メールを無視する人の心理とは?男女別の心理と無視されたときの対処法

連絡をしたのに、いくら経っても返信を返してくれないという人が存在します。そもそも、こちらは要件があるから連絡をしているのに、それを無視されたら不利益を被りイライラも高まってしまいます。なぜ、連絡を返さなくても平気な顔で居られるのでしょう。その心理について探ってみましょう。また、男女間の理由の違いもあるようなので、そちらもチェックしてみましょう。

メールを無視する人の心理とは

単純に忙しい


仕事やプライベートで忙しい場合、少しの連絡も返すことが出来ないという状況に陥ることがあります。また、仕事をしていなくても、育児などの家の用事で忙しいという場合があります。そのため専業主婦であって連絡を返せない状況があるということを忘れないでおきましょう。

面倒くさい

ただ単純に面倒だというケースもあります。これは、頭の中で返事をしてしまって、そこで満足してしまっている場合も考えられます。いくら頭の中で返事をしても、当然ながら相手には全く伝わりません。そのため、相手はいくら待っても返事をもらえないのです。面倒くさいという理由は、その他の忙しさなどといった理由と複合している可能性があるため一概には言えませんが、しっかり返信を返さないと後々さらに面倒くさいと感じることに繋がります。

返信のタイミングを考えている


連絡に気付いたのが早朝や深夜であった場合、相手の起きている時間に合わせて返信をしようと考えて、返信を返さないというパターンもあります。この場合、どのタイミングで連絡を返すのかということが非常に重要となります。仕事が一段落した夕方か、家に帰って落ち着いている夜の時間か、就寝前のタイミングか。このようなタイミングを計っている内に、結局返信をするのを躊躇ってしまうということも起きるようです。

返信の必要がないと思っている

相手の連絡の内容があまりにもしょうもないと感じていると、返信の必要が無いと感じるため連絡を返さないこともあるようです。例えば、「今日はこっちは暑いよ」といった天気の内容だった場合、よほど大切な人で無ければ「だから?」という感想しか浮かばない人もいると思います。もしも、連絡に対して返信が欲しい場合は、相手が返しやすい内容の文章を考えて送信をするようにしましょう。

相手に気がない

そもそも、連絡してきた相手に全く気がないというときは、返信を無視するという人もいます。むしろ、連絡が来る事自体が鬱陶しいと感じるケースもあるようなので、いくら連絡を送っても返信が来ない場合は脈が無いと判断してもいいかもしれません。それでも諦めきれないと言う人は、メールでの連絡以外の妙手を考えつくように頑張りましょう。

メールを無視する理由は男女間で違いがある

男性がメールを無視する理由

忙しくて忘れてしまう

一般的に、男性の方が仕事によってプライベートを疎かにしてしまう傾向があるようです。そのため、異性からの連絡もついつい無視してしまう人も多いと言います。仕事が終わっても、返信を考えることも出来ないくらい疲れているという場合もありますので、このようなときに返信を急かすのはむしろ逆効果だと言えます。気を使って労をねぎらうような連絡を送ってあげると、相手に元気を与えることも出来るでしょう。

返事の必要性を感じなかった


連絡の内容があまりにも乏しいため、返信がいらないと判断する傾向もあります。男性は連絡の内容に意味を持たせたいという人が多いので、女性的な会話を楽しめる人は少ないと言います。話を聞いて欲しい人には物足りないかもしれませんが、相手のタイプを見極めて返信が無いのも割り切っておくと精神の平穏が保たれるのかもしれません。

女性がメールを無視する理由

相手と仲良くなりたくない

女性にとって連絡をするというのは娯楽的観点が強いと言う見方があります。その観点から言えば、連絡をマメに返すのは相手との距離が近いという証拠になるでしょう。逆に、意図的に無視を繰り返すのは、その相手と仲良くなるのを拒んでいるとも言えます。そのため、メールでコミュニケーションを取るよりも前の段階で相手の好意を勝ち取る必要があるのです。清潔な身なりや、常識的な言葉遣いを客観的な視点から冷静に見つめ直してみましょう。

メールの会話が終わったと思った

メールの会話は終わりが見えにくいものです。そのため、こちらが一段落ついたと思っていても、相手にとってはまだ終わっていなかったというケースが存在します。たとえば「お風呂に行って来るね」といって、そのまま返信を待っている可能性もあるのです。一旦相手からの連絡が途絶えたら、その連絡のターンは一度終了したと考えた方が良さそうです。そして、後日また改めて連絡を取るようにしましょう。

メールを無視されたときの対処法・注意点

連絡が来るまで気長に待つ


相手の行動を全て読み切っていても、まさかのアクシデントや急な用事によって連絡を返せない場合があります。このようなときに焦って返信を急かすような態度を取れば相手の気持ちが冷めてしまう恐れがあるので、そういったことのないように、落ち着いて気長に待ちましょう。相手がこちらを嫌いでなければ、すぐに返信が来るはずです。

相手は忙しいのだと思って無視を気にしない

返信を待って気にしすぎると、こちらの生活にも支障が出ます。イライラしたり落ち着かない状況になるとろくなことがありません。そのようなことを避けるために、「今は忙しいから連絡が来ないんだ」と割り切って、返信が来ないことを無視して気にしないようにしましょう。縁があれば、どのような形でもまた連絡が返ってくるものです。

しつこくメールを送るのはアウト

いくら返信が来ないからといって、メールをしつこく送るのは相手に引かれてしまいます。そのようなことがないように、数日間だけ間を空けてみましょう。それでも返信が来ない場合に限りもう一通メールを送るのも許されます。そうして連絡をすることで探りを入れて、自分への好意を測ることも出来ます。

返信催促のメールは送ってはダメ


「なんで返信をくれないの?」などといった催促のメールは絶対にNGです。返信を送らない理由は相手にとってそれぞれですが、それが出来なかったのは、心理的物理的にそこまでの余裕が無かったからです。その催促のメールの文章を考えることによって、その余裕はさらに減っていきます。そして、貴方への思いもどんどん薄れていくことでしょう。そういったことがないように、返信を催促するのは絶対に止めてください。

電話をかけるのも出来れば避けたい

上記の理由と同じように、電話をかけるのも控えましょう。しかし、緊急の用事や明らかにおかしい場合には電話をして安否を確認することも必要となります。もしも相手に万が一のことがあったらと不安になる気持ちも分かりますので、なるべく迷惑にならないように、電話での連絡は行うようにしてください。

まとめ

いかがだったでしょうか。メールを無視する理由は人それぞれですが、連絡を返すにあたっては、人それぞれ個人差があります。仕事が忙しいときには、しつこく連絡を入れることによって心理的な負担になることもありますので出来るだけ避けるようにしてください。また、返信のタイミングを見計らっている相手にとっては「いつ連絡しても大丈夫だよ」と事前に言っておくことで、夜中でも連絡を入れることに不安が無くなることでしょう。

また、そうしたときには、自分が同じように連絡を返し忘れることのないように気をつけてください。メールの返信を無視する理由は人それぞれですが、男性はメールに内容を求めて、女性はメールにコミュニケーションを求める傾向が現れます。男女特有の感性の違いをあらかじめ認識しておくことによって、齟齬の発生を抑えることにも繋がるでしょう。メールの返信はマメな方が良いですが、筆不精にも優しい対応をしてあげるようにしましょう。