ジェラシーの意味とは?彼がジェラシーを感じているときの正しい対応

彼がジェラシーを感じている姿を見て嬉しいと感じる女性は意外に多いようです。それだけ自分が愛されているということですし、ジェラシーを感じさせるために、わざと彼をいじめるような行為をしてしまったことがある方もおられるのではないでしょうか。しかし、そもそもジェラシーとはいったいどのような意味なのでしょう。ここではジェラシーの意味や彼がジェラシーを感じているときの正しい対処法などについてお話したいと思います。

ジェラシーの意味とは?


ジェラシーは英語ですが、日本語に訳すと嫉妬という意味になります。つまり、ジェラシーを感じるということは嫉妬を感じる、嫉妬しているということになりますね。

彼がジェラシーを感じた時に起こす行動

彼がジェラシーを感じたときにどのような行動を起こすかは人によってまちまちです。ただ、基本的に男性がジェラシーを感じたときにとる行動は似ていますし、だいたい同じようなものです。ここでは彼がジェラシーを感じたときに起こす行動について見てみましょう。

露骨に機嫌が悪くなる

これは多くの女性が経験があるかもしれませんが、ジェラシーを感じると途端に機嫌が悪くなってしまいますよね。話しかけても無視されてしまう、不機嫌そうな顔をずっとしているといったケースが多いです。露骨に機嫌が悪くなってしまいますし、あまりにも酷い場合だと彼女に対して暴言を吐いてしまうようなこともあるのではないでしょうか。ジェラシーを感じすぎてしまうと最後にはケンカになってしまうかもしれません。

スマホを覗きこんでくる

スマホをのぞき込んでくるような行動に出る男性もいます。こうしたケースだと彼女が誰とスマホでやり取りをしているかを気にしていることが多いです。もしかすると自分以外の男性と連絡を取り合っているのではないかと疑っているようなときもスマホを覗きこもうとすることがあります。これがさらにエスカレートしてしまうと彼女が見ていない隙にこっそりとスマホを覗いたり、LINEでのやり取りの履歴を見たりすることもあります。

他の女性とイチャついて嫉妬させようとする

自分だけがジェラシーを感じているのは不公平だと考える男性もいますし、そうした方だとほかの女性とわざとイチャついて彼女を嫉妬させようとします。自分がジェラシーを感じている、怒っているということを彼女に見せつけるためにこうした行動に出ることが多いですね。それを理解している大人な彼女だとその姿を見ても何とも思わないでしょうし、むしろ微笑ましいとすら思ってしまうかもしれません。彼の意図や考えがまだ理解できない彼女だと十中八九ケンカに発展してしまうかもしれませんね。

LINEを無視される


彼がジェラシーを感じているときにはLINEを送っても無視されてしまうことがあります。自分が不機嫌であること、ジェラシーを感じていることを暗に示しているわけですね。このような男性も意外に多いのではないでしょうか。直接彼女に文句を言ってしまうとケンカになってしまうため、LINEを無視するという行動を起こしてしまうのです。彼女から気遣ってほしい、気にかけてほしい、謝ってほしいという気持ちを抱いていることも多いです。

ベタベタと体を触ってくる

やたらとスキンシップが多くなるようなケースも少なくありません。ベタベタと体を触ってくるようなこともありますし、やたらと甘えてくるようにもなります。彼女に対して依存している男性、嫉妬心の強い彼だとこのようなことが多いです。

セックスの回数が多くなる

セックスの回数が多くなるのもジェラシーを感じているときの男性によく見られる行動です。セックスすることで彼女の愛を再確認したい、自分だけのものだということを実感したいと考えています。また、回数が増えるだけでなく普段とは違ったプレイをしようとしたり、セックスがやたらと激しい、雑になるということもあります。男性は基本的に単純で分かりやすい生き物ですし、セックスの内容などで心理状態を測ることは十分可能です。

束縛してくる

ジェラシーを感じてしまうと彼女を束縛してしまうこともあります。ほかの男性とはなるべく仲良くしてほしくない、できるだけ関わってほしくないという気持ちを持っていると彼女を強く束縛してしまうこともあります。男友達だけでなく女友達と遊びに行くのにも口を出してきたり、今日誰とどこに行ったかなどを執拗に聴いてくるようなこともあるでしょう。

好き?と何度も聞いてくる


自分のことが好きかと何度も聞いてくるような行動に出る男性もいます。彼女からの返事は「好き」だと分かっていてもつい聞いてしまうという方が多いようですね。彼女からすると毎回聞かれてしまうのでうんざりしてしまうかもしれませんが、ジェラシーを感じているときには特にこうした傾向が強くなります。

デートの回数が増える

デートの回数が多くなるというのもよくありますね。ほかの人と遊ぶ時間を少しでも少なくしたい、できるだけ彼女を自分だけで独占したいという気持ちがあるからです。自分とデートしているときにはほかの人と遊ぶことはできないでしょうし、彼氏の目の前だとほかの男性とやり取りすることもできないでしょうから、それを狙ってデートの回数を多くするということも考えられます。

ジェラシーが二人の関係を壊すかも?

ジェラシーが二人の関係を壊してしまうということは実際よくあることです。ちょっとしたジェラシーなら可愛いものかもしれませんが、あまりにも度が過ぎたジェラシーだと女性も疲れてしまいますし、一緒にいたくないと考えるようになるかもしれません。

浮気心を増長させてしまう

ジェラシーが原因で彼の浮気心を増長させてしまう可能性があります。ジェラシーを強く感じてしまうと彼女に対して嫌がらせをしたい、自分の哀しい気持ちを知ってほしいという考えから浮気をしてしまうようなこともあります。彼女に対する当てつけのようなつもりで浮気をしてしまうことも考えられるでしょう。あまりにもジェラシーを感じさせてしまうとこのようなことになりかねませんから注意が必要ですね。

嫉妬が憎しみに変わる

嫉妬が憎しみに変わるというのも珍しいことではありません。ちょっとしたジェラシーくらいなら誰でも感じることはあるでしょうが、あまりにもジェラシーを感じ続けているとやがてその気持ちが憎しみに変化していきます。彼女のことを苦しめたい、いじめたい、酷い目に遭わせたいと考えるようになることもあるかもしれません。極端な話かもしれませんが、実際そのようになってしまうケースは少なくありません。

過度の束縛が増え、自分の友人関係が壊れる


ジェラシーが強くなってしまうとまともに付き合えなくなることもあります。ジェラシーを感じている彼はできるだけ彼女を束縛したいと考えるようになりますし、次第に束縛も強くなっていきます。友だちと遊ぶのを禁止したり、自分以外の男性の連絡先をすべて消してほしいといったことも言い始めるかもしれません。あまりにも束縛が強くなってしまうと、いくら好きな彼だとしてもお付き合いするのはしんどくなってしまいますし、友人たちとの関係も壊れてしまいます。過度の束縛が増えてまともに付き合えなくなるというのはよくあることですから注意が必要ですね。

彼にジェラシーを感じさせてしまったときの正しい対応

ここでは彼にジェラシーを感じさせてしまったときに取るべき正しい対応についていくつかご紹介したいと思います。先ほどもお話したようにジェラシーを感じさせたままにしておくとまともに付き合えなくなることもありますから、ここで正しい対応を覚えておきましょう。

言葉で好きと何度も伝える

男性は意外とデリケートな方が多いですし、女性以上にデリケートな方もたくさんいます。分かっていても、知っていても言葉で好きと伝えてほしいと考えている男性は多いですから、彼にジェラシーを感じさせてしまったときには言葉で好きと何度も伝えてあげましょう。これだけでも男性は安心できますし、次第にジェラシーも少なくなっていくかもしれません。しつこく何度も好きかどうか聞いてこられるようなこともあるでしょうが、そのような時でも面倒くさがらずにきちんと「好きだよ」と答えてあげるようにしてください。

彼に甘える

ジェラシーを感じているときの彼は彼女に相手をしてほしくて堪らなくなっています。しかし、ジェラシーを感じている状態だと素直になることができませんし、構ってほしいなどとても自分の口からは言いだせないことがほとんどです。そのため、彼がジェラシーを感じているときには彼女のほうから甘えてあげるなどしてください。彼女から甘えられると彼も嬉しくなりますし、怒りや嫉妬心も治まるのではないでしょうか。

ジェラシーの原因を究明し対処する


彼が何に対してジェラシーを感じているか、その原因を究明することも大切です。とりあえず不機嫌そうだから、嫉妬しているかもしれないからという理由で優しくしたり機嫌を取ろうとするよりは原因を探したほうが良いでしょう。原因が分かれば根本から解決することができるでしょうし、対応の仕方もわかると思います。直接彼に何に対して嫉妬しているのかを聞くというのもアリですし、最近の自分の行動から分析するのも良いでしょう。原因さえわかればあとはそれを何とかするだけです。

浮気はしない事を態度で示す

彼が彼女にジェラシーを感じてしまうのはたいてい浮気など男女関係のことが多いです。ジェラシーを感じているときはただでさえデリケートな状態になっていますから、浮気はしないということを態度で示してあげるのは効果的でしょう。口で浮気をしないということを伝えるのもアリですが、同時に態度で示してあげると彼の嫉妬心も治まっていくと考えられます。

まとめ

ジェラシーの意味や彼がジェラシーを感じているときの行動などについてお話してきましたが、いかがだったでしょうか。思ったよりも子供っぽい行動をとるんだなと思った方もおられるでしょうが、実際男性は大人になっても子供みたいなものです。女性に比べると遥かに子供ですし、嫉妬したときや怒ったときに子供のような態度をとってしまう方はたくさんいます。それをいかに上手くコントロールするかも彼女次第ということですね。ここではジェラシーを感じている彼女がとるべき対応についてもご紹介しましたから、ぜひ今後の参考にもしてください。