カレと手つなぎで歩きたい!人気の8パターンと手つなぎの小技

大好きな彼とは手を繋いで歩きたいものですよね。男性によっては恥ずかしがって手を繋いでくれないということもあるのですが、やはり女性としては手を繋いでお出かけしたいものです。ここでは、彼と手を繋ぐときのパターンや手を繋ぎたいときに使える技をいくつかご紹介しますので、今後彼とお出かけするときはぜひ使ってみてくださいね。

カレとの手つなぎ8パターン


手を繋ぐといってもいろいろなつなぎ方のパターンがあることをご存知でしょうか。だいたい8つくらいのパターンがありますから、ここではそれぞれご紹介したいと思います。

シェイクハンドつなぎ:気軽につなげる


これはもっともスタンダードというか普通のつなぎ方ですよね。カップルなら一度はやったことのあるつなぎ方だと思いますが、これは気軽にできるのがイイですね。さりげなくさっと手を繋ぐことができるメリットがあります。彼とまだ手を繋いだことがない、初めて手を繋ごうと思っている、というときにもおススメできるつなぎ方です。

恋人つなぎ:恋人の定番


これも恋人同士の定番ではないでしょうか。いわゆる恋人繋ぎというやつですね。独り身の方がカップルや夫婦がこのようにして歩いているとイラっとしてしまうというアレです。絆の強さを窺わせる繋ぎ方ですよね。カップルになったら一度は試してみたい繋ぎ方の一つではないでしょうか。

ジャーマンつなぎ:指先が触れ合うのが心地良い


ジャーマン繋ぎはあまり馴染みがないかもしれませんが、割とやっているカップルは多いですよ。このようにちょっと指先を触れ合うような感じで繋ぐ方法です。見ている側もなんとなくほっこりしてしまうつなぎ方ですね。社会人だと少々恥ずかしいかもしれませんが、あまり気にすることはありません。

腰抱きつなぎ:ラブラブっぷりを周囲に見せる


自分たちはこんなにもラブラブなんだ!ということを周りに見せつける効果が期待できるのがこの腰抱きつなぎです。このようにして歩いているカップルたまに見かけますよね。独り身からすると羨ましい限りです。あまりにもやりすぎると周りから冷ややかな目で見られてしまうことも考えられますから注意が必要です。

小指つなぎ:親密度がかなり高い状況


小指つなぎは文字通り小指で繋ぐようなパターンです。社会人よりも学生に多い気がしますがどうでしょうか。親密度がかなり高い状況を表していますね。あまり見かけないですが確かにラブラブぶりが伝わります。

お姫様つなぎ:いつもとは違うつなぎ方に彼氏がドキっとする


彼氏が手を繋がるのを嫌がる、という場合はこれを試してみてはいかがでしょうか。いわゆるお姫様つなぎです。いつもとちょっと違った繋ぎ方にきっと彼氏もドキッとしてしまうでしょう。

ポケット突っ込みつなぎ:カレの愛情をポケットの中で感じる


冬には特にその威力を発揮すると言われる繋ぎ方ですね。彼からの愛情をポケットの中で感じることができます。恥ずかしがっているカップルがこのようにして手を繋ぐことはよくありますよね。

指先つなぎ:ふとした時にカレの優しさを感じる


指先つなぎはふとした時に彼の優しさを感じることができる繋ぎ方です。普通に手を繋ぐのが恥ずかしいという場合にもこのようなつなぎ方をすることがありますが、こちらのほうが余計に恥ずかしそうに見えますよね。

カレと手をつなぎたい時に使える小技

彼氏いるの?と尋ねる男性心理とモテ回答
彼氏と手を繋ぎたいのに繋がせてくれない、繋ごうとすると嫌がられる、という方もいると思います。女性よりも男性のほうが恥ずかしがり屋さんが多いですし、頑なに手を繋ごうとしないような男性もいますよね。そこで、ここでは彼と手を繋ぎたいときに使えるいくつかの小技をご紹介したいと思います。もしかするとすんなり手を繋がせてくれるかもしれませんよ。初めて手を繋ぐときのきっかけなどにも使えるのではないでしょうか。

カレの服を掴んでみる

彼の服を掴んでみるというのはアリです。初めて彼と手を繋ごうとするときもこの方法はアリだと思いますよ。いきなり手を繋ぐのはハードルが高い、でも手は繋ぎたいというときにも使える方法だと思います。男性からすると服を掴まれるだけでドキッとしてしまうものですし、さらに上目遣いで手を繋ぎたいことを伝えるとかなり高い確率で手を繋いでもらえるのではないでしょうか。絶対とは断言できませんが、割とすんなり手を繋げると思います。とりあえずは彼の服や袖などをツンツンと引っ張って、それから上目遣いでお願いしてみましょう。

カレの指先や手に触れてみる

いきなり手を繋ごうとすると彼も驚いてしまうかもしれませんから、まずは指先や手に軽く触れてみるというのも使える小技です。このほうが自然に手を繋ぐように持っていくことができるでしょうし、いきなりガッと手を繋ぐよりはおススメです。彼に心の準備をさせることもできるでしょうから、まずは軽く彼の手や指先に触れてみましょう。そこでリアクションを少し確認し、いけるようならそのまま手を繋いでください。もしかすると彼のほうから手を繋いでくれるかもしれませんが、繋いできてくれないのなら自分からいくのも全然アリだと思いますよ。

あえて人混みの中に行く


人混みの中に敢えていくというのもアリです。人混みの中だと手を繋がないと迷子になってしまうかもしれませんし、自然と手を繋ぎやすい状況にもなります。これは割と使えるテクニックですからぜひ覚えておいてほしいですね。人ごみの中でどさくさに紛れて手を繋いでしまうというのもアリでしょう。優しい彼氏なら彼女のことを気遣ってすぐに手を繋いでくれるかもしれません。彼から繋いでくれないときは勇気を出してこちらから手を繋いでみましょう。人混みの中ですから彼もすんなり繋がせてくれるのではないでしょうか。恥ずかしい気持ちも少ないはずです。

自然に手つなぎできるようにタイミングを見計らう


自然に手つなぎできるようにタイミングを見計らうということも大切です。不自然に手を繋ぐよりもできれば自然に手を繋げたほうがイイに決まっていますから、なるべく自然に手つなぎできるようにタイミングを見計らったほうがイイですね。ただ、初めて手を繋ぐ場合だとタイミングさえ分からない、見計らうことができないということも考えられます。あまり難しく考える必要はありませんから、ここぞ、と思えるときに自然に手を繋いでみてはどうでしょうか。彼が恥ずかしがり屋なら目立つ場所ではやらないほうがイイかもしれませんね。

まとめ

いろいろな手のつなぎ方やさりげなく手を繋ぐための方法などについてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。女性よりも男性のほうが基本的に恥ずかしがってしまいますし、手を繋げるようになるまでしばらくかかったという話はよく聞きます。彼から繋いでくれるのを待っているといつになるか分かりませんから、自分から積極的に繋ぎに行くというのもアリだと思いますよ。最近ではそうした女性も多いみたいですし、女性が積極的になるのは全然悪いことではないと思います。彼が恥ずかしがり屋ならなおさら女性がリードしてあげるとイイですね。