【入籍の手続き】婚姻届を提出する手続きと必要なものってなに?

結婚することになったら、役所に婚姻届けを提出することになります。婚姻届けは、結婚式を挙げる前に提出することもできますし、結婚式当時に出すことも可能。もちろん、結婚式の後に提出することもできます。中には、色々調べて良さそうな日を見つけ入籍する人もいます。今でも、六曜を大切に考えている方もいますので、それを入籍にも取り入れて判断しているのです。婚姻届けは、二人で出しに行くこともできますし、代表してどちらかが出しに行くのも可能です。

入籍の手続き:婚姻届の提出について

婚姻届とは、法律上の効力が発揮される大切な書類です。婚姻届けを提出して無事に受理されれば、結婚したことになります。婚姻届は、どこの役所でももらうことができます。また、ダウンロードして使用することもできますので、良いと思う方法で進めてください。

婚姻届とは?

婚姻届とは、提出することで法律上の効力が発揮される大切な書類です。どこの役所でももらうことができますし、本籍地以外の場所でも提出することができます。具体的な記載内容は、入籍する日(婚姻届けの提出日)、氏名、住所、世帯主、筆頭者、現在の本籍地、両親の名前、入籍後の本籍地です。結婚する二人の署名と捺印も必要。すでに一緒に住んでいる方や、
結婚式を済ませている方は、どちらかを記載します。これは日付的に早い方を書いてください。

また、婚姻届けには、証人が2人必要です。これは、二人が結婚することを知っている人で、20歳以上の人であることが条件です。これをクリアすることができれば、家族でも友達でも良いとされています。必要なのは、証人2名の署名と捺印です。

婚姻届の提出先と時間について

婚姻届は、どこの役所に出しても問題ありません。また、婚姻届を提出できる時間についてですが、役所であれば一年中可能です。時間帯も、窓口業務が終了した後でも問題ありません。出張所の場合はそれぞれ異なるようですので、窓口業務時間外に提出する場合は、予め電話などで問い合わせておくと安心です。

婚姻届は誰が出すもの?

婚姻届けは、結婚するカップル2名で提出することができるほか、どちらか一人で出すこともできます。また、他にも代理人にお願いして提出することもできます。何か理由があってどうしても役所に足を運ぶことができない場合は、こういった方法もありますので、必要であれば検討してみてください。ただし、代理人にお願いして婚姻届けを提出した場合、もしどこかに記入間違いなどがあっても、その場で代理人が訂正することができません。ですから、書き間違いを起こさないように注意しましょう。

もし、婚姻届を記載中に書き間違いをしてしまったら、修正液などを使って訂正することはできません。この場合は、二重線を引いて訂正印を押して書き直すようにしてください。

婚姻届の手続きについて

婚姻届けを提出したことで、自動的に変更になるものもあります。しかし、多くの場合はこれだけでは変更になりませんので、自分で変更手続きなどをする必要があります。また、結婚して引っ越す場合などは、場合によっては転出・転入の手続きが必要になります。滞りなく、早めに変更手続きをするようにしましょう。

婚姻届で自動的に変わるもの

婚姻届を提出すると、自動的に変わるものがいくつかあります。一つは、世帯主との続柄です。続柄は、妻、或いは夫と、記載が変更になります。このほかに、「筆頭者」と「氏」、「本籍」が変わります。このほかに変更になるものがある場合は、それぞれについて自分で変更手続きをすることになります。

転出・転入の手続きが必要な場合

結婚した方の中には、引越しして新しい土地で新しい生活が始まる方もいるでしょう。この場合は、転出・転入の手続きが必要となります。また、独身の頃はそれぞれ別々に暮らしていたけれど、結婚したことで一緒に暮らすようになった。この場合も、転出・転入手続きが必要になります。この場合は、住民票の異動手続きが必要になります。

婚姻届を出すための準備

婚姻届を提出するために、必要なものがいくつかあります。用紙は、どこの役所でももらうことができます。また、ダウンロードして使うこともできます。ダウンロードして使用できるものの中には、有料のものと無料のものがあります。好みのものを選んで見るのも良いでしょう。

役所で事前に婚姻届をもらう

婚姻届けを出す時は、手続きはそれほど面倒なものではありません。まずは、役所で婚姻届をもらってきましょう。それから、家で記入間違いがないように注意しながら記載していきます。どうして、役所で用紙をもらいすぐに記入してその場で提出することができないかというと、婚姻届には2名の証人が必要になっているからです。証人に署名してもらい、捺印してもらう必要がありますので、婚姻届の用紙をもらってもすぐに出すことができないのです。婚姻届の用紙は、どこの役所でももらうことができます。

HPからダウンロードできる婚姻届

とても便利な時代になりました。婚姻届を、HPからダウンロードすることもできます。市区町村の中には、HPから婚姻届をダウンロードして使用できるところもあります。全ての行政で可能になっているわけではないのですが、調べてみてはいかがでしょうか。また、オリジナルの婚姻届をダウンロードして使用できるものもあります。中には、有料なものの他に、無料で使用できるようなものまであります。

婚姻届の記入の仕方

婚姻届の記入で準備するもの

婚姻届を記載するにあたり、準備したいものがいくつかあります。予め決定しておきたいことは、婚姻後どちらの姓になるかということです。これは、男性ではなく女性の姓でも問題ありません。決定した姓をすでに名乗っていた方が、筆頭者になります。男性の姓を名乗る場合は、筆頭者は夫の名前になり、妻の姓を名乗る場合は筆頭者が妻の名前になります。連れ子がいるような場合は、養子縁組か入籍の手続きが必要になります。

転入届・転出届を婚姻届と一緒に提出する場合は、こちらも用意しましょう。そして、新しい住所と新しい世帯主を書きます。また、婚姻届を出す前に転入届・転出届を提出済の方も、同じように記載してください。

証人2人の署名

婚姻届には、証人2人が必要となります。これは、20歳以上の方で二人の結婚について知っている人であればだれでも大丈夫です。ですから、両親や姉妹兄弟でも良いですし、信頼できる人、友達、是非ともお願いしたい人など、誰でも可能です。証人になった人に、署名と捺印をもらって提出します。ただし、後でギクシャクしないように、二人でよく考えて証人のお願いをすることをオススメします。

婚姻届の提出で必要な書類

戸籍謄(抄)本が必要なケース

婚姻届を提出する場合、戸籍謄本が必要になる場合もあります。婚姻届を提出する役所に、本籍地がある方以外は、戸籍謄本を用意してください。つまり、どこに住むかによって、妻と夫のどちらか一方が戸籍謄本を用意する場合もありますし、両者の戸籍謄本が必要になることもあります。多くの場合、婚姻届けに必要とされているのは、戸籍謄本(戸籍全員分が記載)です。しかしながら、中には戸籍抄本(該当者分が記載)でも良いとしているところもあるようです。念のため、予め確認して必要なものを用意するようにすれば安心です。

身分証明書

婚姻届を提出する場合、二人の身分証明書が必要になります。運転免許証やパスポートなども身分証明書になりますし、マイナンバーカードのコピーなどもオススメです。

旧姓の印鑑を念のために持参しよう

婚姻届けを出す時に、是非持参していただきたのが旧姓の印鑑です。理由は、万が一婚姻届の中に書き間違いなどがあった場合、訂正印として使うことができるからです。婚姻届に書き間違いがあっても、修正液を使うことができません。この場合は、二重線で消して訂正印を押し、書き直します。旧姓の印鑑があれば、その場ですぐに書き直して提出することができますのであると便利です。

戸籍謄(抄)本の取得のしかたと注意点

女性

戸籍のある市区町村へ直接行く場合

戸籍謄(抄)本は、戸籍の原簿がある本籍地の役所でしか、発行してもらうことができません。戸籍謄(抄)本を発行してもらう時に必要なものは、戸籍申請書と身分証明書、手数料です。戸籍申請書は、役所でもらうこともできますし、ネットからダウンロードできる場合もあります。身分証明書は、運転免許証やパスポートなどでも大丈夫です。戸籍謄本や抄本が必要な時は、窓口の取り扱い時間を確認してから足を運ぶようにすると安心です。

遠方の場合は郵送の手続きで

また、戸籍謄本は、戸籍の原簿がある本籍地の役所以外でもらうことができない為、遠方に戸籍がある方など、戸籍謄本を取りに行くのが大変な方もいるかと思います。この場合は、郵送で取り寄せることが可能な場合もあります。方法は、区市町村によって異なりますので、問い合わせてみると良いでしょう。可能な場合は、申し込んでから2週間以内は手元に届くようです。この場合は、手数料が必要になります。

まとめ

婚姻届を出すことで、自動的に変更になるものもあるのですが、多くのものはそれぞれ自分で手続きをしなければいけません。引っ越して新しい場所で暮らす場合は、転出・転入の手続きが必要になる場合もあります。また、婚姻届を提出する時に必要なものがいくつかあります。戸籍謄本や戸籍抄本なども必要になるのですが、こちらはどこの役所でももらえるというものではありません。戸籍の原簿がある本籍地の役所で発行してもらうことになるのですが、中には遠くて足を運ぶことができない方もいるかもしれません。この場合は、郵送で取り寄せることもできます。