薄っぺらい人の特徴10選!薄っぺらい人にならないために気を付けたいこと

人間としての深みが全くなく、面白みにも欠ける人を「薄っぺらいなー」と感じたことがあると思います。薄っぺらい人はつまらないだけでなく、誠実さや信頼性が足りないという評価を受けることもあるので、社会に出るからには薄っぺらい部分を直しておく必要があるでしょう。では、どうすれば薄っぺらい人間にならずにすむのでしょうか。一般的に薄っぺらいと思われる人の特徴や、薄っぺらな人間にならないための対処法について知っていきましょう。

こんな人は「薄っぺらい人間」と思われる

物事に対して虚勢を張っている


全ての物事に対して虚勢を張っている人は薄っぺらいと思われがちです。ニュースに対して冷笑的な態度を取ったり、人の行動に対して皮肉的な態度を取っている人は要注意です。自分の実績が積み上がっていないのに、それに見合わない態度を取っていると薄っぺらいと感じてしまう人が多いです。

自分がすごいと思ってもらいたがる

他人よりも自分のほうがすごいと思われたがっている人は、非常に幼く、子どもっぽく映ります。そのため、成人した大人からは薄っぺらい人間だと思われても仕方がないでしょう。他人の評価を素直に受け入れて、讃えることの出来る度量を持つことによって、自分の評価が上がるということを忘れない必要があります。

考え方が極端である

世の中は常に正しいことではありません。また、正解のように見える行動でも、色々な問題があるためにそれが出来ないということも多々あります。そのようなことを一切配慮せずに、表面的な問題をなぞり、短絡的に答えを出すことは非常に安易で、薄っぺらいと思われてしまいます。白と黒だけではなく、灰色の部分があるからこそ世の中が回るということをしっかり考えの中に入れて、自分と違う感性の人がいてこそ自分の生きている世の中が動いているということを認識しましょう。

自分と違う考え方は受け入れない


少しでも自分と違う考え方は全て排除するという子どものような感性を持っていると、薄っぺらい印象を受けるという人が多いようです。多様性を認めたうえで、自分の意見を出すことによって、その意見にも深みが与えられます。また、自分と違う意見が出た場合にその意見をしっかりと噛み砕き、頭の中で反芻することによって、思考力が向上します。この作業を怠ると、思考力がない人間になる恐れがあるので気を付けましょう。

知識の量が少なく知ったかぶりをする

ネットで流れてきた情報を鵜呑みにして、それをペラペラ他人に話す人も薄っぺらいと言われるようです。その意見に自分の考えが無いため、少しでも発言に不備があると相手に疑問を浮かばせてしまいます。仮に舌戦になったら敗北必至でしょう。また、自分で調べて発言をしないため、フェイクニュースにも騙されやすいです。知ったかぶりをすることなく、知らないことは自ら調べていく姿勢を取ることによって、より多くの知識を吸収することができます。

他人の受け売りばかり

誰かから聞いたことや人生観を他人に披露してばかりだと、そのことを知っている人に「それ○○さんが言っていたことだよね」と突っ込まれてしまいます。そうなってしまったら、あなたの評価はガタ落ちです。言うことにも説得力が無くなり、ネタキャラになってしまうかもしれません。他人の受け売りで話すときは自分の手柄にせずに「これは人から聞いたことなんだけど」と前置きをしておくとよいでしょう。

プライドだけ無駄に高い


自分の中身に釣り合わないプライドは、他人から見て見苦しく映ります。「自分は○○だから、そんなこと出来ない」という態度は、相手にマイナスの感情しか与えません。そうならないためにも、どんな場面でも自分のベストを尽くす必要があります。しっかりと結果を残し、その上でプライドを見せることが出来たら、相手から羨望の眼差しをもらえるかもしれません。常に結果を出すことを心がけ、その中でプライドを守るようにしましょう。

自慢がとにかく多い

自慢をするのは楽しいことですが、それが頻繁にもなると相手も飽きてしまいます。人間、そこまで毎日自慢することもないので、同じ話の繰り返しになってしまうことが多いです。あまり面白くない話を繰り返し聞かされる人の気持ちになって考えてみると、その過酷さが分かるかと思います。自慢話はほどほどにして、むしろ相手の話を聞いてあげるようにしてください。

言葉に対して重みがない

言葉に重みがないと言うのは、実績が足りていないという証拠です。どんなに良いことでも、その人の人間性がペラペラだったら意味がありません。つまり、偉そうなことを言うときには、自分が偉い必要があるということです。評価を上げるために、実のある行動をとるようにしましょう。

言葉と行動が一致しない

女性 天使と悪魔

有言実行、または不言実行を敢行する人は、相手から尊敬される傾向にあります。それをしないで、口だけ達者な人は心の中で軽蔑される危険性があるので気を付けてください。自分の発言にしっかり責任が持てるよう、必死に頑張ることで相手からの評価も上がると思います。

薄っぺらい人間になりたくないなら

視野を広げる

まずは、自分の狭い視野を広げることから始めましょう。「井の中の蛙、大海を知らず」という言葉もあるように、狭い世界で生きていると、自分が偉い人になったような錯覚に陥りやすいです。そのため、あらゆる方法で視野を広げて、自分以外の感性に触れることを心掛けましょう。

新しいことにどんどん挑戦する

自分の得意なことばかりに挑戦すると、どうしても感覚が固定してしまいます。少しでも興味があることにはどんどんチャレンジをするクセをつけましょう。そうすることによって、新しいことを覚えるだけでなく、様々な人間関係も新たに構築されます。このことによって、自分が偉そうに出来る関係性が減っていくため、配慮のある人間性が作られていくのです。

自分をしっかり持つ

自分の信念に芯がないと、他人の発言によってブレてしまいます。そのため、「あの人、昨日はあんなこと言ってたくせに、今日はこんなこと言ってたよ」という評判になる可能性があります。情報過多の時代だからこそ、自分の意見をしっかりと持つ必要があるのです。どのようなことを言われても曲げない一つの筋が通っているだけで、人間性の厚みが増します。

嘘はつかない


基本にして最大のポイントですが、嘘をつくのは止めましょう。嘘をつくことによってボロが出て、それを取り繕うためにまた嘘を吐く。そんなツギハギだらけの人間は薄っぺらいと言われても仕方ありません。

周囲の人を尊敬する

自分のことだけでなく、周りの人に気を配ってみてください。そうすれば、周りの人がいかに素晴らしいか気付けるはずです。自分には無い他人の長所を素直に讃え、尊敬することによって、周囲の空気は少しずつ変わるはずです。そして、そのことに気づけたのであれば、周りにも優しく出来るでしょう。

周囲から学ぶことも多いと知る

周りの人間は、非常に良い人間性の教科書だと言えます。完璧な善人はいないように、完璧な悪人もこの世の中には存在しません。謙虚な気持ちで相手から学びをもらうことによって、自分の感性をより豊かにすることができると言う意見もあります。

有言実行する

言いっ放しで、後は何もしないという人は、魅力に欠けます。夢を語るだけで、あとは自宅でゴロゴロしているのは学生のうちで卒業してください。自分の実行可能な夢を確実にこなすことで、周囲の目は少しずつ変わっていきます。

まとめ

大人になったら、正しく人に尊敬されたいものです。そのためには、人間としての信頼性を勝ち取る必要があります。決して薄っぺらいという評価をもらうことのない人生を目指してください。そのためには、自分をむやみに大きく見せることなく、相手に気を配り、他人からの意見を素直に聞けるだけの度量の大きさが大切です。小さな目標を達成することを繰り返して、自分の中の自信を適切に大きくしていきましょう。