入籍日が決まらない!結婚式の前?後?おすすめのタイミングとは

入籍日を決めるにも、結婚式の前なのか後なのか……一体どのタイミングが一番良いのかと悩むカップルは多いです。今回はそんな入籍日について、恋愛アドバイザーのkirakiramuuさんにうかがったお話をもとに、内容をまとめました。いつにするか決めるための参考にしてみてくださいね。

多くのカップルはどのように入籍日を決めている?

入籍日は人生の中でも大切な1日。一体どのような日を選べば良いのかは悩むところです。ここでは、多くのカップルに選ばれている4つのパターンの入籍日をご紹介しましょう。

入籍日は縁起のいい「大安」に

何をしても吉に運ぶといわれている、縁起の良い大安の日を選ぶカップルは多いです。とくに、縁起を気にする年配の人なども納得の日で、親からも受け入れられやすい日といえます。大事な日だからこそ、縁起の良い日を選ぶ人は多いです。

とはいえ、大安の日に都合が合わないこともあるでしょう。そういう場合は、大安以外の日を検討してみてください。

ただし、時間帯で吉凶が違っている点には注意しましょう。

  • 友引:大安の次に縁起のいいとされる日。午前・夕方・夜が「吉」
  • 先勝午前中が「吉」。しかし、午後は「凶」となる
  • 先負午前中が「凶」、午後なら「吉」となる

1日通して縁起が良いとされているのは大安のみ。時間に左右されたくないのであれば、できる限り大安を選ぶと良いでしょう。

記念日を入籍日に

多いのは、2人が付き合いはじめた日を入籍日にするカップルです。ほかには、彼または彼女の誕生日を入籍日とする人も少なくありません。また、どちらかの両親の結婚記念日を入籍日に決めるカップルもいます。

入籍日は「いい夫婦の日」など語呂がいい日に

いい夫婦の日とは、11月22日のこと。このような語呂の良い日を選ぶカップルもいます。ゾロ目の数字だと覚えやすく、忘れにくいというメリットも。

中でも11月22日は、一般的にも入籍するカップルが毎年多い日です。ただ、ほかにも語呂がいい日があります。たとえば、11月23日(いい夫妻)や3月15日(最高)などを候補にするのも良いでしょう。

クリスマスなどのイベントの日を入籍日に

クリスマスや七夕、バレンタインデーやホワイトデーなどの、イベントのある日を選ぶのもおすすめ。月日が経っても変わらないイベントの日は、記念日を気にしないタイプの男性でも忘れにくいでしょう。

入籍は結婚式の前がおすすめ!その理由とは?

結婚式を挙げる予定がある場合、入籍のタイミングは式の前が良いでしょう。以下に、その理由についてまとめましたので、チェックしてみてください。

海外挙式で必要になり得る書類があるから

海外で挙式をしたい場合は、入籍したことを証明する「婚姻届受理証明書」を用意しなければいけない場合もあります。そのため、結婚式の前に入籍を済ませるのが良いということになります。

結婚式や新生活の準備に入る前にやることがひとつ減るから

結婚式や新生活の準備で忙しくなると、気持ちの面でも余裕がなくなりがち。やることが山積みな中、済ませられる手続きとして入籍を早めに終わらせてしまえば、その分タスクも消費されて楽になれます。

式の準備はトラブルになりがちだから

式の準備は何かとトラブルになるおそれがあります。男性も結婚式の準備に積極的になってくれるのなら良いのですが、乗り気でない場合もあります。

何か決める際に女性にばかり押しつけて、男性が意見を言わない。書類や準備するものも女性に任せたままなどが原因となって、トラブルが起こるのです。

最悪、結婚式が破談になり、別れるカップルも少なくありません。そのため、しっかり2人の気持ちを確かめた上で結婚式にのぞむためにも、先に入籍を済ませてしまうほうが安心です。

入籍日が土日祝日の場合、婚姻届の提出に関する注意点

書類

入籍したい日が平日とは限りません。2人で決めた日が土日祝日の場合もあります。そんなタイミングでの婚姻届提出で、気をつけるべきポイントを押さえておきましょう。

記入漏れや記入ミスに注意が必要

役所に提出する際に、平日の場合は、受付時間中だと記入ミスをその場で訂正し、再提出することができます。しかし、夜間や休日の場合は、ミスの訂正の処理をしようにも、翌日もしくは週明けになってしまいます。

すると、入籍したかった日からズレてしまうことになりかねないわけです。そのため、事前に記入漏れや記入ミスがないか、念には念を入れて確認することが欠かせません。

役所の場所を確認、不備のないよう書類を揃える

婚姻届を提出する場合、

  • 2人は婚姻届を提出する役所の管轄地域に住んでいるのか
  • 2人の戸籍はどこになるのか
  • 土日祝日の場合、24時間受付可能な役所なのか

以上の内容で用意する書類が変わってきます。不備があればその場合は受理されません。

本籍が住まいの地域でないなら、戸籍抄本や戸籍謄本が必要です。その場合は事前に取り寄せておく必要があります。

「入籍日が仏滅」は避けたほうが良いといわれるのはなぜ?

カレンダー

お日柄の良し悪しをまったく気にしない人も、仏滅は避けるのは無難といえます。それがどうしてなのか、以下の内容をチェックすれば納得がいくのではないでしょうか。

親や親戚から非難されるかもしれないから

自分たちは気にならなくても、親や親戚からお日柄が悪いと反対される可能性があります。入籍を仏滅の日にすることに対してあれこれいわれてしまい、ツライ気持ちにはなりたくありませんよね。

実際、結婚式前にそのようなことが原因で破談となったり、険悪になったりするケースもあります。

なんでもかんでも仏滅のせいにされるから

結婚後も不運なことが起こるたびに、「仏滅が原因かもしれない」と結びつける人も少なからずいます。年配の方ならとくに、仏滅や大安などを重要視する人が多いです。

もし、何かトラブルがあるたびに、「あのとき仏滅に入籍してしまったからかもしれない」といわれてしまうおそれがあってそれが嫌であれば、入籍日を考え直してみると良いでしょう。

入籍日当日のおすすめの過ごし方

入籍した日に、パートナーと一緒に何か特別なことをして過ごす人は多いです。以下におすすめの過ごし方を記載しましたので、その中から選んでみるのも良いでしょう。

記念撮影をする

夫婦になった記念に2人のツーショット写真を撮影するのはおすすめです。写真館に行ってプロにお願いするのも良いですし、自分たちで良い撮影スポットを探して、そこで撮るのも良いでしょう。

写真を撮られることがあまり好きではないパートナーでも、このときだけは快く受け入れてくれるかもしれませんよ。

思い出の場所に行く・旅行する

プロポーズをされた場所など、思い出の場所に出かけてみるのも良いでしょう。2人にとって大切なところを訪れ、入籍のお祝いとするのも感慨深いものがあります。

また、まだ2人で行ったことのない場所へ足を運ぶのも良いでしょう。その場合には、どこに行くかやどの交通手段で行くか、泊まりの場合はどこのホテルにするかなど、事前によく話し合い、旅行プランを立てておきましょう。

おいしい食事をとる

ランチやディナーなどゆっくりと食事をしに行くカップルも多くいます。いつもより少し贅沢な食事をしたいということで、ディナー率が高いです。高級レストランでサプライズでプレゼントをするのも喜ばれるでしょう。

外食以外だと、家でケーキを食べてお祝いするというパターンもアリですね。入籍は書類を出すだけですが、気持ち的には緊張感があるもの。早く家に帰ってくつろぎたい場合に、ケーキでのお祝いはおすすめです。

まとめ

結婚式や新生活の準備でバタバタして余裕がなくなるのが嫌なカップルは、結婚式前を入籍日に決めるのがおすすめ。あとはお日柄の良さや語呂の良さ、記念日といった候補の中から入籍日を決めるだけ。親などまわりの意見も参考にしつつ、あとから別の日にすれば良かったとならないように、ベストと思える日を決めてくださいね!