シングルファザー必見!再婚するために必要なことはコレだけです

離婚後に男性が子供を引き取って子育てをしているシングルファザーは、以前に比べて多くなっているようです。離婚後というメンタル的にもナーバスな時期に、仕事と子育てを両立させるのは至難の業ですので、多くの男性はできる限り早く再婚をして、少しでも負担を減らしたいと考えるでしょう。しかし、同じ独身であっても子供がいるという状況での再婚は、様々な困難や試練があるかもしれません。今回紹介するシングルファザーが再婚をするために必要なことを参考にして、今後の生活に役立ててみてはいかがでしょうか。

シングルファザーの再婚が難しい理由とは?

女性が離婚後に子供を引き取って生活をするシングルマザーは、比較的早く再婚するケースがある一方で、シングルファザーの場合には思うように進まない背景があるようです。ここでは、シングルファザーの再婚が難しい理由について紹介します。

家事・育児・仕事と忙しくて恋愛しているヒマがない

中には結婚している間に家事や育児に参加せず、仕事ばかりしていたようなシングルファザーもいるでしょう。慣れない様々なことを毎日こなすだけで精一杯になってしまうシングルファザーの場合、恋愛をする余裕が無いのが現状です。そのため、再婚をする以前に異性の出会いや交際に発展する機会がなく、どんどん再婚をするきっかけを失ってしまいます。

子供にお金がかかって見た目を整えている余裕がない

シングルファザーの場合、慣れない家事の中でも料理に時間や手間が掛けられない男性が多くいます。そのため、外食などの機会が増えてしまい、自分自身を着飾るようなものを購入するような経済的余裕が無いケースもあります。食費や子供の学費など、日々の生活で精一杯になってしまうことから、恋愛をする気分にもならないのが現状です。

子供がいてもOKという女性がまわりに少ない

シングルファザーという現実は、子供を連れた再婚になります。そのような立場の自分を受け入れてくれる女性が本当にいるのだろうか…と自信を持てない状態でいますと、ますます恋愛することが億劫になります。実際問題、子連れの男性との再婚を受け入れてくれる女性は少なく、恋愛を楽しむことはできても、結局結婚にまで発展しないのが現実です。

女性に対して子供との相性も考えなければいけない


素敵な女性と出会って再婚しようとシングルファザーが考えた場合、自分と女性の相性だけでなく、その女性と子供との相性を考える必要があります。特に思春期の子供を持つシングルファザーの場合には、相手の女性がどのような人であっても、難しい年ごろの子供が再婚すること自体を受け入れる可能性が少なくなります。自分のことだけでなく、子供のことを第一に考えて行動するのが重要でしょう。

前の奥さんを引きずってしまっている

シングルファザーが離婚をした理由は夫婦それぞれに様々な事情があるはずですが、男性の中には、離婚後もまだ前妻に未練がある人も少なくありません。そのような気持ちのまま再婚するのは難しく、もしも再婚をしても夫婦関係が長続きするとは思えません。心の傷を癒すのは新しい恋愛であるという考えもありますが、シングルファザーの再婚に関しては、少し慎重に考えても良いでしょう。

シングルファザー自体の人数が少なく認知されていない部分が多い

昔に比べますと増えてきているシングルファザーですが、現状ではまだ人数が少なく、シングルファザーの苦労や大変さが認知されていないというのが現状です。そのような状況で再婚を検討するのは難しく、普段の生活を維持することにだけ集中する男性も沢山います。また、子育てが落ち着いて年齢を重ねたから再婚を検討するなど、その人それぞれに合った選択ができることを知っておくのも良いでしょう。

シングルファザーが再婚するために必要なこと

実際にシングルファザーが再婚をする場合、一体どのようなことに重点をおいて考えるのが良いのでしょう。再婚することがゴールではないシングルファザーの婚活で必要なことを紹介します。

子供の気持ちを最優先にする

両親が離婚をしたという現実に深く傷ついている子供の気持ちを考えますと、また周辺環境が大きく変わる再婚は、プラスに働く場合とマイナス要因になってしまう場合の両方のケースを考えておくのが良いでしょう。自分が再婚をしたいからと言って子供を無理に説得するようなことをせず、良く話し合いをして家族皆が納得した状態で再婚に踏み切るのが良いでしょう。

子供の為ではなく自分のパートナーとして相手を選ぶ

シングルファザーの再婚は、子供を妻に任せるという関係上、子供のために早く再婚をしようと考えるかもしれません。しかし、子供のために無理をしている親の姿は、余計に子供を傷つけることになります。そのため、自分が好きで結婚をしたい相手を探すのがおすすめで、子供のためではなく自分自身のために再婚相手を探すことで、シングルファザーという立場から早く開放されます。

恋人には育児の苦労などを話す


シングルファザーの再婚には、結婚後すぐに子育ても加わった日々の暮らしが待ち受けています。そのような現実的な状況を理解できないまま結婚してしまう女性がいますので、自分がシングルファザーの時に苦労をした子育ての話や、離婚の時の話などをきちんとしておきますと、その状況でも耐えられるような強くたくましいパートナーと巡り合えるはずです。

包み隠さずに自分の現状を話す

初婚同士のラブラブな新婚生活が送れるわけではないシングルファザーの再婚は、相手の女性にも、今後のことや現状についてよく把握してもらうのが良いでしょう。後で各自ごとが発覚をして夫婦関係が破綻するよりも、初めから包み隠さず話をしておいたほうが、全てを受け入れて結婚してくれるパートナーが見つかります。

家庭はこうあるべきだ!と勝手に決めつけない

一度結婚に失敗しているシングルファザーは、前回の結婚で実現できなかったことを次の結婚に託してしまう傾向があります。家庭や家族の理想が高くなってしまい、夫婦関係だけでなく子供との関係にも変化が出てしまいますので、家族の形はそれぞれで年と共に変化することも受け入れる柔軟性が大切です。

好きになったら真剣に付き合う

恋

シングルファザーの再婚に大切なのは、真剣に好きになって交際できる人と出会うことです。恋愛を楽しむ余裕やその人以上に素敵な女性と巡り合えるかも…などという夢を見ていないで、良い出会いがあった場合には、積極的に行動をして早い段階で再婚を視野に入れた真剣交際へ発展させるのがおすすめです。若い時のように何度もチャンスが訪れる可能性は低く、貴重な出会いを有効に利用するのがシングルファザーの再婚に必要なことです。

子供のせいで結婚出来ないなど絶対に思わない

再婚できない理由を子供がいるせいにしてしまいますと、どんなに良い人と出会ってもシングルファザーの立場から脱却できるわけがありません。何でも人のせいにしてしまう考えを改めることで、前回の結婚で失敗をしてしまった経験を活かせるでしょう。どうしても再婚ができない時でも、子供の存在ではなく自分自身に問題があると考えるのが大切です。

再婚する確率をアップする方法

結婚 指輪
社会的な認知がまだ低いシングルファザーは、少しでも早く再婚できるように頑張ることが求められます。しかし、相手との出会いがないと何も始まらないシングルファザーの再婚の確率を少しでも上げるためには、様々な工夫ができます。一体どんなことをするのが良いのでしょう。

未婚女性だけではなくシングルマザーなども視野に入れる

シングルファザーの男性の多くは、独身の若い女性をターゲットにしてしまうことが多いでしょう。しかし、若い初婚の女性は、結婚に対する様々な夢や願望を持っているため、子連れで離婚歴がある男性との結婚を考えるケースは少ないでしょう。無理に初婚の女性にターゲットを絞るのではなく、同じように子連れで再婚しているシングルマザーとの出会いも大切にしましょう。同じ苦労をしているという共通点は、良い方向に話が進みますと、新しい形で家族関係を築けるようになります。

婚活パーティに参加する

再婚やシングルファザーであることを恥ずかしいと思うことはなく、積極的に婚活パーティなどへ参加すると良いでしょう。結婚を真剣に考える女性と早く出会える婚活パーティは、日々の暮らしから解放される非日常的な華やかさがあります。時には気分転換を兼ねて利用するなど、気軽に利用するのもおすすめです。

婚活アプリを利用する


すき間時間でも婚活ができる婚活アプリは、スマートフォンを活用してインターネットで女性と交流できる便利さがあります。顔が見えない相手との交流は、疲れた自分を癒す心の支えになるかもしれません。再婚やシングルファザー向けの婚活アプリも増えていますので、自分に合う物を探して会員登録をするのが良いでしょう。

シングルファザーの集まりに参加する

婚活をする余裕が無い人や負担と感じてしまう人は、シングルファザー同士が交流できる集まりに参加する所からスタートしてみましょう。男同士での話し合いは、会社の同僚などには理解してもらえない家事や子育ての苦労を語り合える貴重な場所で、そのような買いに参加することで友人関係が変わり、素敵な女性を紹介してもらえるなどの発展が期待できます。

とにかく子供を大事にする

シングルファザーが再婚をするために四苦八苦するのも良いですが、何よりも子供との関係を再優先しなければ意味がありません。両親が離婚をしたという経験を持つ子供の場合、墓の子供よりも敏感で繊細な面が強調されていて、心は傷つきやすくなっています。また、父親の心の変化などにも反応しやすくなるでしょう。恋愛や再婚も良いですが、まずは子供との関係や絆を深めておきましょう。

彼女の許可をとり子供同伴で会う時間を増やす

シングルファザーが再婚をする場合、はじめは女性と二人で会うのも良いですが、徐々に子供を交えて合う時間を増やすように、少しずつステップアップするのが大切です。その際には、子供の様子をよく観察しておくのが大切で、慣れるまで少し時間をかけて相手の女性との距離を少しずつ縮めていきましょう。

筋トレをして見た目を引き締める


生活感が漂ってしまうことが多いシングルファザーが再婚をする時には、自分の身なりにも気を配れるような余裕が必要です。家事や子育てに追われるような日々は、女性的なものを求められる機会が多いので、男としての考えや発想が少なくなっているかもしれません。筋トレなどで体を鍛える習慣は、自分自身が男であることを再認識するきっかけに繋がります。

とにかくポジティブな考え方をする

悲観的な発想やマイナスな思考ばかりで生活をしていますと、何をしても楽しくなれないだけでなく、どんどん悪い方向に話が進んでしまいます。シングルファザーが再婚をするのは至難の業ですが、自分自身や子供の今後を考えた場合に、パートナーがいることがプラスになるのか否かを再度良く考えるのが良いでしょう。良い方向に進むことを願って始めた事柄は、最終的には良い結果に繋がりやすいとされています。再婚を希望しているなら、自分や子供が幸せになれることをイメージしながら暮らしましょう。

まとめ

いかがでしたか。再婚を希望するシングルファザーには、抱えている問題や負担が大きく、簡単に話が進まないことが良く分かりました。しかし、人との出会いはどこでどんな偶然が待っているのかは誰にも分からないので、素敵なパートナーとの出会いを夢見て頑張っていくといいでしょう。