いまさら聞けない!折り紙の鶴の折り方【手順画像つき】

折り紙といえば「鶴」といっても過言ではないくらい、鶴は折り紙の定番ですよね。折り紙が苦手でも、千羽鶴などのために大量に折らなければならず、困っている人もいるのではないでしょうか?

今回は、定番すぎていまさら人に聞けない折り紙の鶴の折り方を、手順画像付きで詳しく解説します。最後には動画もあるので参考にしてみてください。

折り紙の鶴の折り方【画像編】

まずは鶴の折り方を手順ごとに画像で解説します。

1.折り紙を半分に折る

2.さらに半分に折る。

3.広げる。

4.三角形に半分に折る。

5.さらに半分に折る。

6.三角を開いて四角くする。

7.もう片面も同じように開く

8.はじが中心の線にぴったり合うように点線で折る。

9.反対側も同じように折る。

10.裏面も同じように折る。

11.赤線で折る。

12.開く。

13.11で折った折り目(赤線)に合わせて開く。

14.裏面も同じように開く。

15.はじが中心の線に合うように赤線で折る。

16.反対側、裏面も同じように折る。

17.中心線(赤線)で折る(めくる)。

18.中心についている折り目(赤線)に合わせて上側に折る。

19.中心線(赤線)で折る(めくる)。

20.首になる部分を引っ張って外に出す。

21.中心線(赤線)に沿って折る(めくる)。

22.中心についている折り目(赤線)に合わせて上側に折る。

23.中心線で折る(めくる)。

24.尻尾の部分を外側に引っ張って出す。

25.首になる部分を赤線で折る。

26.中心線(赤線)に沿って折る(たたむ)。

27.羽を広げる。

28.中心部分(胴体部分)を広げて完成

折り紙の鶴の折り方【動画編】

動画でも鶴の折り方をチェックしておきましょう!

鶴の折り方バリエーション3選

一般的な鶴が楽に折れるようになったら、さらに難易度の高い鶴の折り紙に挑戦してみては?

祝い鶴・正月鶴の折り方

羽を広げた豪華な鶴の折り紙。お正月など、お祝いの時にお部屋や食卓にさりげなく飾ると華やかになりそうですね。

鶴の器の折り方

中に小物が入れられる鶴の器です。アクセサリーを置いておくのにいいかも!

鶴の箸置きの折り方

お客様が来たのに箸置きが足りない!なんて時にささっと折れると素敵ですよね。特に和食を振る舞う席では喜ばれそうです。

まとめ

折り紙の定番の鶴ですが、久しぶりに折ってみたら折り方を忘れていたということもあると思います。鶴の折り方をしっかりおさらいして、きれいな鶴を折ってくださいね。

上級者の方は、さらに難易度の高い応用バージョンもぜひチャレンジしてみてください。