エニアグラムで相性がわかる!9パターンから見える恋愛の相性診断

エニアグラムをご存知の方もおられるのではないでしょうか。聞いたことはある、何となく知っているという方もおられるでしょうが、エニアグラムとは自分本来の思考や性格、行動パターンなどを知ることが可能なツールです。

エニアグラムを活用すれば意中の人との相性なども分かるようになると言われていますし、実際恋愛に活用している方も少なくありません。ここではエニアグラムによる9パターンから見える恋愛の相性診断をしたいと思います。

  • エニアグラムとは何か
  • 行動・性格のパターン

を紹介します♡記事の最後には、自分と男性の相性を簡単に診断できる図表も用意しました。ぜひ活用してください!

エニアグラムは行動・性格のパターン分類

エニアグラムでは行動、性格のパターンを分類しています。エニアグラムは長い歴史がありますし、現在では海外の企業でエニアグラムが研修で使われることもあります。

海外の企業ではさまざまな国の人が働いていますし、多国籍状態になっていることも多いため、誰がどのような性格でどんな行動パターンなのかをエニアグラムで把握しようとしているのです。

それによってチーム分けをすることもできますし、より効率よく業務を遂行することが可能になります。

人間は9パターンに分類できる

エニアグラムでは人間は9つのパターンに分類します。さまざまな質問に答えることで最終的に該当したパターンが自分に当てはめられます。

恋愛や仕事の相性がわかる

エニアグラムは古代から用いられてきた伝統的な知恵と心理学です。海外の企業でも積極的に用いられていることからその有用性は疑う余地もありませんが、実は仕事だけでなく恋愛にも活用できます。エニアグラムを活用することによって相性を予想することもできますし、今後どうすればいいのかを考えるきっかけにもなるのです。

診断相手を9タイプから分類

エニアグラムでは診断した相手を9タイプから分類します。それぞれのタイプに特徴がありますから、ここで一つずつご説明しましょう。

タイプ1:全員の利益を求める理想主義者


このタイプは完全主義者とも呼ばれます。

理想を叶えるためには努力を惜しまないタイプで、使命感に燃えているタイプでもあります。目的意識の強さも際立っており、目的を果たすために実際に行動に移していきます。

口ばかりではなく行動が伴うことが大きな特徴ですね。ストイックに自分を追い込むようなこともありますし、アーティストやアスリートの世界で成功している方にこのようなタイプは多いのではないでしょうか。物事の細部にまでこだわるのも特徴で、本能と情熱のままに行動します。

タイプ2:人助けに全てを捧げる寛容タイプ鵜

このタイプは人との繋がりやコミュニケーションを大切にする人で、人助けにすべてを捧げるようなタイプでもあります。

思いやりもありますから人も集まってきますし、並々ならぬ人望を持っていることも少なくありません。他人のために尽くすことに生きがいを感じていることもありますし、他人のためなら自己犠牲すら厭わない部分があります。自分以外の人のために動きすぎて自分のことがよくわからなくなるようなこともあります。

タイプ3:常に成功したいことを考えている成功志向

このタイプは達成者とも呼ばれます。

ビジネスの世界で成功している人にもこのタイプの人が明らかに多いですし、自分が価値のある人間になりたいと考えているような人たちです。特定の分野で有名になることが多く、周りから尊敬されることも少なくありません。他人の才能を伸ばすことに注力することもありますし、うまくいったときには自分のことのように喜ぶこともあります。目的を達成しながら生きていくタイプです。

タイプ4:個性的な部分が強い芸術家タイプ


個性的な部分が強いのが芸術家タイプです。

自分はどんな人生を歩むべきなのかということを普段から考えていますし、自己分析しながら生きています。独特な世界観を持っていることも少なくありませんし、それが成功を引き寄せることもあります。デリケートな部分があり直感的で、センスに従っていきることもあります。自分に特別な才能や能力があると強く信じてやまないのもこのタイプですね。

タイプ5:クールで周りを見ている観察者

女性 頬杖

観察者タイプはクールでよく周りを見ています。ものごとを徹底的に調べないと納得できない性質で、なぜそれがそのような結果になったのか、ということを調べないと夜も眠れなくなってしまいます。

探求心の塊のようなタイプと認識しても問題ないでしょう。世界的な事業家にもこのようなタイプの人はいますし、女優や俳優さんにも多いタイプです。自分の自信のなさを補うために知識を詰め込もうとするのも特徴と言えるでしょう。

人間関係はあまり得意なほうではありません。また、興味があることに対しては惜しみなく時間を使いますが興味のないこと、関心を持てないことに対してはわずかな時間を使うことも惜しがる傾向にあります。洞察力に優れていますから全体を見渡す力があり、周りに流されてしまうようなこともありません。

タイプ6:圧倒的に慎重な行動しかしない安全志向


このタイプは堅実家とも呼ばれます。

責任感が強く周りを大切にすることが特徴で、常に安全志向です。社交的な一面もありますからコミュニケーションをとるのも得意としていますし、周りを大切にすることから慕われやすいタイプでもあります。長いモノには巻かれるタイプで自分で重大な決断をするようなことはなるべく避けたいと考えています。また、そもそも自分に自信がありませんし、自分を守るためにエネルギーを使うこともあります。

タイプ7:プラス思考で進んでいく楽天家

楽天家タイプは常にポジティブ思考で前しか向いていないという特徴があります。好奇心も旺盛ですし、気になったことは徹底的に調べることもあります。とにかく楽しいことが大好きですし、興味のあることに手を出しすぎてしまい収拾がつかなくなることもあります。

リアリストで頭の回転も比較的速いものの、失敗などをしても深刻に捉えない傾向にあるのも事実です。次から次へとやりたいことが増えるのもこのタイプですね。

タイプ8:統率することに長けているリーダータイプ


統率者タイプは常に物事に挑戦し続けようとするのが特徴です。挑戦すること自体に意義を感じていますし、自分が持っている力をもっと高めたいとも考えています。カリスマ性があるのもこのタイプで、常に自分が先頭に立ちたいと考えています。面倒見が良いという特徴もあり、自分についてくる人に対しては広い心で対応しようとします。決断力もあるため周りからの信頼も得られるタイプです。

性格の捉われが強くなると自慢や強がりを言うこともあります。自分の弱さを認めることがなく、支配されるよりも支配する側を選ぶのもこのタイプの性質と言えるでしょう。自分の弱さを認めたくないゆえに相手の弱点をつこうとしたり、コントロールしようとしたります。

タイプ9:安心感はあるが向上心がない平和主義者


平和主義者は調停者とも呼ばれます。争いごとは嫌いで自己主張しないのはこのタイプの大きな特徴と言えるでしょう。のんびりした性格で癒し系と言われることもあります。自分が前に出るタイプではなく周りの人を支えることで結果を残します。いつも安定の中で生きていきたいと考えていますし、何かから大きな影響を受けるということも少ないです。

基本的に現状維持を求める性質で、頑固なまでに現状の維持にこだわる傾向にあります。変化に対する恐れの気持ちもあり、変化へ向けての積極的な動きをすることもありません。怒りなどの不満を表面に出すこともあまりなく、暗黙の抵抗で示すことが多いです。

エニアグラムで恋愛の相性を診断!

「エニアグラムの図表を用意しました♡自分と相手の相性を診断してみてくださいね」

まとめ

女性のあいだで密かなブームとなっているエニアグラムについてご紹介しました。仕事だけでなく恋愛における相性まで分かってしまうエニアグラムを活用できれば今後の恋愛にも活かせそうですね。人間関係で悩んでいるという方もエニアグラムを活用することができれば良い人間関係を築けるようになるかもしれません。ぜひ参考にしてくださいね。