自己評価ができない人の特徴は?正しく自分を評価できるようになる方法

自己評価をすることができないという人がいます。このような人は正しく自分を評価することができないのです。そのような人が自分自身を正確に評価するための方法について教えましょう。

自己評価ができていない人の特徴:高めに評価してしまう場合

自己評価ができていない人の中にはいろいろなパターンがあります。たとえば高めに自分を評価してしまう人がいるのです。そういう人がどのような特徴があるのか教えましょう。

独りよがりの自信がある


自己評価が高い人というのは自分に対して自信を持っているのです。しかし、それは根拠があるわけではなくて、独りよがりな自信を持っていることが多いのです。プライドが高くて、自分は凄いと思い込んでいるのです。

人の話やアドバイスを聞くことができない


このような方というのは他人からアドバイスされたり忠告されたとしても、それをしっかりと聞くことができないでしょう。人の話をしっかりと聞けないという方が多いのです。そのため、失敗してしまったり、小さなミスをしてしまうことが多いです。それで反省をするということはないのです。

客観的な評価を理解できていない

自己評価が実際の評価よりも高いということは、客観的に自分のことを見られないのです。自分というものを正確に認識することができないのです。他人がどのように自分を評価しているのかをあまり気にしていない方が多いです。自分のことを良いように思いたがってしまうのです。

自己評価ができていない人の特徴:低めに評価してしまう場合

自己評価のできていない人の中には自分を低めに評価しているというケースがあります。このような人の特徴について紹介しましょう。

自分に自信がなく遠慮がち


まず自己評価の低い人というのは基本的に自分に自信を持っていないという方が多いです。そのため、とても遠慮がちな態度を示すことが多いでしょう。実力のない自分が前に出てはいけないと考えているのです。そのため、人前に出るということが苦手です。何事に対しても遠慮がちであり、引っ込み思案な行動をしてしまうことが多いでしょう。

自己評価が低いほうが嫌われない・評価されると思っている

自分の評価を低くしている方というのは、その方が自分は嫌われないだろうと計算しているケースがあります。つまり、謙遜した態度をすることによって、周りからは慎み深い人であると思われたいと考えているのです。基本的にプライドが高い人は嫌われることが多いです。それならば自己評価が低い方が逆に周りから評価されると思っているのです。

壁にぶつかることに慣れていない・すぐに凹んでしまう


幼い頃からの育ち方が影響していることがあります。これまでに挫折や失敗をほとんど経験したことないという方がいるのです。このような方というのは、壁にぶつかることに慣れていません。そのため失敗してしまうとすぐに凹んでしまうのです。落ち込んでしまったり、自分をどんどん卑下するようになります。その結果として実際よりも自己評価がとても低くなってしまうのです。自暴自棄になっており、自分は駄目なやつだと思ってしまうのです。

自己評価がきちんとできている人の特徴

逆に自己評価をしっかりとできている人というのはどのような人なのでしょうか。自己評価を正確に行える人というのは、共通点があるのです。そのような人の特徴について紹介しましょう。

自己肯定感がある

まず正確に自分を評価できるのは自分を極端に卑下したり、逆に自分を凄いと思い込んだりしないからです。このような方というのは自己肯定感があります。これはありのままの自分を受け入れることができるということです。今の自分で良いと考えているのです。等身大の自分を愛することができているのです。このような方は客観的に自分を評価することができるのです。自己評価がぶれてしまうことがないのです。

周囲からの評価を冷静に判断できる

自己評価が正確な人というのは自己評価と客観的な評価が一致しているということです。したがって、周囲が自分のことをどのように評価しているのかを冷静に判断しているということです。周りの人が自分のことをどう思っているのかをちゃんと理解しています。そのため、自己評価が極端な方向にいってしまうということがないのです。

目的意識を持ちながら仕事や学習ができる


自己評価が正確な方というのは、目的意識の高い人が多いです。きちんと自分の目標を見定めて仕事や学習を進めることができるのです。これから何をしたいのか、自分がどうなりたいのかをよく考えています。そのためには自己評価が正確であることはとても大切なのです。自分の目的を達成するために自分のことを正確に理解しようとしています。

自己評価が低くても努力で苦手なことをカバーできる


たとえ自己評価が低くなったとしても、それで自分を卑下することがありません。努力をすることによって、自分が苦手なものをカバーしようとする方というのは、客観的な評価がきちんとできています。自分の身の程を知っているのです。けっして自分に慢心することがなく、自暴自棄になってしまうこともないのです。正確に自分の評価をして、目的を達成するために必要な努力もできるのです。

正しい自己評価するための方法

この社会で生きていくためには正しい自己評価をすることは大切です。そうしないと成功することはできないでしょう。それではどうすれば正しい評価ができるようになるのでしょうか。こちらでは自己評価を正しくするための方法について教えましょう。

自分の長所をよく理解して伸ばすように努力する

まず自分には長所があることを理解しましょう。特に自己評価の低い人というのは、自分に長所があることを認めようとしていません。長所なんてないと思いこんでいる人もいます。しかし、どのような方にも長所はあるものです。その長所をしっかりと理解していないからこそ正確な自己評価ができていないのです。

自分にどのような長所があるのかをよく考えてみましょう。そして長所が見つかったならば、その長所をどんどん伸ばしていくための努力をしましょう。そうすれば、あなたには新しい長所が生まれるのです。その長所を武器にして成功できるでしょう。

自分の弱点は素直に受け入れる

自分には弱点があることを認めたくないという方がいます。自己評価の高い人ほどこのような傾向があります。しかし、誰にでも弱点は存在しているものです。それをきちんと認めていないと失敗してしまうでしょう。自分にどのような弱点が存在しているのかを正確に理解しましょう。そして、その弱点は素直に受け入れるべきなのです。

弱点をきちんと認識することは大切でしょう。そうしないといつまでも弱点を改善することができません。弱点を放置してしまうと、何度も同じ失敗をしてしまう可能性があるのです。

短所は見方を変えて長所にする

自分に短所があることを見つけたならば、それを長所にするように工夫しましょう。見方を変えることによって、短所であっても長所にすることができるのです。そして、その長所をどんどん伸ばしていくようにしましょう。

たとえば優柔不断なところが短所だと思っている方がいるかもしれません。しかし、優柔不断さというのは慎重に物事を考えることができるともいえるのです。慎重さというのは何をするにしても重要な要素となるでしょう。このようにして自分の短所についてもう一度考え直してみましょう。

誰かに喜ばれた経験を思い出す

どのような方でも自分がしたことによって他人に喜んでもらえたという経験があるものです。自分に自信がなくなっている方は過去のエピソードを思い返してみましょう。そうすれば自分が必要とされた、自分に価値があったと思えるような出来事が必ずあるはずです。そうした経験を思い出すことによって、自信を取り戻すことができるでしょう。

自分に自信を持てない方は、自分が必要とされていないと思いこんでいることが多いのです。過去のことを振り返り、自分の自信を取り戻しましょう。

ありのままの自分の姿を理解する


自分のありのままの姿をしっかりと理解してみましょう。これができなければ自己評価を正しくすることは不可能です。これはなかなか難しいことです。自分の自然の姿を知るというのは、人によっては避けたいと考えている方もいるでしょう。自意識過剰な人や自分に自信のない人にとって、自分の本来の姿というのは見たくない自分なのです。

ありのままの自分がどのような姿をしているのか、正しく理解をしてください。それを理解することができれば、自己評価をしっかりとできるようになるでしょう。

小さな目標をたくさん持つ

自分の評価を正しくするためには目的があった方が良いでしょう。たとえば目標を定めて、それを実現するためには、自分の評価をきちんとできていなければいけません。ただし、いきなり大きな目標を定めたとしても、それは大変でしょう。そこで小さな目標を持ちましょう。それをたくさん持つことによって、その目標を達成するために常に自分を見直すことができるのです。それを繰り返すことで客観的に自己を評価できるようになります。

自分の得意なことや達成したことを書き出してみる


一度、自分が何を得意としているのか、これまでに何を達成したことがあるのかを書き出してみましょう。そうすることによって、客観的に自分を見ることができます。自分にはどのような長所があるのかを理解できるようになるのです。自分に自信が無いという方は、特にこの方法を試してみると良いでしょう。

ミスや失敗はすぐに反省してその日のうちにクリアにする

自分がミスをしたり、失敗してしまうのを認めるのはなかなか辛いことです。しかし、そのことをしっかりと認めて反省をすることが大切です。そうしないと何度も同じミスや失敗を繰り返してしまうでしょう。

反省はその日のうちにするべきです。そうしないとミスや失敗をした理由や反省点などを忘れてしまいます。その日のうちに失敗を振り返ることが大切なのです。そうすることによって、自分の欠点を見つめることができるでしょう。

誰かの手助けをしてみる

誰かのために役に立ったという経験はとても大切なものです。それによって自分に自信を持つことができるようになります。また、誰かの手助けをすることによって、自分にはどのような力があるのかを知ることができます。自己評価というのは客観的に自分がどのように評価されているのかが大切です。それを知るためには誰かのために行動をすることが重要となるのです。

まとめ

何をするにしても自己評価を正しく行うことは大切です。しかし、上手く自己評価をできない人はたくさんいるのです。自己評価を正しくするためには自分に自信を持つことが大切です。自分にどんな長所や短所があるのかを理解しましょう。こちらを参考にして自己評価を正確に行ってみてください。