セクハラ発言かも?職場で女性に言ってはいけないNGワード10選

嫌われる男の特徴12選!女性から嫌われない男になるには?

女性は特に異性への評価が厳しいです。いったん第一印象が最悪だと、リカバリーするのにかなりの努力を要します。しかし、女性に嫌われやすい男は、特徴があり、はっきりとわかりやすいです。自分の内面や外見をすこし変えて努力するだけで、女性に嫌われる自分を変えることができます。どういった面が女性に嫌われる男の特徴なのか、知っておくとよいでしょう。

女性に嫌われやすい男性の特徴:外見編

清潔感がない


まず、清潔感のない男子は嫌われます。恋愛の舞台にも上がれないどころか、会社の同僚からも嫌われます。自分が清潔でないと自覚している人は恋をしようがしまいが早急に改めたほうがよいでしょう。服装がだらしない、首元が汚れている、ヨレているシャツを着ている・・そういった部分も女性は細かくチェックをしています。そのため、洗濯やクリーニングしてパシッと決めた服を着る、髪の毛やひげをきちんと整える、最低限毎日それくらいは心がけましょう。夏場などは体臭もケアしましょう。

手指の爪がやたらと長い&爪垢が詰まっている

案外女性は男性を細かく見ています。そのなかでよく見られているのが指先です。爪をやたら長くのばしていたり、爪垢がたまっていると全体的に不潔に見られてよくありません。特に「汚い」ことには女性は敏感で、爪の先が汚ければ全部が汚いように感じてしまうこともあります。これは恋愛に限らずオフィスでも嫌われるポイントとなりますので、注意をしましょう。

服装のセンスが悪い

服装のセンスが悪い男性とは一緒に歩きたくありません。会社ではスーツを着ているからあまり目立たなくても、いざつきあう段階になって私服のセンスが悪ければ、それだけで嫌われてしまうこともあります。だらしない服装をしているだけでなく、年齢に合わない服を着ている、原色と原色、柄物と柄物など組み合わせが悪い、全身をブランドものでコーディネートして嫌味、など嫌われる服装はたくさんあります。センスのいい友人にアドバイスをもらったり雑誌などを参考にしましょう。

食べ方が汚い

男性 食事
食べ方が汚い男性は、好意を持たれません。「男らしくガツガツ食べるべき」と思っている人はその考えを改めましょう。確かに女性は美味しそうに食べる男性は好きですが、ガツガツではなく落ち着いて食べる男性が好きなのです。また、食べるときに音を立てる、ひじをつく、箸の持ち方やマナーがなっていない、食べながらしゃべる、といった姿勢も非難の対象になります。自分がそうでないか動画を撮ってみたりしてチェックしておいたほうがよいでしょう。

女性に嫌われやすい男性の特徴:内面編

リードをしてくれない

デートをするにしても食べ物を食べに行くにしても、「どこでもいい」「なんでもいい」は嫌われます。一見相手に合わせているように思えますが、主体性がない、頼りがいがないと思われるからです。自分で決められない場合は、「○○と○○、どっちがいい?」といった言い方ですと相手の意見を尊重できますし主体性のなさを隠せます。よほどリードしてくれる彼女でもない限り、デートをするなら最低限のプランは考えておきましょう。

気が利かない

女性は男性に優しさを求めます。それは、困った時のやさしさという側面もありますが、自分を思ってくれることです。デートでも何でも気が利く対応をしてくれる男性を良いと思います。たとえば、飲み物などを買うのに自分の分だけしか買わない、自分の生きたいところにしか連れていかない、許可も取らずに喫煙する、自分の都合だけを押し付けるといった気が利かない男性は嫌われます。

口を開けば愚痴や悪口ばかり

男性 悪口
マイナス思考の男性は嫌われます。マイナスな言葉は聞いていて気持ちの良いものではありません。人の悪口も聞きたくない女性は多いです。女性同士なら悩みを共感したり、愚痴をこぼしたりできたとしても、男性でそれをやったら女々しい人と思われてしまいます。疲れちゃった、くらいの愚痴はよいのですが、できるだけやんわりというようにして、誰かへの非難は極力避けるようにしましょう。

いじり・毒舌がすぎる

男性の中には人をいじって笑いをとったり、相手へと歩み寄るためにわざとからかったりする人もいます。しかし身体のことなどをいじられて傷つかない女性はいません。多くの女性は大人ですからいじられたり毒舌で批判されても表面上は笑顔で返します。嫌われる男性はそれを「良いこと」だと受け止めてしまって歯止めがききません。女性に対してはいかなる場合でも外見をいじるのはやめておきましょう。

ケチである

男女かかわらず「ケチ」な男性はモテません。無理して全額おごる必要はないのですが、端数を1円単位で割り勘する、お金がかかるから無料スポットでのみデートをするといった男性は嫌われます。端数を出すようにするなどスマートなふるまいを心がけます。ただし、ギャンブルなど浪費も嫌われる傾向にありますので、適度に金銭管理はきっちりしましょう。

態度が上から目線

男性 女性
心のどこかで「女のくせに・・」などと差別意識を持っているとそれが態度にも表れてきます。女性に対して説教をしたり、自分の方が優れていると思って見下したりする男の人も、嫌われる男の人です。女性に対してはたとえ相手が年下であっても一人の人間として尊重する考え方や振る舞いを身につけましょう。

店員さんへの態度が横暴・店員さんにケチをつける

デートをしていて最も幻滅する場面の一つとして挙げられるのが、店員さんへの態度です。女性の前で「偉い自分」を見せたがる男性は多いのですが、それは勘違いした偉さや強さです。初対面の店員に偉そうにしたり、ため口で話したりするのはNGであり、腹立つことがあったとしても暴言を吐くのはもっとダメです。誠実な態度をとる男性の方がよほど強く、魅力的に映るのです。後輩や部下など立場が下の人に対しても同じことです。

ナルシストでカッコつけたがり


ナルシストな男性は嫌われます。ナルシストな男性とは、髪型をやたらいじったり、鏡をチェックしたりする男性です。カッコつけたような服装や言動も嫌われます。そのため、女性といるときはあまり鏡を見ないように心がけましょう。

おどおどした態度

男性に対して強さや誠実さを求める女性は多いです。そのため、おどおどした態度を取ってしまうと印象が悪いです。特に意中の女性には嫌われたくないと思っておどおどした態度になってしまうこともあるかもしれませんが、そういった人は本当の自分を見せても構わないと自信を持ってください。本当の自分で嫌われたとしたら付き合っても長く続かないからです。

相手の目を見て話せない

相手の目を見て話さない男性も嫌われません。もちろん、穴が開くほど見るのもいけませんが、相手の目を見て話をすることは、コミュニケーションの基本だからです。相手の目を見て話さないことは相手を不安にさせますし、一歩間違えれば挙動不審です。時々でいいので相手の目を見る、見にくければ鼻の付近を見ることを意識しましょう。

異性関係がルーズ


いろんな女性に告白しようとしている、前の彼女と切れていない、セフレや定期的に出かける女友達がいる・・・といった異性関係がルーズな男性は嫌われます。付き合っているときはもちろんのことですが、そうでない時にも「あの人はルーズだ」と思われないような誠意ある行動を心がけましょう。

女性が喜ぶような会話ができない

自分のことばかり話したり、あまりにも世間を知らないために女性と会話が盛り上がらなかったりといった、女性が喜ぶような会話ができない男性も嫌われます。そのため、相手の話をなるべく聞くようにしたり、相手が好きな話題を調べるようにするとよいでしょう。

女性から好かれる男になるために

女性から好かれる男になるためには、内面と外見と両方からアプローチをすることが大切です。外見は清潔感のある服装をする、食事のマナーに気を付ける、爪やひげなど手入れするといったこと、内面は誠実な態度、ケチにならない、女性を差別しないといった考え方が必要です。これらを改善できれば、女性から好かれるだけでなく、人間としても高みを目指すことができます。