【入籍後の手続き】苗字が変わると必要になる手続きについて

入籍した場合、多くの女性が男性の名字に変わっています。しかしながら、入籍によって男性の方が名字を変える場合もあります。いずれにしても、一度名字を変えたらその後は簡単に変更することができませんので、そこは注意が必要です。婚姻届けを提出したことで、自動的に変更になるものもあります。また、婚姻届けを提出しただけでは自動的に変更できないものもありますので、確認が必要です。

婚姻届の提出で変更できるものとできないもの

婚姻届を提出するだけで、変更できるものがありますが、全てが変更になるわけではありません。ですから、結婚したら早めに確認して、結婚後もスムーズに生活できるように準備が必要です。

婚姻届で自動変更できるもの

婚姻届を出すと、自動的に変更されるものもあります。それは、世帯主との続柄と、「筆頭者」と「氏」、「本籍」です。続柄は、妻や夫に記載が変わります。これらは、婚姻届を出すとそのまま変更になります。これ以外のものについては、自分でそれぞれ変更手続きをすることになります。

婚姻届では変更ができないもの

婚姻届けを出しただけでは、変更できないものも多数あります。これらについては、自分で手続きをする必要があります。運転免許証や車の住所、氏名の変更なども必要。他にも。パスポートや公的医療保険、年金の変更手続き、印鑑登録の変更なども必要となります。

結婚で苗字が変わったらまず必要なものは?

女性 パソコン

婚姻届けを提出して名字が変わる方は、必要に応じて変更手続きが必要となります。なるべく早めにした方が良いものもありますので、できるだけ早く済ませるようにしましょう。

免許証の氏名と住所変更は裏書きで

運転免許証を持っている方も多いので、結婚することで変更手続きが必要になる方も多いことが考えられます。結婚したら、記載事項変更手続きをしましょう。手続きが可能なのは、新しい住所がある警察署をはじめ、運転免許試験場や免許センターなどです。この手続きは、簡単なものなのであまり時間がかかりません。手続きが終わると、免許証裏面の備考欄に、必要事項が記載されます。手続きに必要なものは、お持ちの免許証と、本籍が記載されている住民票の原本です。

運転免許証の変更手続きは、本人ではなくてもできます。この場合は、代理人の身分が証明できるものも必要になります。免許証や個人番号カード、パスポートなどが、それに当たります。

新婚旅行が海外!パスポートの氏名と住所変更

新婚旅行で、海外に行く方も多いのではないでしょうか。結婚して名字や本籍地が変更になる時は、変更手続きが必要になります。費用は、6000円となっています。また、他にも方法があります。それは、パスポートを新しく作るといった方法です。結婚することでパスポートを新しくする場合は、有効期限までの日数に関係なく手続きが可能になっています。

いずれにしても、新しい戸籍謄本や抄本が必要になります。役所の方で新しい戸籍が作られるまでに日数がかかります。ですから、新しい苗字でパスポートを作りたい方は、早めに手続きをすることが必要になります。出発予定の3か月前くらいには、手続きを済ませることが必要です。とても大事なことなのですが、パスポートと航空券は、同じ名前でなければいけません。ここを注意して、パスポートや航空券を用意しましょう。新しいパスポートで出発する場合は、航空券も新しい名前で予約してください。時間的に手続きや旅行の手配が難しいような時は、旧姓で航空券を取り、旧姓のパスポートで出発する方法もあります。

マイナンバーカード・通知カードの氏名変更の届出

マイナンバーカード・通知カードの氏名変更の届出も必要です。マイナンバーカードの氏名変更する場合は、マイナンバーを用意してください。通知カードの場合は、通知カードと本人が確認できるものが必要になります。婚姻による変更の場合は、マイナンバー担当窓口に提出すれば手続きできます。注意したいことは、14日以内に手続きが必要になることです。

印鑑の登録抹消と新しい印鑑の登録

婚姻により、印鑑が変わる方も多いと思います。この場合は、印鑑の登録抹消と新しい印鑑の登録が必要になります。手続きは、本人ができるのはもちろんですが、代理人でも可能になっています。代理人にお願いする場合は、代理権授与通知書か、委任状が必要になります。印鑑登録は、住民票があるところで行う手続きですので、他の市町村に引っ越す場合も印鑑登録が必要になります。引っ越す場合でも、同じ市町村であり名前も変わらない場合は、手続きは不要です。

新しい印鑑登録は、婚姻届けを提出する際に一緒にできます。ただし、窓口業務が終了した後に婚姻届けを提出する場合は、印鑑登録ができませんのでそこは注意が必要です。

免許証やパスポートの手続きに必要な書類

女性 電卓

必要書類の一覧

運転免許証の変更に、必要な書類がいくつかあります。また、パスポートを変更するときに必要になる書類もあります。運転免許証を変更する場合、必要になるのは、免許証と本籍が記載されている住民票、印鑑です。また、場合によっては申請用の写真が必要になることもあります。予め窓口に相談して、用意すると良いでしょう。他に、運転免許証記載事項変更届が必要になるのですが、これは窓口にありますので予め用意する必要はありません。手続きする際に必要となる費用はありません。

パスポートの変更手続きするときは、現在のパスポートと、一般旅券発給申請書、新しくなった苗字の戸籍謄(抄)、そして、パスポート用の写真が必要になります。費用は、6000円です。また、結婚を機にパスポートを新しくするといった方法もあります。この場合、必要な書類は変更手続きをする場合と同じですが、費用が異なります。新しくパスポートを発行することになりますので、5年用であれば11000円。10年用であれば、16000円になります。

どのタイミングで入手すると便利なの?

免許証は、身分証明として利用することも多いので、早めに変更手続きをすることをオススメします。またパスポートについてですが、こちらも早めに手続きした方が安心です。ただし、新婚旅行で海外に行く場合は慎重になる必要があります。航空券とパスポートの名前は、一文字違ってもダメなほど厳しいルールがあります。手続きする際に、新しい戸籍謄本が必要になるのですが、場合によっては間に合わないこともあるかもしれません。時間的に余裕がないような時は、無理してパスポートを変更せず、旧姓で航空券を取り、旧姓のパスポートを使うのがオススメです。そして、帰国したらすぐに変更手続きをします。

ライフラインで欠かせない名義変更

女性 スマホ

銀行口座の氏名と住所と届出印

銀行口座の氏名などを変更したい時は、銀行窓口で手続きを行うことになります。手続きに必要になるものは、通帳とキャッシュカード、旧姓の印鑑、新姓の印鑑、そして、新しい住所が確認できるもの(新しい住所が記載されている運転免許証やパスポートなど)です。口座が複数ある場合は、全ての通帳が必要です。

クレジットカードの氏名や住所変更

クレジットカードの氏名や住所変更も必要です。クレジットカード会社に問い合わせてみてください。ネットで手続きができるところもありますし、郵送にて必要な書類を送り手続きが行われるところもあるようです。手続きをしてから、新姓のカードに変更されるまで日数が必要になることが考えられるのですが、この期間カードを使用できるとしているところも多いようです。とはいえ、結婚したら速やかに手続きをする必要があります。いつまでも変更手続きをしないで放置すると、規約違反になります。

携帯電話の氏名や住所変更

携帯電話の変更手続きも必要です。必要なものは、携帯電話と印鑑、新旧両方の名前が分かる身分証です。新旧の名前が確認できるのであれば、顔写真が付いている住民基本台帳カードや免許証などでも大丈夫です。手続きは窓口で行います。

手続きに必要な書類や免許証で代用できるもの

手続きをする場合、その多くは新旧の名前や住所が確認できる書類を必要としています。免許証を見て、それが確認できるようであれば、免許証が役立つことも少なくありません。

保険関係の手続き

加入している年金の名義変更

サラリーマンであれば、勤めている会社に身上異動届か結婚届を提出すれば、会社の方で手続きをしてくれます。サラリーマンではない場合は、保険証と印鑑を用意して変更手続きを行います。

加入している保険の手続き

生命保険の変更手続きをする場合は、手続きも色々複雑になることが多いようです。詳しいことは、加入している保険会社に問い合わせて必要なものを準備しましょう。

会社関係に提出するものについて

給与口座の名義や住所変更届け

結婚したら、会社に給与口座の名義や住所変更届けを提出します。中には、結婚後も旧姓名義の口座に給与振り込みをしてもらっている人もいるようですが、変更手続きを強くオススメします。

扶養家族申請など

配偶者などを扶養家族にしたい時も、申請が必要になります。扶養にできる条件がありますので、そちらをチェックして進めてください。

婚姻届受理証明書が必要なことも

婚姻届受理証明書とは、婚姻届を提出した際に、申請すれば発行してもらえる書類です。二人が確かに夫婦であることを証明できるもので、新しい戸籍謄本ができあがるまでの期間、仮の証明書として力を持ちます。婚姻届けは、役所に提出すると手元には返ってきません。その点、婚姻届受理証明書は発行してもらうことができるので、便利と言えば便利なのかもしれません。会社によっては、この婚姻届受理証明書が必要になるところもあるようです。

まとめ

結婚すると、苗字が変わる方がいます。その場合、自分で変更手続きをする必要があるものも多く、中にはできるだけ早めにした方が良いものもあります。一番悩むのが、パスポートの変更かもしれません。新婚旅行で海外に行く方も多いので、それに間に合うように変更が必要になります。しかしながら、旅行の計画や出発時期、役所などでの引越し手続き(異動)や、パスポートの変更や発行までの期間などを考えると、旧姓のまま航空券とパスポートを用意した方が安心とも言えそうです。このあたりのことは、慎重に検討することをオススメします。他にも、ライフラインなどの変更や、会社への申請などやることはたくさんあります。