自己肯定感とは?自己肯定感が低い原因と自己肯定感を高める方法

自己肯定感という言葉を聞いたことがある方もおられるでしょう。自己肯定感はモチベーションやその人の幸福度などにも大きく関わってくる大切なものなのですが、意外と自己肯定感についてよく知らないという方も少なくありません。そこで、ここでは自己肯定感の意味や低い原因、高める方法などについてお話したいと思います。

自己肯定感とは?

そもそも自己肯定感とは何?と思った方もおられるでしょう。これは読んで字のごとく、自己を肯定する感情のことを指します。自分の在り方や行動などを積極的に評価できる感情であり、価値や存在意義などを肯定できる感情でもあります。先ほども少しお話したように自己肯定感はモチベーションや幸福度に多大な影響を及ぼしてしまいますし、高ければさまざまなことに対して積極的に取り組むことができます。逆に、自己肯定感が低いとなると物事に対してモチベーションが上がりませんし、積極的に取り組もうともしません。日本人は海外の人に比べて自己肯定感が低いと言われています。

自己肯定感が低い人の6つの原因

自己肯定感が低い人には原因があります。人によってその原因はまちまちですが、ここでは代表的な原因をいくつかピックアップしてみました。

幼少期に虐待された経験がある

子供への虐待は大きな社会問題にもなっていますが、幼少期に虐待された経験がある方は自己肯定感が低い傾向にあります。幼い頃に親から虐待されたことによって自分はダメな人間だ、生まれてきてはいけない人間だったのだと思い込んでしまうのです。それが原因で自己肯定感が低くなってしまうことがあります。

子供の頃に褒められなかった

子供は親から褒めてほしいものですし、ちょっとしたことでも褒められたいものです。しかし、子供の頃に褒められなかった方だと自分は何をしてもダメな奴だと思ってしまいますし、それが自己肯定感の低下に繋がってしまいます。

親が全て決めていて自分で選ぶ機会を失ってしまった


小さな頃から親がすべて決めていた、という方もおられるでしょうがそのような方も自己肯定感が低い傾向にあります。自分で選ぶ機会を失ってしまった方だといつも親や周りの人が自分の代わりに選択してくれますから、自己肯定感が低くなってしまいます。

親が自分の話をあまり聞いてくれなかった

これも自己肯定感が低くなる原因としてはよくあります。子供はいろいろな話を親にするものですが、親がまともに聴いてくれなかった、取り合ってくれなかったという経験をしてしまうと自己肯定感の低下に直結してしまいます。

過保護に育てられてきた

過保護に育てられてきた方も自己肯定感が低くなることが少なくありません。過保護となると自分で物事を決めることもできなくなってしまいますし、いつも親に甘えてしまいます。自分から何かをするということをしてこなかったため、どんどん自己肯定感が低くなってしまうのです。

兄弟と比較されて育ってきた


兄や弟と比較されて育ってきたという方もいるかもしれませんが、このような方の場合も自己肯定感が低くなってしまうことが多いです。兄弟と比較されてしまうとそれがコンプレックスにもなってしまいますし、自己肯定感がどんどん低下してしまうのです。

自己肯定感が低い女性の特徴

ここからは自己肯定感が低い女性の特徴について見てみたいと思います。該当する項目が多いという方は要注意ですね。

周りの人の幸せを素直に喜べない

友人や知人、職場の同僚などが結婚するとなったときに素直に喜べなかった、という方はいないでしょうか。自己肯定感が低い女性だと周りの人の幸せを素直に喜ぶことができません。

リア充の友達のSNSを見ると気分が滅入ってしまう

リア充爆発しろ、という言葉が一時期流行りましたが、リア充の友だちのSNSを見ると気分が滅入ってしまうという方もおられるかもしれません。そのような方も自己肯定感が低い傾向にあります。

周りに振り回される事が多い

自己肯定感が低い女性だと周りに振り回されてしまうことが多いです。基本的に自己肯定感が低い方は自分から何かをしようとすることが少ないですし、アグレッシブに行動に移すようなこともほとんどありません。そのためどうしても周りの人に振り回されてしまうことがあります。

仕事に主体性がなく自分で決められない

仕事に主体性がない方、自分で決めることができない方というのは実際にいます。このような女性も自己肯定感が低いと言えるでしょう。

どうしたいの?と聞かれる事が多い

どうしたいの?と聞かれることが多い方は自己肯定感が低いと考えられます。周りから見ても明らかにその人が何をしたいのか分からない、といった場合だとかなり重症かもしれませんね。自己肯定感が低い方だと自分でも明確な目的や目標を持てていないことが多いですし、自分から積極的に動くこともありませんから「どうしたいの?」と聞かれてしまいます。

人からどう見られているのかが気になる

常に周りの視線を気にする方、周りからの評価を気にする方もいます。このような方も比較的自己肯定感が低いと言えるでしょう。恐らく子供の頃から両親の顔色を窺いながら生きてきたため周りからどう思われているか、どう見られているかが気になってしまいます。

どうせ無理と最初から諦めてしまう

やる前から諦めてしまう方というのもいますよね。チャレンジすることなく最初から諦めてしまう方というのは自己肯定感が低いと考えて差し支えないでしょう。まずチャレンジしてその結果諦めるのならまだしも、挑戦もしていないのに諦めるというのは社会人としてもどうなのでしょうか。どうせムリと決めつけて最初からあきらめてしまうのは自己肯定感が低い女性の特徴です。

自慢話が多い

自慢話が多い女性も自己肯定感が低いと考えられます。自己肯定感が低い方は自分に自信を持てないことが多いですが、それを周りに悟られたくないと考えています。そのため、虚勢を張るために自慢話をしたりすることがあります。

空気を読むのが苦手

自己肯定感が低い女性の特徴の一つとして空気を読むのが苦手ということが挙げられます。空気を読むことが得意でないためその場に相応しくない発言をしたり、行動をとってしまうこともあります。そのため周りからは変った人、おかしな人と思われてしまうこともあります。

自己顕示欲が強い

自己肯定感が低い女性ほど自己顕示欲は強い傾向にあります。これも自信のなさの裏返しでしょう。子供の頃から人に認められることが少なかったため、今になって周りから認められたい、自分凄さをもっと知らしめたいと考えてしまいます。

自己肯定感を高める方法

最初のほうでお話しましたが、日本人は海外の人に比べると自己肯定感が低いと言われています。しかも、世界の中で圧倒的に低いと言われているのです。自分はダメな人間だと思うという質問に対して「とてもそう思う」と答えた方がなんと70%以上いるということです。中国が50%弱、アメリカが45%程度という数字ですからいかに日本人の自己肯定感が低いかが理解できるでしょう。自己肯定感が低いと自分で自分を苦しめてしまうこともありますし幸福度も高くなりません。ここでは自己肯定感を少しでも高める方法についてお話したいと思います。

自分を貶める人との距離を取る

自分を貶めるような人とはできるだけ距離を取ることです。このような人と付き合っていても自分にとってプラスになることはありませんし、むしろマイナスにしかならないでしょう。自分もネガティブな考えを抱くようになってしまいますし、より自己肯定感が低くなってしまうことも考えられます。自己肯定感を高めるためにはもっとポジティブな人と付き合うべきです。

ネガティブな思いを吐き出す

自己肯定感が低い方はネガティブな気持ち、想いを溜め込んでしまうことがあります。これだとどんどんネガティブな思いが募ってしまいますし、これはあまり良い状況とは言えません。自己肯定感を高めるためにはネガティブな思いを吐き出すことです。しかも、頻繁に吐き出したほうが良いでしょう。誰しもネガティブな思いの一つや二つくらい持っていますし、それを吐き出すことは悪いことではありません。気にすることなく吐き出して問題ないのです。これも自己肯定感を高めるポイントです。

肯定的な言葉を口に出すように意識する

普段から肯定的な言葉を口に出すよう意識することで自己効力感を高くすることが可能です。否定的な言葉、ネガティブな言葉ばかり口から発してしまうと自己肯定感が低くなる一方ですから、できるだけ肯定的な言葉を口にするよう心掛けましょう。そうするだけでも随分変わってくるのではないでしょうか。

自分に自信が持てるように小さな成功を積み重ねる

自分に自信を持つことが自己肯定感を高めることに繋がります。自己肯定感が低い方の多くは自分に自信を持てていませんし、自分はダメな人間だと思い込んでいます。自分に自信を持つことでそのような思いからも解き放たれますから、自信を持てるように小さな成功を積み重ねるようにしましょう。最初から大きな成功を狙ってしまうと失敗したときのダメージが大きくなってしまいますから、少しずつ成功を積み重ねて着実に自信をアップさせてください。

自分の意見をはっきりと持つようにする

自分の意見をしっかり持つことが大切です。自己肯定感が低い方は小さな頃から周りの意見を聞いたり、親にすべて決めてもらっていたことが多いため自分の意見を言えないケースが多いです。これだと余計に自己肯定感が低くなってしまいますから、自分の意見をはっきりと持ち口にできるようにしましょう。自分がこうだと思ったことに関しては周りからいろいろ言われても貫き通すことも大切です。周りに流されないようにしてください。

まとめ

自己肯定感が低いとなかなか幸せになることができませんし、物事に対するモチベーションも上がりません。自己肯定感が高ければどんどんいろいろなことにチャレンジできるようになりますし、新しい世界も見えてくるのではないでしょうか。アグレッシブにさまざまなことにトライできますし、新しい自分を見つけることもできます。幸福感も大きくなるでしょうから、これからは自己肯定感を高くするよう心掛けてみましょう。ここでお話した内容を参考に自己肯定感を高める努力をしてくださいね。