責任転嫁とは?責任転嫁をする人に共通している特徴と心理状況

世の中には様々な考えの人や行動を起こす人がいます。そのため、多種多様な人物が集まることで色々な意見が出る面白さがある半面、上手く周囲と馴染めないような人や、輪を乱すような態度の人も沢山います。日々の暮らしで関わりが多い人物の中に、自分とは少し違ったタイプの人と遭遇した場合、どのようにして振る舞うのが良いのでしょうか。

責任転嫁とは?


皆さんは責任転嫁という言葉を知っていますか。責任転嫁とは、自分の非や過ちを認めることができない人物のことを指していて、素直に謝ることができないだけではなく、その責任を周囲の人になすり付けるような態度を取るのが特徴です。責任転嫁をする人とは、できれは関わりたくないのが正直な思いですが、家族や職場にそのような人物がいる場合には、避けて通ることはできません。自分自身が巻き込まれてストレスを溜めない為にも、責任転嫁をするような人物との上手い関わり方を習得しておきましょう。

責任転嫁をする人に共通している特徴

責任転嫁をするような人物は、男女年齢を問わず数多く存在しています。一見すると自分の我を通し続ける強い人物のような印象ですが、実際にはどのような内面を持ちわせていることが多いのでしょう。共通している特徴について紹介しますので、あなたの周りの人に当てはめて考えてみてはいかがでしょうか。

プライドが高い


責任転嫁をする人の場合、プライドが高いという特徴があります。プライドが高いことはマイナスな面だけではありませんが、素直に謝ることができないのは、不要なプライドが邪魔をしてしまっている可能性が高く、自分の非や過ちを認められないという共通項があります。プライドが高い人は、自分に対しての反対意見に強く反応する場合が多く、少しでも思うようにならないとイライラする傾向にあります。

見栄っ張り

周囲から良く思われたいという傾向が強い責任転嫁をするような人物は、見栄っ張りであることが多いでしょう。誰もが持ち合わせている見栄を張って自分を良く見せたいという気持ちは、プラスに働かせないままですと、周りの人に嫌な思いを充てるような振る舞いに変化してしまいます。見栄っ張りであるということは、周囲に弱みを見せることや失敗した自分を見せることができない場合が多く、完璧な自分を演じ続けるような行動が目立ちます。

承認欲求が強い

承認欲求とは、自分自身を認めて欲しいという気持ちの表れで、小さな子供が周りの大人から注目されたいために、わざといたずらをするような行動などを指します。幼少期に親の愛情が上手く表現されないまま大人なってしまいますと、いつまでも自分を認めて欲しいという願望が強くなってしまい、責任転嫁をして周囲の人を巻き込むような承認欲求の表現が出てしまいます。

マイナス思考


責任転嫁をする人物の多くは、マイナス思考でネガティブな人が多いと言われています。すぐに悪い方に想像してしまう傾向が強いマイナス思考の人は、責任転嫁をして周りの人に罪を押し付けることで、自分が抱いているネガティブな感情を帳消しにしようと考えます。マイナス思考であることは、様々なトラブルを頭の中で想定しますので、行動が慎重になるなど良い面もあります。しかし、自分に自信が持てずに悪い想像ばかりしてしまうので、結局責任転嫁をして現実から逃げ出してしまいます。

ストレスに弱い


ストレスに弱く、少しの変化や普段と違う環境に身を置くことが苦手な人の場合は、責任転嫁をする傾向にあります。誰もが多少のストレスを抱えて生活するのは当然ですが、責任転嫁をするような人物の場合、自分だけが苦しい思いをして困っていると思い込んでいます。そのため、普段通りに振る舞うことができないような状況では、自分の本領を発揮できなため、更にストレスをためてしまうという悪循環に陥ります。

謝る事が苦手

プライドが邪魔をして素直に謝れないことが多い責任転嫁をする人は、自分が悪いことに気づいていない場合や、気づいていても絶対に非を認めないといった態度を出します。そのため、集団での生活や組織での関わりが難しく、人間関係へのコンプレックスを抱いている人が多いです。自分が悪いことを認識できていないケースが多いですが、時には認識できていても、自分が下手になって誤るという発想ができないのが特徴です。

被害妄想が強い

被害妄想が強いことで、謝罪をする気持ちや自分の非を認める気持ちになれないのは、責任転嫁をする人物の強い特徴の一つです。自分だけが嫌われているという思い込みや、自分だけが無視されているという発想を勝手に展開させてしまいますので、周囲と思うように会話ができずコミュニケーションが図れません。その結果、更に被害妄想が進んで責任転嫁尾するようになるという悪循環に陥ります。

ちやほやされるのが好き


いつも自分が中心にいて、全てのことが自分の思った通りに進むことを望むのは、責任転嫁をする人物が強く思う考えで、ちやほやされて注目されるのが大好きであるという特徴があります。このような人物は、周囲と自分を比較する傾向が強いという特徴も持ち合わせていて、嫉妬深くすぐ焼きもちを焼くような態度を取ります。責任を取るという面倒なことを避けて、どんなことも自分の思い通りになることを願っているようです。

至る所で人間関係のトラブルを起こしている

責任転嫁をするような人物は、周囲の環境が変わっても結局は同じように人間関係でのトラブルを引き起こします。その理由は、自分自身が何も変わっていないという点が大きく、自分が特別で何をしても許されるという考えが強いので、周りのメンバーに変化があっても、結局同じような問題が繰り返し起こるでしょう。

考え方が幼い


自分の過ちを認めて素直に謝るという行動は、スムーズにできる人がほとんどですが、中には年齢を重ねてもできないままの人物もいます。責任転嫁をする人の場合、考え方が幼いというという特徴があり、年をとっても子供のような幼稚で甘い発想が残ります。いつも周囲で誰かが助けてくれたような環境で育った人は、会社や学校でも家族に振る舞うようなわがままな態度を出してしまうという共通項があります。

責任転嫁をする人の心の中


では実際に責任転嫁をしてしまう人は、本当に悪い人ばかりなのでしょうか。気が弱い人や自分を上手く表現できないことで、責任転嫁をすることで自分に注目を集めようとしている場合もあります。その人の心の中は、一体どのようになっているのでしょうか。

他人に怒られたくない

他人に怒られることに過剰に反応するのは、責任転嫁をする人の大きな特徴です。自分の非を認めないということは、もしも自分が悪い時に誰かに怒られてしまうという強い恐怖心を持っています。怒られたくないという気持ちが強いことによって、責任転嫁をして自分は関係がないということを証明しようとします。

自分が大好き

自分を好きという気持ちはとても大切で、自己肯定感を高める効果が期待できます。しかし、自分が好きすぎて守ろうとする気持ちが強まりますと、責任を背負いたくないという思いが勝りますので、結果として責任転嫁をする人物になってしまうでしょう。

失敗は自分のせいではないと思い込んでいる


もしも自分自身が失敗をした場合でも、自分は無関係であると思い込んでいるのも責任転嫁をする人物の特徴です。その思い込みが強いため、自分から謝罪する気持ちが生まれないだけではなく、反省をして次に同じ失敗をしないようにしようという考えに辿り着けません。そのため、何度も同じ過ちを繰り返してしまい、どんどん自分に自信がなくなってしまうようです。

楽したい

誰もが少しでも楽をしたいと思うのは当然ですが、責任転嫁をする人の場合、更にその気持ちが強いとされています。そのために、周囲とのトラブルに巻きこまれることにストレスを感じてしまい、問題を解決するために時間を割くような発想ができなくなります。自分勝手でわがままであることが良く分かるこのような傾向は、責任転嫁をする人の強い特徴です。面倒なことや余計なことに巻き込まれたくないという気もちが強いということは、自己中心的で自分が良ければよいという発想が強くあります。

自分に自信がない


自信に満ちあふれていることで強気の態度を取っていると思われることが多い責任転嫁をする人ですが、実際には気弱で自分に自信がないことが多いようです。自分に自信がないということは、自分の考えや意見に自信が持てていないということになりますので、当然責任をとるような気持ちや、罪を認めて謝るようなことはできません。また、周囲に嫌われたくないという気持ちが強いことで、自分で自分の過ちを認める勇気が持てずに現実逃避してしまうという悪循環に陥ります。

自分は特別な人間と思っている

何をしても許されるという思いが強く、自分は他の人とは違う特別な人物であるという偏った認識があります。そのような思いが強いことから、非を認めて謝ることや反省することが難しく、どんな失敗をしても許されるという思い込みが強いのが特徴です。その結果、責任転嫁をしてしまい、周囲から浮いた存在になるようです。

自分より弱い人なら文句を言われないと思っている

自分を特別な人間と思っているということは、自分以外の人間を見下しているような気持ちが強いのも、責任転嫁をする人の特徴です。自分が文句を言われるようなことや批難されるようなことがないと思い込んでいるため、何をしても叱られることがないという勘違いをしています。そのような傾向から、思いがけないような展開になった時の臨機応変な対応が乏しい傾向にあり、パニックに陥りやすいようです。

責任転嫁された時の正しい対処法


あなたの周りには責任転嫁をするような人物がいるでしょうか。それほど強いものではなくても、そのような傾向が強い人もいることから、事前に対処方法を知っておきますと、責任転嫁をされて、嫌な気分を味わうリスクは回避できます。一体どのような対応をすると良いのでしょう。

放置して経緯を見守る

責任転嫁をする人は、自分一人では何もできない寂しがり屋の傾向になります。周囲への甘えや注目を集めたいという気持ちから責任転嫁をしてしまうこともありますので、そのまま放置をして様子を見守るという態度が大切です。いつも相手にしてくれて優しくしてくれた人から放置されるということは、自分自身を見つめ直すきっかけになるかもしれません。様子を見て相手の出方によって態度を変えるなどして、賢く関わるようにして見ましょう。

いい訳をされたら否定する

責任転嫁する人物の周囲の人は、優しい人や何でも受け入れてしまう人が多く、より責任転嫁をする人に甘えられてしまう傾向があります。優しくして受け入れてしまうという行動も、関わるのが面倒になっていることが多く、そのような態度がかえって責任転嫁の機会を増やしてしまいます。時には強い態度で出ることも必要なことから、理不尽な言い訳をされた場合にはきちんと否定をして、自分が正しいことを訴える勇気も必要です。

仕事の場合は上司に報告する

職場に責任転嫁をするような人がいる場合には、雰囲気や輪を乱すだけではなく、業務が思うように進行できなくなるようなトラブルにも繋がりかねません。もしも同僚などに責任転嫁をする人物がいる場合には、上司にきちんと報告をして対策を練るようにしますと、大きな問題を引き起こさないようにして、仕事に取り組めるでしょう。

周囲の人たちと結託して抗議する

身近に責任転嫁をする人物がいる場合には、自分一人では太刀打ちできないかもしれません。そのような時には、周囲の人とよく相談をして同じ気持ちの人同士で結託をするのがおすすめです。責任転嫁をする人物は、自分のことで精一杯である場合が多く、周りに迷惑をかけているとは想像もしていないでしょう。困っていることをきちんと抗議する機会を設けて、その後のコミュニケーションに役立てましょう。

まとめ

責任転嫁をする人物は、自分勝手で考え方に幼さが残る人ということが理解できました。しかし、その反面寂しがり屋で周囲の人に自分を認めて欲しい気持ちが強いうということも認識できました。身近に責任転嫁をするような人がいますと、少々大変なことがあるかもしれません。しかし、こちら側が上手くサポートをすることでより良いコミュニケーションが図れる可能性があります。もしかしたら責任転嫁をする人でも、周囲と上手く関われない自分に対して悩んでいる場合もあります。今回ご紹介した責任転嫁する人の特徴や心理状況を理解して向き合うことも大切なのかもしれません。