気配りできる人ってどんな人?気配り上手になるための方法

気配りをできる人に憧れる方は多いでしょう。そんな「気配りができる」とは具体的にどういうことなのでしょうか。また、気配り上手になるためにはどうしたら良いのでしょうか。これらについて説明しましょう。

気配りとは?

気配り上手になりたいのであれば、そもそも気配りとはどういった意味なのかを知っておくことが大切です。そこでこちらではまず気配りの意味について教えましょう。

相手への心遣いになるので相手の気持ちを察して行うこと


気配りというのは相手に対する心遣いです。相手のことを思って何かをしてあげるということです。そのため、相手が喜んでくれる、嬉しいと思ってくれることが大切です。それがなければ気配りにはなりません。相手の迷惑になってはいけないのです。

気配りは相手の気持ちを察するということが重要となります。それがいちばん大切なことであり、その結果として何らかの行動をすることになります。相手の気持ちを無視して善意を押し付けるようなことは気配りとはいえないのです。それでは相手にとってはとても迷惑でしょう。

相手が望んでいるであろう行為をすること

気配りというのは相手が何を望んでいるのかをよく考えて、相手が望んでいる行為をすることです。そのため、相手が本当に何を望んでいるのかをよく考えなければいけません。見当外れなことをしてしまうと、相手にとってはありがた迷惑となってしまうのです。気配りをしているつもりで気配りになっていない方というのは多いのです。

本当の気配りというのは、相手がそれをお節介と思うことはないのです。正確に相手の気持ちを読み解いて、どのようなことを望んでいるのか、何を期待しているのかを理解することが大切です。それができている方は気配りのできる人と評価されているのです。

気配りができる人の特徴

気配りができる人というのは共通点があるものです。気配り上手と呼ばれている人の特徴について紹介しましょう。

笑顔が素敵


気配りのできる人というのはとても笑顔が素敵なのが特徴となっています。笑顔というのはそれを見て嫌な気持ちになる人はいません。そのため気配りのできる人というのは笑顔を絶やさないようにします。そうすることで自分と接している人が気分を悪くしないようにしているのです。みんなが幸せな気持ちになることができるのが笑顔なのです。いつも素敵な笑顔を心がけている人というのは、それがもう気配りとなっているのです。

他人に優しい人


気配りのできる人というのは他人に対して基本的に優しいです。そもそも他人に優しくない人は気配りをすることはないでしょう。気配りをするのは自分を多少なりとも犠牲にすることになります。気配りをするために心身を疲労してしまうからです。とても大変なことでしょう。それでも他人に優しい人というのは自分を犠牲にしてでも他人のために行動することができるのです。他人への優しさがあるのです。

相手に分かりやすい話し方をする

会話の仕方からも、その人が気配りをできるかどうかをうかがい知ることができるでしょう。たとえば話を聞いている相手に分かりやすい話し方をする方がいます。たとえば、相手の知らないと思われる話題についてはしっかりと説明をしたり、できるだけ具体例をあげながら説明をしてくれるのです。このような話し方ができる人というのは、他人への気配りができるのです。話を聞いている相手の気持ちをしっかりと考えているからこそ、分かりやすい話し方ができるのです。

自分に厳しい

気配りできる人は他人に優しいのですが、なおかつ自分に厳しいという特徴があります。自分に厳しい理由としては、他人に対して責任のある行動を取りたいからです。自分に甘い人というのは他人に迷惑をかけてしまうことが多いでしょう。しっかりと計画的に行動をすることができないからです。時間を守らないという人もいるでしょう。そのようなことをしないのが自分に厳しい人です。

自分に厳しいからこそ他人に対して気配りができるのです。自分にとってそれが面倒な行為だったとしても、他人のためになるのであれば我慢をしてそうすることができます。

いつも謙虚

気配り上手な人は基本的に謙虚な人が多いです。慢心するということがないのです。自分というものを客観的に理解しています。自分が偉いという気持ちは持っていないのです。このような方は他人を大切にするでしょう。人間は一人で生きていくことができないと考えており、他人を助けることによって、自分も助けられると考えています。

気配りできる人になるための方法

これから気配りのできる人になりたいという方は多いでしょう。それではどうすれば気配り上手になれるのでしょうか。そのために普段から心がけるべきことについて教えましょう。

対人コミュニケーション力を高める


まず気配りをするためには他人と積極的にコミュニケーションをとることが大切です。そうしないと他人の気持ちを知ることができないでしょう。他人の気持ちを無視して気配りをすることはできないのです。他人がどのようなことを望んでいるのかを知ることによって、それを実際に行動に移すことで気配りとなるのです。

そのため、これから気配りをしたい相手がいるならば、その人としっかりとコミュニケーションをとるようにしましょう。

声を大きくしてはっきり話す


気配りというのは他人に配慮することです。そこで声を大きくして話すことは大切です。会話というのは気配りをすることがたくさんあります。大きな声ではっきりと話すことによって、相手はしっかりとこちらの話していることを理解することができるのです。それはコミュニケーションの基本といえるでしょう。これができない人は気配りのできない人と評価されるでしょう。

常に他院への配慮を忘れないようにすることが大切なのです。そのために普段の会話の中でもちょっとした気配りを忘れないでください。相手の聞き取りやすい声で話をすることによって、相手としっかりとコミュニケーションができます。そうすれば相手の望んでいることも理解できるようになるでしょう。

相手を観察して思いやる気持ちを持つ

これから気配りをしたいならば、それぞれの人達が何を望んでいるのかを正確に知っておくことが大切です。そのためには、それぞれの人をきちんと観察することが必要となるでしょう。しっかりと観察をすることによって、その人がどのような状況を好んでいるのか、何を苦手としていて、何に困っているのかが分かるようになります。これらの情報を集めることができれば、正しい気配りができるようになります。

周りの人達のことをよく観察して、その人達に対して思いやりの気持ちを持つことが重要なのです。

いつも周りの空気を読む


気配りというのはその場にいる人達が気持ち良く過ごせるように配慮するということです。そのためには空気を読むということが必要となるでしょう。しっかりとその場の空気を読むことができれば、周りの人に不快感を与えない行動を取ることができるでしょう。

その場の空気や雰囲気を敏感に察知することができるのが気配り上手な人なのです。相手を不快にさせないように注意しましょう。空気の読めない行動や言動をとってしまうと、そこにいる人達の気分を悪くしてしまうのです。常に空気を読むことを心がけていると、自然と気配りができるようになるでしょう。

仕事にも活きる!気配りができる人の働きぶり

気配りができるのであれば、これは仕事に活かすことができるでしょう。気配りができると職場でとても良く働くことができるのです。それでは仕事で気配りができるとはどういうことなのかを教えましょう。

電話は早く出るようにする

もし電話がかかってきたならば、できるだけ早く出るようにしましょう。仕事において電話はとても重要です。それは上司からだったり、あるいは顧客から電話がかかってくることもあるでしょう。あるいはトラブルが発生して電話がかかってくることもあるのです。

電話がかかってくるのは、あなたに用事があるからです。それを待たせてはいけないでしょう。それでは相手はイライラしてしまいます。相手の時間を奪っていることになるのです。そのようなことをしてはいけません。そのため、電話がかかっていることを知ったならば、すぐにそれに出るようにしましょう。

書類の受け渡しは丁寧に両手で受け渡す

仕事ではさまざまな書類を作成する機会があります。書類をチェックすることもあるでしょう。それをやり取りする機会もたくさんあるのです。もし書類の受け渡しをするのであれば、その際には丁寧に両手で扱うようにしましょう。このようなちょっとしたことが気配りとなるのです。

たとえば誰かから書類を受け取る際に片手でそれを引ったくるようにして奪ってしまうと、相手に不快感を与えてしまうでしょう。とても慇懃無礼で偉そうになってしまいます。そのような態度をとってしまわないように注意してください。

報告はマメにする

仕事では報告をすることが大切です。これは仕事の基本となります。そのため、報告はしっかりとするべきなのですが、報告が遅れてしまわないように注意しましょう。報告は可能な限り小まめに行うようにしましょう。

報告はマメに行うようにしないと相手に迷惑をかけてしまいます。あなたの報告を待っている方がいるかもしれないのです。報告されなければ仕事が進まなくなってしまうこともあるのです。注意して下さい。

納期を守る

納期の関わる仕事をしている人がいるかもしれません。納期は絶対に守るようにしましょう。納期というのは、仕事を受ける際に設定されているものです。それを守っておかないと多くの方に迷惑がかかってしまいます。納期を守ることを前提として全体のスケジュールが組まれているのです。そのため、どこかで納期が遅れてしまうとそれ以降のプロジェクト全体に影響を及ぼしてしまうでしょう。そのため、たくさんの人に迷惑がかかるのです。

納期を守るためには計画的に仕事を進めることが大切です。余裕を持って行動をするべきでしょう。納期ギリギリに納品するべきではありません。確認をするための時間も用意するべきだからです。質の高い仕事をするためにも、納期を守って仕事を進めましょう。

まとめ

気配りができる人に注目してきました。気配りができる人というのはコミュニケーション能力が優れており、他人の気持ちをしっかりと理解しているのが特徴なのです。そのような人を目指しましょう。