉しいと言えます。だからこそ、そういう女性は優しいと思われるし、男からも人気を集めていくわけです。

常に余裕がある

常に余裕がある女性というのは、人にも優しくできます。もちろん、上から目線で優しくすることも下から目線で優しくすることもなく、対等な関係で優しくすることができるのです。

余裕がない人は毎日イライラしていて、やはり近づきがたいオーラを放っていることもあります。そうなると、男は心を許すこともできません。優しい人というのは、常に心にも身体にも余裕があるものです。

友達が多い


友達が多い人は、それほど魅力があるということです。同性から好かれるということにも似ていますが、男友達も女友達も多い女性はやはり優しいと言えます。一緒にいて楽しいからこそ、友達が多いわけですからね。

友達の多さがその人の価値とは言いません。ただ、友達が少ないという人は何かしらの理由がやはりあるものです。逆に言えば、優しい人はそれほどの魅力が詰まっているということでもあります。

家庭的な面がある

女性の中には、料理が上手で洗濯や掃除が得意な人も沢山います。そういう女性に対して、男は「あぁ、なんて良い人なんだ」と思うことも多いです。事実、男からモテる要素の中でも、家庭的な一面があるというのは大きな要素となります。

母親とまでは言いませんが、身の回りのことをやってくれる女性がいれば、男はどんどん惹かれていくでしょう。「家庭的=優しい」というイメージがあるのも事実です。

職場で優しい女性になる方法

ミスした人を手伝う

職場で優しい女性になりたいなら、ミスした人を手伝う器量を見せることが大切です。女性も仕事ができる人が増えてきて、近年はミスを男女でカバーし合い、会社で連携しているところも多いです。

ミスした人がいれば、すかさず手を貸してあげましょう。もちろん、自分の仕事もしっかりこなすことが必要なので、そこはバランスが重要となります。

疲れている人にコーヒーを入れる

疲れている社員や従業員に、そっとコーヒーを差し入れると好感度はぐんぐん上昇します。職場の天使になれる日も近付いてくるのではないでしょうか。

職場というのは常にイライラやストレスが溜まってしまうところだけに、ちょっとしたブレイクタイムを挟める余裕のある人がいると救われます。男はそういうちょっとした気遣いを見ているものです。

つらそうな人に励ましの言葉を伝える

つらそうな人がいる場合は、励ましの言葉を伝えるのも良いです。優しくなりたいと思っている人は、勇気を持って色々な人に声をかけているものです。「つらいなら相談してください」の一言だけでも、職場に癒しの花が咲くこと間違いなし。

そういう優しさを見て、男は「この人素敵だなぁ」と思うのです。すべてがそうだとは言いませんが、職場での気遣いはとても重要と言えます。

少し大げさにお礼を言う

リアクションが大きい人は、やはり接していても楽しいですし、反応が良いから嬉しくなります。男の多くは、そういうリアクションが大きい人に惹かれることも多いです。

逆にまったくの無反応だと「この人、自分のことを嫌っている」という思考回路の人もいます。そのため、職場では大げさと言えるくらいのお礼を言うなど、反応を大きくしてみましょう。

優しさを学ぶ事ができるおすすめ書籍

優しいのに無敵


Dr.スティーブン・トルドーさんの著作として知られるこの本は、心理学をテーマにしながら「人の優しさ」について追及しているのが特徴です。優しい人は敵を作りやすいとも言われますが、この本では優しい人こそ無敵だということを説いています。

やさしいライオン


大人気作品「アンパンマン」の生みの親として知られる、やなせたかしさんの著作がこちらの本です。ライオンと言えば百獣の王ととして恐れられている生き物ですが、この本に出てくるライオンは優しさに満ちています。イメージで人を決めつけたくない人におすすめです。

手をつなげば、あたたかい。 宇宙がくれた「優しい力」


女優や映画監督としても活躍する山元加津子さんの著作として知られるのが、こちらの本となっています。人が持つ本来の優しさについて書かれていて、優しい力というのをテーマにしているのが特徴です。

優しい人には優しい出来事がありますように。


「きょうちゃん」などの絵本で知られるもくもくちゃんの著作がこちらです。人に優しくする人には、優しい出来事があるということをとても優しく表現している作品となっています。誰かに優しくしたい人や優しくなりたい方におすすめです。

フィリピン少年が見たカミカゼ―幼い心に刻まれた優しい日本人たち (シリーズ日本人の誇り 7)


著名な芸術家の父を持ち、自宅に開設したカミカゼ博物館で知られるダニエル・H・ディソンさんの著作がこちらの本です。自分の命を犠牲にしてまで国のために戦った人々を描く作品で、心打たれること間違いないです。優しさの本質を捉えた衝撃的な作品でもあります。

まとめ

優しい女性は誰からでも愛されるものです。本当に優しい女性というのは、明らかに行動も言動も他の人とは違います。そういう天使みたいな人になれれば、男からも好かれるでしょう。