カップル ハート

好きなのに相手に伝わらない!思いを伝える方法と5つのNG行動

好きな人に気持ちが伝わらないというのは哀しいものですよね。好きという気持ちが伝わらないために関係がまったく発展しない、お付き合いできないという状況に身を置いたことがある女性も多いと思います。また、好意を伝えたくてもその勇気がない、どのようにして伝えればいいのか分からないという女性もいるでしょう。そこで、ここでは想いを伝える方法やしてはいけないNGなことなどについて併せてご紹介したいと思います。

相手にも好意があるのに付き合えない2つの理由

女性 ハート
片想いの状況だと付き合うのには時間がかかってしまいます。相手の気持ちも確かめなくてはなりませんし、少しずつ距離を詰める必要もありますから付き合い始めるまでにはそれなりの時間も必要でしょう。しかし、相手にも好意がある、すなわち両想いの状況だと付き合うのはそれほど難しいことではありません。それなのに付き合えないということがありますが、これには下記のような理由が考えられます。

恋愛相談ばかりしている

恋愛相談ばかりしているという関係だとなかなか関係は発展しないでしょう。自分も相手のことが好きで、相手も自分に好意を持っているのに恋愛相談ばかりしてしまうというケースは意外に少なくありません。そこからもっと仲良くなろう、距離を縮めていこうと考えている方もいますが、相手が真剣に相談に乗ってくれるあまりまったく関係が先に進まないということもあります。

居心地のいい関係になりすぎている

これもありがちなケースですね。お互いが居心地のイイ関係になりすぎているというパターンです。一緒にいると楽しくて落ち着く、素の自分を見せることができるなどとても居心地が良い関係になっているのです。それなら付き合うには最高の2人なのでは、と思った方もおられるでしょうが、あまりにも居心地が良すぎてしまうと家族のような関係性になってしまうことがあります。家族のように思っている相手とは付き合えませんよね。

告白したくてもできない相手に好意を伝える5つの方法

カップル ハート
相手に好意を伝える方法はいろいろあります。もっとも手っ取り早いのは告白してしまう方法ですが、できることなら告白せずに好意を伝えたいという方もおられるでしょう。そこで、ここでは告白せずに好意を伝える方法をいくつかご紹介します。

とにかく好きな人を目で追う

好きな人に対しては自然と目で追ってしまうことがあると思いますが、これを意識的にしてみましょう。好きな人を目で追っていればいずれ相手も気づくでしょうし、好意を持たれていると感じるかもしれません。また、相手の周りの人が目で追っていたことを伝えてくれるかもしれませんから、間接的に好意を伝えることができるのです。

ボディタッチを増やす

ボディタッチを増やすことで好意を伝えることもできます。男性から女性に好意を伝えるときにボディタッチをするということは基本少ないですよね。男性がやってしまうとセクハラ、痴漢になってしまいますから基本男性はこのようなコミュニケーションの取り方はしません。しかし、女性ならそれも可能でしょうから、好きな人にはボディタッチの頻度を増やしてみましょう。あまりにも多すぎると相手を不快にさせるかもしれませんからそこは注意してください。

常に笑顔でいることを心がける


常に笑顔でいることを心がけましょう。笑顔には人を惹きつける効果が期待できますから、好きな人に好意を伝えたいとき、好きな人とお付き合いしたいと思っているときはなおさら笑顔でいる時間を長くすることです。素敵な笑顔ができていればきっと相手にも伝わりやすくなるでしょう。ポイントは自然な笑顔です。あまりにも不自然な笑顔だと怖いだけですし、余計に距離ができてしまうかもしれません。自然に素敵な笑顔ができるように普段から練習しておくといいかもしれませんね。

二人きりになる時間を作る

2人きりになる時間を作ってみましょう。周りに協力を頼むのもイイですし、うまいこと2人になれるよう画策するのもイイと思います。2人きりになれば自然と好意も伝えやすくなりますし、チャンスがあれば告白もできます。告白をせずに好意を伝えるというのがテーマですが、チャンスがあれば告白するのはアリです。いい雰囲気になったのなら告白する絶好のチャンスですから、タイミングがイイと感じたときには勇気を出して告白してみましょう。

相手の趣味などに自分も興味を持つ

相手の趣味に興味を持つのは効果的です。それだけで話題も増えますし、より距離を縮めることができるでしょう。相手がハマっている趣味を勉強するだけでも話題は増えるでしょうが、できることなら同じ趣味を始めることをおススメします。そうすればもっと楽しく会話できるようになりますし、一緒に趣味を楽しむということも可能になるでしょう。一緒に楽しめるようになれば好意もより伝えやすくなります。思い切って彼と同じ趣味にチャレンジしてみましょう。

好きな気持ちが相手に伝わらない5つのNG行動

カップル
好きな気持ちはあるし伝えたいと思っているけど全然伝わらない、むしろ敬遠されているという方もいると思います。このようなケースだとNG行動をしている可能性もありますから、ここでチェックしてみましょう。

他の男性の話ばかりする

意外とやってしまいがちなのがこのパターンです。意識せずにほかの男性の話ばかりしてしまう方もいますが、これだと到底好意は伝わらないでしょう。また、相手の気を引くためにわざとほかの男性の話をするケースもありますが、これも逆効果になってしまう可能性があります。恋愛初心者の方ができるテクニックではありませんから、これはやめたほうが無難です。

目をそらす

好きな人と目が合ったときにそらしてしまう、というのもやってしまいがちですよね。恥ずかしいから、という理由が多くを占めていると思いますが、これだと相手の方は嫌われていると勘違いするかもしれません。そうなると今後距離を詰めていくのも難しくなってしまいますから、目が合ったときにはすぐそらすのではなく何かしらリアクションしてみることをおススメします。

冷たい言い方をする

好きな人にはなぜか口が悪くなってしまう、冷たい言い方をしてしまうという方もいます。これも意外に多いのではないでしょうか。アニメや漫画のツンデレキャラに影響されてわざと好きな人に冷たい態度をとってしまう方もいますが、現実は漫画やアニメのようにはいきません。ただの口と性格が悪い女になってしまいます。

2人きりになるのを嫌がる


2人きりになるのは好意を伝える絶好のチャンスなのですが、2人きりになるのを嫌がってしまう方もいると思います。恥ずかしい、気まずいといった理由で嫌がるケースもあるでしょうが、これも相手の方に知れるとそこから先の関係性にもっていくのは難しくなるでしょう。嫌がっている相手とわざわざ良い関係になろうとする人はいませんよね。

メールやLINEの返信が遅い

メールやLINEの返信を遅くしてしまう方もいますが、これもやはり恥ずかしいから、何を送ればいいのか分からないからといった理由で遅くなってしまうことがあります。これだと好意が伝わるはずはありませんから、LINEやメールの返事はできるだけ早くすることです。即レスでなくても構いませんが、なるべく早く返信することを心がけるだけでも違うでしょう。

まとめ

好きな気持ちがあるのなら告白してしまえ、と思った方もおられるでしょうが、告白というのはかなりのエネルギーを使いますよね。勇気を振り絞らなくてはなりませんし、失敗したらどうしよう、はっきり告白してはっきりフラれたらどうしようと思ってしまう方もいるはずです。それを考えれば告白せずに好意を伝えるというのもアリではあります。ここではそのためのヒントについてもご紹介しましたから、ぜひ今後の参考にしてください。また、最後にご紹介したNG行動は意外と多くの女性がやっていますから、もし心当たりがあるのならやめてくださいね。いつまで経っても関係が進まなくなりますよ。