手首線でわかることは?健康や精神面に関わる手相占い23パターン

手には、さまざまな線が入り混じっています。中には、手相として判断して良いのかそうでないのか、あいまいなものも少なくありません。初心者にとって、手相は少々ハードルの高い占いなのです。

その点、手首線は分かりやすい種類のひとつといえます。それこそ、手相初心者であっても少し見方を覚えれば簡単に調べられるほどです。ここでは、手首線の特徴や考え方について、知っていきましょう。

手首線とは?

手首線は手首にある線やシワのことをいい、手相占いで見られるポイントの一つです。基本的には健康や精神面に関わる状況が分かるといわれており、そこに表れている本数や濃さ、長さによってさまざまな意味を持つもの。ここでは、手首線がどのようなものかを説明していきます。

手首付近に現れる横線

手首線とは、その名の通り手首にある線のことです。大きくはっきりしているものが多いのが特徴。手首を横切るようなはっきりとした線が基本であり、あいまいなケースはあまりありません。1本だけの人から、3、4本ある人まで結構個性がみられます。

健康や精神面に関わる状況がわかる


手首線は健康状態や精神面を確かめる上で役立つ手相となっています。

見るポイントとしては、本数や濃さ、形状などです。人によっては、手首をぐるっと横切る線が複数本並んでいるケースも。こうした分かりやすい特徴を見ることで、健康管理を見直すことにも繋げられます。恋愛運も金運も、まずは体が健康でなければ意味がありません。注目する価値は、大いにあるでしょう。

子どもに恵まれるかわかる

夫婦 子供

子宝に恵まれるかどうかというのも、手首線が示す運命における大きなポイントといえるでしょう。

この場合1本目の線が濃く長く、そして太く現れているようであれば、子宝に期待できるでしょう。ただ、2本目以降の状態によって意味が違ってくることもあるので、詳しい見方についても知っておくべきでしょう。

手首線で一番重要なのは1番目にある第一の線

1本の場合でも、複数本が並んでいる手首線でも、特に重要視するのは1番目の線になります。手首線でいうところの1番目とは、1番上、もっとも手首に近い位置の線を指します。

なぜなら、2本目以降はいわば1本目の線の補足説明のような位置づけであるためです。まずは基本として、1本目の見方を理解するべきです。

手首線で手相占い

手首線で手相占いをする際、手首線の本数や濃さ、長さ、さらには形状によっても健康状態を見ることができます。手首線が2本以上ある場合でも1本目の線が重要になりますが、1本の時とは意味合いは変わってくるもの。それぞれどのような健康状態を示しているのか見ていきましょう。

手首線が1本:健康そのもの

まず、シンプルな手首線が1本のみであるケースです。複数本にもなる手首線だけに、多ければ多いほど良いように感じられるかもしれませんが、だからといって1本が不吉というわけでもありません。

むしろ、きれいに現れた1本の手首線は、健康そのものの状態が暗示されています。太く、長い1本線が理想的です。

手首線が2本ある

手首線が2本になると、1本のときと意味合いが違ってきます。手首線が2本ある場合、手のひらに近い方の1本目の線が重要で、2本目の線は補足的な意味合いが強くなります。1本目、2本目の線の形状によってどのような意味を持つのか、それぞれご紹介していきます。

1本目がしっかりしている:疲れているが軽症

健康そのものといえるはっきりとした1本目が現れていたとしても、2本の場合は、精神的・肉体的な疲れが溜まっていることを表します。とはいえ、1本目がしっかりしていれば、疲れは軽度であるといえるでしょう。疲れが軽いうちに休養をとって心身の回復に努めましょう。

1本目が薄かったり途切れている:深刻な疲れ

重要な意味を持つ1本目の線が薄いまたは途切れている場合は、深刻な疲れがあるといえるでしょう。精神的にも肉体的にも休養が必要な状態です。心身ともにしっかりと休めて回復するようにしましょう。

2本目が太く長い:疲れているが今後幸運がやってくる

2本目の線が太く長い場合、疲れが溜まっている状態であることに変わりありませんが、その後に幸運や成功がやってくる可能性を示唆しています。疲れがとれるようしっかりと休養し、今後やってくる幸運を待ちましょう。

2本目がくっきりと濃い:疲れているが今後お金が得られる

2本目がくっきりと濃い線であれば、疲れはありますが吉兆と捉えられるでしょう。なぜなら、太く長い2本目は現在疲れが溜まっていたとしても、財産が得られるチャンスを掴めている証拠になるためです。

2本目が途切れている:疲れの次はお金の苦労が待っている

2本目の線が途切れていて不安定な場合、疲れが溜まっていることに加えて、その後にお金での苦労が懸念されます。上記の線の場合と同じように、しっかりと休養をとって心身ともに回復させ、その後にお金で苦労することがないよう心がけましょう。

手首線が3本ある

前述の通り、複数本の手首線は1本目の補足的な意味合いが強まります。まず基本的には、1本目がメインに他なりません。そのメインの運勢を、2~3本目がさらに細かく補足するのです。

3本の線がきれいに出ている:健康的で体が丈夫

3本の線がきれいに出ていれば、健康的で体が丈夫なことを表しています。

1本目が太く濃く長い:周りへの影響力が大きい人になる

1本目が太く濃い場合については、周囲への影響力が大きい人になるといえるでしょう。この場合、2本目や3本目が薄かったとしても同様の意味に捉えられ、仕事でもプライベートでも注目される存在になりやすいです。

1本目が綺麗でも2〜3本目が薄く途切れ途切れ:若干影響が弱まる

1本目がきれいな線だったとしても、2~3本目が薄くてとぎれとぎれの線だった場合周囲への影響力は若干弱まるとされています。仕事やプライベートでの注目度も、2~3本目がきれいな線の人よりもその意味合いは弱まるでしょう。

手首線が4本ある:幸福がもたらされる

複数本現れるケースもある手首線ですが、こと4本目まで生じている人はかなりまれです。そしてもしあなたの手首に4本目まで現れているなら、健康で長生きする、さらに子宝に恵まれるなど、良い意味合いが重なります。

1本目が濃く長く太いが2〜4本目が薄い:幸福が訪れる

手首線が4本ある場合でも、これまでと同様で1本目が重要な意味を持ちます。1本目の線が濃く長く太い場合、仮に2~4本目の線が薄かったとしても幸運が訪れるサインであるといえるでしょう。良いことがおこる前触れと考えても良いかもしれません。

1本目は濃く長く太いが2〜4本目があまりにも貧弱:若干意味が弱まる

手首線の1本目が濃く長く太い場合でも、2~4本目の線がとても貧弱である場合、わずかではありますが意味合いは若干弱まるかもしれません。

しかし、2本目以降の線が貧弱であった場合でも「幸運が訪れるサイン」が出ていることに変わりはないので、何か良いことがおこることを期待できるかもしれません。

4本目の手首線が途切れ途切れ:このままではいけない

重要な意味をもつ4本目だけに、状態が悪い場合の影響も大きいです。とぎれとぎれであるなら、このままではいけない、現状を見つめ直し変わらなければいけない、そんな暗示が隠されているかもしれません。

1本目が薄い・途切れている:不幸が訪れる

手首線が4本ある人は、基本的には幸運のサインとされています。しかし、1本目の線が薄かったり途切れている場合は不幸が訪れる可能性が高いとされています。手首線が4本ある場合でも、その濃さや長さ、太さに注目してみましょう。

手首線がはっきりしない:スタミナ不足


健康や精神面を司る手首線は、スタミナ不足のサインとしても役立てることができます。線がはっきりしない、あるのかないのかわからないような薄さである、そもそも線かどうかも微妙、そんな手首線については気を付けましょう。

特に気にするべきは、やはり影響の大きい1本目です。影響が顕著なので、スタミナ回復を意識すると良いでしょう。

手首線がチェーン状になっている:体力が落ちているサイン

チェーン状の手相は、総じてあまり良い意味ではありません。健康や精神面を表す手相なので、チェーン状の手首線には体力の衰えを察することができます。疲れのサインとして、役立てると良いでしょう。

手首線の真ん中が盛り上がっている(土台線):先祖の恩恵を受けやすい

手首線の中には、中心で手のひら方向へ向かって盛り上がっているタイプがあります。上記まででは、はっきりしない線や蛇行線は良い意味でないと紹介していますが、ことこの盛り上がった種類については例外となります。

土台線と呼ばれており、先祖の恩恵を受けやすい人の特徴なので、むしろ吉兆と捉えられます。山型に、三角形を描いている線を見つけてください。

土台線から運命線が伸びている:土台を生かして成功しやすい

 

土台線から運命線が伸びている場合、土台を生かして成功しやすいとされています。土台を発展させるという意味合いで、親の遺伝子を受け継いで成功したり、家業を継いだ場合でもその基盤から発展させて成功させることができる可能性を持っています。また、親以外にも特殊な技術を受け継ぐなど、伝承する役割を担う場合もあるでしょう。

手首線が蛇行している:婦人科系のトラブルが起こりやすい

女性は特に気をつけて欲しいのが、蛇行した状態の手首線です。この線の特徴には、婦人科系のトラブルが起こりやすくなるという予兆が見いだせます

通常は、手首を自分側に向けたとき、線が切れることなく横断しています。途中で蛇行しているようであれば、婦人科系の病気について検査をしたり、効果的な栄養を重点的に摂るなど心がけると良いでしょう。

手首線が断線している:子宮疾患に注意が必要

蛇行した手首線と同じく、女性が注意すべきなのが断線しているものです。確かに手首線が出ている、だけど途中で切れているというものは、子宮疾患の前触れや現れかもしれません。婦人系症状でも特に重大な病気なので軽視できません。ですが、手首線を見極めて早めに検査を受けることで、大事を免れられる可能性にも期待できます。

手首から伸びる線で手相占い

手首線は、手首に横切る線だけでなく手首から伸びる線の種類によっても見ることができます。どこからどの線が伸びているのかによって意味合いは異なります。それぞれの線が何を表しているのか見ていきましょう。

手首から小指に線が伸びている(財運線):金運を表す

手首から小指に伸びている線を財運線といいます。この線は、名前のとおりに金運を表しています。つまりは、お金を蓄えて将来的に財を成すことができるかどうかがわかります。

財運線は長いほど強いといわれており、生命線にまで届く場合には自身でお金を稼ぐ力がとても高いといえるでしょう。長いだけではなく濃さも重要で、長くても薄い場合にはその力が弱いかもしれません。

地丘から運命線が伸びている:先祖との縁が強く守られている、精神的に強い

地丘とは、手首の真上のちょうど中央の部分のことをいいます。この地丘から運命線が伸びていると、非常に強い運気の持ち主であるとされています。

地丘は先祖との縁を意味しているため、ここから運命線が伸びている人は先祖との縁が強く、守られているといっても過言ではありません。どんな困難に直面した場合でも、それを乗り越えていく力を持っています。

また、精神的にも強く、何事にも人に頼らず自分の力で切り抜けていこうとする芯の強さを持っています。そのため、仕事でも誰かに依存するのではなく、独立して成功するタイプが多いのかもしれません。

地丘から太陽線が伸びている:先祖との縁が非常に深い、強い成功運を持っている

地丘から太陽線が伸びている人も、先祖との縁が非常に深いといわれています。そのため、たとえ危険な場面にあったとしても守られる場合が多いです。周囲の人に感謝の気持ちを持ち、親や先祖を大切にしましょう。

また、非常に強い成功運を持っているともいわれています。何事もあきらめず粘り強くやり遂げる力を持ち、幼少期からその力を発揮して活躍する人が多いでしょう。

まとめ

手首線は、はっきりと出ることが多い見やすい手相です。ですが一方で、健康や精神面を表すため、繊細な特徴も合わせ持っています。体調管理をおこなう上での、指標としても良いかもしれません。上記のポイントを参考に、ぜひ細かく確かめてみてくださいね。