もう別れようかな…。男性から「面倒臭い」と思われる女性の特徴

「手間がかかる子ほど可愛い」は本当?

何かと手を焼かせてくる女性に対し、「手間がかかるなあ…。でもそこが可愛い!」と感じる男性は少なからずいるようです。

しかし、何事も限度というものがあります。

ちょっと困らせられるくらいならまだ可愛いとしても、それが「面倒臭い」という領域に達すると、二人の関係に亀裂が入ってしまうかも…!?

そんな事態を防ぐために、今回は《男性が面倒臭いと感じる女性の特徴》をお伝えします。

彼女たちの特徴を反面教師にして、自分の普段の行いを振り返ってみましょう。

「特別な日」がありすぎる

何かと理由をつけて「特別な日」を作りたがる女性は、男性から面倒臭いと思われてしまいます。

誕生日や季節ごとのイベントはまだしも、付き合って1ヶ月記念日、2ヶ月記念日、3ヶ月記念日…と、やたらと記念日を刻みたがる女性っていますよね。

初めは楽しいかもしれませんが、あまりにも記念日が多くなると「これって本当に意味ある?」と冷静になってしまうもの。

「今日は付き合って1年と1ヶ月記念日なのに、忘れるなんてひどい!」なんて訴えてくる彼女がいたら、男性がうんざりしてしまうのも当然でしょう。

スマホを見ようとする

スマホを覗き見しようとするのも、面倒臭いと思われる女性の典型的な特徴です。

このような女性は嫉妬深く、執着心が強いため、恋人の挙動の全てを把握しようとします。

もし彼に後ろ暗いことがなかったとしても、勝手にスマホを見られれば良い気はしないはず。

「猜疑心が強い、面倒臭い女」と思われないよう、余計な詮索は慎んだ方が良いでしょう。

構って!察して!な、お姫様気質

「構ってちゃん」や「察してちゃん」も、男性からは不評のようです。

自分に構ってくれないと不機嫌になり、拗ねた態度をとって相手に自分が怒っている理由を察してもらおうとする…。

こんな大人気ないお姫様気質の女性は、一人の男性と長く付き合い続けることができません。

「女の子はちょっとワガママなくらいが可愛い」なんて言葉を真に受けすぎて「扱いにくい女」になってしまっては大変です。

自分の行動を客観的に見直して、周りに不快感を与えていないか考える癖をつけると良いでしょう。

すぐに泣いてしまう

喧嘩で感情的になるとすぐに泣いてしまう女性も、注意が必要です。

涙は女の武器、なんていいますが、この武器を濫用している女性はもれなく男性から敬遠されてしまいます。

泣いている女性に対しては、あまり強く言えなくなるのが男性というもの。それを逆手にとって「泣けばOK!」なんて考えてしまうのはあまりにも短絡的です。

「すぐに泣くから、この子には何を言っても仕方ない」と諦められてしまうと、二人の関係はそれ以上発展しません。

長期的に彼と付き合っていきたいなら、泣くことで喧嘩をおさめようとするのはやめましょう。

ネガティブで落ち込みやすい

落ち込みやすく、いつもネガティブなことばかり話す女性も、男性から面倒臭がられてしまいます。

「どうせ私なんて…。」と自虐する女性に対し、「そんなことないよ」と否定すれば「あなたにはわからない」と返される。

逆に「君が言うならたしかにそうなのかもね」と肯定すれば「なんでそんなこというの!?」と逆上される。

こんな女性は、想像しただけでも心の底から「面倒臭い!」と感じてしまいますよね。

「自分の性格だから仕方ない」と言って彼にネガティブな感情を押し付けないよう、気持ちのコントロールは最低限できるようになりましょう。

《面倒臭い女》から脱却するためには?

面倒臭い女性の共通点は、「自分本位であること」です。

自分のことばかり考えていると、自分の言動や行動に対し相手がどのような気持ちになるか想像することができません。

一方的に自分の考えを押し付けてくる女性に対し、男性が「面倒臭い!」と感じてしまうのは当然のことでしょう。

とは言え、知らず知らずのうちに今回ご紹介したような行動をとってしまっている女性って、結構いるのではないでしょうか。

そんな女性は、何か行動をとる前に「これをしたら相手を不快な気持ちにさせてしまうかも」と一度立ち止まってみてください。

こうして想像力を働かせることが、「面倒臭い女」から脱却するための大きな一歩となるはずです!