「入籍=結婚」ではない?入籍に必要なものや日取りの決め方

結婚が決まると、結婚式の準備など色々忙しくなってくるものです。どんな雰囲気の結婚式にしたいか、二人ですり合わせをする必要もありますし、衣装選びやハネムーンの計画を立てることも必要。また、婚姻届けを提出する必要もあります。こちらは、それほど難しい手続きではありませんが、証人が必要になりますので、頼める人を見つけておくことも必要です。結婚するということは、いろいろとやらなければいけないことはありますが、幸せな時でもあるので、二人で楽しみながらできるといいですね。

入籍と結婚の意味の違い

入籍と結婚。この二つについて、同じように思っている方もいるかもしれませんが、それは正しくありません。この二つは別物です。どのような違いがあるのか紹介します。

結婚は婚姻届が受理されて夫婦になる事

結婚は、婚姻届が受理されて夫婦になる事を言います。婚姻届けを提出すると、その人は親の戸籍から抜けることになります。そして、新たに戸籍をつくります。また、結婚するとどちらかの姓がもう一方の姓に変わります。なんとなく女性が男性の姓に変わるのが一般的なように感じられるかもしれませんが、実は必ずしもそうする必要はなく、反対に男性が女性の姓になっても良いのです。女性が男性の姓に変わった場合は、夫が戸籍筆頭者になります。男性が女性の姓になった場合は、妻が戸籍筆頭者になります。

入籍は存在している戸籍に入る事

入籍と結婚は意味が異なります。入籍とは、存在している戸籍に入る事です。すでに分籍して戸籍筆頭者になっている男性と結婚した場合、結婚すると女性は入籍することになります。またバツイチの男性と再婚した場合、すでに戸籍が存在しているので、結婚した女性は入籍となります。

婚姻届を出すときに必要な書類

婚姻届を提出するときは、必要になるものがいくつかあります。また、結婚する人が未成年である場合は、両親の同意書も必要になります。忙しい方が多いですから、できるだけミスを避けて、一度で済ませることができるように慎重に進めていくようにしたいものです。特に、証人の署名や捺印を忘れると、証人を依頼した人のところにまた足を運ばなければならず、訂正するのに手間がかかりやすいので注意が必要です。

婚姻届

結婚することになり、役所に婚姻届を提出することになった場合、役所から予め婚姻届をもらってくる必要があります。役所に足を運び、その場で必要事項を記載してすぐに出したいところですが、それはできません。なぜなら、婚姻届には証人の署名と捺印が必要だからです。ですから、まずは役所から婚姻届をもらい、必要事項を記載。証人2人から署名と捺印をもらい、後で提出することになります。また、婚姻届けはどこの役所からもらっても問題ありません。役所の場合は、24時間一年中受け付けています。時間的に窓口が開いていない場合は、時間外受付をしてくれます。ただし、出張所の場合は異なりますので確認してから足を運ぶようにするのがオススメです。

提出先によって必要になる戸籍謄本

婚姻届の提出先によっては、戸籍謄本が必要になります。もとの本籍地以外の役所に提出する場合は、必要です。戸籍がある窓口で発行してもらいましょう。それが難しい場合は、郵送で取り寄せることもできます。依頼すると、だいたい2週間くらいで手元に届くことが多いようです。本籍地以外の場所に住んでいる方も多いと思います。忙しい中、戸籍謄本を取り寄せるのが大変に感じることもあるでしょう。この場合は、このように直接足を運ばなくても用意することができます。

本人確認のための身分証

身分証明書も必要になります。これは、運転免許証でも大丈夫です。また、他にはマイナンバーカードなどのコピーや、パスポートなどでも可能です。もちろん、男女共に必要となります。

婚姻届を出す時持っていくもの

婚姻届けを提出するときに必要なものがありますので、忘れずに持参するようにしましょう。

旧姓の印鑑

婚姻届を提出するときは、夫になる人と妻になる人両方の印鑑が必要になります。つまり、旧姓の印鑑が必要になるということです。

手数料

手数料は不要です。ただし、戸籍謄本を発行する際に手数料が発生します。

入籍と結婚式の日取りの決め方

入籍と結婚式についてですが、どちらが先でなければいけないといったルールがあるわけではありません。ですから、結婚式が先でも良いですし、婚姻届けの提出が先になっても問題ありません。もちろん、同じ日に結婚式と入籍を行っても大丈夫です。色々考えるところもあるでしょうから、二人でよく考えて結婚式と入籍をいつにするのか決定してください。

結婚式の前に婚姻届を出すケース

結婚式の前に、婚姻届けを出すこともできます。式を挙げる前に、結婚することも可能です。結婚式前に婚姻届けを出すメリットは、早めに様々な制度を受けることができることです。結婚することができれば、夫の扶養に入ることもできますので、扶養控除を受けることもできるようになります。他にも、夫婦になることで得られる制度がたくさんあり、それらを早めに受けることができます。

また、免許証やクレジットカードなどの変更など、結婚することでやることが色々出てくるのですが、これらを婚姻届の提出と一緒にすることができるのもメリット。手間を省けますので、忙しい方にもオススメの方法だと言えそうです。

結婚式と同じ日に入籍するケース

結婚式と同じ日に入籍するメリットは、気持ち的にスッキリすることも挙げられます。婚姻届けは、365日いつでも提出することができますので、結婚式後に一緒に提出することも可能です。結婚記念日は、結婚式を挙げた日であり、且つ入籍した日。戸惑うことなく覚えやすいといった良さもあります。

結婚式の後に入籍するケース

結婚式の後に入籍するケースも少なくありません。こちらのメリットは、結婚後に一緒に暮らしている場合も多いので、一緒に役所に足を運びやすいといった良さもあります。また、親世代が好む方法でもあるので、そういった意味でオススメとも言えそうです。結婚式の準備は色々忙しくなりがちですが、これらをすべて済ませてからゆっくりと手続きができるのもよいところだと言えるかもしれません。二人でこれからのことを考えながら、一つ一つ丁寧に進めていくこともできます。

入籍日を決めるポイント

入籍する日についてこだわりがない方もいます。この場合は、都合の良い日に二人で役所に足を運び婚姻届けを出すと良いでしょう。もし、入籍日にこだわりたいなら、二人でよく話し合って判断しましょう。二人だけが知っている特別な日に、入籍するのも素敵です。

縁起の良い日

いつでも入籍することが可能ですが、せっかくなら素敵な日が良いでしょう。縁起が良い日を選んだり、何か二人の思い入れがある日を選んだりすると言った方法もあります。六曜を気にされる方でしたら、大安をはじめ、先勝や友引、先負などがオススメ。また、いい夫婦の(11月22日)などに入籍するのも良いかもしれません。祝日に入籍することができれば、毎年結婚記念日を二人でお祝いすることも可能です。

二人の記念日

2人だけの大切な日があるカップルも多いかもしれません。その日に入籍するのもオススメです。例えば、誕生日なども良いでしょう。初めて二人が出会った日や、付き合いはじめた日なども良いかもしれません。他にも、カップルだけが理解できる特別な日がある方もいるかもしれません。いつまでも忘れたくない大切な日に、二人で役所に婚姻届けを提出。これもまた素敵な方法です。

覚えやすい日

結婚してしばらく経つと、忙しくて結婚記念日を忘れてしまう人もいます。こういったことをなくすために、覚えやすい日に入籍するのもオススメです。クリスマスやバレンタインデーなども良いでしょう。こういった日に入籍することができれば、クリスマスやバレンタインデーが来るたびに特別なお祝いをすることもできます。

婚姻届はどこに出す?

婚姻届けは、必ずしも住んでいる場所にある役所に出す必要がありません。思い入れがある場所で、提出することも可能。二人で話し合って決めてみると良いでしょう。また、婚姻届けはどこの役所でももらうことができます。

実は提出先はどこでもOK!

婚姻届けは、どこに出して大丈夫です。必要事項を間違うことなく記載して、きちんと捺印できていればどこでもOK。本籍地でなくても、提出することが可能です。

現在の本籍地か新しい本籍地が一般的

多くの方が婚姻届を提出しているのが、現在の本籍地や新しい本籍地です。メリットは、自宅から近いこともあり、提出しやすいことなどが挙げられます。たまに、書き損じたり証人の捺印を忘れたりすることもあるようですが、役所から家が近ければすぐに書き直して用意し提出することもできるでしょう。

思い出の場所なども候補に

婚姻届は、どこに出しても良いのですが、思い出の場所にある役所に提出することもできます。自治体によっては、素敵な婚姻届けを出しているところもありますので、そういったことを目的に提出しているカップルもいるようです。また、滞在しているところで婚姻届けを提出することもできます。二人の時間を、大切にしたいと考えるカップルも少なくありません。その気持ちをどこまでも尊重する。思い出の場所を大切にして、婚姻届けを提出。是非検討してみてください。

婚姻届を出すときの注意点

結婚する場合、役所に婚姻届けを提出することになります。カップルで足を運んでも良いですしどちらかが代表して足を運ぶことも可能です。また、代理人にお願いすることもできます。代理人にお願いする場合は、くれぐれも書き間違いをしないように注意してください。代理人には、婚姻と桶を訂正する権利がありませんので、書き損じてしまった場合、役所は受理することができないからです。

届出日が入籍日になる

入籍日とは、婚姻届けを提出した日となります。つまり、役所に婚姻届けが受理された瞬間に、法的にも夫婦と認められるということです。もし、窓口が開いていない日に婚姻届けを出したら、受理される日は次に窓口が開く日になるのですが、この場合も入籍日はあくまでも婚姻届けを出した日となります。つまり、窓口が開いていなかったとしても、出した日が入籍日となるということです。

しかしながら、もし婚姻届けに書き間違いなどがあったら、受理してもらえませんので、改めて提出し、その日が入籍日となります。ですから、どうしても入籍日にこだわりたい方は、間違わないように注意することはもちろん、窓口があいている時に足を運んだ方が安心です。もし間違っていても、すぐに訂正してその日のうちに提出し直すことができるからです。

提出した婚姻届けは戻ってこない

婚姻届けを役所に提出したら、その後その書類は手元に返ってくることがありません。それを踏まえた上で、準備を進めていきましょう。

届出は休日夜間受付でできる場合も

婚姻届けは、365日いつでも提出することができます。役所であれば、24時間提出することができますし、夜遅くであっても可能です。しかしながら、出張所の場合はこれが難しいこともあります。婚姻届けを出したいと考えているところに問い合わせて。受付可能な日時や時間を、予め確認しておくと安心できます。

まとめ

結婚とは、婚姻届が受理されて夫婦になる事です。婚姻届けは、結婚式の前に提出することもできますし、結婚式当日や、結婚式の後に出すことも可能です。結婚式前に提出する場合は、変更手続きなどをまとめて行うこともできるのがメリットです。結婚式当日に婚姻届けを出すメリットは、気持ち的にすっきりできることと、結婚記念日が明確になりやすいことなどが挙げられます。結婚式の後に婚姻届けを出した場合は、ゆとりをもって進めることができることなどが魅力。親からの印象も良いので、そこもメリットだと言えるかもしれません。