入籍祝いの金額の相場と美しい贈り方のマナー

親しい人や家族などが結婚した場合、やはりそれを嬉しく思うものです。ここは、スマートにお祝いしてかっこよく対応したいもの。結婚式に出席する場合としない場合とでは、お祝いの金額にも違いがあります。また、結婚する人とどのような関係であるかによっても、お祝いの金額が変わってきます。入籍祝いは、お金で贈る方法以外に、何か素敵なものをプレゼントするやり方もあります。

入籍祝いの相場金額について

入籍祝いは、結婚する人とどのような関係であるのかによっても異なるのですが、他にも年齢によっても違いがあります。また、地域によっても相場が異なりますので、心配な方はそういったことが詳しい方や両親などに相談してみると安心です。

結婚式に出席する場合の金額

結婚式に招待された場合は、一般的に、「ご祝儀と食事代」が入籍祝いとなります。結婚式などおめでたい席では、割れる数字を避けるといった考え方があるので、3万円を用意することが多いようです。また、地域によっては、2万円を用意することが一般的なところもあります。心配な方は、他に出席する人と相談して同じ金額にするのも良いかもしれません。また、先に自分が結婚しており、結婚式に招待した人の結婚式であれば、同じ金額を用意するのがマナーです。相手が2万円であれば、こちらも2万円。相手が3万円用意してくれたのであれば、こちらも3万円といった感じです。

家族や親戚など近い関係にある場合は、10万円程度包むことが多いようですが、やはり地域によっても違いますので詳しい方に相談するのが一番です。

結婚式に出席しない場合の相場

結婚式に招待されなかった方や、結婚式を挙げないカップルに対して用意する場合は、相場として1万円を用意することが多いようです。また、結婚式に招待されたのに何か理由があって出席できなかった時も、そのことを伝えた上で、同じように1万円を用意することが多いようです。すでに、こちらが結婚式を経験しており、その時に来てくれた方の結婚式であれば頂いた金額を同じ額を包むのが一般的です。あるいは、それに何かお祝いの品を添えて贈る方も多いです。

家族など近い関係の場合は、5万円が相場です。また、年齢がある程度上の方の場合は、10万円が相場です。目安としては、自分の年齢が30歳以下かどうかです。

お付き合い別祝いの金額について

友人や同僚に贈る場合の相場

友人や同僚に贈る場合は、相場は3万円のところが多いようです。いとこの場合も、同じく3万円が相場。しかしながら、すでにこちらが結婚していて、お祝いをいただいている方は、同額を包むのがマナーです。

先輩や後輩に贈る場合は?

会社の先輩や後輩にお祝いを用意する場合も、結婚式に出席するときの相場は3万円となっています。結婚式に出席しない方は、5千円~1万円くらいを包む方が多いようです。また、仲間と一緒にお金を出し合ってプレゼントを用意する場合も多いようです。

親族に贈るときは上乗せ傾向

友達や同僚などと異なり、家族の結婚式の場合は、お祝いの金額もぐんと上がります。結婚式に出席する場合は、10万円が相場。結婚式をしないカップルに対しては、5万円~10万円程度です。これは、年齢によって変わってきます。

年代によって変わるお祝いの相場

贈る側が20代の場合は?

結婚式に出席する方で、お祝いを贈る方がまだ社会人経験が浅く若い方の場合は、2万円でも大丈夫です。しかしながら、相場としてはやはり3万円です。結婚式に出ない方であれば、友人や同僚の場合、相場は1万円です。

中堅30代が贈る場合

20代の若い方であれば、お祝いの金額があまり多くなくても許されます。しかしながら、30代以上の方は違ってきます。結婚式をしない場合であっても、家族の結婚式であれば10万円が相場であるといわれています。

働き盛りの40代の相場

40代になると、上司として働く人も多くなってくることが考えられます。会社関係の結婚式で、上司として出席する場合は、3~5万円くらい用意した方が良さそうです。新郎新婦の方で、引き出物などをこだわって選んでいることも多いので、多めに包むことをオススメします。結婚式に出席しない場合のお祝いは、1万円が相場です。

入籍祝いの渡し方とタイミング

直接渡す時の注意点

結婚式に出席する場合もそうでない時も、お祝いを包む時に注意したいことがあります。それは、どんなご祝儀袋を用意するかということです。一般的に、お祝いの金額が多いほど、ご祝儀袋もしっかりとした豪華なものを用意することになります。つまり、金額が少ない場合は、ご祝儀袋もシンプルなものが良いとされ、金額が高い場合は、その分豪華なご祝儀袋を用意する必要があるということです。目安としては、3万円包む場合のご祝儀袋は300円程度。10万円包む時は、千円程度のご祝儀袋です。

郵送する時のマナーについて

結婚式に招待されていない場合は、結婚式が終わってから贈るのがオススメです。結婚式に招待されたのに欠席してしまう場合は、早めに送る方がスマートです。結婚式の一か月くらい前に届くように送るのも良いでしょう。

現金の包み方とマナーについて

理由があって、お祝いを直接渡せないこともあるかもしれません。この場合は、お金をご祝儀袋に入れてから現金書留の封筒に入れて送るようにしてください。その際にちょっとメッセージなどを添えると、気持ちが伝わって素敵になります。のし袋は、紅白の結び切りの水引がついたものを使います。表書きは、「ご結婚祝い」や「御結婚御祝」、「寿」などがオススメです。

お祝いは現金かプレゼントか迷ったら

ウエディング

入籍のお祝いに、お金を送る方と品物を用意する方がいます。どちらか迷ったときは、それぞれのメリットを比較しながら判断してみるのがオススメです。また、すでに結婚されている方で、お祝いをいただいている方でしたら、相手と同じ方法でお祝いを選ぶと良いでしょう。相手が現金をお祝いに贈ってくれているのでしたら、こちらも同額の現金を。相手が品物をプレゼントしてくれたのであれば、こちらも何か良い物を見つけて贈ってみましょう。

現金が好ましい理由

新しい生活は、とにかくお金がかかるものです。お互い今まで使っていたものを持ち合って新生活を始める方もいるのですが、全て処分して新しく用意する人も少なくありません。ですから、お祝いに現金をもらうと素直に嬉しいのです。また、好みではないものやいらないものをもらっても無駄になることがありますが、現金であれば無駄になることがありません。本当にほしいものを買うことに使えますので、色々なメリットがあると言えるでしょう。

何を贈ったら良いか悩むのを避けたい方も多いかもしれません。センスが悪いと思われるのも嫌!そんな時は、現金を贈るのがオススメです。

プレゼントが選ばれる理由

お祝いにもらうものは、プレゼントが良いと考える方ももちろんいます。お金を送られると、なんとなく緊張してしまうという方もいます。また、結婚式を挙げない場合や、結婚式に招待していない方からお金をいただくことに、なんとなく抵抗があるといった意見もあります。その点、プレゼントであれば、こういった気持ちを感じることもありませんし、気が楽です。

お祝い返しの負担を考慮すると…

お祝いを頂いたら、そのままというわけではありません。挙式の後、遅くとも一か月以内にお祝い返しが必要となります。相場としては、頂いた金額の半額。これを目安に、相手が喜んでくれるようなものを贈ります。お祝いにお金をもらった場合は、どれくらい返せば良いのかすぐに分かりますので、苦労せずにお祝い返しを用意することができます。しかしながら、プレゼントの場合はそれが難しいこともあり、頭を悩ませることもあります。

入籍祝いにおすすめのプレゼント

結婚した友人に贈る場合、品物を選ぶポイントがあります。一つは、あまり置き場所をとらないものであることです。どれくらいの広さの部屋に住むのか分からないので、あまり大きなものを選ぶと相手に迷惑になることもあります。また、好みが別れるようなものも避けた方が無難です。

友人に贈りたいプレゼント

自分で買うのはちょっと勇気がいるけど、もらったら嬉しいもの。そんなアイテムをお祝いに選ぶのもオススメです。相手の好みをよくわかっているのであれば、それを活かして選んでみましょう。また、名入れできるものもたくさんありますので、こういったものを選ぶのもオススメ。お花やフォトフレームなども良いでしょう。お花を贈る場合は、結婚式近くではなく、一週間くらい前に届くように贈る方が安心です。結婚式後は、新婚旅行に出発することも考えられますので、やはり式前がオススメです。

オールマイティな新婚生活アイテム

新婚生活に使えるアイテムを贈るのも良いでしょう。お洒落な食器やグラスなどもオススメ。可愛いエプロンなども良いでしょう。また、最近は小ぶりで便利な電化製品も人気があるとのこと。キッチンで使えるアイテムもたくさんありますので、こういったものを選んでみるのも良いかもしれません。今は、結婚しても仕事を続ける女性が多いので、お料理が楽になるグッズなども喜ばれます。

お祝いに贈ってはいけないもの

昔は、壊れたりするものはお祝いに不向きだとされていたのですが、今はあまり気にせずお洒落な食器などを贈る方もいるようです。また、置き場所の困るような大きなものや、刃物、喪をイメージさせてしまう日本茶、ハンカチなどは避けた方が安心です。

まとめ

結婚祝いに現金が良いか、それともプレゼントの方が良いのか。これは、人それぞれ考え方が分かれそうです。現金を贈るメリットは、受け取った相手が本当に必要なものを購入できること。こちらも、あれこれ悩むことがないなどの良さがあります。プレゼントの良いところは、結婚式を挙げない場合や、結婚式に招待していない方からいただく場合も、あまり抵抗なく受け取ることができることです。結婚のお祝いに避けた方が良いプレゼントもあります。刃物や日本茶などは避けた方が無難。大きなものや好みが別れそうなものも避けた方が良いでしょう。