旦那にイライラする13個の原因とイライラしてしまった時の対処法

一番身近な存在である旦那に対するイライラは、旦那そのものの行動や態度への不満は勿論ですが、自分自身に余裕が無い時や疲れている時などは、更にその感情が悪化する傾向にあります。しかし原因と対処法を知っておきますと、イライラした時にも旦那と喧嘩をすることや余計な言い争いをすることを回避できます。是非今後の参考にしてみてはいかがでしょうか。

旦那にイライラする13個の原因


では実際には、どのようなことで旦那に対するイライラが大きくなるのでしょうか。男性は女性に比べて考えが幼稚で、どうしても無神経な部分が悪く目立ってしまう場合があります。そのことを十分踏まえたうえで関わりますと、少しでもイライラする機会が減るでしょう。

感謝されない


いつもそばにいて何でも受け入れてくれることが当たり前になってしまう夫婦の関係は、感謝することやありがたみを感じることが少なく、改めて言葉にするようなこともなくなります。日頃から感謝の気持ちを素直に言い合えるような環境ですと、旦那に対するイライラも減少できます。

気持ちを察してくれない

男性が苦手な部分である相手の気持ちを察するという行動は、女心が理解できずに自分で精いっぱいな態度である可能性が高いでしょう。そのため、奥さんが今どんな気持ちいるのかということにも気づかず、更にイライラしてしまうという悪循環に陥ります。

話を聞いてくれない


テレビやスマートフォンにばかリ夢中になって、全然家族の話を聞かないことに対してもイライラします。その反面、自分の話を聞いてもらえないとすぐに怒るという幼稚な部分があるため、女性側の心情としては穏やかではなくなります。話を聞いてもらえないということは、女性が悩みやストレスを一人で抱え込んでしまう危険性が高まります。

家事や育児を任せきり

嫁を母親のように思ってしまう男性が多く、家事や育児に積極的に関わって家族関係を良くしようとする行動になりません。そのような態度は、日々の暮らしで疲れている女性を更に疲れさせてしまうことになり、旦那に対するイライラが更に大きくなるでしょう。

中途半端に家事や育児に口を出してくる


自分で一生懸命家事や育児に関わっている人というのは、大変さや辛さが女性と共感できるので、中途半端に口出しをするようなことはしません。しかし、関わっていない男性に限っていちいち文句を言う傾向にあるため、一生懸命頑張っている女性側の方がイライラしてしまいます。少しのストレスの積み重ねが大きく関わる夫婦生活は、日頃からイライラを溜め込まないのが基本です。

帰りが遅くなる時に事前連絡をしない

夕ご飯の支度の有無などに関わることから、こまめに自分自身のスケジュールを連絡し合うのが鉄則です。しかし、帰りが遅くなるような場合であっても、わざわざ連絡をしない男性が多く、せっかく用意した夕ご飯が結局無駄になるようなことに繋がり、ケンカの原因に発展することも少なくありません。今は携帯電話という便利なツールがありますので、有効活用をして、こまめに家族とコミュニケーションを図ると良いでしょう。

家事や育児にダメ出しをされる

自分が一生懸命頑張っていることに口出しをされるのは、その後のモチベーション維持に大きく関わります。そのため、家事や育児のことで女性に意見を述べるということは、男性が仕事のことでダメ出しをさせるのと同じことになるでしょう。家事や育児に対して旦那に文句を言われるのは、イライラに原因としてトップクラスに位置する項目となります。

女として見てもらえない


恋人同士の新鮮さが無くなってしまう夫婦関係では、どうしても配偶者を異性として見る機会が減少します。このような気持ちは、女性の方が強く反応をするため、女として見てもらえないような態度や言動は、女性をイライラさせる原因となります。もちろん普段の生活に疲れてしまっているため、自分の身なりに気を配れない女性に原因があることが多いかもしれませんが、気持ちに余裕を与えてストレスを軽減させるのは旦那の仕事です。

家の外では育メンぶる

外では自分をより良く見せようとする気持ちが強い男性は、家では家事や子育てに関わらなくても、外出先や自分の母親の前では、一生懸命子育てに関わっているような態度を取って、自己評価を高めるようなアピールをします。そのアピールによって、女性のイライラが大きくなります。普段の生活態度を全て知ってしまっている夫婦の関係では、見栄を張るような態度は、かえって家族からの評価を下げてしまいます。

妻が家事や育児をしている時にスマホゲームをしている

忙しい妻の態度を察して家事や育児を手伝える男性は、一体どのくらいいるのでしょう。仕事で疲れているのは、共働きが主流になっている現代では、男性も女性も同じ気持ちでしょう。しかし、どうしても女性側の負担が大きくなってしまう家事や育児をしている時間に、スマートフォンでゲームをして楽しんでいる旦那を見てしまいますと、自分だけが損をしているような気持ちになって、女性はますますイライラします。

お給料が安い


収入面での不満は、時に大きなストレスとなって爆発します。しかし、旦那に直接給料が少ないことの不満をぶつける勇気を持つのは難しく、更にイライラが大きくなるでしょう。共働きの世帯が増えている現代では、旦那とそれほど収入額の差がないほどしっかり稼ぐ女性も少なくありません。そのため、仕事も家事も育児も女性が頑張らなければいけないという気持ちになってしまい、ストレスを解消してリフレッシュする機会が減少します。

妻を置いて友達と頻繁に遊びに出掛ける

独身気分がいつまでも抜けない男性が多く、友達からの誘いにも気軽に出かけてしまう傾向があります。女性は結婚と同時に友達との関わり方がどうしても変化することが多く、旦那や子供を優先してしまいます。その落差が女性のイライラを更に増大させることに繋がりますので、男性も妻の態度や行動に少し気を配るような配所ができるようになりますと、女性がイライラすることもなく、気持ち良く見送ってもらえるでしょう。

セックスレス


旦那に対するイライラの原因となっていることが多いセックスレスの問題は、結婚生活が長い熟年夫婦だけの問題ではなく、まだ新婚である夫婦や若い夫婦にも大きく関わるとされています。セックスレスの問題は、周囲に相談しにくい傾向が強く、更にイライラが大きくなる可能性があります。多忙やストレスが原因となっていることが多いセックスレスは、早めに改善をして元通りの生活にするのが理想です。

旦那にイライラしてしまった時の対処法5選!

旦那に対してイライラしてしまう原因が沢山あることが分かりましたが、自分で対処できる方法を知っておきますと、長い間ストレスを蓄積させてしまうような危険性を回避できます。

①旦那と顔を合わせないように出かける

目の前にいることで余計なことを言われてしまう場合や、嫌な態度にイライラしてしまうことがあります。そのようなことを避けるために、できる限り旦那と顔を合わせないようにするような工夫をしますと、ストレスを回避できます。例えば、旦那の休みの日に合わせてスーパーでの買い出しをするなど、出掛ける口実を残しておくだけでも大きく現状を打開することが可能です。

②買い物やランチをする

男性にはストレスになることが多い買い物やウインドーショッピングは、女性にとってはストレスを回避して気分をリフレッシュできます。そのため、一人でも良いので、買い物やランチをする機会を定期的に設けておきますと、イライラした気持ちを払しょくしてまた頑張ろうと気分転換をして家族にも優しい態度がとれるでしょう。日常から少し離れるというのも大切です。

③ママ友に愚痴をこぼす

女性にとってのストレス解消法は、気の合う仲間や友人とのおしゃべりです。ママ友同士での集まりの場合には、旦那や家族に値する愚痴を言い合うことが多いですが、そのような機会を増やして、ストレスを溜め込まないようにしますと、同じように困っている人がいて気持ちを共有できる可能性もあります。人と会って話ということは、とても大切な気分転換やリフレッシュ効果があります。

④旦那に定期的に子供を預けて出掛ける

子供の面倒を思い切って旦那に任せてしまうのもイライラした時の対処法におすすめです。例えば毎月最終日曜日などと、あらかじめ日程を決めておきますと、その日に合わせて双方の都合を調整して取り組めるようになります。妻に任せきりだった家事や育児を自分だけで行わないといけないということは、男性が女性の大変さを時間できる良いチャンスです。

⑤旦那は子供なんだと諦める

女性は結婚や出産を経てどんどん強くたくましくなりますが、男性の場合には、結婚をして父親になったからと言って、それほど大きく中身が変化するようなことはありません。旦那は子供で幼稚な考えだから仕方がない…と初めから諦めておきますと、そもそもイライラすることもなくなるでしょう。あてにして頼りにすることでストレスが溜まってしまう旦那への信頼は、自分なりの解釈で育んでいくようにすると安心です。

まとめ

一番身近な存在である夫婦の関係は、良くすることも悪くすることも実は簡単です。少しの心掛けや相手への思いやりを言葉や態度で表すことができれば、双方の思いを上手く伝えあうことができます。