女性 酒 断る

飲み会の断り方で使える15のフレーズ!上手に断るテクニック

飲み会に誘われるけれども断りたいという場合もありますよね。こちらではそんなときに上手く断るためのテクニックについて紹介しましょう。断る際に使える15のフレーズを紹介します。

飲み会を断るときのポイント

女性 酒 断る
まず飲み会の誘いを断る際のポイントについてまとめました。どのような点に注意をして断るべきなのかを教えましょう。

行けないことに対して残念だという気持ちを見せる

まず断る際には本当は参加したいけれどもどうしても行けなくなったために残念に思っているということを伝えるべきです。そのような気持ちを見せることによって、相手にもその気持ちはしっかりと伝わるでしょう。本当は行きたいという気持ちを持っていることが伝われば、あなたが断ったとしても、相手は悪い気持ちになってしまうことはないでしょう。

行く気満々だったという気持ちも出す

本当は行く気満々だったという気持ちを前面に出すべきです。ただ断るのではなくて、時間があいていれば絶対に参加していたということはちゃんと伝えておきましょう。そうすればあなたの評判が下がるということはありません。また、その人はあなたのことを誘ってくれるようになるでしょう。

素直に行けないことに対して詫びる


行けないことについてはきちんと詫びるということも大切です。せっかく誘ってくれたのにそれを断るというのは、相手に対して迷惑をかけることです。もちろん、用事があって行けないのであればそれは仕方のないことなのですが、だからといって詫びるということをしなければ、相手の印象は悪くなってしまうでしょう。

あまりわざとらしく言わないように

自分が本当は飲みに行きたかったという気持ちを伝えたり残念がることは大切です。ただし、これがわざとらしくなってしまうと、逆にマイナスなイメージになってしまう可能性があります。わざとらしく言わないように気をつけて下さい。あくまでも自然な感じを装いながら、素直な気持ちを吐露しているように見せかけることが大切なのです。

飲み会を断る15のフレーズ

こちらでは実際に飲み会の誘いを断る際に使えるフレーズを15用意しました。これらを組み合わせたり、そのときに最適なフレーズを選びましょう。

夕飯の準備がある


夕飯の準備をしなければいけないために誘いを断るという方法があります。たとえば結婚をしているのであれば、この言い訳は自然になるでしょう。子供もいるのであれば、家庭を優先するのは当然のことです。そのため、誘ってくる側も無理をするわけにはいかなくなります。言い訳を思いつかなかったならば、このフレーズを使ってみましょう。

体調が悪い

体調が悪いという言い訳も有効でしょう。体調が悪い人を無理やり誘うわけにはいかないからです。体調が悪い場合は、具体的にどのように体の調子が悪いのか聞かれることがあるかもしれません。その場合は適当な理由をつけておきましょう。たとえばお腹が痛かったり、頭が痛いと伝えることによって、相手も諦めてくれるはずです。

知人のお祝いがある

女性 友達

 

知人のお祝いの席に参加しなければいけないということがあります。この場合は、具体的にどのような知り合いなのか聞かれるかもしれませんが上手く誤魔化しておきましょう。注意点としては家族や友達などにすると相手に嘘がバレてしまうかもしれません。そのため、あくまでも知人のお祝いがあるのだと誤魔化しておくのです。

彼氏が待っている

もし恋人がいるのであれば、彼氏が待っているために誘いにノルことができないという断り方もあります。この断り方は自然でしょう。彼氏の方を優先するというのはおかしなことではありません。相手もきっと理解してくれるでしょう。ただし、本当は彼氏がいないのにこのような嘘をつくべきではありません。

先約が入っている

他に先約があるという断り方もあります。こちらのフレーズならば相手も諦めなければいけません。ただし、具体的にどのような相手との飲み会があるのか質問されることがあるかもしれません。その点は上手く誤魔化しましょう。誘ってきた相手の知らない人との交流があると伝えれば分かってくれるでしょう。

家族が病気で寝込んでいて

家族と同居していたり、近くに家族が住んでいる場合にはこのような言い訳の仕方も可能でしょう。病気で寝込んでいるために自分が面倒を見なければいけないといえば、飲みの誘いを断ることになったとしてもそれで悪く思われることはないはずです。

今ダイエット中で

ダイエットをしているために飲みに行きたくないという断り方もあります。お酒を飲むとおつまみもどんどん食べることになります。そのため、実際に太りやすくなってしまうでしょう。普段からあなたがダイエットをしているとその人に伝えているのであれば、断りやすくなります。

スケジュールの確認をしてみます

誕生日カレンダー
こちらのフレーズを言ったあとに、これまでに説明してきた理由を伝えることによって、スケジュールが空いていないとアピールすることもできます。時間の都合がつかないのであれば、相手も諦めるしかないでしょう。こちらの言い訳は具体的なスケジュールを質問される可能性があるのですが、その点は上手く濁しておきましょう。

習い事がある

何か習い事をしているために誘いを断るという方法があります。あまりあなたのプライベートに親しくない相手からの誘いであれば、これによって断ることができるでしょう。ただし、具体的にどのような習い事をしているのか聞かれてしまう可能性があるでしょう。そのため、習い事の種類についても考えておきましょう。

あなたのイメージと大きく異なる習い事では、相手が怪しんでしまう可能性があります。無難な習い事について考えておきましょう。

宅配便が来るので家にいないといけない

宅配便が届くために家にいなければいけないという言い訳もあります。宅配便は時間指定できることが多いです。そのため、今すぐ家に帰らなければ受け取りに間に合わないという言い訳は便利でしょう。これならば理解を示してくれる方は多いはずです。

友達が家にくる

家に友達が来る約束をしているという言い訳も使えるでしょう。先約があるのであれば、飲みに誘ってきた人も無理強いするわけにはいかないからです。ただし、共通の知り合いと約束をしているという言い訳では嘘がバレる可能性があるでしょう。あくまでも相手の知らない友達との約束ということにしておきましょう。そうすれば嘘がバレてしまう可能性を軽減することができます。

病院の検査があって飲めない


病院で検査を受けなければいけないために飲むことができないという方法もあります。実際に検査を受ける前にお酒を飲んではいけないというものもあります。そのため、この方法は断る口実としてはとても便利でしょう。具体的にどのような検査を受けるのか聞かれることがあるかもしれないため、その場合の受け答えについても考えておきましょう。相手がしつこく尋ねてくるというケースもあるのです。

お金の持ち合わせがない

現在、お金の持ち合わせがないために飲みの誘いを受けることができないという断り方もあるでしょう。実際に金欠になっているために飲みに行くことができないという方はいるのです。ただし、お金については相手がおごってくれるというケースもあります。そのため、相手が目上の人の場合はこのような断り方をするべきではありません。あくまでも同年代の人からの誘いに限られるでしょう。

荷物が多くて移動が大変

荷物がたくさんあるため、移動するのが大変だというケースもあります。この場合は、飲みの誘いを断って荷物を置きに行かなければいけないという理由がしっかりとしているでしょう。これはたとえば電話やメールなどで誘われたときに便利な言い訳となるでしょう。眼の前にいる人から誘われたときには、荷物がないことがバレてしまうためこの言い訳は使えません。

どうしても参加しないとダメな場合


どうしても相手の誘いを断れないのであれば、参加しなければいけないこともあるでしょう。その場合は、どのように対処するべきなのでしょうか。実際に飲み会に参加する際の注意点について教えましょう。

話は聞いているだけでもいい

飲み会を嫌な人の理由として、話が鬱陶しいということがあるでしょう。聞きたくもない話を延々と聞かされてしまうことがあるのが飲み会なのです。しかし、飲み会の話というのはそれほど真剣に聞く必要はないでしょう。話している本人は話すことに夢中になっており、相手のリアクションにはほとんど注意を払っていないということが多いのです。そのため、何となく相槌を打ちながら話を聞いているだけでも構わないでしょう。

自分が飲む前に相手に飲ませる

酒癖悪い女と思われてない?特徴や行動まとめ
飲み会ではあまりお酒を飲みたくないという方がいるかもしれません。そもそもお酒があまり好きではないという方もいるでしょう。こういう方は飲み会では相手にどんどん飲ませてあげましょう。そうすることによって、相手は酔って気持ちよくなり、あなたのことはあまり構わなくなるかもしれません。相手を酔わせることができれば、帰りやすくもなります。

帰るときはさりげなく隙を狙う

飲み会では基本的にみんながお酒に酔ってしまいあなたに関心を持たなくなったときが帰りやすいタイミングとなるでしょう。飲み会が進んでいくと、どこかで隙ができてしまうものです。その隙を見逃さないようにして帰ると良いでしょう。ただし、タイミングを間違えてしまうとあなたが帰ろうとしているのが見つかってしまうかもしれません。そうなると逆効果となってしまい、ずっと引き止められることもあります。そうならないように注意しましょう。

まとめ

あまり飲み会に参加したくないという方はいるでしょう。こちらで紹介したフレーズを参考にして、上手に飲み会を断りましょう。上手く断ることによって、後に遺恨を残すこともなくなります。できるだけ相手を傷つけないようにして、自分の評判も悪くならないようにしながら飲み会を断ると良いでしょう。