夫婦 子供

共働き夫婦の子育ては大変!制度活用術と家族のコミュニケーション術

夫婦が共働きだと子育ては大変ですよね。奥さんが専業主婦ならそこまで問題ではないと思うのですが、奥さんも外に働きに出るとなると育児はかなり大変だと思います。ここでは、共働き夫婦の子育てで起きるあるあるや制度の活用術、家族のコミュニケーション術などについてお話したいと思います。共働きで子育てしているという方の参考にもなると思いますからぜひ目を通してくださいね。

共働き夫婦の子育てで起きるあるある

夫婦 子供
まずは共働き夫婦における子育てのあるあるを見ていきたいと思います。すでに共働き夫婦で子育てしているという方だと「分かる!」という部分があるかもしれません。

帰宅後の夕食とお風呂が大変

帰宅後の夕食とお風呂が大変、というのはあるあるではないでしょうか。奥さんが専業主婦だと旦那さんが自宅に帰ったころにはお風呂も焚けているでしょうし、ご飯の用意もできていると思います。しかし、共働きとなると奥さんも外で働いているわけですから、帰宅してからお風呂や夕飯の用意をしなくてはならないのです。これは共働き夫婦のあるあるですよね。

就寝時は子どもの寝かしつけがある


就寝するときには子供を寝かしつけなくてはなりませんよね。これも共働き夫婦のあるあるでしょう。ただ、これに関しては共働きでなくても寝かしつけないといけないことは多々あるでしょうし、何も共働き夫婦だけに限ったことではないと思います。

朝の準備は出勤と一緒にしなければいけない上、子供を保育園に登園させなければならない

共働き夫婦だとどうしても朝がバタバタしてしまいます。朝食の準備もしなくてはなりませんし、お互い職場に向かう準備もしなくてはなりません。さらに子供がいるとなると子供の保育園の用意までしなくてはならないのです。まさに子供のいる共働き夫婦家庭の朝は戦場さながらと言っても過言ではないでしょう。出勤しながら子供を保育園に登園させなくてはなりませんし、ゴミ捨てなどもしなくてはなりません。本当に大変です。

仕事が忙しくて週末には洗濯物が溜まっている

専業主婦なら毎日のように洗濯もできるでしょうが、共働き夫婦だとそうもいきません。奥さんが仕事から帰ってきて洗濯というのは現実的ではありませんし、疲れきっているのに洗濯などできませんよね。仮に疲れていなかったとしても夜に洗濯機を回すというのはあまりよろしくありません。アパートやマンションなど集合住宅だと難しいですよね。そのため、週末になると洗濯物がかなり溜まってしまっている、ということがあります。

共働き夫婦の子育ては上手な制度利用が大切


現在では共働きの夫婦がかなり増えていますし、共働きでないと生活できないという世帯もたくさんあります。一昔前のように奥さんが専業主婦でやっていけるような時代ではありませんし、よほど稼ぎがイイ旦那さんでもない限り奥さんが専業主婦になるということは難しいでしょう。共働き夫婦は年々増えていると言われていますし、現在ではさまざまな制度も充実してきています。共働き夫婦の子育てではこうした制度を上手に活用するのがおススメですよ。

職場の時短勤務制度の利用

職場の時短勤務制度を利用するという手があります。時短勤務制度を利用できる会社はある程度限られているのですが、もし会社が利用できる職場ならこうした制度を使わない手はありません。子供が一定の年齢になるまでは勤務時間を短縮できるという素敵な制度です。

保育園の延長保育を上手く使う

保育園の延長保育をうまく使いましょう。延長保育は本来の預かり時間を超えて子供を預けることができるシステムで、さまざまな保育園で延長保育が採用されています。事前に確認しておく必要はありますが、もし延長保育が可能なら上手に活用してみましょう。ただ、毎日のように延長保育を利用するのは子供にとってもストレスだと思いますから、そのあたりは考えてあげる必要があります。

子どもの病気看病は夫婦で協力し会社で有給を交互に取る

子供は病気になってしまうこともありますし、風邪をこじらせてしまうようなこともあるでしょう。このような場合でも専業主婦なら付きっ切りで看病ができるのですが、共働き夫婦ともなるとそうはいきません。休みをとらなくてはなりませんし、場合によっては数日休まなくてはならないようなこともあるでしょう。このような時は夫婦で協力し、お互いに交代で有休をとるなどすることです。奥さんか旦那さん、どちらか一人がまとめて有休をとってしまうのは好ましくないでしょうから、交代で有休をとって子供の看病をしてください。

共働き夫婦の子育てを成功させるコミュニケーション術

家族
ここからは共働き夫婦の子育てを成功させるためのコミュニケーション術についてお話したいと思います。

夫婦で子育てをサポートし合うことを約束する

子育ては女性がするもの、という考えはすでに過去のものです。現在ではイクメンという言葉も誕生したように、男性が積極的に育児に参加することが求められています。男性も育休を取るような時代に変わりつつありますし、これから先はさらにそのような時代になっていくでしょう。ただ、人によっては未だに家事や育児は女性がやるものだと考えているような男性がいることも事実です。先ほども言ったように今はそんな時代ではありませんし、女性ばかりに負担を押し付けるのは間違っています。より良い家庭を築くには夫婦で子育てをサポートし合うことを約束しなくてはなりません。これが円満の秘訣です。

子どもの話を一番に聞いてあげることが大切

夫婦共働きとなると子供の話をあまり聴いてあげられないこともあると思います。お互い会社から戻るとへとへとでしょうし、子供の話に耳を傾けるような余裕がないこともあります。しかし、これだと子供がかわいそうですし、もしかすると暗い子になってしまうかもしれません。子供とはしっかりコミュニケーションをとるべきですし、一番に話しを聴いてあげるべきです。

忙しくても食事は子供と一緒に食べる

家族 夫婦 子供
忙しいからと家族バラバラの時間に食事をとるのはやめましょう。どんなに忙しくても食事は子供と一緒に食べることです。共働きだからといって子供に寂しい想いをさせてしまうのはダメですし、子供と一緒に過ごす時間を大切にしましょう。工夫次第でいくらでも時間は作れるでしょうし、せめて食事くらいは家族でとるべきです。

家事をしながら夫婦や親子で会話する

家事をしながら家族とコミュニケーションをとれば一石二鳥です。時間を有効活用できますから、家事をしているときこそ家族とコミュニケーションをとるようにしましょう。洗い物をしながらでも会話はできますし、料理をしているときなどにも会話はできますよね。こうした時間を無駄にしないことです。

子どもが中高生になったら共通の趣味を持つと会話が広がる

子供が中高生くらいになったら共通の趣味を持つのもおススメです。共通の趣味を持てるようになると会話も弾むようになりますし、一緒に楽しむことも可能になるでしょう。コミュニケーションも今まで以上にとれるようになりますし、幸せな家庭に一歩前進できるでしょう。子供の趣味に理解を示してあげるだけでもイイですが、もっと円満な家庭にしたいのなら同じ趣味にチャレンジしてみることです。

まとめ

共働き夫婦の子育てあるあるや制度の活用、コミュニケーションの方法などについてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。共働き夫婦だとどうしてもコミュニケーションが少なくなりがちですし、子どもにも寂しい想いをさせてしまうことがあります。コミュニケーション不足になると家庭もぎすぎすしてしまいますし、子供も不穏な空気を感じてしまうでしょう。子供に寂しい想いをさせないのは大前提ですが、家族全体でのコミュニケーションを大切にするようにしてください。