恋愛中に自分の気持ちがわからないあなたへ……原因と対処法を教えます

恋愛中に自分の気持ちが分からなくなってしまう、ということは別に珍しいことではありません。このような気持ちになってしまう方は意外に多いですし、自分で自分の気持ちが分からなくなるということはよくあります。このような状態になってしまうとこれから先どうすればいいのかも分からなくなってしまいますし、憂鬱な気持ちになってしまうこともありますよね。そこで、ここでは恋愛中に自分の気持ちが分からなくなってしまった方のために原因や特徴、対処法などをお伝えしたいと思います。ぜひ今後の参考にしてください。

自分の気持ちがわからない原因

自分の気持ちが分からない原因は何なのでしょうか。恋愛中に突然分からなくなってしまう方もいれば、そもそも自分の気持ちがよく分からないということに不意に気づいてしまう方もいます。そうした方にはたいてい共通した原因があるものです。ここではいくつか考えられる原因を述べてみました。

幼少期に虐待された経験がある

幼少期に虐待を受けた経験がある方だと自分で自分の気持ちが分からなくなってしまうことがあります。虐待を受けてしまうと自分の気持ちを押し殺そうとしますし、本心を隠さなくてはなりません。虐待から逃れるため、少しでも手加減してもらうために自分の本心を偽り続ける必要もあるのです。こうしたことを繰り返しているうちに自分の気持ちが分からなくなってしまうということがあります。

イジメなどが原因で感情を閉ざしてしまった

先ほどの虐待と同じようにイジメが原因で感情を閉ざしてしまったという経験がある方もおられるでしょう。これも自分の気持ちが分からなくなる原因の一つだと考えられます。イジメられると感情を閉ざしてしまうことがありますし、自分の気持ちを偽ることもあります。頻繁にいじめられていたという方だとそのような日常に慣れてしまい、感情を閉ざすことが普通になってしまいます。その結果自分の気持ちが分からなくなるというケースです。

周りの人の言うとおりに生きてきた

周りの人の言う通りに生きてきたという方も自分の気持ちが分からないという方が多いです。自分で決めるのではなく周りに流されたり、親から言われるがままに生きてきた方だと自分で意思決定ができませんし、本当の自分はどうしたいのかも分からなくなってしまいます。

必要以上に傷付かないようにネガティブな気持ちに蓋をしてしまっている

これは一種の防衛本能だと思いますが、必要以上に傷つかないようにネガティブな気持ちに蓋をしてしまっている方もいます。誰でも傷つきたくはありませんし、傷つくのが嫌だからとネガティブな気持ちに蓋をしてしまうことがあります。これも自分の気持ちが分からなくなってしまう原因の一つと考えられます。

否定や拒絶に強いトラウマを持っている

否定や拒絶に強いトラウマを持っている方も自分の気持ちが分からないことが多いです。過去にインパクトの強い経験をしてしまい、それが原因で否定や拒絶に強いトラウマを抱いてしまったのかもしれません。

初期のうつ病を発症している

初期のうつ病を発症していると自分の気持ちが分からなくなってしまうことがあります。うつ病は自覚症状がないことも多いですから、必要に応じて病院で診察を受けることも考えたほうが良いでしょう。

自分の気持ちがわからない人の特徴

ここからは自分の気持ちが分からない人の特徴について見ていきたいと思います。

自分に自信が持てない

自分に自信を持つことができません。何をしてもダメだと思ってしまいますし、自分が努力しても実るはずがない、うまくいくはずがないと思ってしまいます。恋愛に対しても消極的になってしまいますし、どんなことに対しても自信を持つことができません。

頭で理解しても心が納得できていないことがある

頭の中ではきちんと理解できるのですが、それに対して心が納得できないということがあります。きちんとロジカルに理解できているのに心は納得しない、むしろどうして?という疑問を抱いてしまうというケースもあります。これも自分の気持ちが分からない人の特徴ですね。

色々と頑張りすぎてしまって疲労しがち

どんなことにも力を尽くして頑張るというのは素晴らしいことです。傍から見ていてもそのような方は素敵に見えてしまうものですが、いろいろと頑張りすぎてしまい疲弊している方もいます。これも自分の気持ちが分からない人の特徴ではないでしょうか。頑張りすぎてしまってキャパオーバーになっている状態ですね。

周りの雰囲気に合わせてしまう


いつも周りの雰囲気に合わせてしまうのも自分の気持ちが分からない人の特徴です。空気を読む、場の雰囲気に合わせた発言や行動をするというのは大切なことですが、いつも周りの雰囲気に合わせてしまうというのはあまり褒められたことではないでしょう。自分の意見を言えない、自分の意志に従って動くことができないということです。

自分の気持ちと違う感情表現をしてしまう

心ではこう思っているのにそれとはまったく違う感情表現をしてしまうという方も自分の気持ちが分からない人です。本当はこうしたかったのにまったく違うことをしてしまった、正反対のことを言ってしまったと後悔してしまうこともあります。本当は好きなのに嫌いと言ってしまう、好きな人に対して乱暴な言葉遣いをして誤解させてしまうということもありますね。

何を考えているかわからないと言われる事がある

今まで周りの人から何を考えているのかよく分からない、と言われたことのある方もおられるのではないでしょうか。このような方だと自分でも自分の気持ちが分かっていないことがあります。自分で自分の気持ちが分からないのですから他人が理解できるはずはありませんよね。

自分は好きでない相手でも好きと言われたら付き合ってしまう

初デートでおすすめの場所は?付き合う前に行くべきスポット12選

好きと言われるととりあえず付き合ってしまうという方もいます。別に自分はその人のことを大して好きでなくても、自分のことを好きと言ってくれたから、付き合いたいと言ってくれたからという理由で付き合ってしまう方はいますよね。このような人も自分の気持ちをよく分かっていません。そのため、あっさりと付き合い始めてしまいますが別れるときも実にあっさりと別れてしまいます。さらっと別れてしまうこともあるため周りの人からは冷たい人だと言われてしまうようなこともあるでしょう。

メニューはおすすめを選んでしまう

飲食店でいつもおススメのメニューを選んでしまう方は多いのではないでしょうか。しかし、これも自分の気持ちが分からない人の特徴です。自分が今本当に食べたいものが何なのか分からない、自分で決められないためお店がおススメしているメニューを選んでしまうということです。

自分の気持ちがわからない時の解決方法

自分で自分の気持ちが分からないとこれからの人生においてさまざまな弊害をもたらすかもしれません。そこで、ここでは自分の気持ちが分からないときの対処法についていくつかお話したいと思います。

質の高い睡眠を取り疲れを癒す

睡眠
人間にとって睡眠はとても大切なものです。人間は寝ないことには脳や体を休めることができませんし、睡眠なくして生きていくことはできません。しっかりと眠りにつくことで体や脳を休ませることができますし、生命活動の源にもなります。自分の気持ちが分からないときにはできるだけ質の高い睡眠を取り入れるべきですし、質の高い睡眠をとることができれば疲れもしっかりと癒すことができるでしょう。質の高い睡眠を得るためにはいろいろな方法がありますが、一度枕なども見直してみるといいかもしれませんね。

寝つきが良くなるからお酒を飲んで寝ようとする方もいますがこれはあまりおススメできません。確かに寝る前にお酒を飲むと眠くなれるでしょうし、すぐに眠りにつくことができるでしょう。しかし、アルコールを飲んで寝ると寝つきだけでなく起きるのも早いです。変な時間で目が覚めてしまうこともありますし、逆にあまり眠れなくなることもあります。アルコールを摂取してベッドに入っても良質な睡眠は得られませんから注意してください。良質な睡眠を得るためにヒーリングミュージックを流す、寝る前にはリラックスできる紅茶を飲むなどしたほうがまだマシです。

自分の気持ちに都度しっかりと向き合う

自分の気持ちが分からない方だとそれに向き合おうとしないことも多いです。別にいいや、と思ってしまう方が多いのですがこれだと何の解決にもなりません。今自分が本当にしたいことは何だろう、自分はこの人とどうしたいのだろう、という疑問が湧いたときにはしっかりとそれに対して向き合うことです。その都度自分の気持ちに向き合うことができれば次第に状態も改善されていくのではないでしょうか。自分の気持ちに向き合うことをしないといつまで経っても今と変わりません。自分の気持ちにしっかりと向き合うため、自分が今本当にしたいこと、望んでいることは何かということを自問自答してみましょう。

カウンセラーに相談する


カウンセラーに相談するという手もあります。自分の気持ちが分からない、本当にしたいこと、望んでいることが何なのかも分からないという方だといくら悩んでも答えが見つからないこともあります。特に幼いころの虐待や学生時代の虐めなどが原因で心に傷やトラウマを負っている場合だとなかなか状態を改善させることは難しいでしょう。心療内科などに相談してカウンセリングを受けることで状態が改善することもありますし、専門のカウンセラーに話しを聞いてもらうことで良い方向に向かうこともありますから、一度検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

自分の気持ちが分からない方というのは意外と多いですし、周りの人からは分からない悩みを持っているケースもあります。自分で自分の気持ちが分からないというのは哀しいことですし、本人も苦しんでいることが多いですよね。さまざまな原因によってそのような状態になってしまうのですが、自分の本当の気持ちが分からないまま生きていくというのは大変です。ここではいくつか対処法もご紹介しましたから、自分の気持ちが分からなくて困っているという方はぜひ参考にしてください。大切なのは自分の気持ちにその都度しっかりと向き合うということです。自分の気持ちに向き合わずにいい加減な判断を続けていると、いつまで経っても自分の本心は見えてきません。