手足の冷えはなぜ起こる?6つの原因と改善方法

手足の冷えに悩んでいるという方は少なくないと思います。手足の末端が冷えてしまう冷え症の方は特に女性によく見られますが、男性でもこうした症状に悩まされている方は少なくありません。寒い時期になるとさらに症状は顕著になりますし、手や足の先が痛くて仕事にも集中できないという事態に陥ったことのある方もおられるでしょう。そこで、ここでは手足が冷えてしまう原因や、改善する方法などについてご紹介したいと思います。

手足の冷え原因


まずは手足が冷えてしまう原因について見てみましょう。

筋肉量不足による血行不良

血行不良は手足が冷えてしまう大きな原因です。冷え症の方の多くは血行不良が原因とも言われていますし、血行不良になる原因は筋肉量の不足です。筋肉量が少ないと血行不良になってしまいますし、これが冷え症の方が女性に多い理由の一つともいえるでしょう。男性でも冷え症という方はいますが、男性よりも女性に冷え症が多いのは女性は男性よりも筋肉量が少ないということからです。そのため基礎代謝も低く血流も滞りやすくなっています。

ストレスによる血行不良

ストレスを感じたことがないという方は恐らくいないと思いますが、ストレスが原因で手足が冷えてしまうということもあります。ストレスを感じてしまう理由も人によってまちまちでしょうが、ストレスを感じると体内の血管は収縮してしまいます。血管は全身に血液を運ぶための重要なものですし、それが収縮してしまうことで血行不良になってしまいます。血行不良になると手足の末端まで温かい血液が回らず結果的に冷えてしまいます。

寒い環境


単純に寒い環境にいると手足が冷えてしまいますよね。冷えて困る、冷え症に悩んでいるという方に限ってなぜかわざわざ寒いところで過ごしていることが多いですから、冷え症を何とかするにはまずそうした環境に身を置かないことが大切ではないでしょうか。真冬なのにほとんど暖房器具を使わない、なぜか寒い時期なのに薄着でいる、という方もいます。このような方だと手足が冷えてしまうのは仕方のないことと言えるでしょう。

自律神経の乱れ

自律神経の乱れが手足の冷えに結び付くこともあります。どうして自律神経が冷えに関係しているのかと思った方もおられるでしょうが、実は自律神経と冷えにはとても密接な関係があります。自律神経は交感神経と副交感神経から成り立っていますし、これら二つの神経は血管の働きに大きく関わっています。交感神経は血管を収縮させる働きがありますし、副交感神経には血管を拡張する働きがあります。そのため、自律神経が乱れると血流が悪くなり冷えも生じます。

血液循環の悪化

人間の血液は体内を巡り巡っていますし、体中の隅々まで血液がいきわたることによって正常な活動を行うことができます。しかし、血液循環が悪化してしまうと当然手足の末端まで血液が行き届かなくなってしまいますし、それが原因で冷えてしまうことが多々あります。血液循環が悪化してしまう理由もいろいろありますが、血液のポンプ機能の低下や血管の収縮なども関わってきます。いずれにせよ血液の巡りが悪くなれば冷えは起きやすくなります。

女性ホルモンの乱れ

女性ホルモンが乱れてしまうことも冷えに関わってきます。女性ホルモンはさまざまな影響を及ぼすことがありますし、冷えの原因になってしまうこともあると言われています。女性ホルモンが乱れてしまう原因もまちまちなのですが、生理前などは女性ホルモンが乱れがちと言われていますよね。また、ほかにも女性ホルモンが乱れやすいタイミングはありますし、そうしたときに冷えてしまうということもよくあると思います。

手足の冷えを改善する方法


ここからは手足の冷えを改善する方法についてお話したいと思います。手足の冷えがツライ、何とかしたいと考えている方はぜひ参考にしてくださいね。今日からでもすぐに始めることができる方法ばかりですよ。

ストレッチ

ストレッチは冷えを改善するのにおススメの方法です。身体を適度に動かすことができますし、柔軟性を高めることもできますから冷えを改善する以外にもさまざまなメリットがあります。できればお風呂上りなどにストレッチをすると効果的ですし、寝る前にストレッチを行うことによって良質な睡眠を得ることも可能になるでしょう。

有酸素運動

腰痛対策ウォーキングのコツと正しい歩き方
有酸素運動もおススメです。ランニングやウォーキング、縄跳びといった有酸素運動を行うことで血流を良くすることができますし、脂肪燃焼効果も期待できるため同時にダイエットも可能になります。冷えも何とかしたいけどダイエットもしたい、という方にはまさにうってつけの方法ですね。ぜひ有酸素運動にチャレンジしてください。

無酸素運動

無酸素運動の代表的なエクササイズといえば筋トレです。筋トレを行うことで筋肉量を増やすことができますから、結果的に血行促進にも繋がり冷えが改善します。いきなりハードな筋トレは難しいと思いますから、まずは簡単にできるトレーニングから始めてみてはいかがでしょうか。腕立て伏せにスクワットでも十分な効果が期待できます。

お腹を温める

お腹を冷やしてしまうと腹痛の原因にもなってしまいますし、特に女性はなるべくお腹を冷やさないことです。お腹を温めることが冷えの改善にも繋がりますから、できるだけお腹は温めるようにしましょう。外出するときなども腹巻をつけたり、寝るときもお腹だけは冷やさないように工夫してみることです。

ぬるめのお風呂につかる


あまり熱いお湯ではなくぬるめのお風呂に浸かるというのも冷えを改善するためにおススメです。あまりにも熱すぎるお湯だと自律神経に影響を与えてしまいますし、結果的に冷えが酷くなってしまう恐れもあります。お湯に浸かっているときと出たときの温度差にもやられてしまいますから、ぬるめのお湯がおススメです。

足湯につかる

足湯は冷えを改善するのにおススメですね。冷えは基本的に手足の末端にやってくることが多いですから、足湯のように直接温めてあげるというのは効果的です。温めることで血液も温まり、それが全身をめぐるので冷えの改善につながるでしょう。

体を温める食べ物・飲み物を摂る

積極的に体を温める食べ物や飲み物を摂るようにしましょう。例えばショウガは代表的ですね。ショウガを食べると身体がポカポカしてきますから、冷えの改善にも効果的です。ほかにもトウガラシなどの香辛料もおススメです。

タンパク質を積極的に摂る

タンパク質をしっかり摂ることも大切ですね。タンパク質は筋肉の元になりますから、しっかりと摂取することによって筋肉量をキープすることができます。筋肉量が少なくなると代謝も落ちてしまい、血行も悪くなり冷えに繋がります。

すぐできる!冷えに効くツボ押し

ここではすぐにできる冷えに効くといわれるツボをご紹介します。覚えておくと役立つかもしれませんよ。

指間穴

 

手の甲にあるつぼです。それぞれの指の付け根のあいだにあり、冷え症改善や疲れをとる効果があると言われています。

湧泉

 

こちらは足の裏にあるツボです。土踏まずからちょっと指側の真ん中にあるツボですね。これも冷えや疲れをとる効果があります。

まとめ

手足が冷えてしまうと何をするにも億劫になってしまいますし、正直動きたくもなくなってしまいますよね。手足の冷えに悩んでいるという方はぜひ今回ご紹介した方法を試してみてください。また、基本は手足を冷やさないことですから、寒い時期は温かい恰好を心がけてください。