結婚式で履くヒールを選ぶコツ・失敗しないマナーとは?

結婚式は昼間行う場合と暗くなってから行う場合があります。式が始まる時間帯によっても、オススメしたいファッションが異なってきます。ドレスももちろんですが、シューズ選びも同様、しっかりとしたものを用意しておきましょう。お洒落なものであることも大事ですが、歩きやすいものであることもポイントです。ヒールに慣れていない方は、絆創膏などを用意しておくのもオススメです。また、ヒールがあるシューズは、会場の中だけで履くようにするのも良いかもしれません。

結婚式ゲストのヒールの選び方

履きやすいシューズを選びたいところですが、結婚式に出席するときはマナーを守ることも必要です。ヒールがあるシューズが正装です。無理することはありませんが、結婚式に出る時は、フラットタイプのシューズではなく細めのヒールがあるものを選びましょう。また、華やかな雰囲気があるものもオススメです。

5cm~10cm程度が一般的


結婚式に招待された場合は、靴選びも重要となってきます。一般的には、ヒールは5cm~10cm程度が良いとされています。このくらいのヒールであれば、特別な場面でも恥ずかしくありませんし、脚を綺麗に見せてくれるといったメリットもあります。高いヒールに慣れている方でしたら、10㎝のものでも良いのですが、自信がない方は無理をせず、5㎝くらいのものを選んでみると良いでしょう。転んだりしたら大変ですから、ここは安全第一で選ぶことをオススメします。がしっとしたタイプよりも、洗練された雰囲気のものの方がベター。見た目よりも歩きやすいシューズもありますので、比べながら見つけてみてはいかがでしょうか。

妊娠中の方はヒールなしでOK


中には、妊娠中の方もいらっしゃるかと思います。この場合は、無理してヒールのあるシューズを履く必要はありません。安全を第一に考えて、フラットタイプの靴を選びましょう。フラットタイプであっても、お洒落なものはたくさんあります。結婚式に出席するのですから、少し華やかな雰囲気があるデザインやカラーの方が良いかもしれません。

細いヒールがおすすめ


結婚式に出席する場合、オススメしたいのはヒールが少し細目になっているタイプです。この方が、パーティー向きだからです。つまり、フォーマル向きであるということです。また、細いヒールをオススメしたいのは、結婚式に出席する場合は華やかな服を着ることが多いと思いますが、それに合わせやすいといった理由もあります。せっかく素敵なドレスやワンピースなどを着ているのに、足元がイマイチであれば残念です。是非、トータルでコーディネートしてみましょう。

結婚式におすすめのヒール

結婚式にオススメしたいシューズがあります。シューズ選びのポイントは、上品で華やかさがあることです。軽くて歩きやすいものもありますので、是非検討してみてください。

ウェッジヒール


ウェッジソールとは、ソールがつま先からかかとまで覆うようにできているタイプのシューズです。安定感があるのも魅力で、お洒落なものもたくさん販売されています。人によっては、結婚式にウェッジソールの靴はオススメできないと言う方もいますが、反対に流行していることもあり、良いと判断する方もいます。もし、ウェッジソールの靴を履いて結婚式に出席したい場合は、カジュアルなものは避けて、できるだけお洒落なものを選ぶようにしましょう。華やかなウェッジソールもありますので、結婚式に相応しいと思うものを選んでみましょう。

グリッターヒール


グリッターヒールとは、キラキラしたゴージャスな印象があるシューズです。とても華やかですから、パーティーにもぴったりだと言えそうです。こちらのシューズは、ヒールが9㎝の細めとなっており、特別なシーンにもオススメです。カラーも多数あり、レッド、パープル、ゴールデン、ネイビーがあります。軽くて歩きやすいのもメリットです。ドレスにも合わせやすいですし、特別感もあります。

ピンヒール


かっこよくきめたい方は、ピンヒールも良いでしょう。足元を綺麗に見せてくれますし、身長を高く見せることもできます。こちらのシューズは、11.5㎝のヒールが特徴。エナメル質で、ブラックレッドがお洒落なシューズです。シンプルなデザインであり存在感がありますので、色々なファッションに合わせやすく、たくさん活躍してくれそうです。ただし、普段あまりヒールが高いシューズを履くことがない方は、慎重になった方が良いかもしれません。

結婚式ゲストが知っておきたい靴のマナー

結婚式に出席するときは、持ち物や服装にもマナーがあるのですが、シューズにもあります。中には、少々以外に思うもののあるかもしれませんが、印象をよくするためにも、是非注意して選んでみていただきたいと思います。例えば、ブーツやつま先が見えるデザインは、結婚式には向いていません。もちろん、汚れているものや古めかしいものも避けるべきです。

また、ストッキングは必ず履くこともマナーです。これは、若い方もご年配の方も同じです。色々なものがありますが、ブラックは喪をイメージさせてしまうこともあるので、避けた方が安心です。高齢の方の中には、気にする方もいます。

アニマル素材・ファー付きは避ける


ファーが付いているものやアニマル素材のお洒落なシューズもありますが、結婚式に履くのならこういったものを避けた方が安心です。殺生を想像させてしまうからです。また、本物ではなくても、こういった柄は避けた方が安心です。同じように、洋服などにも同じことが言えます。ファー付きは可愛らしく見えるのですが、結婚式の場合は避けた方が良いでしょう。また、あまり肌を出し過ぎるファッションもオススメできません。品よくまとめていただきたいと思います。

オープントゥパンプスはNG


オープントゥパンプスとは、つま先が出ているデザインのシューズのことです。フラットタイプやヒールのあるシューズ、サンダルなど色々な種類のシューズがあり、つま先が見えるものも多数ありますが、こういったものは結婚式には不向きです。露出の少ないシューズが、正装。つま先が隠れるようなシューズを選びましょう。若い方の中には、こういったことをあまり気にしない方もいるのですが、ご年配の方の中には気にする方もいます。

お洒落なものを見つけると結婚式にも良いように思うかもしれませんが、気にする人もいることを覚えておきましょう。

ブーティは避ける

結婚式にブーツもNGなのですが、ブーティも避けるべきです。どちらも、カジュアルなイメージがあり、正装ではないからです。どんなにお洒落なデザインであっても、避けた方が安心です。もちろん、ヒールが高いブーティも結婚式には不向きです。

ストッキングを必ずはく

暑い季節は、ストッキングは避けたいと感じることもあるかもしれませんが、結婚式ではこれはNGです。改まった場所では、ストッキングをはくのがマナーです。また、ブラックのストッキングも避けた方が安心。結婚式に履くストッキングは、ベージュやあまり派手にならない程度にラメが入っている肌色系を選びましょう。服やシューズに合わせてコーディネートしてみてください。万が一伝線してしまった時に慌てないように、一足予備のものを用意しておくことをオススメします。

結婚式で足が痛くならないアイデア

結婚式の最中に、足が痛くなってしまったら残念です。こういったことを避けるためにできることもあります。一番は、歩きやすくてできるだけ足に負担がかからないものを選ぶことです。また、絆創膏などを利用して靴擦れ予防をするのも良い方法です。

会場で履き替える

ヒールがあるシューズに慣れていない方は、5㎝以上あるヒールのシューズを履くのに抵抗があったり、不安であったりするかもしれません。この場合は、結婚式会場までは歩きやすいカジュアルなものを履き、会場でフォーマルなシューズに履き替えるといった方法もあります。会場まで長時間歩くことが考えられる方なども、この方法がオススメです。

インソールや絆創膏を準備しておく


靴底が硬いものよりも、多少クッションがあるものの方が歩きやすかったり疲れにくかったりするものです。結婚式にヒールの高い靴を履く方は、予めインソールや絆創膏を準備しておくのも良い方法です。ストッキングの下に、予め絆創膏を貼っておけば靴擦れ予防にもなってくれます。

ジェルクッションなどを利用して靴擦れ対策をする

靴擦れ対策としては、ジェルクッションなどを利用するといった方法もあり、こちらもオススメです。あまり長時間シューズを履く予定でなくても、思いがけないお誘いなどがある可能性もあります。ですから、準備を万端にして、いつでもアクティブに行動できるようにしておくことをオススメします。素敵なシューズで、かっこよくスマートに歩く。これを可能にしてくれます。

まとめ

結婚式に出席するときは、服装はもちろん、シューズ選びも吟味したいところ。結婚式に出席するときは、ある程度ヒールがあるシューズが良いとされています。ただし、妊娠している場合は、フラットのシューズでも問題ありません。また、靴のデザインについても、いくつか注意しておきたいことがあります。つま先が出るものや、動物の皮を想像させるようなものはNG。ブーツやブーティなども、たとえヒールがあってもオススメできません。他にも、汚れたものや古いものなども避けた方が安心です。

ストッキングを履くことも忘れてはいけません。ブラックは喪を想像させてしまうカラーですから、こちらは避けて、ベージュなどを選びましょう。慣れないシューズを履くことに不安がある方は、予め絆創膏やジェルクッション、インソールなどを用意しておくと安心できます。