披露宴の招待状が届いた!結婚式との違いや出席する際のマナーとは

周りの人が結婚する年齢になってくると、披露宴にお呼ばれする機会が増えていきます。しかし、そのような際に気になるのが、披露宴のマナーではないでしょうか。そもそも結婚式と披露宴の違いを正しく理解していない方もいるようです。これから披露宴に参加する予定の方が、覚えておきたいマナーについて解説していきます。

披露宴は何をする?

新郎新婦がお互いのパートナーを披露する


披露宴とは新郎新婦が周りの人に対し、パートナーをお披露目するためのパーティーのことです。結婚式は2人の愛を誓う儀式のため、家族や親戚、友人など親しい間柄で行われることが多くなっています。一方で披露宴は家族や親戚はもちろん、友人や仕事上の付き合いがある方など、幅広い人が参加するパーティーです。披露宴は新郎新婦が周りにおもてなしをするもので、ゲストと一緒にお酒や料理を楽しみます。余興などもあるため、形式にとらわれず自由なパーティーができるのが特徴です。

親孝行やお世話になった人をもてなす意味もある

披露宴は新郎新婦が周りの人に対し、感謝の気持ちを伝える場でもあります。そのため、披露宴では、新郎新婦から両親やお世話になった人に対し、手紙を読む場面が見られます。手紙の朗読では、両親が今まで育ててくれたお礼を伝えることが多いようです。披露宴のクライマックスともいえる場面で、新郎新婦が涙を見せる場面もあり感動を呼びます。両親がいない場合で、特別お世話になった人がいる場合は、その人に対し花束贈呈や手紙の朗読が行われています。

披露宴は新郎新婦2人のためと思われがちですが、実は両親への恩返しになる行為でもあるのです。多くの親御さんたちは、大切に育ててきた子どもの晴れ姿を見たいと思います。披露宴は2人の成長を両親に披露する場面でもあるのです。また、両親が親戚に自分の子どもの成長を披露させたい、このような思いを叶える場としても使われています。費用がかかり面倒な手間もある披露宴ですが、両親への感謝を伝えたいなら披露宴をあげることも考える必要があるでしょう。

披露宴の一般的な流れ

新郎新婦入場から食事・歓談まで

披露宴会場に招待客が訪れますから、新郎新婦と両親は並んでお迎えします。仲人がいる場合は、一緒に入場の場面に立ち会います。招待客がそろったら、新郎新婦が会場に入場し、仲人がいれば続いて入ります。披露宴の進行は司会者が行い、開宴の挨拶から新郎新婦の紹介までしてくれるでしょう。続いて新郎新婦の主賓のスピーチがはじまり、準主審のスピーチが行われたのち乾杯に入ります。

いよいよケーキカットに入り、新郎新婦がそれぞれケーキを口に運び食べさせます。結婚式が和装の場合は、ケーキの代わりに鏡開きや、お酒での乾杯をすることもあるでしょう。ケーキカットの後は会食がスタートし、新郎新婦はお色直しのために退場します。お色直しを待っている間に、新郎新婦のプロフィール映像が流れ、ゲストたちに楽しんでもらう流れです。

新郎新婦の再入場から送賓(お見送りまで)

お色直しを終えた新郎新婦は、再び披露宴会場に入場します。このとき2人がキャンドルを手にし、各席のキャンドルに火をともします。キャンドルサービスでは写真撮影も人気のサービスのひとつです。次はゲストによるイベントや余興で、最後に見せ場となる花嫁の手紙や花束贈呈が行われます。代表として新郎の父親が謝辞を述べたら披露宴は終了です。新郎新婦が退場し、司会者が挨拶を述べて終わりになります。

時間の目安は2時間半から3時間

披露宴はプログラムごと最短で1~3分、最長で20~40分の時間が設けられています。最も時間が長くなるのが食事を楽しむシーンで、新郎新婦はお色直しのため席を外します。全体でかかる時間は2時間半~3時間です。時間が長くなる場合はプログラムごとに配分を調節します。

披露宴の招待状とご祝儀に関するマナー

届いた招待状の返信ハガキは遅くても一週間以内に送付しよう


披露宴の招待状が届いたら、できれば2~3日中に返信するのがベターです。仕事などで忙しい場合でも、最長で一週間以内で返信しましょう。招待状には期限が記載されていますが、あまり遅くなると新郎新婦の準備に支障が出るため注意してください。なぜなら新郎新婦は届いた招待状を元に、出席者の人数を割り出し詳細決めするからです。相手方も1日でも早い到着があると準備がスムーズですから、できるだけ早く送り返すようにします。

予定がわからないなどすぐに返信できない場合は直接連絡を入れる

披露宴当日に参加できるかわからない場合は、直接電話連絡をしておきましょう。招待状を受け取った側も、仕事の都合で日程を空けられるかわからない場合もあります。女性の場合では、出産日が近くはっきりしないときもあるため注意が必要です。招待状が届いてから一週間で返信できないことが明らかなら、直接電話をして事情を説明します。返信が遅れることを告げておき、はっきりわかったら招待状を返信するようにしましょう。

返信ハガキをグレーで書くのはNG

招待状の返信ハガキに記載する文字は、グレーを避けてください。グレーは不祝儀の意味があって、葬儀やお通夜などで使う文字の色だからです。結婚式や披露宴のようにお祝いの場では、黒のボールペンを使用するのが最低限のマナーとなります。万年質や毛筆が本来のスタイルではあるのですが、書きなれていない方はボールペンの使用でOKです。無理に書こうとして読みにくくなるくらいなら、黒のボールペンで記入しましょう。新郎新婦が友人であっても、色ペンで書くのはマナー違反です。

新郎新婦が友人の場合のご祝儀の目安

友人の新郎新婦の披露宴に招かれた場合は、2~3万円が一般的です。ただし、北海道など会員制の披露宴の場合は、指定された金額になります。会員制の場合は新郎新婦が設定した金額で、招待状にも記載されているため確認してください。地域柄の金額設定がない場合は、「2」に関係しない金額を入れましょう。2万円は2つに分かれる意味を持ち、縁起が悪いとされてきました。しかし、最近では逆に2人の幸せを祈るという意味で、2万円を包むケースもあるため、古いことが気にならないなら問題はないでしょう。また、最も注意したい数字は4と9で、どちらも縁起が悪いため入れないようにしてください。

新郎新婦が親族の場合のご祝儀の目安

新郎新婦が親戚の場合は、友人に対する額より高くなるケースが多いようです。新しい生活の準備資金として、5~10万円が相場となります。親戚間で金額の相場があるようなら、それに従うようにしましょう。少ない金額で済ませるルールの家庭もあれば、多めに包むことが通常という場合もあります。今まで親戚の披露宴に参加したことがある年配者に聞くと安心です。

ご祝儀袋は袱紗に包んで持参する


披露宴会場にご祝儀を持って行く際には、袱紗(ふくさ)に包みます。袱紗とはご祝儀袋を包む専用の布のことです。お祝い事の場合はオレンジや赤など暖色系のふくさを使用します。濃い紫の袱紗ならお悔やみの席でも使えて便利です。ご祝儀袋はバッグやポケットから直接出すのはマナー違反となります。

ご祝儀を渡すときはお祝いの挨拶も忘れずに

手渡しするときは「本日はおめでとうございます」と挨拶をしてから、ふくさからご祝儀袋を取り出し、名前が相手方向になるように渡します。

披露宴にお呼ばれしたときの服装のマナー

洋装なら華やかなワンピースやパンツスーツがおすすめ


披露宴におよばれした場合は、女性なら華やかな雰囲気のワンピースがおすすめです。白以外でしたら淡い色のワンピースでもOKです。カジュアルすぎるワンピースもNGとなるため、レースやフリルなどが付いた女性らしいものを選んでみましょう。ふんわりとした袖のあるワンピースなら、肌の露出が少なく二の腕をさりげなくカバーしてくれます。立食パーティーの場合は、動きやすさを重視してパンツスーツが便利です。

パールのアクセサリーで上品に


披露宴にふさわしいアクセサリーは、パールを使ったものです。シンプルなデザインのパールネックレスなら、華やかな席に使いやすくなっています。地味な印象の衣装の場合は、ワンポイントになるネックレス使いがおすすめです。パールネックレスは特別高価なものでなくてもよく、普段使いができるノーブランドのものでも使えます。

足元はストッキングとヒールのあるパンプスで上品に


ハイヒールは足全体を覆うものを選び、披露宴にもふさわしいエレガントなデザインが向いています。履き口が伸びるようになっているシューズなら、足入れがスムーズでフィットしやすいでしょう。歩きやすさも重視して選ぶと、披露宴会場で足が痛くなりません。ヒールのある靴には素足ではなく、ストッキングを合わせてください。

夜の披露宴では光沢のある素材のドレスや肩の露出もOK


披露宴が夜に開催されるなら、衣装のデザインの幅が広がります。昼間の披露宴の場合はスパンコールなどキラキラしたものはNGなのですが、夜の時間帯なら問題ありません。肌の露出が多めのものも、夜なら着ることができます。招待状に開催時間が記載されていますから、当日の衣装選びに役立ててください。ノースリーブのワンピースを着たい場合、夜の披露宴なのかチェックしましょう。

未婚女性なら第一礼装の振り袖が一般的


和装で披露宴に参加したいと考えているなら、独身女性に限り振袖が着られます。成人式に着た衣装をそのまま活用できるため、若い女性は活用してみてください。振袖は20歳の成人式のときしか着られないということはありません。一度袖を通しただけでもったいないと感じる方は、ぜひ披露宴にも着ていってみましょう。披露宴と成人式が近い場合は、両方着られるデザインを選ぶと役立てやすくなります。

未婚・既婚問わず着ることができる訪問着


未婚、既婚問わずに着られる和装は訪問着です。訪問着は準礼装にあたるもので、昼と夜どちらの披露宴でも着ることができます。訪問着がなければ色無地でも構いませんが、普段着の着物は失礼に当たるため注意が必要です。着物の着付けを希望される方は、会場に美容院があるか確認しておいてください。当日空きがあるとは限らないため、事前予約が必要です。自分で着付けができる場合は、更衣室の確認をしておきましょう。

避けたほうがいい服装

白い色の洋服や露出の多い洋服は避ける

白いドレスは花嫁が着るため、披露宴におよばれされた方は避けるようにします。昼間の披露宴では、露出の高い洋服も避けるようにしましょう。結婚式や披露宴では、黒のドレスを着る方が少なくありませんが、会場全体が真っ黒になるのを避けて、あえて明るい色を選んでみてください。黒のドレスを選んでも問題はありませんが、喪服を連想させるものはNGです。パールやスパンコールなどが付いたものや、フリルが付いた華やかなものを選ぶようにしてください。

ファーや革製品はNG

披露宴で注意したいのが、ファーや革製品です。靴やバッグなどに使われていることがあるため、確認しておきましょう。これらは殺生を連想させ縁起が悪いものとされています。

サンダルやミュール、ブーツはNG

靴も避けるべきデザインがあるため注意が必要です。サンダルやミュールは普段着を連想させ、フォーマルの席にはふさわしくありません。冬の披露宴では、寒いからといってブーツを履くのは避けてください。

こんなときはどうする?

当日に行けなくなった場合は直接新郎新婦に連絡を入れる

招待状に参加の連絡をしたのにも関わらず当日参加できなくなった場合は、直接新郎新婦に電話連絡してください。すでに式場に向かって連絡が付きにくいのなら、式場に連絡しておきましょう。式場のスタッフに伝えてもらうことができます。

遅刻は厳禁!もし遅刻した場合は式場のスタッフに相談する

交通機関のトラブルなどで遅刻してしまったときは、勝手に披露宴会場のドアを開けないでください。披露宴の演出の関係もあるため、勝手に開けると混乱を招いてしまいます。会場にはスタッフがいますから、入る前に相談してください。プログラムの合間を見計らって中に入れてくれます。

大きなバッグは式場に持ち込まずクロークを利用する

大きなバッグは披露宴会場に持ち込まないのがマナーです。スタッフの方に預けるか、クロークがあれば入れておきましょう。コンパクトなバッグを別に用意しておくと、お財布や携帯電話などを持ち歩くことができます。

まとめ

披露宴に招待されたら、最低限のマナーを確認しておきましょう。特に当日着ていく洋服は、会場内で着替えることができないため注意してください。マナー違反となる服装で行けば、目立つ存在となり恥ずかしい思いをしてしまいます。お祝いの席だから何でも許されるわけではないため、確認しておくことをおすすめします。