披露宴のおすすめ髪型!長さ別の人気ヘアスタイルを紹介します

披露宴にお呼ばれしたら、どんな髪型にすべきか迷ってしまうでしょう。パーティーシーンに活用できる髪型ならなんでもいいと思ってしまいますが、実はマナー違反となる髪型もあるのです。基本的なマナーをチェックしながら、どんなヘアスタイルが使えるのがチェックしてみましょう。披露宴でNGとなる髪型と、人気があるヘアアレンジを紹介します。

披露宴に出席する時の髪型のマナー

新婦よりも目立たないことを心がける

披露宴に参加するゲストは、新婦より目立たない髪型を心がけましょう。結婚式や披露宴では、あくまで主役は新郎新婦です。花嫁よりも目立つ髪のボリュームを出したヘアスタイルや、大きすぎるヘアアクセサリーは避けましょう。ゲストが振袖を着るときは、成人式のような派手な髪型は避けてください。また、披露宴は食事をしますから、髪にラメやストーンを付けるのはマナー違反です。周りに飛び散り食事を台無しにしてしまう可能性があります。

服装との統一感も大切にする

披露宴でのお呼ばれでは、服装と髪型に統一感を持たせましょう。披露宴はフォーマルな席ですから、ちぐはぐな格好で参加するのは望ましくありません。どんなヘアアレンジがいいのか迷ったら、美容師さんにおまかせしましょう。当日着ていく服装で美容院に行けば、美容師さんもそれにふさわしい髪型に整えてくれます。とくに注意したいのが黒のドレスを着るときです。服装も重い雰囲気があるのに、黒髪でダウンスタイルやきっちりまとめすぎるアップヘアでは、華やかな印象になりません。

基本的にダウンスタイルはNG

普段のパーティではダウンスタイルが許されても、フォーマルな席ではアップスタイルが基本です。髪を降ろしたままだと、手入れされていないように感じられます。あえてダウンスタイルを選びたい場合は、ハーフアップがおすすめです。トップにねじりや三つ編みを加え、降ろしている部分を軽くカールさせると華やかな印象になります。これならきちんとセットされている雰囲気があるため、マナー違反にはなりません。

ヘアアクセサリーは上品・控えめに


ヘアアクセサリーも髪型と同様、新婦よりも派手にならないものを選びます。アクセサリーを付けるなら、フォーマルな席でもふさわしいパールアクセサリーを選びましょう。こぶりのものを選ぶと、上品な印象になります。注意したいのが、花を使ったヘアアクセサリーです。新婦の髪型とかぶりやすく、場違いになってしまいます。

ファーや革製品などのヘアアクセはNG

殺生を印象させることから、ファーや革を使ったヘアアクセサリーの使用はNGです。フェイクファーであっても、周りの人に対しそれはわかりませんから避けましょう。ファーは毛が抜けやすく、披露宴の食事に入り台無しにしてしまうこともあります。ヘアアクセサリーで迷ったら、何もつけなくてもマナー違反ではありません。シンプルで上品な髪型を意識してください。

アレンジの幅が広いロングの場合

三つ編みアレンジは華やかにまとまる


ロングヘアの方は、三つ編みを使ってまとめ髪に仕上げましょう。髪を3パートに分けたら、中心を三つ編みにします。両サイドの髪はロープ編みにしてから、後ろに1本で束ねましょう。ポニーテールの部分を2本の三つ編みにしたら、それぞれを低い位置でお団子にします。サイドの髪やトップの部分の髪を引き出して、ナチュラルに仕上げてください。きっちりまとめてから、後から崩すと凝った雰囲気の髪型になります。

控えめなダウンポニーテールなら上品に


ヘアアレンジが苦手な方でもやりやすいのが、ダウンポニーテールです。1本で結んだだけだと華やかさに欠けるため、トップの部分をくるりんぱでアレンジします。ハーフアップにしてゴムで結んだら、結び目を少し緩めて毛先をくるっと1回転させましょう。サイドの髪はねじってまとめ、低い位置で1本にまとめたら完成です。髪全体を巻いておくと、トップの位置がふんわりしやすいでしょう。地味になり過ぎないよう、上品な印象のヘアアクセサリー使いがおすすめです。

ボリュームを抑えたスタイルは和装にもぴったり


ねじって留めるヘアアレンジなら、ミディアムヘアでもできます。襟足部分で幾つかの毛束にしてから、くるっとねじって髪をまとめていきましょう。小さなお団子をつくるようなイメージで、髪をまとめていくと簡単です。サイドやトップの髪はふんわりまとめて、ボリュームを出すとエレガントです。ボリュームを抑えてきっちりまとめたヘアスタイルは、和装にも活用できます。

まとまりにくいミディアムロングの場合

低い位置でまとめるとすっきりアップスタイルに


ミディアムロングヘアはまとまりにくいため、低い位置でねじって留めてみましょう。お呼ばれに適した髪型にするなら、サイドやトップの髪はきっちりまとめず、手ぐしでまとめたようなナチュラル感を出すとステキです。低い位置に髪をまとめたら、少しずつ毛束を引っ張り出してバランスを見ましょう。

サイドでまとめて華やかさアップ


披露宴のお呼ばれでは、横から見ても後ろから見ても華やかなサイドでまとめた髪型がおすすめです。髪全体をカールさせてから、サイドで一つにまとめていきましょう。サイドの髪を残しておいて、ロープ編みにしてから根元に巻き付けると華やかです。セミロングで髪がまとまりにくいときは、パールのピンで留めてみましょう。

カジュアルな式ならハーフアップもおすすめ


髪をまとめるほどの長さがないなら、ハーフアップでもOKです。髪全体をカールさせてから、サイドの髪を編み込みして後ろで束ねます。サテンとオーガンジー生地のリボンを後ろに付ければ、披露宴のようなパーティーシーンでも活用できます。ハーフアップでもトップの位置をきちんとまとめることで、フォーマルの席でも対応できます。

アレンジが少ないショートの場合

トップのアレンジで華やかに


肩に付かないくらいのショートヘアの方は、トップのアレンジで楽しんでみましょう。高い位置からゆるく編み込みにしていき、華やかなヘアアクセサリーを付ければ披露宴に対応できます。バレッタやカチューシャなどでトップのボリュームを抑え、コンパクトなヘアアレンジにしてみましょう。花のヘアアクササリーを付ける場合は、派手になり過ぎないものを選んでください。小ぶりでシックなカラーを選べば、新婦とかぶりづらく場違いになりません。

毛先に動きをつけると華やかに


ショートヘアの方は、髪全体にカールを付けて動きを出すと華やかです。トップにボリュームを出し、サイドはヘアアクセサリーで抑えましょう。髪の動きが出やすいように、髪全体にワックスを揉み込んでください。上品な印象のヘアアクセサリーを付ければ、披露宴に着ていくドレスにも合わせやすいでしょう。ボーイッシュになりやすいショートヘアの方でも、付けるヘアアクセサリーの使い方で印象が変わります。

小ぶりなヘアアクセで上品に


披露宴では小さなパールピンを使い、可愛らしいヘアアレンジにチャレンジしてみましょう。ショートボブでも襟足でコンパクトにまとめることができます。いくつかのパートに分けたら、それぞれを襟足でねじって留めていってください。そのままだとパラパラと落ちてしまう髪の長さでも、ヘアピンを複数使って留めていくとしっかりまとまります。披露宴では後ろからも見られているため、バックスタイルにもこだわってみましょう。

まとめ

披露宴にお呼ばれされたときの髪型で迷っているなら、紹介したヘアアレンジを参考にしてみてください。自分でまとめ髪ができない方は、画像を持って美容師さんに伝えればOKです。披露宴当日に付けたいヘアアクササリーがある場合は、美容院に持参しましょう。披露宴はNGとなる髪型もありますから、基本的なアレンジを確認しておいてください。