体の関係から始まる恋もある!体の関係から彼女に昇格する方法

男女の恋愛がスタートするきっかけは、カップルごとに様々な状況やシチュエーションがあります。その中でも体の関係からスタートするパターンで、その状態から恋人同士になるケースが多々あるとされています。しかし、男女で考え方や捉え方が異なるなど、話がスムーズに進まないことも十分あります。今回紹介する体の関係から始まる恋とは、一体どのようなことになっているのでしょうか。見ていきましょう。

体の関係を求める男性が思っていること

男性が体の関係を求める場合、自分の欲望を満たすことが最優先されているという印象が強いですが、本音を聞くことができる女性はあまりいないかもしれません。男性はどのようなことを思って、女性に体の関係を迫るのでしょうか。

友達以上恋人未満の相手だと思っている

都合良く解釈されてしまうことが多い都合の良い女性は、男性からしますと正直ありがたい存在であると思っているかもしれません。友達以上恋人未満という言葉がありますが、恋人のように束縛されることもなく、友達以上なので体の関係を求めても良いというあやうい関係になるので、結果として男性優位の関係を継続するようになります。

恋愛感情がある

好きな人と結ばれたいと思うのは男性も同じで、自分の気持ちをどのように表現したら良いのか分からない不器用な男性は、突然体の関係を迫ってしまうということもあります。女性としてはうれしい限りですが、相手によっては誤解されてしまうこともあり、きちんと好きな気持ちを言葉で伝えない限りは、自分勝手な強引な人という形で終わってしまうこともあります。

ただ単にカラダ目的

男性が性的欲求を満たしたい時には、身近な女性を誘って体の関係を求める場合があります。女性側が男性を好きな場合には、すぐに応じてしまうなど、少し軽々しい印象を男性に与えてしまいます。しかし、男性に恋愛感情がなく、本当に性的欲求を満たしたいだけの場合には、すぐに応じてもらった方が助かるという好都合な関係が成立してしまいます。恋人を作らずに、身近にいる複数の女性と気楽な関係を継続する男性もいますので、恋をして夢中になるのも良いですが、相手を見極める判断が必要です。

彼女に振られるなど寂しくて

寂しい気持ちを穴埋めする場合、人肌が恋しくなる気持ちは、女性よりも男性のほうが強くあります。そのため、恋人に振られたばかりなど失恋した状態の男性は、誰でも良いのでそばにいて欲しい…と自分が本当に求めている相手の身代わりを探すような行動をとります。女性に体の関係を求める時には、男性側にも様々な事情が隠されていることが多いようです。

都合よくセフレにしたい


セックスするだけの関係性であるセフレは、男性にとって都合が良い相手となります。恋人関係になりますと、デートをして一緒に誕生日のお祝いをするなど、様々なイベントに関わることが求められます。男性の中には、そのようなことを面倒に感じる人もいて、女性を性的欲求が満たせる相手と考えることしかできない人もいます。都合よくセフレにされないように十分注意しましょう。

体だけの関係で終わる女性の特徴

体の関係からスタートする恋愛があるとされていますが、その先がない場合としっかり恋人に昇格できる場合に分類されます。同じように男性と関わったつもりでも、女性の態度や行動によって、相手の男性の気持ちが変化してしまうようです。体の関係から恋愛関係に発展させたい場合には、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

付き合う前から彼女面してしまう

体を求めあう関係になっているということは、既に恋人として認めてもらったと思ってしまう女性が多く、このような勘違いに男性側の気持ちが引いてしまうケースがあります。男性によっては、告白をきちんとしないままの流れで交際をスタートさせる人もいますので、そのような男性と恋愛をしてきた女性にとっては、告白がない恋愛のスタートに違和感がないことで、彼女になれたと思い込んでしまいます。この場合には、その後恋人関係に発展せず、自然に関係が終わるケースが多いでしょう。

嬉しくて何度も連絡してしまう

男性に対する免疫がない女性に多いのは、男性からの連絡や急な呼び出しがうれしくなってしまい、自分を必要としてくれていると勘違いしてしまうこともあります。そのため、自分からの連絡も頻繁になってしまうので、男性側が面倒に感じてしまうようです。このようなタイプの男性は、自分の都合で連絡を取りたい人が多いので、相手からの頻繁な連絡は荷が重く、自分のテリトリー内に踏み込まれることを嫌がります。恋人にすると面倒な女性という認識をされて、それ以上の関係には発展しにくいかもしれません。

街中でベタベタする

周囲に見せつけるように街中でベタベタするような行為は、喜ぶ男性もいますが、あまり歓迎されないのが基本です。まだ付き合ってないのに…と押されることを嫌がる男性には、外でイチャイチャするのは良い行動ではありません。人目を気にしない人であると思われた結果、連絡が途絶えてそのまま自然消滅してしまうかもしれません。

結婚の話をする

男性にとって結婚の話はとても重く、真剣に交際している女性でない限りは、拒絶されるのがほとんどでしょう。男性には結婚は大きな負担や責任が発生するので、憧れや興味が強い女性とは捉え方が違います。そのため、簡単に結婚の話をするような女性であるというレッテルを貼られてしまうので、気軽に結婚というワードは出さないようにしましょう。

彼の服にダメ出しをしてトータルコーデをし始める

自分の好みを押し付けるのはNGで、特にその人の個性やセンスが出る洋服に関する口出しや、コーデを勝手に変えてしまうようなおせっかいは、相手の領域に踏み込み過ぎる行動です。男性からしますと、何でも自分の思う通りにしないと気が済まない女性であると思われてしまうので、好きな気持ちを表現するのは他の手段で行った方が良いでしょう。

頼んでいないお弁当を渡してくる

お弁当を作るという行為も危険性が高く、頼まれていないことを勝手にして、自己満足に浸っているだけの女性であると嫌われてしまいます。特にお弁当は、会社や学校など、人前で食べることが多いので、周囲に事情を説明しにくいなど、男性を困らせるような行動になりかねません。相手を思って行動する積極性は良いですが、本当に男性が喜ぶことであるのかよく考えてみましょう。

体の関係から始まった男性と付き合う方法

男性との恋愛がスタートする際に、体の関係から始まる恋があっても不思議ではありません。気になる男性がいるにも関わらず、上手く行動を起こせずに困っている人は、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

気持ちを押し付けがましくしない

好きな人ができると周囲が見えなくなってしまう女性が沢山いて、そのような行動も可愛いのですが、あまり気持ちを相手に押し付けるのは好ましくありません。もちろん相手からの愛情を必要以上に求めるのも危険性が高く、適度な距離間で良い関係性を築いていますと、男性から体だけでなく、あなたの存在そのものを求められる可能性が高まります。好きだからと言って積極的にアタックするだけではなく、相手の出方を遠くから見守る余裕が大事です。

会えない時間を自分磨きに使う

男性との交際中は、お互い忙しいこともあり、頻繁に会うことが難しいでしょう。その時にじっと連絡が来ることだけを待っているのではなく、自分磨きとして習いごとや運動などをして、暇な時間を有効利用しましょう。そうすることで心身共に相手に必要とされる女性に成長できる可能性が高まります。会えないからと言って無理やり都合をつけさせるのではなく、少しゆとりがある行動が重要です。

彼に依存しすぎない

依存心が強い女性は、男性には負担が大きく重荷と感じてしまいます。追われるよりも追いかけたい気持ちが強い男性は、自分が迫られるような感覚への苦手意識が強いため、自分に依存をして頼りにされてばかりいますと、かえって気持ちが冷めてしまいます。多少の依存や頼りにするような行動は、男性としての喜びに感じられますが、度が過ぎた依存には十分注意が必要です。相手の男性に依存しすぎないためにも、他の楽しみや男性以外に夢中になれるものを探しておきますと、心のよりどころが男性以外にあることで、気持ちのバランスがとりやすいでしょう。

昼間にデートをしてカップル気分を味あわせる

体の関係からスタートをする恋愛ですと、どうしても夜会うことが多いかもしれません。そのような状況を打開するためには、お互い昼間都合が良い日にちを調整して、恋人同士のようにカップルデートを楽しむようにしますと、普段とは違った時間を過ごせます。わざわざ遠くへ出かける必要はなく、テーマパークや水族館など、デートに適した場所を探して楽しみましょう。仕事帰りの時とは服装の雰囲気を変えるなど、休日の昼間であることを有効活用して男性を刺激するのがおすすめです。

2回目のセックスを焦らす

体の関係からスタートする恋愛は、2回目のセックスまでの間隔が大きな鍵を握ります。男性にとっては、そのままフェードアウトしてしまった方が都合良い場合もあるかもしれませんが、2回目のセックスを焦らせることで、会う回数を増やすだけでなく、二人の関係を自然消滅させないというメリットがあります。しかし、分かりやすく相手を誘うのではなく、気づいた時には二人でまたデートをしていた…というような状況が理想です。

彼好みのファッションを取り入れる

男性は付き合う女性のファッションへの関心が高く、好みの服装などのイメージができている人が多いです。そのため、男性好みの服装を取り入れたファッションコーデをするようにしますと、自然と男性の気持ちもあなたを独り占めしたくなるかもしれません。洋服の好みを本人に直接聞けない場合は、男性の友人などのリサーチをして、情報収集するのがおすすめです。

まとめ

いかがでしたか。男性と女性では考え方や捉え方が少し違う体の関係から始まる恋愛は、好きな気持ちをより良い形で表現するようにしますと、都合よく利用されるだけの女性では終わらずに、恋人関係に発展させられます。身近な男性で気になる人がいる場合には、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。