国際結婚

最難関の国際恋愛!乗り越えるべき試練と乗り越えるコツ

外国人との恋愛は、日本人の多くの女性が憧れるステータスです。しかし、文化の違いや風習の違いがあるだけでなく、何よりも言語の違いがあることから、コミュニケーションがうまく図れるか否かが重要なポイントです。ここでは、国際恋愛で乗り越えるべき試練がある場合に、どのようにするのが良いのかというコツを紹介します。現在、国際恋愛を楽しんでいる人から、いつかしてみたいと夢見る人まで、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

日本での国際結婚は全体の3~5%程度

国際結婚
参考:https://happyhour-z.com/260.html
外国人と結婚をする国際結婚は、国際恋愛の最終段階やゴールという印象があります。しかし、実際には国際結婚は結婚全体の3%から5%とされています。国際色豊かになったと言われている日本ですが、そもそも結婚をするカップル自体が減少傾向にあることを考えますと、国際結婚の割合も同様に減少してしまう可能性があります。

国際恋愛の最難関!乗り越えるべき試練


日本人同士でも様々な障害や問題に直面することが多い恋愛期間中は、国際恋愛の場合には更にその試練が大きくなります。試練の内容にも国際恋愛ならではの特徴があるなど、乗り越えるべき難関が多いのは確かです。では実際に、どのような違いが待っているのでしょう。

金銭感覚の違い

金銭感覚の違いは日本人同士のカップルでもでも多少はあるはずです。育った環境などが違うことから、金銭感覚が違うのは仕方がありませんが、国際恋愛の場合には国境を超えた感覚の違いが生じます。恋愛や結婚において、金銭感覚の違いは問題となることが多く、初めは良い関係を築くためにどちらかが一方に合わせるような素振りをしていても最終的にはそのような誤魔化しだけでは通用しなくなります。特に結婚を意識した関係ですと、金銭感覚の違いがあるままでは、最終的には破局や離婚に繋がります。

恋愛観の違い

国際恋愛の場合、恋愛に関する考え方が異なる場合があります。日本人同士ですと、ある程度の交際期間を経てから結婚の話になるのが一般的ですが、国によっては即座に結婚話や両親に紹介されてしまうなど、自分が思い描いていた恋愛とは違った方向へ進む可能性があります。また異性に対する考え方や価値観が違うこともあり、女性が見下されることや下の立場にされるような風習もあります。

言葉の違い


国際恋愛の最難関は、やはり言葉の違いでしょう。仮に相手の母国語が堪能であっても、少しのニュアンスの違いが上手く表現できないなど、国際恋愛の難しさに直面する可能性が高いのは、やはり言葉でのコミュニケーションです。どんなに強い思いがあっても、思うように意思疎通ができない場合には、やはり良い関係を長く築くことは難しくなります。しかし、相手との交際期間中に少しずつ言語を習得することもできますので、早くから諦めてしまうのは少しもったいないかもしれません。

日本でモテても海外では通用しないことも

※https://www.men-joy.jp/archives/63958 モテる女性は日本とは正反対!?
日本では痩せてスレンダーな女性が人気ですが、海外では太った女性や胸が大きい女性が非常に人気です。そのため、自分に自信があるような女性が国際恋愛をしようと頑張っても、海外の男性には受け入れてもらえない場合があります。もちろん体型的なことだけではなく、様々な面で日本とはモテる女性のタイプが違うことから、国際恋愛に関心がある場合には、自分がどの国で人気が出るタイプであるかを把握しておくと良いでしょう。

相手の両親に直ぐに紹介される

国際恋愛の注意点は、結婚話がスムーズに進む傾向にあることです。日本人男性は、結婚するまで両親に紹介しないような人もいるでしょう。しかし、国際恋愛をする場合には、外国人男性は、比較的早い段階で両親に紹介したがります。もちろんすぐに結婚をしない場合もありますが、日本人としか交際したことがない場合には、展開の早さに少し驚くかもしれません。

遠距離恋愛になりがち


国際恋愛をする外国人が、日本在住の場合には問題ありませんが、海外に住んでいる可能性が高いことを考えますと、遠距離恋愛を覚悟しておく必要があります。また海外ですのでそれほど頻繁に行き来することは難しく、年に数回程度しかデートを楽しめないかもしれません。遠距離恋愛には憧れる女性も多いですが、寂しさが我慢できずに他に好きな人ができてしまうなど、別れに繋がる可能性が高いのも確かです。

恋人の自分より家族を優先される

外国人の男性は家族思いの人が多く、交際中の女性との時間よりも家族を優先するケースが多いようです。しかし、恋愛期間中は少し寂しいかもしれませんが、結婚相手として考えますと、将来的には自分が最優先されるというメリットもあります。国際恋愛には、日本人男性にはない様々な考え方の違いが存在します。

物言いがストレートすぎる

白黒はっきりさせない男性が多い日本人に対して、物の言い方がストレートでケンカやトラブルになりやすいのが国際恋愛の特徴です。愛情表現がはっきりしているというメリットがありますが、自分が指摘されたくないことや傷つくような言葉を浴びせられてしまう場合も考えられます。感情表現が素直で分かりやすいという良さがありますが、傷つきやすい人やメンタルが弱っている時にはストレスが増えるかもしれません。

ラブラブのまま国際恋愛からゴールインするコツ


国際恋愛を発展させて、最終的には国際結婚をするのが外国人と交際する女性の願いです。今のままの状態を長く続けて、無事に結婚までたどり着くためには、どのようなをポイントと考えて相手の男性と関わるのが良いのでしょう。

気持ちにゆとりをもって相手を信じぬく

自分に余裕が無い状態ですと、自分のことだけで精いっぱいになります。そのような状態では、国際恋愛でなくてもより良い関係を築くことは難しいので、相手が外国人である場合にはゆとりを持つことが一層強く求められます。時間的なゆとりや精神的なゆとりは、相手を信じて待つ強さを身につけられます。時にはケンカをすることがあるかもしれませんが、とにかく相手を信じましょう。

連絡はこまめに取る


国際恋愛で欠かせないのは、こまめな連絡です。少しのすれ違いや勘違いから、大きな問題に発展してしまうケースも少なくありません。忙しい時であっても相手を思いやるような電話やメールで交流をして、日々気持ちを確かめ合うことで更にお互いの必要性が強まります。

それぞれの文化の違いを尊重する

日本人同士でも意見が湧ないこともある文化や風習の違いは、それぞれによく話し合ってお互いの持っている考えを尊重し合うことで問題は解決できます。どうしても譲れない部分はしっかり主張をしておくことで、無理に我慢をしてストレスをためるようなことにはなりません。とにかく何でも話し合って一つ一つ問題をクリアしていくことが重要です。

相手に依存せずに精神的に独立する

何でも人任せの習慣を持ったままでは、国際恋愛や国際結婚を長く続けることは難しいでしょう。相手を頼ることは良いことですが、あまり依存をして自分では何もできないような環境に慣れてしまいますと、最終的には見放されてしまいます。大人として心身共に独立をしておくことで、自分にも自信が持てるようになります。

相手の国の言葉や文化に詳しくなる


自分を知ってもらうことも大事ですが、まずは相手のことを良く理解してからの方が、より自分をアピールできるはずです。言葉や文化が違うのは当然の国際恋愛や国際結婚は、相手の国に詳しくなっておくことは、無駄になるような心配は何ひとつありません。恋人に喜ばれるだけでなく、家族と対面した時にも喜ばれるでしょう。

まとめ

国際恋愛のゴールである国際結婚までの道のりまでには、様々な試練や困難があることが分かりました。しかし、相手のことを本当に強く思っているのであれば、どんな問題も難なくクリアできるかもしれません。身近に国際恋愛や国際結婚をしている人がいる場合には、話を聞いてみるのもおすすめです。是非参考にしてみてはいかがでしょうか。