プロポーズを断る理由と相手を傷つけない断り方

嬉しいはずのプロポーズですが、場合によっては素直に受けられないこともあるかもしれません。この場合、どんなふうにお断りしたらよいのか悩むこともあります。どんな気持ちで男性がプロポーズしてくれたのか想像できると辛いからです。高価な婚約指輪を用意してくれたのにも関わらず、その気持ちを受け取れない時、多くの女性は本当に悩みます。しかし、モヤモヤしている状態で結婚しても、この先に幸せになれません。

気持ちがノーと言っているのなら、きちんとお断りするべきですし、迷っているのなら迷っていてすぐに返事ができないことを伝えれば良いのです。どちらも悪いことではありませんので、プロポーズをお断りしても自分を責める必要はありません。本当の気持ちを大切にして、きちんとした対応をすればよいのです。

女性がプロポーズをお断りする理由

結婚するメリットが見つからない

女性はある年齢になったら、皆結婚するのが当たり前。そんな価値観は、今の時代にはマッチしません。結婚してもしなくても、自分が本当に幸せになれると思う生き方をすれば良いのですし、誰かの価値観に合わせる必要もありません。ですから、結婚するメリットが見つからないのであれば、それも立派な理由になります。ただし、この場合は相手にストレートに本音を言ってはいけません。

お付き合いするのと結婚は別物だから

男女とも、付き合う相手と結婚する相手は違うと考えている方が少なくありません。付き合うだけの相手であれば、一緒にいる時間が楽しくて、相手の容姿が好みであれば良いかもしれません。しかし、結婚するとなれば話は違ってきます。相手に求めるものも異なってきますし、容姿だけで判断するわけにもいかなくなります。女性の方が、このあたりはシビアかもしれません。

結婚後の生活についてズレがあったから

色々な職業があり、中には生活が全く違う場合もあります。例えば、休みが合わないとか、働く時間帯が全く違うなどといったことです。他にも、出張などで家を空けることが多く、そこが気になるために結婚を考えられないといった声もあります。これから悪生活を長い目で見た時、それが自分の望む生活かどうか。ここが気になって結婚できない方もいます。また、男女どちらかが子供がいる家庭を望み、どちらかが望んでいない場合も、結婚は難しくなります。

結婚相手とは考えていない場合のお断りの仕方

 

女性

はっきり結婚できないと伝える

一切迷わず結婚する気がないのであれば、はっきり結婚できないと伝えるのが一番です。余計な期待を持たせてしまえば、相手の男性はいつまでも引きずって新しい出会いに消極的になってしまうからです。こういった返事は辛いかもしれませんが、ゆくゆくは優しい対応であったと分かるときがくるはずです。

相手のせいではなく自分の問題だと伝える

できるだけ男性を傷つけずにプロポーズをお断りしたい。これは、多くの女性が考えることだと思います。断られた男性は、どうしても自分を責めたがります。こういったことを避ける為にも、お断りの理由を伝えるときは相手のせいではなく自分の問題だと伝えましょう。

へたに期待を持たせる言い方はNG

プロポーズしてくれた男性に、へたに期待を持たせる言い方はダメです。理由は、男性が新しい出会いに積極的になれないということもありますが、誤解させたことにより、後で恨まれてしまう危険もあるからです。ですから、結婚できないならできないとはっきり言うべきです。そのうえで、男性のネガティブなところを口にするのではなく、こちらの問題で結婚は難しいと伝えれば大丈夫です。

いずれ結婚したいけど今ではないお断りの仕方

 

女性

結婚したい意思は明確に伝える

結婚したくないわけではないけれど、何らかの理由があってすぐに返事ができない場合もあるかもしれません。この場合は、正直に気持ちを伝えるようにしましょう。ポイントは、しっかりと結婚したい気持ちがあることを伝えることです。ここを中途半端にしてしまうと、男性はオブラートにくるんだお断りの返事だと受け取ってしまいますので、注意が必要です。

なぜ今結婚できないのかを正直に話す

結婚したいけれど、今は難しい。その理由をきちんと伝えることも忘れてはいけません。例えば、仕事が理由かもしれませんし、家庭の問題があるからなのかもしれません。また、結婚する自信がないため、もう少し時間がほしいといったことでも大丈夫です。もっと料理が上手くなってから結婚したいとか、貯金ができてから結婚したいと言った理由もありです。大切なことは、すぐに結婚できない理由を相手がちゃんとわかるように説明することです。

いつなら結婚できるのか明確にする

今すぐ結婚できないということがわかったとしても、いつまで待てばよいのか分からないと、男性は不安になってしまいます。これは、反対に立場になれば想像できるはずです。好きな人に、不安な状態を長く与えてしまうようなことはしてはいけません。不安に負けて他の女性に行ってしまう可能性だってないわけではないのです。いつなら結婚できるのか明確にする。これもまた大切なことです。

お断りする場合の期間

 

全く可能性がない場合は即!お断りでOK

プロポーズをお断りする場合は、すぐに断ってしまっても不大丈夫です。と言うよりも、すぐに断った方が良い場合も少なくありません。全くその気がないのであれば、あれこれ理由を言ってダラダラ対応するよりも、きっぱり断った方がスマートです。プロポーズする男性の方も、もちろん成功させたいとは思っていますが、100パーセント成功するとは思っていませんので、お断りしても問題ありません。

お断りは早いほうがいい場合

迷ってしまい、なかなか返事が出せないということもあるでしょう。この場合は、少し考える時間をもらって、じっくり考えてから返事をしても大丈夫です。ただし、あまり相手を待たせてはダメです。返事をするまで、どれくらい時間がほしいのかを伝えておくのが、相手にとっても親切な対応です。それでも、ダラダラ待たせてはいけません。返事まで三日間。長くても、一週間後には返事をした方が良いでしょう。ただし、お断りすることになったら、今までの関係は終わりになる覚悟も必要です。

熟慮の末にお断りする場合

とても悩みお断りの返事をする場合も、やはりあまり待たせないように気を配ることが必要です。よくよく考えた末にお断りをすることになったら、待たせてしまったことをお詫びしながら、本当の気持ちを伝えましょう。この時、相手の男性のプライドを傷つけないように配慮も必要です。相手を責めるのではなく、自分の方の問題であること。そして、結婚よりももっとやりたいことがあって、どうしてもそれを諦められないといった言い方も良いかもしれません。つまり、結婚したくないとダイレクトに伝えるのではなく、前向きな理由を伝えるということです。最後は、出会えたことに感謝するような言葉で締めくくれば良いでしょう。

もし、言葉で伝える自信がないなら、手紙で伝えるのも良いでしょう。手紙であれば、気持ちを丁寧にまとめて伝えることもできるからです。ただし、メールでの返事は避けましょう。軽々しく感じられるからです。

まとめ

プロポーズをされても、全ての女性がOKを出せるわけではありません。それも仕方がないことです。お断りするときは、相手を傷つけないように気を配ることも必要。また、返事をいつまでも伸ばしたり、相手を責めたりするような理由を出して断るのはNGです。あくまでもこちらの方の理由でお断りをするのだということを伝えてください。お断りの返事は、直接会って伝えるのも良いのですが、手紙を送る方法もあります。ただし、メールは避けた方が安心です。メールはどうしても軽いイメージがあるからです。いずれにしても、相手に期待させるような伝え方が避けるべきです。