甘える行為は男性も大好物!彼から大事にされたい方におすすめの甘え方

夫婦や恋人同士の関係をより良くするためには、常に自分に正直に素直な部分を相手に見せられることでしょう。その中でも夫や彼に甘えるという行為は、女性ならではのかわいらしい一面を表現できるポイントです。

しかし、上手に甘えることができる女性がいる一方で、男性に甘えることができない女性も沢山います。今回紹介する大切にされる甘え方の方法は、素直になれない女性の悩みを解決できる方法です。

女性が甘えたいと思う瞬間

皆さんは夫や彼に上手に甘えることができていますか?男性に甘えたいと思う瞬間は人それぞれですが、女性が感じる甘えたい時のポイントがいくつかあるので紹介します。

寂しい時

寂しい気持ちや不安な気持ちは、自分一人で抱え込むことは良くありません。我慢ばかりしている自分を変えるためには、身近なパートナーにしっかり甘えて自分をリセットするのが良いでしょう。寂しい気持ちを抱えたままの生活は、ストレスや体調不良だけでなく、精神的にも変化訪れてしまいます。しっかり甘えられる存在がいる心強さは、あなたを今まで以上に輝かせてくれるでしょう。

久しぶりに会えた時


夫婦関係ですと久しぶりに会うこともないかもしれませんが、恋人同士の場合には、忙しくて全然デートができなかった時などには、彼に甘えたい気持ちが倍増するでしょう。大人になってからでも人に甘えることができる幸せは大きく、安心して飛び込んでも受け止めてもらえる存在がいることは、女性としてさらに磨きをかけて美しくなれるきっかけにも繋がります。久しぶりだと少し緊張をして照れてしまうかもしれませんが、そんな女性の姿に男性はメロメロでしょう。

疲れている時

体だけでなく心も疲れやすい現代の生活は、男性に甘えて癒してもらいたい女性が沢山います。仕事での忙しさに加えて、家事や子育てに奮闘するキャリアウーマンの場合は、会社での立場が高い人の場合、家でないと甘えられる人がいないということも十分考えられます。

女性の社会進出が進むことで、疲れている女性が増えているということは、甘えさせてあげられる余裕がある男性が支持されるでしょう。疲れている時に暴飲暴食をしやすい女性は、男性に甘えるという行為を加えてみますと、食欲のコントロールがしやすくなります。

エッチがしたくなった時


エッチをしたくなるのは男性だけでなく女性も同じで、人肌が恋しい時や思い切り抱きしめて欲しい時には、思う存分男性に甘えると良いでしょう。普段の生活の中では上手く男性に甘えられない人でも、エッチの前なら少し大胆な行動を取れるという人もいます。

女性からエッチに誘われると興奮する男性も多いので、時には大胆でセクシーな下着を身につけるなど、女性らしさを強調して迫る行為も、夫や彼に甘える行動の一つです。

好きという気持ちが止まらない時

何かに一生懸命な姿や気が緩んだ寝顔を見た時には、愛おしい気持ちや好きな気持ちが止まらなくなるはずです。

特に、恋人同士や新婚カップルの場合には、少しいつもと違うだけでも気持ちが高まってしまうなど、甘えたいポイントに溢れている時間が過ごせるはずです。好きな気持ちが止まらない時には、我慢をせずに相手に甘えながら気持ちを伝えましょう。

甘えられない女性の心の中

自然な流れで男性に甘えられる女性がいる一方で、どうしても男性に上手く甘えられない人もいます。甘えたいけれど甘えられない女性の心の中は、一体どのようになっているのでしょうか。

本当は甘えたい

上手に男性に甘えられない女性は意外と多く、子供のころから人に甘えることをせずに育ったようなしっかりした人に多い特徴です。

しかし、本心では誰かに頼って甘えたいと思っていますが、実際にどのようにしたら良いのかも分からないとい特徴があります。急に男性にベタベタするのが難しい場合には、相手を頼るということから始めると良いでしょう。いつもは自分でやっていることを、時には夫や彼に任せてしまうことだけでも、十分甘えていることになります。

甘えるキャラじゃない


強くてしっかりした女性の場合、甘えることが負けたようなイメージになっている可能性があります。そのため、女っぽい可愛い女性の特権とされている甘える行為をすることで、自分のイメージにはないような行動をするのが辛いと考えるようです。しかし、甘える行為は誰もが行えることなので、普段の自分とは違う自分を表現できる相手には、少し甘えてみるのも良いでしょう。夫や彼にしか甘えるしぐさをしないという特別感は、男性のハートを独占できるチャンスです。

甘えたら嫌われるかもしれない

甘えるのが分からない女性に共通しているのは、自分に対する自信がないということです。甘えることで嫌われてしまうのでは…と考えてしまうことから、上手く甘えられない自分に慣れてしまっているようです。子供の時からの環境による影響も大きい甘える行動は、相手に心を許して自分も心を許してもらうチャンスです。より良い関係が継続できるように、どんどん甘えてどんどん頼りにしましょう。

そもそもどうやって甘えたらよいかわからない

甘え方が分からない女性に良い解決方法は、自分の気持ちに正直になることです。我慢をすることが習慣化知っている可能性が高い甘えベタの女性には、何も考えずに甘えられるパートナーの存在が必要で、その人がいるだけで気持ちにゆとりが生まれます。甘え方が分からない時には、パートナーの男性に何か頼みごとをするだけでも効果的で、何でも自分一人で抱え込まない方が良いでしょう。

甘えない女性に対しての男性の本音


甘えて欲しいし甘えたいのが男性の本音ですが、女性がなかなか甘えてくれないことに寂しさや不安を抱えている場合があります。わざわざ言葉にすることがない不安や悲しみは、心の奥底で自分が好かれていないのでは…という気持ちを大きくしてしまいます。男性は、甘えてくれない女性に対して、どのように持っているのでしょうか。

よそよそしい

せっかく身近なパートナーとして良い関係が続いているにも関わらず、もっと甘えて欲しいという男性の願望が叶えられていない場合があります。近くにいるのに遠くにいるような感覚は、言葉にはできない寂しさがあります。よそよそしく感じてしまう甘えベタな女性の存在は、時に自分が嫌われているのでは?と考えてしまうきっかけになるようです。

甘えてくれなくて寂しい

自分が頼られていないような感覚になることから、男としての自信を失ってしまう場合があります。もっと自分に甘えて欲しいのに甘えてくれないことから、心の距離を感じてしまうことが多いようです。せっかく良い関係が築けているので、男性に不安な思いをさせないように、良い理良く改善していきましょう。

男性からも甘えにくい

女性からの甘えがないと男性からも甘えられないというのが本音で、そのうちどちらもお互いに甘えない関係性が当たり前になってしまいます。男性が甘えやすくするためには、女性から甘えることで、自然と男性も女性に甘えて癒されたいと思うはずです。

スキンシップが足りない

急に甘えた方が良いと言われても、上手く表現できない女性は、スキンシップが不足している場合があります。スキンシップをすることで、自然とボディタッチが増えるなど、より甘えやすい環境が整います。照れて恥ずかしい気持ちをぬぐい捨てて、ありのままの自分でパートナーに頼りましょう。

もっと頼って欲しい


頼りにされることで男としての自信を維持できるのが男性ですので、身近なパートナーに頼られるという喜びは更に大きいでしょう。今までよりももっと関係性を良くするためには、できる限り男性に喜んでもらえるように、無理なく頼めるようなことを任せるなどしますと、男性の自信にも繋がります。

彼氏がキュンとするおすすめの甘え方

甘えるのが上手な人でも知っておきたい男の人がキュンとする甘え方は、あまり上手に甘えられない女性こそ知っておきたい知識です。男性はどんな甘え方にキュンとしてしまうのでしょうか。彼の心を独占できるポイントを紹介しますので、早速試してみてはいかがでしょうか。

彼以外は塩対応で彼にだけ甘える

自分だけが特別であるのが男性の大きな喜びですので、甘える時にもその方法を取り入れると良いでしょう。特におすすめなのは、彼以外の人には見せない顔を変えにだけ見せるような行為は、男心をくすぐることでしょう。甘えるのが苦手な人でも、少しずつマスターできるやり方です。

上目使い

男性が大好きな上目遣いは、女性ならではの甘え方です。言葉やスキンシップで甘えるのも良いですが、仕草で甘えたような様子を見せるのが、男の人が望んでいる最上級の甘え方です。

恥ずかしそうに照れる

照れ屋の人やシャイで恥ずかしがり屋の人は、自然とできているかもしれないのが、恥ずかしそうに照れる甘え方です。ちょっと失敗してしまった時や間違えた時には、照れて恥ずかしい表情をすると頬が赤くなる場合が多いですが、その表情に弱い男性は沢山います。

後ろから抱きつく


ふいに後ろから抱き着く甘え方は、男性が良くやる甘え方のイメージですが、女性がやっても可愛い甘え方になります。彼の大きな背中に飛びついて驚かせるような行動は、普段甘える行為をしない人ほど効果があります。直接顔が見えないので、照れ屋な女性でも取り組みやすい甘え方です。

スキンシップしながら弱音を吐く

悩みや不安を打ち明けてくれるだけでもうれしい男性は、スキンシップが加わることで、更に男性の甘えられているという喜びが大きくなります。スキンシップは特に重要で、手を繋いているだけでもお互いの体温を感じられますので、心身共にリラックスできるでしょう。

デート中の仕事の電話に拗ねる

自分といる時間に仕事の電話が入るというのは、二人の楽しいひと時を遮断されたことになります。仕事の電話に嫉妬をするような態度は、男性に甘えていることになるので、彼の気持ちもキュンとなるはずです。しかし、電話の邪魔をする等のマナー違反は、かえって関係を悪くしてしまうので、機嫌を悪くする程度にしておきましょう。

ベッドの上だけ甘えん坊になる

普段とは違うパートナーの様子を知ることができるのは、ベッドで二人の愛情を確かめ合う時です。その時にだけ甘えん坊になるような行為は、守りたい願望が強い男性にとっては、更に気分が高揚して興奮するはずです。

まとめ

いかがでしたか。男性に甘えることは、同じ女性であっても、自然にできる人と苦手な人がいることが良く分かりました。しかし苦手な人であっても、少しずつ夫や彼を頼るようにしますと、少しずつ上手に甘えることができるようになります。今回紹介した様々な方法を是非参考にして早速試してみてはいかがでしょうか。