自分へのご褒美はどんなときに何を選ぶ?おすすめアイテム5選と注意点

自分へのご褒美として欲しいものを買う、というのはよくあることですよね。誰でも一度は自分へのご褒美として何かを購入したことはあると思いますが、ここでは自分へのご褒美を選ぶのはどのようなときなのか、どんなものを選ぶのか、それにまつわる注意点などについてもお話したいと思います。

自分へのご褒美をする上でのメリット


自分へのご褒美をすることにはいくつかのメリットがあります。メリットがあるからこそ自分へのご褒美を設定する方が多いのではないでしょうか。まずはそのメリットから見てみましょう。

目標達成が再確認できる

目標確認が再確認できるというのは大きなメリットではないでしょうか。何か大きな目標を掲げている方、それに向かって一直線に歩んでいる方もおられるでしょうが、それを達成できたときの喜びは何ものにも代えられないものだと思います。自分へのご褒美として欲しかったものなどを購入すればそれを再確認することができますよね。買ったものを見るだけで自分はやったんだ、達成できたんだと再確認することが可能になります。

次の目標へのモチベーションがUPする

かわいい女性
次の目標へのモチベーションがアップするというメリットもあります。一つの目標をクリアしただけで満足するのではなく、次の目標設定をして進まなくてはいけないようなシーンもあるでしょうが、このような時も自分へのご褒美を用意するとモチベーションが高まります。また目標をクリアすれば自分へのご褒美を手に入れることができる、と考えれば頑張ろう、これからも一生懸命やろう、という気になれるものですよね。

自分磨きの効果が期待できる

自分磨きをしている女性もおられるでしょうが、自分へのご褒美を用意することによってさらに効果が期待できます。自分磨きのためにエステなどに通っている方もおられるでしょうが、自分へのご褒美があるとなればもっと頑張れますよね。目の前に人参をぶら下げられた馬ではありませんが、それと同じようにご褒美のためにもっと頑張れますし、今まで以上の効果も期待できるのではないでしょうか。

自分へのご褒美はどんなときにあげる?


自分へのご褒美をどんなときにあげるのかということですが、正直これは人によって変わってくるのではないでしょうか。さまざまなケースが考えられますが、ここでは一般的な自分にご褒美をあげるタイミングやケースについてお話したいと思います。

仕事を頑張ったとき

仕事を頑張ったときに自分に対してご褒美をあげるということはよくあると思います。普段よりもハードな仕事をここ最近続けていた、仕事でしっかりと結果を出すことができた、といったときに自分に対してご褒美を買うことが多いです。ポイントは仕事で特別頑張ったということですね。普段から仕事を頑張ったからといってご褒美を買っているとキリがありませんから、何か大きな仕事に取り組んだ、結果を残せたというときにご褒美を買えばいいと思います。

目標としていた資格が取れたとき

資格取得のために勉強しているという方もおられるでしょうが、資格によってはなかなか取れないような資格もありますよね。難関な資格、なかなか取得できないような資格を取れたときに自分へご褒美を購入するという方は多いです。資格取得を目標として頑張ってきた自分へのご褒美ですし、無事に資格を取得できたご褒美ということですね。これなら資格の取得と合わせて二重に嬉しいですね。

仕事で難しいプロジェクトを達成したとき


仕事で難しいプロジェクトを任されるということもあると思います。難しいプロジェクトを任されてしまうとプレッシャーもかかりますし、精神的なストレスを抱えてしまうこともあるでしょう。しかし、数々の困難を乗り切りながらプロジェクトを達成することができればこれほど嬉しいことはありませんね。このような時に自分へご褒美を購入するという方は多いのではないでしょうか。頑張ったという実感も味わうことができます。

残業続きから開放!打ち上げをしたい気分になったとき

毎日遅くまで残業しなくてはいけない時期などもあると思います。業種によっては繁忙期もあるでしょうし、そのような時期は無条件で残業しなくてはいけないということもあるでしょう。そのような残業続きの日々からやっと開放された、というときにはパーッと打ち上げもしたくなるものです。このような時には自分へのご褒美を買ってしまいたくなりますよね。普段飲まないような美味しいお酒を買ったりすることもあると思います。

ボーナスをもらったとき

ボーナスをもらったときに自分にご褒美を買うという方もいます。結婚している方だと勝手に使うことはできないでしょうが、独身の方ならボーナスをもらったときに自分にご褒美を買うというのは多いのではないでしょうか。臨時的な収入ですし、お金持ちになった気がしてつい大きな買い物もしてしまうものです。パーッと使いたい気持ちになってしまうこともありますよね。

自分へのご褒美をあげるとしたらには何を選ぶ?


自分へのご褒美は基本的に自分が欲しいもの、欲しかったものを選ぶことが多いと思いますが、ここではいくつか例を挙げてみたいと思います。今後自分へご褒美を買うときの参考にしてくださいね。

前から欲しかったアクセサリー


前から欲しいと思っていたアクセサリーを買うという方もいます。アクセサリーもものによってはかなり値が張りますから、自分へのご褒美としてはおススメかもしれませんね。もちろん、アクセサリーに興味がある、好きということが大前提とはなりますが、アクセサリーは自分へのご褒美としては比較的多いチョイスです。

普段は買えないブランドバック


女性なら誰もが好きなブランドバッグ。ハイブランドのバッグがほしいという方もたくさんおられるでしょうが、そうそう買えるものではありませんよね。このような普段買えないものだからこそ自分へのご褒美としてはおススメです。普段買いたいと思ってもなかなか手を出すことができないアイテムだからこそ自分へのご褒美として感動できます。

海外旅行


海外旅行を自分へのプレゼントにする、というのもいいかもしれませんね。頻繁に海外へ行っている方もおられるでしょうが、逆に海外に行ったことがない、行きたいのに行けないという方もいると思います。そのような方にとって海外旅行は特別なご褒美ですよね。海外のいろいろな観光地を巡ったり、その国ならではの食文化を楽しむこともできるでしょう。パスポートを持っていない場合だとまずパスポートを取得することから始める必要がありますが、それも含めて楽しみですよね。海外旅行も自分へのご褒美としてはおススメです。

国内の温泉旅行


海外には興味がないから、それよりも国内の温泉旅行などに行きたいという方もおられると思います。これも自分へのご褒美としてはイイのではないでしょうか。海外だとパスポートも必要となりますし、言語の問題などがあるため不安もありますが、国内ならまったくそのような不安も抱えずに済みます。頑張ってきた疲れを温泉で癒すこともできるでしょうから、国内の温泉旅行は自分へのご褒美としておススメですね。有名で人気のある温泉地はその周辺を観光するのも楽しいですよ。

美味しい食事

結婚式 レストラン
美味しい食事を自分へのご褒美として与えるというのはよくあります。特に女性だと自分へのご褒美に美味しい食事を食べるというのはよくあるのではないでしょうか。普段はまずいけないような一流レストランを予約したり、食べたかったものをお金を気にすることなく購入する、といった方もいると思います。食べたかったものをお金を気にせず食べることでストレス解消にもなりますし、これも自分へのご褒美としてはイイと思いますよ。

自分へのご褒美で気をつけること


ここまで自分へご褒美を与えるシーン、ご褒美としてチョイスするものなどについてお話してきましたが、自分へご褒美をあげることにはたくさんのメリットがあるためそれ自体を否定するつもりはありません。ただ、自分へのご褒美ではいくつか気を付けないといけないポイントがあるのも事実です。ここでは自分へのご褒美で気を付けるべきポイントについてお話しましょう。

自分へのご褒美のために目標を下げないこと

達成が困難なこと、難しい目標だからこそ達成できたときの喜びは大きいわけですし、自分へのご褒美も嬉しいのです。ご褒美がほしいからと自ら目標を下げてしまうような方もいますが、これはダメですね。これはあまりよくないご褒美のあげ方です。きちんと高い目標、難しい目標を掲げ、それを達成できたときにご褒美として何かを購入するのです。その基本的なことを忘れてはいけません。人によっては意志が弱く負けてしまうような方もいますし、途中でご褒美のために目標を下げる方もいますがこれは一番ダメな行為です。

お金を貯めたいときにはやらないこと

お金を貯めたいときもあると思いますが、そのようなときには自分へのご褒美はやめたほうがイイでしょう。結婚を控えているときなどは特にお金も必要となるでしょうし、わざわざ今やるべきことではありませんよね。自分へのご褒美となると普段よりも出費が大きくなるのが普通ですから、かなりガッツリ使ってしまうことも考えられます。難しい目標を達成したとなるとその喜びもひとしおでしょうし、金額を一切考えずに自分へのご褒美を購入してしまうということもあるでしょう。お金を貯めないといけないとき、ためているときにはやらないほうが無難です。

まとめ

自分へのご褒美をあげるケースや何を選ぶのか、選ぶ時の注意点などについてお話してきましたが、いかがだったでしょうか。自分にご褒美をあげることでまた大きな目標を掲げることもできますし、自分を叱咤激励することもできます。モチベーションを高く保つこともできるでしょうし、自分にご褒美をあげることにはたくさんのメリットがあるのです。やはりご褒美があるからこそ頑張れるという部分もあると思いますから、あまりストイックになりすぎることなく、時には自分へのご褒美も設定しつつ生きてみてはいかがでしょう。想像以上にメリットは大きいですよ。