未練がましい男の行動!未練がましい元カレに困ったときの対処法

気持ちの切り替えが比較的早い女性に比べて、未練がましいような行動をとりやすい男性の場合には、別れた後にも様々な問題やトラブルに巻き込まれる可能性があります。できることなら関わりたくないと思って別れている女性の気持ちを知らずに、困った元カレに振り回されてしまうことがあります。ここでは、そんな男性への対処法を伝授します。

男性が元カノに未練を残しやすい理由


女性が元カレに対する気持ちが残るというケースもありますが、男性が元カノに未練を残すケースの方が圧倒的に多いでしょう。では一体どのような理由から、男性は未練を残しやすくなってしまうのでしょうか。

男性は女性よりも過去の恋愛を引きずりやすい

過去の恋愛を引きずっていつまでも立ち直れない男性は多く、気持ちを切り替えて次の恋愛をすぐにスタートされる女性とは比べものになりません。そのため、場合によっては、相手の幸せを素直に喜べないような現状が続いてしまうなど、苦しい時期を過ごす傾向にあるのも男性です。

元カノとの思い出は美化しやすい


失って初めて気が付く相手の大切さは、成就できなかったことで更に美化されてしまいます。そのような思いが強いままですと、無理に復縁を迫ってしまうなど、大きな問題やトラブルに発展しやすくなります。無理に忘れようとするのは辛くなるだけですので、少し時間をかけてゆっくり相手のことを忘れるようにするのがおすすめです。

一度付き合った人は死ぬまで自分の事を好きだと思い込んでいる

男性の方が純情でロマンチストな人が多いため、付き合った人は一生自分を好きでいるものだと思い込んでいる場合があります。しかし、現実主義の女性の場合には、嫌な面や深く傷つくようなことを経験してしまいますと、あっさりと別れを決断してしまいます。

自分が寂しいのだから元カノも寂しいだろうと勘違いしている

恋愛においての男性と女性の価値観の違いは、全て自分と相手が同じ感覚でいるという点です。そのような思いは、この寂しい気持ちは相手の女性も同じ気持ちでいるという思い込みに発展してしまうので、連絡なしに急に会いに行って女性を困らせるような行動をしてしまうことがあります。しかし、女性側はすでに気持ちを切り替えて、新しい生活ヲスタートさせているケースが多く、男性は更に傷ついてしまうという悪循環に陥ります。

別れた理由によって罪悪感があるから

恋人同士が別れてしまう理由はカップルごとに異なりますが、男性が未練を残しやすいのは、別れに原因が自分にある場合です。その罪悪感から相手への未練に発展させてしまい、いつまでも別れた恋人に縛られるという悪循環になります。自分のせいで別れることになってしまった…と考えて自分を責めるような態度は、傷を癒して気持ちを立ち直らせるまでには相当の時間が必要です。

未練がましい男の特徴13選

しかし全ての男性が未練を残してしまうわけではなく、一時的に落ち込んでしまっても、時間の経過と共に、別れた恋人のことを忘れられるようになる男性がほとんどです。しかし、未練を残しやすい男性には特徴が多く、普段の態度や考え方によって、そのような行動に発展してしまうようです。一体どんなタイプの男性が未練がましいのでしょうか。

元カノのSNSを頻繁にチェックしている


以前は別れた恋人の現在の様子を知りたい時には、友人に近況を聞くほかに直接会いに行くなど、自分で行動するしかありませんでした。しかしSNSが普及している現代では、スマートフォンなどから相手の様子を簡単に調べられるようになっています。便利で楽しいSNSですが、多くの人が簡単にアクセスできることで、場合によっては自分が発信している情報をとして、誰かを傷つけている場合や寂しさを助長させている場合があります。

スマホに入っている元カノの連絡先を消せない

連絡先をいつまでも消せないまま保存している男性も、未練を残しやすいという特徴があります。もしかすると連絡をしたら会ってもらえるかも…という期待や、いつか連絡が来たときにすぐ誰からの連絡なのか分かるようにしたいなど、別れた後も関係が築き直せると勘違いしている傾向があります。

元カノの写真はパソコンにバックアップしている


スマートフォンで写真の保管をしますと、ある程度の枚数を経過した段階で容量が一杯になってしまいます。大切な写真を保管する時に便利なのはパソコンで、スマートフォンよりも容量が大きいので安心です。また、スマートフォンを紛失した時や破損させた時にも安心で、写真がパソコンでバックアップされていることから、データがなくなりません。このように元カノとの思い出の品をしっかり管理できる男性は、まめで頼りがいがあるようですが、以前の恋人に固執していることがよくわかります。

共通の友達に元カノの近況を尋ねてしまう

交際期間が長かった場合などには、共通の友人が増えている場合が多いでしょう。直接前の恋人に連絡を取ることができない場合でも、共通の友人は尋ねやすいので吉凶を教えてもらう相手としては適してします。自分では何気ないと思う行動でも、相手の解釈によっては、未練が残っていることを周囲に教えていることになります。

酔った勢いで元カノLINEを送ってしまう

酔っぱらっている時のスマートフォンの操作は注意が必要で、特にLINEでの連絡やSNSに発信などは、酔いがさめた時に全く覚えていないというエピソードがあります。その中でも元カノにLINEで連絡をしてしまうという行為は、酔った勢いでしかできない行動というのが本心で、お酒の力を使わないといけないほど、まだ元カノが忘れられていない未練がましい行動ということになります。

元カノのプレゼントを捨てられない


思い出の品やもらったプレゼントなどの取り扱い方でも、その人が未練がましいか否かが良く分かります。いつまでも捨てらないで保管しているという男性は、物を大切にする人であるという考えもできますが、二人の思い出にまだ気持ちがあるということが証明されます。

直ぐに新しい彼女を作るけど長く続かない

未練がましい男性は、新しい彼女ができても長く続きません。その理由は、どうしても元カノと今の恋人を比較してしまい、今目の前にいる恋人よりも美化された元カノのほうが印象的に良くなってしまうので、結果としてせっかく付き合い始めても、すぐ別れてしまいます。

物を大事にする

物を大事にするということは、恋人のことも大事にするということに繋がりますので、未練を残しやすいこととは無縁と感じられます。しかし、何でも残しておいて捨てられない考えの男性というのは、気持ちの切り替えや新しい環境に馴染む柔軟性が乏しい場合が多く、過去に執着する傾向があるようです。物と同じように彼女のことが大事にできるのかと言いますと、そうではないケースが多くあります。

何事もじっくり考える

慎重であることは、思い付きで行動しないという良い面もありますが、じっくり考える癖がある人は、決断が遅く優柔不断であることが多いです。自分の気持ちを整理できていないことから判断が遅くなってじっくり考えてしまうということは、恋愛においても考えすぎてしまう傾向があります。そのようなタイプの男性は未練を残しやすいので、十分注意をして関わりましょう。

身に付けるものにこだわりがある


こだわりが強い男性は、結果として未練を残す可能性が強くあります。特に自分のルックスを大きく左右する身につけるもののこだわりが強い人は、自分に対する周囲からの評価を気にしやすい気弱な人が多いので、自分に自信がない傾向にあります。そのような考えの男性は、自分に自信がないことから昔の恋人にもこだわってしまい、新しい恋愛に目を向けられません。

女々しい

男性は女性よりも優しく弱い面が表面化されますが、その中でも女々しい男性はいつまでも昔の恋人のことが忘れません。またいつかどこかで会えるのだろうか…と思って街を歩くなど、中には偶然を装ったような行動に出てしまう人もいます。女々しい男性の発想は、サバサバした気持ちの人が多い女性とはかけ離れた発想となります。

ロマンチスト

夢を語るのが好きなロマンチストな男性は、様々な妄想を繰り返し行っている間に、未練がある元カノともう一度やり直しができるのではないかと、真剣に考える傾向にあります。現実的な考えをする女性からしますと、夢のような考えを早く辞めて現実を見た方がようのでは?と思うでしょう。しかし、ロマンチストな男性は、未練がましい自分さえも愛おしく感じているかもしれません。

昔の事を良く覚えている

良いことも悪いことも、いつまでも昔のことを覚えている男性というのは、未練がましい傾向にあります。あの時は〇〇だったとか、あの日にこう言っていたなど、自分では何気なく発した言葉や態度を明確に覚えているような男性は、こだわりや執着心が強いので、未練がましいタイプとなるでしょう。

未練がましい元カレに困ったときの対処法

では実際に別れた恋人が未練がましい場合には、どのようにして対応するのが良いのでしょうか。知らない相手ではない元カレですが、中途半端な優しさがかえって面倒な事態を巻き起こす危険性がありますので、ここで紹介する方法を良く参考にしましょう。

連絡を一切断ち切る

携帯電話の普及によって、相手との連絡が簡単に取れること便利ですが、元彼の場合には状況が変わります。いつまでも関係性が遮断できないままですと、相手も勘違いをして頻繁に連絡をしてしまいます。絶対に連絡を断ち切るために携帯電話の番号を変えるなどの対策をするほか、可能であれば自宅の引越しを検討するのもおすすめです。

復縁は一切ないとハッキリ告げる


復縁できる可能性を持っている未練がましい元カレは、元カノも同じ気持ちであると勘違いしています。そのため、もう復縁は無理であるということをはっきり伝えますと、さすがの男性側もあきらめるでしょう。少し残酷なように感じるかもしれませんが、お互いの明るい未来のためには仕方がありません。

別れてから幸せであることをアピール

未練がましい男の人というのは、元カノは自分がいないとダメなのではないか?と勝手に勘違いしています。そのため、別れた後も自分と同じように辛く寂しい思いをしていると思い込んでいます。しかし、はっきりと別れた後も幸せであると伝えますと、自分と相手が同じではないと徐々に認識できるでしょう。あまり幸せであることを強調しますと、逆恨みや嫉妬心を助長してしまうので注意が必要です。

すでに他の人を好きになったことを伝える

未練がましい男性に一番良い対処法は、既に新しく好きな人がいると伝えることです。仮に嘘であってもこの方法が一番良い対処法で、男性側も今まで避けていた現実を直視するようになって、最終的には復縁を諦めるでしょう。まだ好きな人がいない場合、嘘をつくことに罪悪感を持つかもしれませんが、お互いのことを考えた結果での嘘なので罪がない嘘となります。

まとめ

いかがでしたか。未練がましい男性は意外と多く、引きずる期間には交際していた時期や個人の性格によっても様々ですが、女性よりも長い期間落ち込むことは確実です。相手を思う優しい気持ちは大事ですが、早めに気持ちを切り替えられるよう、復縁を迫られた時には元カノにしかできない対処法で接するのがおすすめです。是非参考にしてみてはいかがでしょうか。