婚約指輪の相場は?年齢と年収別の目安をお教えします

婚約指輪はプロポーズのときに欠かせないものです。永遠の愛を誓うにふさわしいことから、大半がダイヤモンドリングを選びます。ダイヤモンドといえば高価な宝石としても知られていますし、一生の記念となる婚約指輪には、上質のダイヤモンドを使用するので金額も高くなります。ダイヤモンドのクオリティによる違いもありますが、気軽に購入できる金額ではありません。婚約指輪にはいくらかかるのか?相場を紹介します。

婚約指輪の金額相場の概要

給料の3か月分が婚約指輪の相場の定説

一時期、婚約指輪の相場は給料の3ヶ月分というのが定説となっていました。これはある宝石メーカーが、テレビCMでダイヤモンドの価値をアピールするために考えた宣伝文句でした。これが世間に広まり、芸能人なども婚約指輪を選ぶときに給料の3ヶ月分と発言することが多かったため定説となったのです。

しかしこれが流行りだしたのは、1970年代後半のこと。当時は今と物価が違いますので、現在は相場も変わっています。給料は人によって金額が違いますが、給料の3ヶ月分をかけても愛する女性のために婚約指輪を購入する、という男性の覚悟を表しているという受け取り方もできます。

現在は給料の1か月が相場

以前は給料の3ヶ月分が相場と言われていましたが、現在は給料の1ヶ月分が相場と変わっています。人によっては給料の2ヶ月分をかけることもありますが、一般的には給料の1ヶ月分となっています。以前の給料3ヶ月分に比べると、だいぶ安くなっていると思ってしまいますが、物価が違うので決して安い買い物ではありません。

平均的な婚約指輪の相場は約35万円

指輪
給料の金額については、職種や年齢によっても違ってきます。年齢を重ねるほど給料は上がって行きますから、20代・30代・40代では給料1ヶ月分の重みも変わってくるのです。婚約指輪を購入する人の年齢も幅広くなっていますが、一般的な平均相場は約35万円となっています。

1ヶ月にいくら給料をもらっているかは個人差が大きくなりますが、1ヶ月分35万円もらえる年齢は限られるので、中には2ヶ月分になる人もいます。相場はあくまでも目安ですので、自身の給料と相談して選ぶのがおすすめです。

10~20万円未満の婚約指輪を購入が約3割

全体の相場は約35万円となっていますが、3割近くの人は10万円~20万円未満で婚約指輪を購入しています。婚約指輪にいくらかけるかは、相場があってもその通りにするわけではありません。結婚するにもお金がかかりますし、毎日の生活にもお金が掛かります。1ヶ月35万円の給料をもらっていても、それを全部婚約指輪の購入費用に充ててしまうと、生活がままならなくなります。このような理由から、3割近い人は10万円~20万円未満の婚約指輪を選んでいるのです。

結婚指輪より3割程度高い婚約指輪

結婚するにあたりプロポーズのときに渡す婚約指輪の他に、結婚したら夫婦でとなった証となる結婚指輪も必要です。婚約指輪は男性から女性に贈るものですが、結婚指輪は夫婦で身に付けるので2人分必要です。婚約指輪にはそれなりの金額をかけますが、結婚指輪は婚約指輪の3分の1くらいの価格です。

結婚指輪は夫婦となった証として、大抵は一生身につけます。仕事のときも冠婚葬祭のときも外すことはほとんどありません。そのためシンプルで飽きのこないデザインを選びます。宝石は付けたい場合には付けることも可能ですが、大変は金属のみのシンプルなデザインでのため、婚約指輪よりも少し安く済みます。

年齢別の婚約指輪相場

指輪

20代の婚約指輪購入価格

年齢によって給料も違いますので、婚約指輪にかけられる費用相場も変わってきます。20代の婚約指輪の購入価格は次の通りです。

・10万円未満/12%
・10万円~20万円未満/26%
・20万円~30万円未満/16%
・30万円~40万円未満/18%
・40万円~50万円未満/12%
・50万円~60万円未満/4%
・60万円以上/12%

20代はまだ収入もそれほど多くはないので、10万円~20万円未満が最も多くなっています。

30代の婚約指輪購入価格

30代になると、20代のときよりは給料も増えるので、婚約指輪にかける費用相場も少し変わってきます。30代の婚約指輪購入価格を見ていきましょう。

・10万円未満/7%
・10万円~20万円未満/29%
・20万円~30万円未満/21%
・30万円~40万円未満/17%
・40万円~50万円未満/7%
・50万円~60万円未満/5%
・60万円以上/14%

30代でも10万円~20万円未満が最も多いものの、次の20万円~30万円未満の割合も多くなっています。逆に10万円未満が減っているのも、やはり年齢による違いが出ていると考えていいでしょう。

40代の婚約指輪購入価格

40代にもなるとかなり給料も増えますし、生活にも余裕が出てくる頃です。最近は晩婚化の影響などもあり40代で結婚するカップルも珍しくなくなっています。

・10万円未満/10%
・10万円~20万円未満/22%
・20万円~30万円未満/10%
・30万円~40万円未満/17%
・40万円~50万円未満/18%
・50万円~60万円未満/3%
・60万円以上/20%

40代でも最も多いのが、10万円~20万円未満という価格帯ですが、40万円~50万円未満と60万円以上の割合が増えています。これは年齢によって給料が上がり婚約指輪に使える分に余裕が出ているからです。社会的地位も確立される時期ですから、それにふさわしい上位な婚約指輪を選びましょう。

年収別の婚約指輪相場

年収200万円未満の人の婚約指輪購入価格

婚約指輪の購入価格を年収で見ると、結果が少し違ってきます。今度は年収ごとに婚約指輪の相場を見ていきましょう。まずは年収200万円未満から。

・10万円未満/43%
・10万円~20万円未満/29%
・20万円~30万円未満/14%
・60万円以上/14%

年収200万円未満では1ヶ月あたりの給料も限られますし、ボーナスを入れても10万円未満が多くなるのは仕方ないことでしょう。

年収200~400万円の人の婚約指輪購入価格

年収200万円~400万円未満と言っても少し幅はありますが、1ヶ月分の給料も増えくるので婚約指輪にかける費用にも200万円未満とは違いが出てきます。

・10万円未満/15%
・10万円~20万円未満/37%
・20万円~30万円未満/25%
・30万円~40万円未満/12%
・40万円~50万円未満/4%
・50万円~60万円未満/3%
・60万円以上/4%

やはり一番多いのは、10万円~20万台です。少し余裕が出てくるので、20万円~30万円台も増えています。年収に200万円の差があるので、10万円未満や40万円未満など差が開くのも仕方ありません。

年収400~600万円の人の婚約指輪購入価格

年収400万円~600万円ともなると、1ヶ月分の給料も増えたと実感できる時期です。婚約指輪の購入価格も少しずつ割合は変わってきています。

・10万円未満/6%
・10万円~20万円未満/27%
・20万円~30万円未満/17%
・30万円~40万円未満/21%
・40万円~50万円未満/15%
・50万円~60万円未満/4%
・60万円以上/10%

この年収でも一番多いのは、10万円~20万円未満となっています。ただし10万円未満が減り、20万円以上~60万円以上の割合は増えています。年収400万円と600万円でもかなりの違いはあるので600万円近くもらっていれば、年収の1割近い価格でも購入可能となります。

年収600万円以上の人の婚約指輪購入価格

年収が600万円以上というのは、ある程度の年齢になってからというのが一般的です。婚約指輪を購入するために貯金をすることもできますので、給料何ヶ月分というのにこだわらない傾向もあります。

・10万円未満/2%
・10万円~20万円未満/13%
・20万円~30万円未満/10%
・30万円~40万円未満/17%
・40万円~50万円未満/14%
・50万円~60万円未満/8%
・60万円以上/36%

年収600万円以上といっても、600万円台と1,000万円台では使える金額も変わってきます。婚約指輪貯金をしている人もいますので、60万円以上の割合が一気に増えます。次に多いのが30万円~40万円台となっているのも、やはり年収が増えると選ぶ指輪のクオリティも変わるというのが伺えます。

素材による婚約指輪の価格の違い

 

一般的なプラチナ・ゴールドの価格

婚約指輪のし素材にはプラチナかゴールドが多く使われています。ダイヤモンドによく合うとしてプラチナを選ぶ人も多いですが、日本人の肌の色にはゴールドの方が合うとも言われているのでどちらを選ぶかは好みでも変わってきます。

より高級感がある素材はプラチナとゴールドのコンビ

プラチナかゴールドかどちらかの素材を選ぶ他に、両方使ったコンビという選択肢もあります。コンビはどちらか片方だけよりも、高級感があるので高級感を重視する人に人気です。普段はゴールドのアクセサリーを身につけている、またはプラチナを身につけているという人も、コンビにすれば他のアクセサリーと併用してもバランスが取れるので便利です。

安価なチタン・ステンレスの価格

一生物の婚約指輪を指にはめたくても、金属アレルギーがある人は指にはめていられなくなってしまいます。かと言って婚約指輪も結婚指輪もなしというのでは、少し寂しいと思ってしまうでしょう。そういう人のために、ステンレスやチタンを使用した婚約指輪や結婚指輪もあります。ステンレスやチタンは錆びにくく、変形しにくいのも魅力です。

プラチナやゴールドに比べて価格が安く済むことから、婚約指輪にあまり費用をかけられないという人にもおすすめです。婚約指輪と結婚指輪の両方を、ステンレスかチタンにすればかなり費用を抑えることができます。

婚約指輪の人気ブランド

Tiffany&Co.

ティファニーブルーのボックスに、白いリボンをかけてくれることで知られるTiffany&Co.は、婚約指輪のブランドではかなり人気が高いです。婚約指輪以外のアクセサリーも豊富に揃っているので、ティファニー好きな女性には婚約指輪にもティファニーを選ぶと喜ばれます。高級ジュエリーブランドとして、130年以上の歴史がある老舗の信頼と実績があるのに、意外にお手頃価格で購入できるのも人気の理由です。

EXELCO DIAMOND

ダイヤモンドジュエリーを専門に扱う、世界中で人気のブランドです。20万円台~30万円台で上質なダイヤモンドリングが購入できます。

I-PRIMO

ブライダルジュエリーの専門店として、若い人中心に人気となっています。20万円台のものが豊富で、デザインも幅広くどんなニーズにも応えられるのが強みです。アイプリモで婚約指輪を購入すると、無料でプロポーズサポートを受けられるという独自のサービスも人気です。

GINZA DIAMOND SHIRAISHI

日本最大級と言われる、ブライダルリング専門店で、1万通り以上もデザインの組み合わせがあります。価格帯は20万円台のものも豊富ですから、頑張れば手が届く範囲です。定番の1粒ダイヤにつや消しの金属、1粒ダイヤをぐるりと囲むエタニティタイプなど種類が豊富で、楽しく選べます。

Cartier

高級ブランドとして世界中デイされる老舗ブランドです。カルティエといえば、レッドボックス!プロポーズのときにレッドボックスが見えたら、その瞬間感動すること間違いなしでしょう。ただし高級ジュエリーしか扱っていないので、金額は少し高くなります。種類はありますが、平均で50万円前後は用意しておきたいところです。価格は高めですが、ハイクオリティな婚約指輪です。

Harry Winston

1932年の創業以来、世界中のセレブを魅了してきた世界に名を轟かせるジュエリーブランドです。ダイヤモンドにもクオリティがあり、価格もピンキリです。HARRYWINSTONは、上質の最高グレードのダイヤモンドしか扱わないので、品質は保証されています。その分価格は相場よりも一桁多く、200万円~300万円台となっています。

BULGARI

1884年の創業と、高級ブランドの中でも歴史と実績があります。ひと目でブルガリとわかる独特なデザインが特徴です。婚約指輪に関しては、全て1点ものとなるのでその価値はかなりのものです。しかし価格は40万円~とクオリティのわりに頑張れば手が届く範囲というのも嬉しいところでしょう。

Chaumet

1780年創業と、高級ブランドの中でも特に歴史が古いブランドです。ナポレオンも愛用していたとされるくらいの歴史と実績があるので、品質は保証されています。ここまでの老舗となると一般人には手が届かないイメージですが、婚約指輪は30万円台からそろっていますので、予算に余裕があるなら一見の価値ありです。30万円~50万円台のものが多いです。

4℃

1972年の創業以来、幅広い世代の人に支持されているジュエリーブランドです。19歳の誕生日にシルバーリングを贈るとハッピーになれる、という言い伝えがブランドの由来となっています。価格帯は20万円~30万円台と相場内で購入できるものが豊富です。国内でも名が知れた有名ブランドですので、エンゲージリングに4℃を選ぶ人も少なくありません。

まとめ

婚約指輪の購入価格は人それぞれです。ブランドも増えていますし、デザインも豊富に揃っているので、予算に合わせてピッタリのものを選べます。ただし婚約指輪は女性がはめるものですから、予算だけでなくブランドやデザインなどある程度女性の好みを考慮して選ぶのもポイントです。