プロポーズをバラで演出?!バラに込められたその意味とは

プロポーズの際によくプレゼントされるのが花束です。大きな花束を持って、好きな女性に気持ちを伝えるその場面は、とても素敵なシーンだと言えそうです。どんな花束でも良いのですが、バラの花を選ぶ方も少なくありません。なぜなら、見た目的にも豪華で特別感がありますし、やはりとても美しいから。しかし、実はプロポーズする際にバラの花が選ばれるのには、もっと深い理由があったのです。

バラの花の色や花言葉のメッセージを知ろう

バラの花と聞いたとき、あなたが一番初めに想像するのはどんな色でしょうか。バラの花は、色々なカラーがあり、見た目だけでなくそれぞれ意味も異なっています。赤、白、黄色、ピンクなど色々ありますが、どのバラの花にも共通している意味は、「美」と「愛」です。美しい花から、容易に想像できる花言葉ではないでしょうか。また、同じ系統のカラーであっても、更に色味が細かく分かれているようです。バラは、想像以上にたくさんのカラーがあるのです。

定番の赤いバラの花言葉

人気が高い赤いバラの花。花言葉は、「あなたを愛しています」です。他にも、「情熱」や「愛情」などといった意味もあります。愛を告白する際にぴったりの花言葉。プロポーズするときに選ばれるのもよく分かります。また、同じ赤色でも深い赤色のバラの花もありますが、こちらの花言葉は、「死ぬほどあなたに恋焦がれています」です。

かわいいピンクのバラの花言葉

ピンクのバラの花は、優しい雰囲気と可愛らしいイメージがあるのが魅力です。花言葉は、「愛の誓い」や「可愛い人」などです。やはり愛を伝える場面にぴったりだと言えそうです。男性がこういった場合に「可愛い人」と認識するのは、見た目のことではありません。とても魅力的でとても好き、とても愛しているという意味もあります。そんな色々な気持ちをまとめて、可愛い人と表現するのです。かわいいピンクのバラの意味は、可愛い人。言われてみたい言葉です。

白いバラの花言葉

上品で高貴な印象がある白色のバラの花。この花が持つ意味は、「深く尊敬する」や「純潔」など。また、「私はあなたにふさわしい」といった意味もあります。付き合いたい相手と毛婚したい相手は異なると言われることが多いですが、尊敬できる相手と結婚したいと思うのは、男女とも同じなのかもしれません。もしかしたら、「尊敬する」は、綺麗や美人よりも、更に上を行く褒め言葉なのかもしれません。

バラの花束は本数で意味が違う?

色々な場面で、バラの花束が登場します。プレゼントとして選ばれることも多いですが、何本の花束にするかによっても、意味が異なってくることをご存知でしょうか?奮発して、ビッグサイズのバラの花をプレゼントしたいと思った時は、本数にも注目して選んでみてはいかがでしょうか。

「結婚してください」の108本のバラ

108という数字を目にすると、なんとなく煩悩の数?なんて想像する方もいるかもしれませんが、違います。108本のバラの花が持つ意味は、ずばり「結婚してください」です。プロポーズするときに、ぴったりの本数だと言えそうです。どうして108本なの?と聞かれたら、是非意味を説明してあげてください。

「あなたが毎日恋しい」は365本

365という数字を目にすると、これが一年の日数であるとすぐにイメージできるかと思います。365本の花が持つ意味は、ずばり「あなたが毎日恋しい」です。好きな男性から、こんな風に思ってもらえたら相当幸せではないでしょうか。ただし、365本の花束は想像以上にボリューミーです。それを理解してから購入。プレゼントすることをオススメします。かなり豪華ですから、まさに特別な日にぴったりの本数だと言えるでしょう。

「永遠の愛」を意味する99本

どうして100本ではなく99本なのか。この数字を見て、こんな風に思う方もいるのではないでしょうか。99本のバラの花束が持つ意味は、ずばり「永遠の愛」です。何度生まれ変わっても、変わらずにあなたを愛する……。そんなロマンチックな意味が込められているのだそうです。やはり、プロポーズにぴったりの本数だと言えそうです。こんな風に持ってもらえたら、本当に幸せです。ちなみに、100本のバラの花束にすると、「100パーセントの愛」となります。こちらも、素敵な意味だと言えそうです。

ビッグサイズよりプチブーケの本数なら

「真実の愛を誓います」のメッセージ

あまり大きな花束をもらっても、正直困ってしまうと思う女性もいます。そんな時、オススメの本数が40本の花束です。40本のバラの花束が意味するのは、「真実の愛を誓います」です。この本数であれば、持ち運びしやすいですしお財布にも優しいはず。プロポーズにもぴったりの意味がありますので、こちらもオススメです。

「私の妻になってください」は12本のバラ

12本のバラの花をプレゼントすれば、それはそのままプロポーズの意味となります。「私の妻になってください」。これが、この本数が意味する内容です。ストレートな言葉に、12本のバラの花束を添えて。きっと相手の女性に伝わることでしょう。

「最愛」を表す11本

11本のバラの花束が意味するのは、「最愛」です。11本のバラの花束は、恋人に送るだけでなく、大切な家族に贈ることも多いのだそう。つまり、家族として認識していると言う意味もあるということです。最も愛する人、最も大切に思っている人。プロポーズにぴったりの意味です。

インパクトのあるプロポーズのバラの本数は?

プロポーズの花束を考えている方は、どうして花束を女性に贈りたいと思っているのかを、もう一度じっくり考えてみることをオススメします。なぜなら、バラの花束は、カラーや本数などによっても意味が異なってくるからです。もし、数多くの花束を用意して、サプライズのプロポーズをしたいとお考えなら、たくさんの花束も良いでしょう。もし、その花束に本当の気持ちを載せて贈りたいと思うなら、ボリュームではなく意味を重視して選んでみても良いかもしれません。ボリューム的には少々寂しいかもしれませんが、わずか数本の花束を贈る場合も深い意味があります。

1本のバラには「私にはあなただけ」

1本のバラの花が持つ意味は、「私にはあなただけ」です。何とも感動的な意味を持っているのです。どことなく、男性の誠実さが伝わってくるようです。星の数ほどいる女性の中で、私にとって必要な女性はあなたしかいません……。そんな意味があるのです。

2本では「この世界は2人だけ」

2本のバラの花が持つ意味は、「この世界は2人だけ」です。何ともロマンチックな意味です。結婚して色々なことがあることが想像できますが、それでも二人で一緒に乗り越えていける。そんな強いイメージも感じられるのではないでしょうか。

3本には「愛しています・告白」が

3本のバラの花束は、告白の意味があります。ですから、プロポーズするときもオススメの本数だと言えそうです。

まとめ


プロポーズにバラの花束が選ばれる理由はたくさんあります。一つは、見た目的に綺麗ですし豪華さと特別感もあるからです。また、カラーや本数によって意味があり、この意味を伝えたくてバラの花を選ぶ方もいます。例えば、108本のバラの花であれば、意味はずばり「結婚してください」です。また、1本だけのバラの花にも素敵な意味があり、こちらは「私にはあなただけです」といったロマンチックな意味があります。バラの花を選ぶ時は、カラーそれぞれ意味が違うので、そのあたりのこともチェックして選ぶのがオススメです。