お付き合いするとはどういうこと?付き合う意味がわからなくなったら

なんとなくいい感じの彼がいると、自分たちは付き合っているのかそれとも友人関係なのか迷うことがあるでしょう。そもそもお付き合いとはどんな意味なのでしょうか?どういった関係になれば、彼とお付き合いしているといえるのか解説していきます。今気になっている彼との関係をチェックしてみてください。

男女のお付き合いとは?お付き合いの定義と条件

カップル ハート

辞書的な定義は「恋愛関係に基づくパートナーとなること」

辞書でお付き合いを調べてみると、「恋愛関係に基づくパートナーになること」と記載されています。しかし私たちがいうお付き合いは、人によって定義が異なっています。カップルのなかには、いつも一緒に過ごしていたら知らないうちに付き合っていたという方もいるでしょう。彼や自分から「付き合う」という言葉が出てこないと、いつから付き合ったのかわかりづらくなってしまいます。

お付き合いしていると確実にわかるのは、男女のどちらかが相手に告白したときです。相手がそれに同意して、お互いがお付き合いすると決めればわかりやすいでしょう。お付き合いする関係は、一方のみが好きな気持ちがあって、片方が特に好きでも嫌いでもなくお付き合いすると決めた関係性もあります。

条件①:お互いに好き同士である関係

お付き合いしているとは、告白をしたかどうかは関係なく、2人が好き同士である場合です。お互いが相手のことを彼だと認めて、彼女だという認識があれば2人は付き合っているということです。お互いが他の好きな人がおらず、お互いを大切に思っているなら、付き合っているといえるでしょう。

条件②:ずっと一緒にいられる関係


一緒にいることが当たり前になっている場合も、2人は付き合っているといえます。この人と一緒にいたいという思いがお互いにあれば、単なる友達から一歩深い関係にある状態です。恋人同士であるからこそ、もっと一緒にいたいと思うのでしょう。

条件③:相手を独占するためのルールを作りあえる関係

付き合っているパートナーは、相手のことを独占する権利があります。どこかに行く場合も一緒に行くことができて、困ったときに相談できる関係性です。男女共に相手のことを独占したいという思いがあって、それを叶えられるなら付き合っているといえるでしょう。相手の気持ちや時間を独占できる関係性は、恋人ならではです。

お付き合いすることのメリット

落ち込んだ時に話を聞いてもらえる

男女が付き合っていると、困ったときに相手に相談できるメリットがあります。親友や家族にも相談することはできますが、付き合っている彼は心を許す相手だからこそ、親身になって相談に乗ってくれるでしょう。お互いが相手の弱い部分に寄り添い、助け合うことができます。カップルの場合、男女の考え方の違いでも意見を聞きやすいです。

喜びや悲しみを共感できる

いつも一緒にいる彼とは、喜びや悲しみも一緒に共感できる間柄となります。夫婦は似てくるといいますが、それは考え方が似てきたためです。2人だけの体験を何度も重ねていくうちに、深い関係性に変わっていくでしょう。恋人同士が過ごしていればときには辛いこともあるかもしれませんが、後で振り返るといい思い出です。2人で乗り越えることができるとわかれば、お互いが強い味方となるでしょう。

自然と自分を磨こうという気持ちになれる

彼と一緒にいることで、人の価値観の違いに触れることができます。たまには意見が食い違うことも出てくるかもしれませんが、彼の言うことは彼女自身も気が付いていない部分があるでしょう。客観的に自分の悪いところを見つめ直し、もっと自分を磨こうという向上心が出てきます。お互いを高め合うパートナーとなれば、いい関係性を築いていけるでしょう。

自分が興味の無かったことに興味を持つきっかけが出来る


パートナーが好きなことは、きっと自分も好きになります。彼と一緒に過ごしたいという思いから、今まで興味のなかった分野にもチャレンジできるでしょう。たとえば今までまったく運動に興味がなかった人が、彼の影響でスポーツを始めるかもしれません。自分は運動が苦手だと思っていた人も、彼とスポーツを楽しむことで意外な面が見つかるでしょう。男女は好みが違うことが多く、新しい自分を発見できるチャンスがあるのです。

自分の価値観の再確認ができる

一人ひとり考え方が違い、価値観の違いは友人間でも学ぶことができます。しかし、もともと友人になる人は、自分と価値観が似ている人が多いため、学びは少ない傾向があります。カップルの場合は、男女の価値観の違いもあるため、もっと人間関係について学ぶことができるでしょう。彼と深く付き合うことによって、人と違う考えを持っていてもそれを尊重しなければならないことを学べます。

自分の短所を見つめ直すきっかけが出来る

ときには彼と付き合っていて、自分の嫌な部分を目にすることがあります。彼が他の女性と話していただけで嫉妬してしまう自分、彼を独占しようとする自分などです。深く付き合うほど、彼のことをもっと知りたいと思うものです。そんなとき彼はあなたに対し、少しキツイことを言うかもしれません。それは2人の関係性を良い状態に保ちたいからです。自分の嫌な部分に触れても、お互いがいいパートナーで居続けたいなら、そういった面も見直す必要が出てきます。

人を喜ばせる満足感が得られる


人が喜びを感じるのは、誰かを幸せにしたときです。付き合っていれば自然と、彼が喜んでもらえる料理を作りたい、彼が喜んでくれることをしたいなどの欲求が出てくるでしょう。相手が本当に喜んでくれる顔を見るだけで、自分の満足感も得られるのです。

好きな人を大切にすることの喜びが実感できる

お付き合いすることはときに自分を抑えて、相手を尊重しなければならない場合があります。人は誰でも自己中心的な部分があるため、自分の欲求より相手を優先することは大変かもしれません。それでも好きな人を大切にすれば自分にとって喜びがあることを知り、少しずつ社会性を身に付けることができるのです。

付き合う意味が分からなくなった時に考えるべきこと

今後の自分の人生を考える

彼と付き合う必要性がわからなくなってきたら、今後の自分の生活に彼が重要か考えてみましょう。人生において彼の存在価値がなければ、別れることも考える必要があります。逆に彼と一緒にいればお互いが成長し合うことができ、プラスになるなら付き合っていても大丈夫だといえます。

彼氏が居なくなった時のことを考える

彼と別れるべきか迷ったら、彼がいなくなったときのことを考えましょう。彼からの束縛から解放されて楽になるのか、それとも彼の存在が大きく悲しみに暮れる日々が続くのか、どっちになるか考えましょう。彼がいなくても前向きに生きられるなら、2人の関係性は意味がないものとなっている可能性があります。

付き合うこと・別れることにおけるメリットやデメリットを考える

彼と付き合っているときと、別れるときのメリットとデメリットを考えてみましょう。彼と一緒にいることで心の支えになっているなら、彼の存在が必要でしょう。ただ彼に依存しているだけなら、あなたにとって彼との付き合いはデメリットが大きいのかもしれません。

自分には彼が必要なのかをしっかりと考える


最終的には自分にとって彼が必要な人か考えることで、今後の付き合い方がわかります。パートナーは彼でなければならず、彼の代わりがいないなら大切な存在だということです。彼の変わりはいくらでもいると感じるなら、あなたにとって彼は必要な存在ではありません。

まとめ

いい関係の2人がいても、具体的に付き合ってほしいと言われないと、自分たちはお付き合いしているのかわからないときがあります。お付き合いの基本は相思相愛なことで、2人がプラスになる生き方ができることです。彼の存在が大きいと感じるなら、付き合いたいという言葉がなくても2人は付き合っているのでしょう。