恋人未満の関係になってしまうのはなぜ?男性の本音と恋人未満の関係を脱却する方法

ふたりでよく会う、実は両思いである・・そうであっても付き合っていない関係のことを友達以上恋人未満の関係といいます。場合によっては肉体関係があるときもあります。そういった友達以上恋人未満の関係とはどういったものか、その関係に対する男性心理、その関係を脱却する方法について知っておきましょう。

恋人未満の関係とは?

カップル

ふたりでよく会うが付き合っていない関係

恋人未満の関係とは、ふたりでよく会ったりデートに行ったりするけれども付き合っていない関係ということです。一見、彼氏彼女に見える関係ではありますが、「付き合う」や「告白する」といった決定的な言葉がありません。会って食事をしたりするだけでなく、ハグをしたり手をつないだりということも自然と行います。

両想いなのに付き合ってはいない関係

友達以上恋人未満の関係のなかには、両想いだけれど付き合っていない、ということもあります。特にシャイな男性は告白して今までの関係が崩れたらどうしようと思いますので、なかなか告白する勇気が持てません。そういった場合には友達以上恋人未満の関係となってしまうこともあります。このケースでは自分が好意を示すことでトントン拍子にすすむこともあります。

カラダの関係はあるのに付き合ってはいない関係

友達以上恋人未満の関係の中には、カラダの関係がある男女もいます。これに関しては、本命の彼女がいる可能性もありますし、自分がセフレになってしまう可能性もあります。彼が自分に対してどう思っているか、本命の女性かどうかを冷静な目で見極めましょう。

恋人未満の関係に対する男性の心理・本音

一緒にいて楽しければ満足

友達以上恋人未満の関係に陥る男性は、一緒にいて楽しければ十分、と考えている人もいます。それは、彼女として気を使ったデートをするよりも、昔からの気の置けない友達、ストレスを感じずに会ったりおしゃべりができる関係であるという心理です。別に付き合うとか付き合わないではなく、その場が楽しければいいんじゃないの、という刹那的な心理です。

付き合って別れることになるのが嫌

特に友人関係から友達以上恋人未満の関係になった場合、付き合うとどうしても今までの関係から変化してしまいます。そして場合によっては別れることになった時、今までの友人関係すら壊してしまうことになります。そのため、付き合って別れて大変な思いをするよりも、あいまいな今のままの関係のほうがよいのでは・・・と思ってしまうのです。

単純に恋愛に対して奥手

単純に恋愛に対して奥手であり、好きなんだけれど進め方がわからないということもあります。特に女性と付き合った経験がなかったり経験の浅い男性は、どうやって告白して次のステップに進んだら良いかわからないといったこともあります。そういった場合は女性からのアプローチで恋人関係になれることもあります。

結婚はしたくないからあえて付き合わない


適齢期の女性であれば、本気で付き合ったら結婚を求められる可能性も高くなります。まだ結婚願望がない場合、付き合って相手に結婚を迫られるよりも、あえて友達以上恋人未満の関係を続ければよい、と考えてしまいます。最近では独身願望の強い男性も増えてきたため、結婚を求められるリスクを考えてあえて付き合わないという男性もいます。

セフレで十分である

セフレなら、恋人同士の面倒な部分を取り払い、恋愛の一番おいしいところだけを味わえます。肉体関係は持ちたいけれど、恋人同士として付き合うのは何かと面倒と思う人は、セフレで十分だと思ってしまいます。場合によってはステディな相手、妻や彼女がいながらほかの女性と関係を持ちたいから、と友達以上恋人未満の関係を続けている男性もいます。

恋人未満になってしまいやすい女性とは

尽くすタイプ

尽くされるのではなく尽くすタイプの女性は、友達以上恋人未満の関係に陥りやすいです。好きな人のためなら何でもしてあげたい・・という女性が、付き合ってもいないのに肉体関係に応じたりします。男性は一般的に尽くす女性を求めています。付き合ってもいない女性に尽くしてもらえると男性はそれで満足してしまい、あえて彼女にしなくてもいいと思ってしまうのです。

自分から告白ができる


自分から告白できる女性は、友達以上恋人未満の関係にならないことが多いです。少しでも自分たちの関係性に疑問を持ったら、正式にお付き合いを申し込むこともできるのです。今の関係が壊れるのが怖いと思って告白に移せないでいると、いつまでたっても二人の関係は変わらず、都合の良い女になってしまいます。

付き合う前に身体を許してしまう

付き合う前に体を許してしまうのも、友達以上恋人未満の関係になれない女性の特徴です。男性にとっては、恋愛のわずらわしさからは解放され、肉体関係という一番良いところだけ持っていくことができるので、あえて付き合おうとは思わないのです。恋人未満の関係の人から肉体関係を迫られた場合は冷静に判断しなければなりません。

自分の意志がなく好きな人の言いなりになりがち

自分の意志があり、男の人の言いなりにならない女性であれば、付き合う前に関係性もはっきりとさせる傾向にありますので、友達以上恋人未満の関係になることは少ないです。好きな人の言うがままにずるずると関係を持ち、彼女でもなく都合のいい女にされてしまうケースもあります。

好きな人に染まりたいタイプ


自分が好きな人に染まりたいというタイプの人は、好きな人の言いなりになります。そのため、自分達の関係性がどうかということよりも好きな人の言う通りにすることを優先してしまいます。そのため、彼氏と彼女の関係にならなくても相手に都合よく扱われてもよいという人もいるのです

恋人未満を脱するために

彼からの連絡が来るまでこちらからは連絡しない

恋人未満を脱却するためには、まず都合のいい女状態から脱却しなければなりません。そのためにはまず、やたらと連絡をするのはやめたほうがよいです。たとえ好きな人であったとしてもこちらからは連絡をせず、都合の良い女を脱却するようにしましょう。

魅力的なふるまいを身に着ける

友達以上恋人未満の関係から彼女になるには、相手に魅力的に思われることが先決です。そのためには、女らしさや魅力的なふるまいを身につけることがよいでしょう。相手が自分のことを良く思ってもらうように、魅力的なふるまいを身につけるとよいです。

自分磨きを怠らない


友達以上恋人未満の関係から脱却するためには、自分磨きを怠らないことがよいです。美容にしろ、教養にしろ自分磨きをすることで相手が自分のことを魅力的だと思い、もしかしたら今の関係性から良くなるかもしれません。彼女にしたい、と思われるような女性になることが肝要です。

別の出会いを探すことも意識する

友達以上恋人未満の関係において、都合の良い女になったらなかなか彼女にはなりにくいです。相手にとっては恋愛の面倒くささを取っ払って都合の良い部分だけを味わうことができるからです。そのため、別の出会いを探すことも考えてみましょう。そうすると、もしかしたら自分の価値に気づいてくれて、彼女になることができる確率が上がるかもしれないからです。

まとめ

友達以上恋人未満の関係とは、二人でよく会うが付き合っていない、両想いなのに付き合ってない、場合によってはカラダの関係はあるが付き合っていない関係です。男性としては、一緒にいて楽しければよいとか、付き合って別れることが嫌、都合の良い関係が良いといった気持ちです。恋人未満の関係になりやすい女性は尽くすタイプで、付き合う前に身体を許してしまう、といったことです。そのため、恋人未満を脱出するためには、魅力的なふるまいを身につけたり自分磨きを怠らないことが大切です。場合によっては別の出会いを探すことも意識しましょう。