ブーケ・ブートニアの儀式の基礎知識と演出のコツを紹介

結婚式では新郎の胸ポケットに、花が付けられていることに気が付いた方もいるでしょう。新婦が手に持つのはブーケで、新郎の胸に挿す花はブートニアと呼びます。花嫁が持つ花も、花婿が付ける花にも意味があってのことです。これから結婚式を控えている方は、ブーケとブートニアの意味を調べてみましょう。結婚式のイベントとして活用できる、ブーケとブートニアの儀式について紹介します。

ブーケ・ブートニアの儀式とは

ブーケ・ブートニアを動画で見てみよう


動画ではブーケとブートニアの発祥となったストーリーと、ブーケ・ブートニアの儀式を見ることができます。動画の結婚式では、ゲストがそれぞれ持つ花を集めてブーケとし、新郎が新婦の入場を待ちます。新婦が父親と入場すると、新郎と手を取りブーケ・ブートニアの儀式を開始するスタイルです。新郎が新婦にブーケを渡すと、新婦はブーケから1つの花を抜き取り、新郎の胸ポケットに入れます。このように実際の結婚式でもブーケ・ブートニアの儀式が行われているのです。

ブーケ・ブートニアの儀式はプロポーズが発祥だった

ブーケ・ブートニアの儀式は、中世ヨーロッパの言い伝えが発祥だといわれています。ある1人の青年が愛する女性にプロポーズをしようと決めました、青年は1本1本花を集めて花束にし、愛する人にブーケをプレゼントしました。花を集める方法は諸説ありますが、結婚の許しを得るため村人から1本ずつ集めたという話や、愛する人の元へ行く道のりに咲く花を摘んで花束にしたという説があります。青年が愛する女性に花束を差し出しプロポーズをすると、彼女は花束の1つから1本の花を抜き取ります。プロポーズを受ける証として、彼の胸元に花を挿したとされています。

近年は結婚式の演出として取り入れる人も増えている

ブーケ・ブーケニアの儀式を利用し、結婚式の演出として取り入れる方も増えています。この儀式では12本のバラを友人に持っていてもらい、新郎が1本ずつ集めていきます。ゲストも参加する結婚式のスタイルで、周りの人たちが2人を祝福できると人気です。ゲストのなかにはブーケ・ブートニアの儀式の詳細を知らない方もいますから、司会者にこの儀式の元となったストーリーを簡単に紹介してもらう方法が多くなっています。2人で幸せになりましょうという決意表面にもなり、結婚式で取り入れる人が増えているようです。

新郎の胸ポケットに刺さっているのがブートニア、新婦が持つのがブーケ

ブートニアとは新郎の胸ポケットに挿している花のことです。本来のブートニアはボタンホールに挿していました。現在の結婚式では胸ポケットに挿すことが多く、ブーケ・ブートニアの儀式をしていない場合でも胸にコサージュを付けることが多いです。男性にとっては女性からのプロポーズを受けた証となるもので、深い意味があるものになります。胸元を飾るアクセサリーのような雰囲気もあるため、華やかな花を選ぶことが多いようです。一方で花嫁が手に持っているものはブーケです。花嫁にとっては男性からプロポーズを受けた証となり、女性にとっても大切な存在だといえるでしょう。

ブーケとブートニアはトータルコーディネートがおすすめ


ブーケとブートニアは、本来1つの花束を使ったもののため、儀式を利用しない場合はトータルコーディネートを意識しましょう。市販のブーケを利用する場合は、すでに新郎と新婦用がセットになった商品がおすすめです。同じ花を使ったブーケとブートニアのセット商品なら、色やデザインがおそろいになります。

ブートニアを用意する方法

コサージュなど既成品を購入する

ブートニアは市販のコサージュを活用する方法があります。ブートニアは衣装の胸ポケットに入れるため、造花のほうが汚れにくいでしょう。ブーケ・ブートニアの儀式をやらないなら、コサージュを用意しておくと長い時間胸元に付けておくことができます。儀式をやる場合でも、結婚式の後に付け替えられるようコサージュを準備しておきましょう。

式場でお花屋さんに依頼する


当日ブーケ・ブートニアの儀式に使う生花は、結婚式会場と提携しているお花屋さんに用意してもらうことができます。専用業者に依頼しておけば、結婚式当日みずみずしい花を準備できるでしょう。花を購入したり選んだりする手間もなく、プロの目で結婚式に最適な花を選択してもらうことができます。使う直前まで大切に管理してもらえるため、手間がないやり方です。

自分で手作りする

ブートニアはシンプルな花を用意するだけでよく、自分たちが花を選んで手作りすることもできます。結婚式にかける価格を抑えたいカップルや、手作り感を活かしナチュラルな雰囲気のブートニアをつくりたい方におすすめです。結婚式当日、式場にブートニアを持ち込んだら、スタッフに管理してもらうと安心でしょう。式場によってもルールが異なるため、ブートニアも持ち込んでもいいのか確認しておいてください。

ブーケ・ブートニアの儀式の演出のコツ

12本のバラを用意するのが基本

ブーケ・ブートニアの発祥では、12本の赤いバラが使われていたといわれています。そのため結婚式の儀式でも、12本の赤いバラを選ぶのが基本です。この12本の赤いバラのことを、ダーズン・ローズといいます。12本のバラにはそれぞれ意味があって、新郎が新婦に対し誓いますという意味が込められています。そして新婦が1本抜き取った意味を持つバラは、彼女が大切にしたいと考えているものです。ゲストに持ってもらうバラは、それぞれが持つ意味に合わせてゲストを選んでもいいでしょう。

バラの色は好みや花言葉で選べる

ブーケ・ブートニアの儀式に使う花は、バラでなくても構いません。バラを選ぶときは白やピンクの花を選んでもいいでしょう。白いウェディングドレスに合わせて、淡い色を選ぶカップルが多くなっています。新郎新婦が好きな花があるなら、何でも構いません。カップルのなかにはヒマワリ、カスミソウなど自由に選ぶ方もいます。好みの花がなければ、花言葉で選ぶことができるでしょう。花の本数も12本でなくても構わなく、自由に選んで問題ありません。本数を多くする場合は、ゲストに花束として持ってもらい12本になるよう調節しましょう。

人前式や披露宴ならゲストも参加できる演出に


ブーケ・ブートニアの儀式は、人前式や教会式で活用されることが多いです。これらの挙式ならゲストと新郎新婦の距離が近く、温かい挙式にできるでしょう。結婚式会場で利用しにくい場合では、披露宴会場で儀式を行うこともできます。結婚式だけでやるという決まりはないため、新郎新婦の好きなタイミングに取り入れてみましょう。

男性が女性に対し思いがあっても、照れくさくて普段はなかなか伝えられないのではないでしょうか。女性としても相手の気持ちを聞きたいと思うものです。結婚式でブーケ・ブートニアの儀式をすることで、2人の永遠の思い出とすることができます。女性は相手から大切にされていると感じ、男性は相手を幸せにしてあげたいと感じられる儀式です。

新郎がバラを集める演出で新郎新婦のエピソードを紹介する

儀式の際には、新郎がバラを集める際に、新郎新婦のエピソードを紹介する方法があります。2人の出会いや思い出などを司会者に語ってもらえば、心温まる演出になります。2人のことをよく知らないゲストもいますから、そういった際に2人の紹介を盛り込んでみてください。

まとめ

新婦が持つブーケの意味は知っている人が少なくありませんが、新郎が付けるブートニアはなぜ胸元に付けるのが知らなかった方もいるのではないでしょうか。ブーケとブートニアは、2人の愛がこもった大切なものだったのです。結婚式でブーケ・ブートニアの演出をする方法も人気が高まっていますから、新郎新婦の希望に合わせて取り入れてみてください。