男受けする女性の特徴とは?男受けする女性になる方法

男性にモテようと男受けする女性になりたい人は増えています。しかし、男性の心理を理解せずに男受けだけを考えると勘違いしたイタイ女になりかねません。また、外見を変えただけでは男受けする女性といえません。どのような女性が男受けする女性なのか知っておきましょう。

男受けする女性の特徴

ちょっとした仕草が女性らしい

女性 食事
男受けする女性の仕草とは、ちょっとした仕草でも女らしい、ということです。何をするにもゆったりと行い、おしとやかにふるまいます。食事の際も音を出さずに優雅に食べます。ガサツでガチャガチャしている女性にはない美しさはとても男受けするのです。特に和装の時の振る舞いが男受けするおとなしくて優雅な女らしい姿です。

肌見せのテクニックが上手い

男受けするからと、露出度の高い服装をするのはおすすめできません。下品に見えるからです。しかし、男受けする女性は肌見せのテクニックがとても上手です。特に首や手首足首といった部分を露出することで、雰囲気美人にすることができます。それだけでなく、うなじを露出するのも男受けします。バストや太ももといった部分ではなく、たおやかで女らしさを見せる所がよいでしょう。

ちょっとだけ隙がある

スマートで賢そう、それでいてマナーも完璧な女性は非の打ち所がないので、親しみやすさに少し欠けている部分があります。いうなれば、「高嶺の花」過ぎて手を出せないということもあります。しかしながら、普段はおしとやかにふるまいながらも時には不得意なところがあったり、かわいらしい失敗をする、できない部分を素直にできないという、そんな「隙のある」女性は男受けするのです。

表情が豊かでよく笑う

いくら美人であったとしても、ツンとした美人も同じく「高嶺の花」と思ってしまい、男性から敬遠されます。男性から見て男受けする女性は、表情が豊かでよく笑うことです。笑顔を中心にコロコロと表情が変わる女性の方が、愛らしくて可愛らしい、と男受けするのです。笑顔を中心に、そして時にはオーバーなリアクションを織り交ぜながら親しみやすい人になるとよいでしょう。

さりげなくボディータッチができる

相手をドキッとさせるのは、さりげなくボディータッチするときです。ボディータッチというとなかなか「さりげなく」や「自然に」行うのは大変です。ですが、会った瞬間の「久しぶり~」というハイタッチや、うまくいったときの「やったね!」と手を合わせるようなボディータッチだと自然にできますし男受けするのでおすすめです。何度もやると気持ち悪く思われますのでさりげなく、ごく稀にやりましょう。

自然に男性に甘えられる

何でもできて誰からの助けも必要としない人より、自然に甘えられるような女性の方が男受けが良いです。それも、媚びるのではなく、男性にさりげなくお願いするのがよいです。男性が運転など「やってあげる」といったときは、素直に「じゃあお願い」と言ってみましょう。様子を見てタイミングを計り、相手が不快に思わないように気を付けるとよいでしょう。

男受けする女性はこんな顔!

ミセスはー5歳を目指せ!若見えヘアスタイルとアレンジ方法

クリっとした目

男受けするのやはり切れ長のクールビューティーな目ではなく、小動物のようなクリっとした目です。しかしながら、まぶたがむくんでいたり腫れぼったいと男受けが悪いのです。またクリっとした目にナチュラルメイクのほうが確実にモテます。濃いアイシャドーはわざとらしさがありますので、作っている感がないようにします。

丸顔のベイビーフェイス

丸顔のベイビーフェイスの人は、男受けが良い気がします。シュッとした美人よりも、かわいくて守ってあげたくなるからです。女性の中には丸顔は必ずしもよいものではなく、コンプレックスになる人も多いです。しかし、男受けという観点から言うと、丸顔のベイビーフェイスは最高の位置づけなのです。

鼻筋が通っている

ぺちゃっとした鼻も顔の全体的なバランスからみるとかわいらしいこともありますが、やはり、男受けする顔というのはスっと通った鼻筋です。生まれ持ったものと思われる鼻筋ですが、これはノーズシャドウなどを使えばある程度立体的に作ることができます。あくまでもナチュラルメイクにすることが大切です。

アヒル口


ぷっくりとしたアヒル口も、男受けする顔の一つです。唇が薄い人よりも、ぷっくりとした厚っぽい唇のほうがよいです。赤いリップは男の人が引いてしまうのでできれば避けたほうがよいです。自分の唇に近い色のリップを選び、リップペンシルなどで描きながらぷっくりとした唇を目指しましょう。

ナチュラルメイク

男受けするメイクは、やはりナチュラルメイクです。すっぴんに見えるような赤ちゃん肌は、つい触れたくなるくらい可愛いものなのです。そのためには、毎日の保湿をはじめとするスキンケアを入念に行い、肌をきれいにします。ファンデーションは自分の肌にあったものをチョイスし、なるべく厚塗りにならないようにメイクしましょう。

男受けする女性になるには

常に女性らしさを忘れない


男受けする女性というのは、常に女らしさを忘れません。女らしいアイテムを取り入れたり、しぐさに上品さを取り入れたりするなど、常に女性らしさを忘れないようにしましょう。ぶりっこである必要はないのですが、ゆったりとして上品な女性らしいふるまいは男受けします。

自分に自信を持つ

やはり愛され女子は自分に自信を持っています。自分に自信がなくおどおどとした振る舞いですと、やはり可愛くは見えませんし男受けもよくありません。見た目の問題ではなく、表情や振る舞いの問題ですので、しっかりと可愛らしさを演出できるように自分に自信を持ちましょう。

さり気なく男性をフォローする

男性と会うときには周りを見渡し、さり気なくフォローできるのも、男受けする女性です。女性から見れば「あざとい」と思うような手段であっても、男性から見ればかゆいところに手が届くような気配りであったりします。さりげなく男性をフォローするようにしましょう。

メイクはナチュラルを意識


メイクが濃い、完璧なメイクはかえって男性を遠ざけてしまいます。ナチュラルメイクでも映えるように美肌には気を使いましょう。それだけでなく、自分の肌に合ったファンデーションを使うことで一気にナチュラルメイクになります。化粧品メーカーの美容部員さんなど専門家にアドバイスを求めるとよいでしょう。

服装は女子アナみたいなコーデをする

男受けする服装ですが、清楚でかつ少し隙のあるコーデがよいでしょう。よくあるOLコーデですと、少し可愛らしさが足りませんし、セクシーな服装もまた慣れているように見えます。参考にするのならテレビに出てくる女子アナのようなファッションが良いです。可愛らしくかつ清楚、上品だからです。

これはNG!男受けしない人の特徴

露出が多すぎる

露出が多すぎるファッションは、男性に嫌われる傾向があります。胸の谷間を強調したりパンツが見えるような短いスカートなど、過度な露出はあまり好ましくない、下品だと思う男性が多いです。おなかが出ている服も避けるほうがよいでしょう。

小食をアピールしてくる


適度に小食な女性は可愛らしいですが、過度に小食をアピールする必要はありません。男性は健康的な美に惹かれる傾向がありますし、あまりにも小食をアピールすると、食事を一緒に食べていてもおもしろくないからです。食べ方は上品に、そして食べる量は無理をせず楽しく食べるようにしましょう。

痩せすぎてガリガリな体型

男性が好むスタイルは、やはり適度にぽっちゃりとしていて健康的なものです。もちろん、あまりぽっちゃりしたり小太りな人は好かれませんが、かえって痩せすぎてがりがりな体型も可愛らしさを感じない人がいます。そのため、無理なダイエットは控え、バランスの良い健康美を目指しましょう。

過度な女子力アピールをする

適度な女子力のアピールはよいのですが、あまりにも女子力をアピールしすぎるとわざとらしい、ぶりっこになります。男性と女性の間で態度が違う女性も考え物です。女性らしい気遣いはそのままにわざとらしいアピールはやめましょう。

まとめ

男受けするのは、美しくて上品なふるまいでありながらもどこかに隙があり、甘え上手な女性です。大きくクリっとした目、ぷっくりした唇と若く見える丸顔も好印象です。服装は上品で、女子アナのような服装を目指しましょう。甘え上手、頼り上手な人がよいでしょう。