ぽっこりお腹になる5つの原因と対処法

ぽっこりお腹が気になる女性は少なくないと思います。お腹がぽっこり出ているとタイトな服を着ることもできませんし、周りからの視線も気になってしまいますよね。ほかの部分は痩せているのにお腹だけがぽっこりと出ている、という方も少なくないと思いますが、ここではそんなポッコリお腹になってしまう原因や対処法についてお話したいと思います。ポッコリをお腹を何とかしたい!という方はぜひ目を通してくださいね。

ぽっこりお腹になる原因


そもそもぽっこりお腹になってしまう原因とはいったい何なのでしょうか?いろいろな原因が考えられるのですが、ここでは代表的な原因についていくつかお話したいと思います。

腹筋が衰えているとき

腹筋が衰えているとぽっこりお腹になってしまうことがあります。腹筋がしっかりある状態だと内側からの圧迫を抑えてくれますし、お腹がぽっこりと出てしまうのを防いでくれます。しかし、腹筋が衰えていると内側からの圧力に耐えることができずにぽっこりとお腹が出てしまうということですね。腹筋は加齢と共に衰えてしまうこともありますし、普段から意識的にトレーニングしていないと衰えやすい筋肉でもあります。

姿勢が悪いとき

女性 猫背
姿勢が悪いとぽっこりお腹になることがあります。見るからに姿勢の悪い人、いますよね。自分自身がそうだと思った方もおられるでしょうが、日ごろから猫背になることが多いような方だと特にぽっこりお腹になってしまいがちです。猫背になると下腹が出ますし、この姿勢だと楽なため筋肉も使いません。そのため、代謝も落ちてしまい脂肪も溜め込みやすくなってしまうのです。その結果ぽっこりお腹になってしまいます。

便秘のとき

女性だとこれが原因でぽっこりお腹になることがよくあります。慢性的な便秘に悩んでいる女性は大勢いますし、女性は便秘になりやすいものですよね。便秘になると腸内に便が溜まってしまいますから、自然とぽっこりお腹になってしまいます。便秘になる原因もまちまちですが、腸内環境が整っていなかったり食物繊維が不足していることも原因として挙げられるでしょう。ぽっこりお腹を解消するにはまず便秘を何とかしないといけません。

皮下脂肪や内臓脂肪が気になるとき


女性は男性に比べて皮下脂肪が多いです。女性特有の体の丸みや柔らかさは皮下脂肪の多さのためなのですが、この皮下脂肪や内臓脂肪が多いとぽっこりお腹になってしまいます。特に内臓脂肪はちょっと食べすぎただけでも増えてしまいますし、あっという間にぽっこりお腹になることもあるでしょう。ただ、内臓脂肪はつきやすいのも事実ですが落としやすい脂肪でもありますから、カロリーコントロールを適切に行うことで減らすことができます。

骨盤が歪んでいるとき

これも意外と多いぽっこりお腹の原因です。骨盤が歪んでいるとお腹がぽっこりと出てしまうことがありますから注意しましょう。骨盤が歪んでしまうと内臓下垂になってしまいますし、内臓が下に下がってくるためポッコリとお腹が出てしまうのです。意外とこのような状態の女性は少なくありません。これを改善するにはやはり骨盤のゆがみを何とかする必要がありますね。

ぽっこりしたお腹の原因が腹筋の弱さのときのストレッチ

先ほどもお話したようにポッコリお腹の原因が腹筋の弱さにあることも多々あります。そこで、ここでは衰えた腹筋を鍛えるためのトレーニングをいくつかご紹介したいと思います。

クランチ

詳しくは動画を見てほしいと思いますが、クランチは効果的に腹筋を鍛えることができるトレーニングの一つです。腹直筋を鍛えることができますが、クランチにもいろいろなやり方がありますし、体のひねり方次第でほかの腹筋にもアプローチできる優れたトレーニングです。まずは少ない回数からチャレンジしてみましょう。

レッグレイズ

レッグレイズも弱った腹筋を鍛えなおすのに効果的なトレーニングと言えるでしょう。寝転がって両足を上げるトレーニングで、実際にやってみるとキツイです。しかし、腹筋に確かな刺激を与えている実感もありますし、トレーニングとしてはかなり効果的だと言えます。

ロールアップ

ロールアップは起き上がり運動です。ピラティスなどでも行われている運動ですね。腹筋を鍛えるのに効果的なエクササイズですからぜひトライしてください。最初は起き上がれないかもしれませんがやっているうちに慣れてくると思いますよ。

ダイアゴナル

こちらのトレーニングは体幹を合理的に鍛えることができると言われているエクササイズです。とてもシンプルな動きではありますが、腹筋をしっかりと鍛えることができますし、背筋やお尻の筋肉にもアプローチできます。一度にいろいろな筋肉が鍛えられますよ。

ぽっこりお腹の原因が姿勢の悪さのときのストレッチ

姿勢の悪さがポッコリお腹に繋がることも多々あります。日ごろからデスクワークに携わっているという方だとどうしても姿勢が悪くなりがちですし、猫背になってしまうことが多いですよね。ここでは効果的なストレッチをご紹介したいと思います。

内ももを鍛える

このストレッチでは内ももを鍛えることができます。内ももは筋肉がつきやすい部分でもありますし、ここの筋肉にはアプローチしにくいという一面もあります。それだけにこのストレッチは効果的ですね。姿勢の悪さも矯正できるでしょう。

背中を鍛える

背中を鍛えるのもおススメです。姿勢が悪い方だと腹筋だけでなく背筋が弱っていることも珍しくありません。この状態だと美しい姿勢を維持することもできませんし、どんどんポッコリお腹が悪化していくという可能性すらあります。このストレッチで背中の筋肉にもアプローチしてあげましょう。

ぽっこりお腹の原因が便秘のときの対応

女性に多い便秘が原因でのポッコリお腹。これも困ってしまいますが、正しく便秘を改善することによってポッコリお腹も解消することができるでしょう。ここでは便秘の時の対応について見てみたいと思います。

食生活では食物繊維を多く摂る

便秘を解消するには、とにかく食物繊維をたくさん摂取することです。食物繊維は腸内環境を整えてくれる働きがありますし、腸に溜まった便をしっかりと体外に排出してくれます。

食物繊維を摂るとお通じが良くなる、とよく言われていますがあれは本当のことです。便秘薬を使うなどするよりもずっと健康的な方法ですし、体に余計な負担をかけません。

食物繊維はさまざまな野菜や果物に含まれていますから、これからは食事でなるべく食物繊維を摂取するよう心がけてください。食物繊維入りのドリンクやサプリなども効果的かもしれませんね。

腹部のマッサージで老廃物を出す

マッサージ お腹

腹部をマッサージしてあげるのも便秘解消に効果的です。便秘は腸に不要な老廃物が溜まっている状態ですし、それが原因でポッコリお腹になってしまいます。また、便秘はポッコリお腹の原因になるだけでなく肌荒れなど肌トラブルの原因になってしまうこともあるためできるだけ早く解消したいものですよね。腹部をマッサージしてあげることで腸を刺激し、老廃物の排出を助ける効果が期待できます。いろいろなマッサージのやり方がありますが、とりあえず腸のあたりをグリグリとマッサージしてあげるだけでも効果的です。

ぽっこりお腹の原因が皮下脂肪や内臓脂肪のときの対応

皮下脂肪や内臓脂肪は女性の大敵ですよね。特にダイエット中には余計に過敏になってしまいますが、これらが原因でポッコリお腹になることもあります。ここでは皮下脂肪や内臓脂肪が原因でのポッコリお腹解消法をお伝えしましょう。

体脂肪を下げるためにお酒や脂ものを減らす

まずは体脂肪を下げなくては話になりません。特に内臓脂肪は増えやすいですから、お酒や脂っこい食べ物をなるべく控えるなど対処する必要があります。お酒が好きで毎日飲んでいるという方もおられるでしょうが、まずはお酒を控えることからスタートしましょう。また、お酒そのものではなくつまみが原因で脂肪が増えてしまうことも多々ありますから、つまみにも気を付けなくてはなりません。ビールにはから揚げなど脂っこいものが合いますが、枝豆などヘルシーなものに変えてみましょう。それだけでも随分違ってくると思いますよ。

適度に運動をする

女性 運動

適度に運動することも大切です。食事制限だけでも内臓脂肪や体脂肪を減らすことはできますが、食事制限だけだと筋肉も落ちてしまいます。筋肉が落ちてしまうと基礎代謝が低くなってしまうため余計に痩せにくい体になってしまうのです。筋トレのような無酸素運動も必要となりますし、有酸素運動もしたほうが良いでしょう。いきなりハードな運動を始めても続かないと思いますから、とりあえずは適度に運動をするくらいの意識で問題ないと思います。普段まったく運動しない方は少しでも体を動かすようにしてください。

ぽっこりお腹の原因が骨盤が歪んでいる時の対応

骨盤が歪んでポッコリお腹になってしまっている方の対処法についてお話したいと思います。このタイプのポッコリお腹も多いですから覚えておきたいですね。

足を組む癖を辞める

普段から足をよく組むという方はそれが原因で骨盤が歪んでしまうことがあります。座っているときについ足を組んでしまうという方は多いでしょうが、まずはその癖をやめてみましょう。足を組むのをやめるだけでも効果的ですし、美しい姿勢を作る第一歩にもなるでしょう。

整体などに通う

整体などに通って骨盤の歪みを矯正してもらうという手もあります。骨盤の歪みを矯正してもらうには整体がもっともベストな選択ですから、整体での施術を一度検討してみてはいかがでしょうか。もしかするとほかにも悪いところが見つかるかもしれませんよ。

すべてのぽっこりお腹に有効な運動

ここではすべてのポッコリお腹に有効な運動についていくつかご紹介したいと思います。ポッコリお腹を解消するには食事制限と運動が何より大切ですから、ここでご紹介する運動もぜひトライしてくださいね。

スクワット

スクワットは運動量の多いエクササイズですし、効果の高いトレーニングの一つです。しかもやり方も簡単ですから誰でもすぐに始めることができるでしょう。スクワットでは太もも周辺の大きな筋肉を鍛えることができますし、大きな筋肉群を鍛えることによって基礎代謝のアップも期待できます。基礎代謝がアップすれば脂肪も燃焼しやすくなりますし、ポッコリお腹の解消にも効果的でしょう。

ウォーキング

手軽に始めることができる運動の一つがウォーキングです。まずは毎朝散歩のつもりで始めてみてはいかがでしょうか。気分も爽快ですし、リフレッシュできるという効果もあります。ウォーキングも立派な有酸素運動の一種ですし、きちんと歩くことで脂肪燃焼の効果が期待できるでしょう。毎日20~30分くらいは行いたいですね。継続して続けることで運動不足の解消や脂肪燃焼の効果が期待できます。

スイミング

スイミングもおススメの運動です。スイミングは全身の筋肉を使いますから効率よく筋肉を鍛えることができます。体全体の筋肉量をアップさせることもできるでしょうから、トータルでの基礎代謝量を上げることもできるでしょう。先ほども言ったように基礎代謝量を上げることができれば脂肪燃焼の効果も高くなりますし、痩せやすい体にもなります。また、スイミングそのものが有酸素運動になりますから、しっかりと脂肪を燃やす効果も期待できますよ。

まとめ

ポッコリお腹は嫌なものですし、なかなか改善しない場合だと毎日のように醜いお腹を見なくてはなりません。女性としてはツライことですし、何よりお気に入りの洋服などが着られないのはツライですよね。ここでは効果的にポッコリお腹を解消する方法についてもいくつかご紹介してきましたから、本気でポッコリお腹を何とかしたいという方はぜひ取り組んでください。基本はカロリーコントロールと運動ですが、便秘が原因なら食生活の改善が優先ですね。また、骨盤の歪みの場合は整体に通うなどして根本から改善しなくてはなりません。頑張ってポッコリお腹を解消しましょう。