ブーケトスの意味とは?演出のコツや変わり種なブーケトスの演出を紹介!

これから結婚式を挙げる予定の方は、結婚式で盛り上がるブーケトスをどうするか悩んでいるのではないでしょうか。若い女性が多く来る結婚式なら、来客者もブーケトスを楽しみにしていることでしょう。しかし、はじめての方だとブーケトスのルールがわからず、見送ってしまう方も少なくありません。多くの方に楽しんでもらえる結婚式にしたい方は、ブーケトスの詳細を調べてみましょう。

ブーケトスの始まり

幸せを分けてもらうために花嫁さんの私物を取り合ったのが起源

ブーケトスの紀元は、14世紀のイギリスだといわれています。イギリスでは花嫁の幸せをあやかりたいと、花嫁の衣装に触れる風習がありました。しかし、花嫁のドレスやブーケを取り合う人も少なくなかったため、ブーケを投げる風習へと変化していったと考えられています。

日本では西洋風のウェディングとともに普及し始めた

今のようなブーケトスが日本で行われるようになったのは、西洋風のウェディングが普及してからです。欧米での結婚式では、花嫁がブーケを投げて、それを受け取った女性は近いうちに結婚できるという言い伝えがあります。その風習が西洋風ウェディングと一緒に日本に入ってくることになり、日本でもブーケトスが一般的になってきました。

幸せのおすそ分けブーケトスを成功させるコツ

ブーケトスに向いているのは教会式や人前式


ブーケトスは欧米式の風習のため、キリスト教による教会式の結婚式に向いています。または、人前式と呼ばれる宗教や格式にとらわれない自由な結婚式でもやりやすいでしょう。教会式は牧師さんに証人になってもらいますが、事前式はゲストが証人です。どちらも屋外に出ることができ、ブーケトスが活用できます。和装での結婚式でもできないことはありませんが、花嫁が後ろ向きになって投げるポーズから、洋装のほうが向いているでしょう。

ブーケを投げるときはある程度の広さが必要です。そのため、教会式や人前式では、式の後に屋外に出て、ブーケトスをすることが多くなっています。屋外に出られない場合は、挙式会場の広さも確認しておきましょう。生花のブーケはスポンジに水を使っていることが多く、周りに水が飛び散ることも予測しなければなりません。最後に掃除が必要になる可能性があるため、式場に事前に確認を取っておいてください。

投げやすいブーケトス用のブーケを用意する

ブーケトスをする際には、別途ブーケを用意することが多いようです。その理由は、ブーケトスをするとスポンジの水が飛び散りやすく、花をまとめているワイヤーがゲストに当たってしまう可能性があるためです。ブーケトスは小ぶりで軽く、ワイヤーを使わない安全なものを準備しておきましょう。生花だと投げたときに花びらがちぎれてしまうことも考え、最初から壊れにくい造花のブーケを採用するケースもあります。造花なら費用も高くありませんから、結婚式用のブーケと別に用意しても費用の負担が少なくて済むでしょう。

ブーケトスに参加するのは未婚女性!でも配慮が必要な場合もある

女性

ブーケトスはもともと未婚者が受け取ると次に結婚できるという言い伝えがあるため、基本は未婚女性を対象者にします。友人や親せきに未婚者が多いなら、このスタイルでも問題はないでしょう。しかし年齢が高い未婚者が多い場合は、自分から積極的に参加しづらいことがあります。ブーケトスの前に司会者がアナウンスして未婚者が参加しやすい方法にするか、人が集まりにくいと感じるなら既婚者にこだわらず参加できる形式でもいいでしょう。誰でも参加できる形式にすると、イベントみたいで盛り上がります。

あらかじめゲストに声をかけておくのもOK

ゲストの雰囲気によっては、誰も参加してくれない、または争奪戦になるかもしれません。積極的にブーケトスに参加する人が少ない場合は、事前に対象となるゲストへ声をかけておきましょう。結婚式当日にいきなり言われると心の準備が済んでおらず、参加しづらいのかもしれません。事前に声をかけておき、たくさんの人が参加することを伝えておけば、心おきなく参加できるでしょう。逆に争奪戦となることが予想される場合は、参加できるゲストを限定したほうが、当日混乱が少なくて済みます。

出席者全員がブーケトスに参加するのもOK


ブーケトスは何も独身女性だけのものではありません。ブーケトスは幸せのおすそ分けという意味で、ブーケを手にできた人は幸せになれるというジンクスがあります。対象者を限定せず、男性、子ども、既婚者も参加してもらえるようアナウンスすれば、盛り上がるでしょう。ゲストにイベントとして楽しんでいただくと、多くの人が幸せな気持ちになる結婚式となります。ブーケは独身者以外でももらいたいと思っている人がいるものなのです。

ブーケトスの代わりになる演出10選

ブーケトスの代わりに主流になりつつあるブーケプルズ

ブーケを投げる方法は盛り上がりますが、控えめな日本人の場合は誰もブーケを受け取ってもらえず、無残に床に落ちてしまうかもしれません。そのようなトラブルを防ぎ、ゲストに確実に受け取ってもらえるブーケプルズが主流になりつつあります。

ブーケブルズとは、ブーケから複数のリボンが出ていて、ゲストにそれぞれ持ってもらいます。プルとは引っ張る意味で、リボンのうち1つだけがブーケに繋がっている仕組みです。見事当たりを引いたゲストは、次に結婚できるという言い伝えがあります。この方法なら激しい動きが少なく、屋内での結婚式でも活用しやすいでしょう。リボンは挙式が終わってから素早く結ぶ必要があるため、別途ブーケプルズのブーケを用意する方法が一般的です。

ブーケを贈る相手を指名するブーケプレゼント


ブーケは大切な人に指名してプレゼントする方法もあります。1人または複数を指名して、その方にブーケをプレゼントします。たとえば独身の親友宛てに、姉妹へのプレゼントなどです。演出ではプレゼントする人に対し、感謝の気持ちを伝えるサプライズがいいでしょう。言葉で伝えるのが苦手な方は、司会者に2人のことを紹介してもらう方法もあります。

複数の女性にブーケを贈るブーケシェア

幸せのおすそ分けをしたい女性が複数いるなら、ブーケシェアを活用してみましょう。ブーケシェアとは、会場の飾花を花束にしてプレゼントする方法です。この方法なら会場にいる女性すべてにブーケをプレゼントすることができます。特定の誰かを選ぶことができず、会場にいるみんなが幸せになって欲しいなら、ブーケシェアがおすすめです。

お気に入りのキャラクターでできるぬいぐるみトス

ブーケトスにぬいぐるみを使い、ゲストにプレゼントする方法もあります。ぬいぐるみなら柔らかく、誰かに当たっても問題ないでしょう。子どもが多い挙式で、おもちゃを投げても喜ばれます。新郎新婦の趣味を生かして、オリジナルのブーケトスにしてみましょう。

ポップなデザインのキャンディブーケを使ったキャンディトス

花束の代わりにキャンディーと造花を一緒に包み、投げる方法もあります。棒が付いているキャンディーを活用すると、束ねやすいでしょう。キャンディーを使った方法なら、たくさん用意できて多くの人に幸せのおすそ分けができます。また、子ども、男性、年配者など、だれでも参加OKなのも魅力です。ブーケはもらっても困るという男性はいるかもしれませんが、キャンディーなら男性でも受け取りやすくなっています。

ふわふわと降りてくるクマが可愛い!パラシュートベア

最近人気が高まってきているのが、パラシュートベアです。クマが入ったバズーカを新郎新婦が打つと、空高くパラシュートが開きます。ヒラヒラと舞い落ちるクマをキャッチする方法です。イベント感が強く、誰もが童心に返って楽しむことができます。ヒラヒラ落ちるパラシュートを活用する場合は、ある程度のスペースが必要です。リゾートウェディングのように、広々とした場所での演出としていいでしょう。

新婦の代わりに新郎が投げる?ブロッコリートス


最近変わったブーケトスとして取り入られているのが、ブロッコリートスです。新婦ではなく新郎がブロッコリーを花束にしたものをゲストに向かって投げます。たくさん株が付いたブロッコリーは、子宝に恵まれるという言い伝えがあるようです。これなら独身者だけでなく、既婚者も参加しやすいでしょう。キャッチしたブロッコリーは、その場でかぶりついて楽しんでくれるゲストも多いようです。

参加者みんなに幸せをおすそ分けできるお菓子まき

お菓子まきは東海地方に昔から伝わる風習です。現在では幅広い地域で、披露宴にお菓子まきが行われています。たくさんのお菓子が入った包みを用意し、バスケットに入れておきます。新郎新婦は高い場所からお菓子をばらまくように投げ、ゲストに受け取ってもらう方法です。お菓子の袋には当たりくじを付けておき、当たった方は豪華なプレゼントがもらえる演出も喜ばれます。

インパクト抜群のビッククラッカー

派手な演出が好きな新郎新婦は、巨大なクラッカーを活用してみましょう。胸に抱えるほどの大きさのクラッカーを持ち、ゲストに向かってクラッカーを鳴らします。音の演出とキラキラ光るテープが華やかです。クラッカーはネットショップでも売られていますから、事前に手に入れておいてください。費用も数千円からとリーズナブルに演出ができます。

和装の式にもぴったりのお餅まき

和装の結婚式では、お餅まきの演出がピッタリです。もともとは家を建てたときのお祝いとしてお餅まきは利用されています。紅白のお餅を利用してまけば、結婚式でも活用しやすいでしょう。子どもから年配の方まで喜んでくれるイベントになりそうです。お餅はたくさんの量を準備できますから、ゲストの数が多いときにも活用してみてください。

まとめ

結婚式で盛り上がるイベントといったらブーケトスでしょう。独身のゲストがたくさん来る場合は、密かにブーケトスを楽しみにしているかもしれません。新郎新婦も周りの方への感謝の気持ちを込めて行うことができ、ゲストも幸せのおすそ分けとして楽しんでもらうことができます。一番は多くの方に喜んでもらえることですから、形にとらわれずいろいろなスタイルを楽しんでみてください。紹介した変わり種のブーケトスも選択肢に入れておきましょう。