スクワットダイエットとは?海外でも人気のダイエットで美脚と美尻をゲット!

スクワットは筋トレでもポピュラーなメニューです。足の屈伸運動によって太もも周辺の筋肉を鍛えることができるエクササイズで、本格的にトレーニングをしている方なら必ず行っているメニューの一つではないでしょうか。そんなスクワットを用いたダイエットが今注目を集めており、日本だけでなく海外でも話題になっています。そこで、ここではスクワットダイエットの効果や魅力などを中心にお伝えしたいと思います。

スクワットでのダイエットが注目されている理由


どうしてスクワットダイエットがそれほどまでに注目されているのでしょうか。ほかにもいろいろなダイエット方法、エクササイズが存在する中スクワットダイエットが注目を集めている理由についてご紹介します。

大きい筋肉を鍛えることで基礎代謝をアップできる

痩せるためには大きな筋肉を鍛える必要があります。小さな筋肉よりも大きな筋肉を鍛えたほうが基礎代謝をアップできますし、基礎代謝をアップすることができれば自然と痩せやすい体になれるのです。基礎代謝というのはすべての人間の体内で行われていますし、寝ているときも座っているときも脂肪を燃焼してくれます。つまり、基礎代謝量を上げることができれば特にこれといった運動をしていないときでも効率よく脂肪を燃焼させてくれるのです。痩せるために大きな筋肉を鍛えて基礎代謝を上げるというのは実に効果的な方法なわけですね。スクワットダイエットではそれができるため注目されています。

脂肪燃焼効果が高い

ダイエット

先ほど少しお話したように、スクワットダイエットは脂肪燃焼効果が高いと言われています。スクワットの運動だけでもカロリーを消費しますし、基礎代謝を上げることができるため脂肪燃焼効果が高いのです。ダイエットとはすなわち脂肪をいかに燃焼させるかということですし、それが効率的にできるのがスクワットダイエットの魅力でありメリットと言えるでしょう。太もも周辺には大きな筋肉が集まっていますし、スクワットではそれらの筋肉に効果的なアプローチを行うことができます。

ウエストの引き締め効果がある

スクワットは太もも周辺の筋肉を鍛えるためのエクササイズなのですが、スクワットによってウエストの引き締め効果があります。どうして足を鍛えるためのエクササイズでウエストの引き締め効果があるのかということですが、すでにお話した通りスクワットでは大きな筋肉を効果的に鍛えることができます。大きな筋肉群に刺激を与えることによって総合的な基礎代謝が向上し、脂肪を燃焼させやすい体作りができます。これがウエストの引き締め効果に繋がっているのです。腹筋を割りたいのならスクワットをするべき、と公言するトレーナーもいるくらいです。

ひとつの動作でより多くの筋肉を刺激することができる


スクワットの動きはとてもシンプルですし、誰でも簡単にできるような動作です。その一つの動作でより多くの筋肉を刺激できるというのもスクワットダイエットの魅力と言えるでしょう。太ももの近くにある大きな筋肉だけでなくふくらはぎの筋肉にもアプローチできますし、たった一つの動作によってよりたくさんの筋肉に刺激を与えることができます。これもスクワットダイエットが世界的に注目を集めている理由の一つと言えるでしょう。

難しいとされる下半身の引き締め効果がある

下半身はどうしても脂肪が集まりやすいですし、引き締めるのは難しいと言われています。下半身を何とかスリムにしたいと頑張ったもののまったく効果が出なかった、ダイエットを続けたものの上半身ばかり痩せて下半身には効果がなかった、という経験をしたことのある方もおられるでしょう。スクワットダイエットならしっかりと下半身を引き締めることができますから、これも注目されている理由です。

リバウンドが起こりにくい

一般的なダイエットはリバウンドが起こりがちです。特に食事制限だけに頼ったダイエットだとすぐにリバウンドしてしまうことがありますし、ダイエットに費やしてきた時間やお金も無駄になってしまうことが多いです。その点スクワットダイエットならそのようなことはありませんし、リバウンドが起きにくいというメリットがあります。スクワットによって大きな筋肉を鍛えていますし、一度ついた筋肉はそう簡単にはなくなりません。痩せやすいボディメイクが可能ですし、スクワットダイエットによって痩せやすい体に生まれ変わっているためリバウンドも起きにくいのです。

性別や年齢に関係なくダイエットできる

スクワットは男性でも女性でもチャレンジできますし、年齢も関係なく行うことができます。ダイエットやエクササイズの方法によっては女性が難しかったり、高齢の方だと難しいこともあります。しかし、スクワットダイエットは老若男女を問わずにトライできますからこれも注目を集めている理由ではないでしょうか。誰でもすぐ取り組むことができますし、継続することで健康的な体を手に入れることが可能です。

健康維持も期待できる


いつまでも健康的な生活を続けたい、と考えるのは誰でも同じだと思います。スクワットダイエットならそれも可能になりますからこれも人気の理由と言えるでしょう。スクワットによって大きな筋肉を鍛えることができれば全身の代謝がアップしますし、代謝がアップすると健康効果も高くなります。成人病などにかかる確率も下げることができるでしょうし、今まで以上に健康的な毎日を送ることができるでしょう。

スクワットでのダイエットで得られる効果

すでにスクワットダイエットで得られる効果については何となくお伝えしましたが、ここではより詳しく見ていきたいと思います。

脂肪燃焼効果

一番嬉しい効果はやはり脂肪燃焼効果ではないでしょうか。スクワットの動きによって脂肪を燃焼できますし、大きな筋肉を鍛えることによる基礎代謝アップも期待できます。基礎代謝をアップすることによってどんな時でも脂肪が燃焼しやすくなるのです。

太ももやせ

もっと太ももが細くならないものか、と考えている方もおられるでしょうが、スクワットダイエットでは太ももを効果的に細くすることも可能です。太ももの筋肉にもっとも刺激を与えるエクササイズですから、この部分の筋肉にアプローチすることによって周辺の脂肪を減少させられるのです。誰もが羨ましがるようなスリムな太ももになることも夢ではありません。

ヒップアップ

お尻の筋肉にも刺激を与えますからヒップアップ効果も期待できます。スクワットにもいろいろな種類がありますし、やり方次第ではお尻の筋肉に効果的にアプローチできます。美しいお尻になることも可能ですし、垂れたお尻をキュッと上げることもできるでしょう。

姿勢が良くなる

スクワットダイエットには姿勢が良くなる効果も期待できます。スクワットをやるときには背筋を伸ばして行いますし、猫背で取り組んでしまうとケガをしてしまいます。自然と背筋を伸ばすことが癖づいていきますから、次第に姿勢が良くなるでしょう。これもスクワットダイエットの効果ですね。

スクワットの正しいやり方


スクワットダイエットは正しい方法で取り組まなくてはなりません。間違った方法で取り組んでしまうと効果が現れる前にケガをしてしまう可能性もありますから注意しましょう。ここではスクワットの正しいやり方について見ていきたいと思います。

肩幅よりやや広めに足を開く

足は肩幅よりやや広めに開いてください。肩幅程度、もしくはもっと狭くして行うようなスクワットもありますが、スクワットダイエットの基本では肩幅より少し広めに足を開きます。

つま先をやや外側に向ける

つま先はやや外側に向けてください。内側に向いていたり、真っすぐなっていると効果的に筋肉へアプローチすることができません。

背筋をしっかりと伸ばし胸を張った状態で両手を真っ直ぐ前に伸ばす

背筋をまっすぐ伸ばして行うのが基本です。背筋が曲がっていると腰にダメージを与えてしまうことがありますから注意しましょう。背筋を伸ばして胸を張り、両手は前にまっすぐ伸ばしてください。

腹筋に力を入れて徐々に膝を曲げる


実際にスクワットを行うときには腹筋にも力を入れます。その状態で少しずつ膝を曲げ腰を落としてください。

腕と太もも、床が平行になるように意識して膝を90度に曲げる

腰を少しずつ落としていき、太ももと腕が床と平行になるくらいまで落とします。膝の角度は90度くらいですね。

腹筋に力を入れたままでゆっくりと元の位置に戻る

太ももが床と平行になるくらいまで腰を落としたら少しずつ元の位置に戻していきます。この時も腹筋に力を入れておいてください。

スクワットダイエットを効果的にするコツ

先ほどお話したようにスクワットダイエットは正しい方法で行わなくてはなりません。正しい方法でないとケガをしたり、本来得られるはずの効果が得られなくなってしまいます。ここではスクワットダイエットを効果的に行うコツについてお話しましょう。

正しいフォームを意識する

これはもっとも大切なことですね。正しいフォームを意識するのは基本中の基本ですから覚えておきましょう。スポーツジムならトレーナーに指導してもらうこともできますが、そんなことをせずともネット上の動画などでフォームは確認できます。常に正しいフォームを意識するようにしてください。

48時間から72時間ほど間隔を空けながらトレーニングする

適度に間隔を空けながらトレーニングするというのも大切なことです。筋肉痛が残っているときはトレーニングを行うべきではありませんから、だいたいこれくらいの間隔を空けながらトレーニングすればよいでしょう。筋肉痛が治まっていないということはまだ筋肉が修復されていないということです。そんなときに連続でトレーニングしてしまうと筋繊維をいたずらに傷めてしまうだけですからやめましょう。

たんぱく質やビタミンなど筋肉を作る栄養素を摂取する

筋肉の元になる栄養素はしっかりと摂取しましょう。タンパク質やビタミンですね。普段の食事できちんと摂取できるのなら問題ないのですが、食事からタンパク質やビタミンを十分補給できないという場合はプロテインやサプリメントを活用しましょう。効果的に栄養を摂取できます。

1日に推奨されるスクワットの回数の50回から100回で行う

回数をこなせばいいというわけではありませんから、1日に推奨される回数の範囲内で行うようにしてください。やればやるほどイイというわけではありません。

スクワットダイエットの注意点


スクワットダイエットにはいくつかの注意点がありますからここでご紹介したいと思います。

膝を曲げる向きはつま先と同じ方向に曲げる

膝を曲げる向きはつま先と同じ方向です。膝が内側になっていたり、つま先よりも外を向いているのはNGですから気を付けましょう。筋肉に刺激を与える前に関節や骨などにダメージを与えてしまう恐れがあります。

膝がつま先より前に出ないように注意する

膝がつま先より前に出ないように気を付けることも忘れないでください。初心者だとどうしても膝が前に出てしまうのですが、これは危険です。膝に負担をかけてしまいますし、膝や腰を痛めてしまう原因にもなってしまいます。膝が前に出ないよう注意してください。

腰は曲げずに背筋を伸ばす

腰を曲げて行うと腰にダメージを与えてしまいます。腰痛の原因にもなりますから、スクワットダイエットを行うときには背筋と腰をしっかり伸ばして行いましょう。特に初心者だとこれができていないことが多いです。

正しい姿勢で行わないと怪我の原因になる

何度もお伝えしてきたように、スクワットダイエットは正しい姿勢で行わないとケガの元になってしまいます。健康のため、ダイエットのために行っているスクワットダイエットでケガをしてしまっては元も子もありませんよね。正しい姿勢、フォームで行うということは常に意識しておくべきです。

まとめ

スクワットダイエットは誰でも始めることができますし、しかも動作は簡単ですから普段運動をしない方でも取り組むことができるでしょう。スクワットダイエットで痩せることができた、ボディメイクに成功したという方はたくさんいますから、ぜひ取り組んでほしいですね。効果の高いスクワットダイエットですが、何度もお話しているように正しい方法で行うことがもっとも大切です。スクワットを一度もしたことがないという方だとフォームでいきなり間違ってしまうこともありますから、まずは正しい方法を理解してから始めてくださいね。ムリせず続けることも大切です。