高収入職業の男性はモテる!?女性からモテる高収入職業を紹介

女性も男性と同じように働いて高収入を得られる時代になっている現代であっても、やはり高収入の男性はモテる傾向にあります。しかし、高収入の男性か否かを瞬時に判断するのは難しいですが、職業別におおまかな年収の理解できていればその男性がどんな仕事をしているのかを知るだけで、簡単に収入額の見当がつきます。今回ご紹介する女性かモテるとされる高収入職業から気になる男性の収入額を想像してみてはいかがでしょうか。

女性からモテる高収入職業5選!

様々な職種が世の中にありますが、その中でも高収入職業への関心は依然として高くなっています。特に国家資格を有するような職業の場合には、高収入を得られるようになるまで、学生時代から高い学費を払って勉強をしている可能性が高くなっています。高収入職業と呼ばれる仕事に就く男性は、一体どの位の平均年収を得ているのでしょうか。

①弁護士


弁護士は弁護士事務所に所属して働くことが多いですが、場合によっては自らが経営者となって事務所を立ち上げる場合もあります。弁護士の平均年収は600万円から1000万円前後とされていますが、事務所の経営状態や経験などによっては、平均額にも届かないようなケースもあるようです。

②医師

弁護士と同じく国家資格を有する高収入職業の代表で、人の命をあずかる大変な仕事です。勤務医である場合と自らが医院などを設立している場合では平均年収が異なりますが、1500万円前後と言われています。しかし医師は忙しい職業の代表格で、不規則な生活を強いられるケースが多いでしょう。

③会社経営者


サラリーマンとして働いていた人が自分で会社を立ち上げるケースや、親の跡を継いで店を経営するなど、会社経営者にも様々な働き方があります。平均年収は会社の規模や従業員の人数などでも大きく変わりますが、およそ1000万円前後とされています。いわゆる社党となる会社経営者は、事業が軌道に乗っている時には良いですが、様々なリスクを想定した生活をする必要があります。

④商社マン

サラリーマンの代表的な職業となる商社マンは、大学を卒業した男性の多くが目指す憧れの仕事です。そのため、年収そのものよりも入社する企業に関心を持って就職活動をする毛ケースが多いのが特徴です。商社マンの平均年収は、700万円前後でボーナスも金額が充実しているのが特徴です。

⑤スポーツ選手


高収入職業と言えば、スポーツ選手やアスリートでしょう。競技の種類や人気度によっても年収は変わりますが、選手生命が短い場合も想定して、引退後についても若い時から試行錯誤している人が多いとも言われています。しかし本当に高収入が得られる人や競技はわずかで、多くのスポーツ選手がサラリーマンと同じような年収で生活しているのが現状です。例えば野球選手の場合には4000万円で、プロサッカー選手は2000万円と言われています。しかし、あくまでも平均ですので、もっと高い年収の人がいる一方で、家族でやっと生活しているような選手も沢山います。

高収入の職業につくためには

楽をして高収入職業に就くことは難しく、学生時代からの努力や日々の積み重ねが多き鵜影響しています。高収入職業につきたい場合には、一体どのようなことに時間を注げばよいのでしょうか。

有名大学に入る


学歴は関係ないという意見もある最近の就職事情ですが、やはり一流の大学や有名な大学からのエントリーは、一目を置かれる存在となります。そのため、早い段階から一生懸命勉強をして受験戦争を勝ち抜く学生も多いでしょう。しかし、良い大学に入学できても安心している場合ではなく、入学後の勉強や社会勉強によって、高収入職業につけるような人間性がどんどん培われるでしょう。

資格を取得する

自分の味方となる資格は、取得するだけでは意味がなく、頑張って勉強をして活用することでその効果を大きく発揮します。そのため、資格が有効であるからと言って、ただ闇雲に資格取得をするのではなく、自分が興味を持つ分野や将来役に立てたい資格をきちんと見極めるのがすおすすめです。また、人手が不足するような分野での資格取得は、貴重な人材として大いに期待されるのは確実です。特に介護関係の資格を取得しておきますと、今後の高齢化社会で確実に稼げる人材に成長できます。

独立する

会社に雇用されて働くことが当たり前という考え方だけではなく、自らが経営者となって独立することを視野に入れますと、高収入職業を自分で生み出すことが可能です。最近では独立や起業をする人が増えていて、若い時から転職を重ねて独立に向けた計画を遂行させていく人も珍しくはないようです。

手に職をつける


資格取得と同じく、自分の味方となるような存在として、手に職をつけるのも良いでしょう。自分にしかできないことや、機械では生み出せない手作りのものなど、便利で何でも安く手に入る時代だからこそ受け入れてもらえるものをつくり出せるようになることが、高収入職業への第一歩です。手に職をつけて、どこへ行っても自分の体一つで稼げるような人材は最強となります。

経験をしっかりと積む

特に若い時の苦労や経験は、確実に自分の財産となってその穂の人生に役立ちます。楽な道や人と同じ道ばかりを選択して安心することも大事ですが、本気で何かを始めてみたいと思うような時や、頑張らなければいけない時には、思い切って一歩踏み出す勇気が持てるようになりますと、高収入職業に就くことも夢ではありません。

学歴に関係なく稼げる職業

有名大学に入学できる人ばかりではないこの世の中は、既に学歴に関係無くしっかり稼いで優秀な人材となって成長している人も沢山います。ここでは、高学歴でなくても稼げる職業について、年収例と共に詳しく紹介します。是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

ファイナンシャルプランナー


お金のプロとして様々な働き方ができるファイナンシャルプランナーは、男性だけでなく女性も活躍できる職業です。通信講座でも人気が高いファイナンシャルプランナーは、困っている人を助ける仕事としても知られています。年収は500万円前後で、場合によっては独立をして自分で事務所を立ち上げることもできます。

宅地建物取引士

宅建と呼ばれる宅地建物取引士は、不動産会社での勤務や独立をして開業をするなど、不動産を取扱うプロとして、幅広い働き方ができます。男女年齢を問わず長く働ける仕事で、資格を活かして活躍したい人に適しています。年収は500万円前後ですが、起業をするという夢を持って働けるのが大きなメリットです。

セールスコピーライター

センスや個性を活かして働ける仕事の代表であるセールスコピーライターは、不安定な仕事であるような印象ですが、大きな仕事が舞い込んだ時やヒット作品を生み出せた時には、収入面での潤いが大きいでしょう。年収は1000万円を超えるような人から副業として行う人まで様々です。しかし、収入だけではない満足感や達成感が得られる仕事です。

不動産鑑定士

不動産に関する知識や物件を見極める確かな感覚や鋭さが求められる不動産鑑定士は、難しい試験を突破しないと資格を取得できないため、難易度の高い試験をパスした人が就ける仕事です。不動産鑑定士と働くこともできますが、自分で不動産を買い求めて投資することで収入を得る人も多いのが特徴です。そのため正社員として働きながら、副業として不動産鑑定士として物件投資で家賃収入を得ている人もいますので、そのような場合には、正社員としての収入と家賃収入によって、年収が1000万円近くになるケースもあります。

在宅プログラマー


在宅で働けるメリットは大きく、通勤に時間を掛けること無く、自分のペースで働けることから、無理なく年収アップやスキルアップが望めます。その中でもコンピューターのプロとして需要が高いプログラマーは、企業で働いていた経験を活かして在宅で働くようになった人もいますが、中には初めから在宅でのみ働いている人もいます。年収は請け負う仕事の量や内容によって異なりますが、中には1000万円近い金額を得ている人もいます。何より自宅で働きながら収入が得られるという点では、子育てや介護があるため外で働けない人でも、自分の持っている能力を活かして仕事ができます。

アフィリエイター

インターネットが普及した現代では、様々な働き方ができるようになっています。その中の一つが広告収入を得て生活できるアフェリエイトで、わずかな金額の積み重ねによって、大きな収入に繋げられるのが特徴です。ブログなどを開設している人が実現できるアフェリエイターという働き方は、年収が500万円や600万円となる人もいて、より多くの人に関心を持ってもらえるようなブログの発信ができるような人に適した職業です。

個人投資家

個人投資家と聞きますと、昔は裕福な人にしかできない取り組みでした。しかし、現在では男女年齢を問わず個人投資家として活動している人が増えています。本職を持つ人が副業として個人投資家になるケースもありますが、中には個人投資家として生活できるほど稼げる人もいます。リスクが高いと思われる投資ですが、様々な投資消費が増えている現代では、初心者でも賢く稼げるものが増えています。年収は、1億円稼ぐような人もいますがその一方で、大きな損失を生み出してしまうような例も多くあります。

YouTuber


子供達からの憧れが大きい職業であるYouTuberは、動画をサイトにあげて、その再生数によって広告収入が得られる仕組みになっています。そのため、より多くの人に見てもらうことで、どんどん稼げるようになることから、有名になって多くのファンを獲得することで、芸能人やトップアスリートのように年収が1億円を超えるのも夢ではないとされています。しかし、本職として稼げるようになれているのはごくわずかな人数で、多くの人は仕事を持ちながら趣味をして動画をアップすることに夢中になっているケースが多いでしょう。

まとめ

高収入職業の男性を探すことは大変で、高収入職業に就けるようになるためには、学歴の有無に関係なく、様々な努力や工夫が求められることが良く分かりました。職業のみに注目をして男性を判断するようになってしまいますと、その人自身の本質や人柄を見極める判断能力が減少してしまいます。男性の高収入を求めることも大事ですが、自分自身で稼ぐことや今あるお金を大切にすることも重要です。